記事ID45888のサムネイル画像

松井秀喜が日本球界に復帰しないのは、妻のワガママが原因だった

日本プロ野球からアメリカ大リーグへ渡り、20年に渡って選手として活躍した松井秀喜。そろそろ日本球界に戻って監督を!と望む声を松井秀喜は却下し続けています。その理由は、2008年に結婚した妻。一般人であるという妻には、日本に帰りたくない理由があるというのです。

日米野球界のスター・松井秀喜の輝かしい実績

松井秀喜

恵まれた体格から鋭いスイング、打った打球はスタンドへ消えていく―松井秀喜は日本野球界、そしてアメリカメジャーリーグでも活躍したまさに日本のスターです。1992年、日本プロ野球の読売ジャイアンツにドラフト1位で指名されるとその年から実力を発揮。プロ1年目からホームランを打ってその存在を示すなど、当時の日本人選手としてはケタ違いのパワーでファンの注目を一身に集めた名選手です。

日本球界では巨人一筋、10年間プレーしました。打ったホームランは332本、10年間で打ったホームラン数の記録では、あの伝説のホームラン王である王貞治に次いで2位の記録です。10年で300本以上ホームランを打ったのは、王と松井秀喜だけというからその凄さはよく分かると思います。外国人選手にも負けないパワーと勝負強さはピカ一で、松井秀喜がアメリカ挑戦を表明したときは筆者もファンも涙したものです。

アメリカでは主にヤンキースで活躍

ニューヨークヤンキースに入団してからの松井秀喜はケガに苦しみました。期待されたホームランの量産も思ったようにできず、しばしば監督からがっかりされたこともあります。それでも日本のファンは、松井秀喜がアメリカで活躍してくれることを願い応援し続けました。
アメリカではヤンキース一筋というわけにはいかず・・・チームを転々としました。アメリカはそれだけ力のある選手たちが大勢いたということです。そんな中でも、パワフルな打撃と思い切った守備で現地のファンを沸かせたこともありました。

松井秀喜の結婚発表。手にしたのは自ら描いたという妻の似顔絵

そんな松井秀喜の結婚発表が日本に届いたのは2008年3月のことでした。マスコミもファンも突然の発表に驚いたものです。妻は一般人ということで詳細な情報は発表されませんでした。しかし、秘密と言われると余計に気になるというものです。そこで今回は有名人の結婚シリーズということで、大スター松井秀喜とその妻に迫ってみましょう!なんでも松井秀喜とチーム関係者は、この妻への配慮に大変苦労したとか・・・。いったいどういうことなのでしょうか?

松井秀喜の妻、プロフィールは?

松井秀喜の妻とされる写真(中央の赤い丸で囲まれた女性)

松井秀喜は記者会見で妻の写真を公開したりせず、妻の似顔絵を見せていました。というのも妻は一般女性だというのです。過去には女優さんとウワサになったこともあったような・・・?
ともかく、妻のプロフィールについて調べてみましょう!

松井秀喜さんが34歳の時に富山県出身の元野球用品メーカーの社長秘書、中山愛さん(25歳)と2008年に結婚 しています。

出典:http://koibana.biz

結婚当初、松井秀喜は34歳でした。妻は9歳年下で、愛さんという方です。

スポーツ関連会社の元社員の女性。松井と同じ北陸地方、富山県の出身で秘書のような仕事をしていた

出典:http://www.sponichi.co.jp

妻の地元は松井秀喜と同じ北陸地方にあって、スポーツ関連企業で秘書をつとめていたとのことです。仕事できそうですね!

「どちらかというと控えめで活発ではない感じかな。でも明るいですし、相手への気遣いなどよくできる人です」

出典:http://www.sponichi.co.jp

松井秀喜は妻についてこのように語りました。やはり秘書という仕事をしていただけあって、他者への気遣いは完璧のようです。野球選手はオフでも表彰式があったりチーム行事に参加することもありますから、気配りというのは野球選手の妻として大事なスキルですよね!

ところが!松井秀喜の妻はいままで一度もメディアの前に姿を現していません。一般人ですからそれは理解できるとしても、大切な表彰式の場にすら松井秀喜の付き添いに現われなかったというのです。いくらなんでも、出るべきところには出るのが有名人の妻としての責務ではないでしょうか?
その理由は松井秀喜と妻の間に交わされた、結婚前の約束にあるというのです。

松井秀喜と妻の約束「表舞台に絶対出さない」

実は’08年に結婚する際に、松井は夫人といくつかの約束を交わしているという。

出典:http://news.livedoor.com

松井秀喜が妻と交わした結婚前の約束とは?

『いかなる場合でも、絶対に夫人を公の場に出さない』というものだったそうです。

出典:http://news.livedoor.com

この約束は、当初松井秀喜と結婚することをためらっていた妻に対して松井秀喜のほうからもちかけたことだったというのです。妻はこの約束を盾にして、重要な場にも姿を現そうとしないというのです。

松井秀喜が恩師の長嶋茂雄とともに国民栄誉賞を受賞した際にも・・・

その重要な場というのが、2013年5月5日に東京ドームで行われた松井秀喜の国民栄誉賞授賞式です。同時に受賞した恩師の長嶋茂雄は、亡くなった妻の代わりに娘が介添人としてともに授賞式に参加していました。ところが松井秀喜の隣に妻の姿はなく、一人での参加となったのです。
これには松井秀喜のファンも政界関係者も首を傾げたといいます。別に妻が見たいとかそういうことではなく、あくまで栄誉ある賞を受賞した夫に妻が付き添うのは大事な役目だから、という意味で、です。

夫人は極度のマスコミ嫌いで、これまで顔はもちろん、名前すら公表していません。絶対に公の場には出たくない意向で、写真を撮られるのもNG。

出典:http://www.asagei.com

一般の方がいきなりテレビに出ろというのは確かに嫌がる方がほとんどでしょうし、気持ちは理解できます。しかし夫の晴れの舞台にさえ姿を見せないというのは如何なものでしょうか・・・?

妻のマスコミ嫌いはこれだけに留まらない!松井秀喜が日本球界に戻れないのも実は・・・

夫人は松井の両親とも球場で一緒に観戦しようとしなかった。写真を撮られてしまうからです。

出典:http://www.asagei.com

なんと妻は、松井秀喜の両親と球場に脚を運ぶことも避けていたといいます。それって妻としてどうなんでしょうか・・・?

遠征先では試合後、レストランなどで食事をとりますが、夫人の強い要望により、松井とツーショットでは絶対に歩きませんでした。これも写真を撮られたり目撃されたりするのが嫌だからです。

出典:http://www.asagei.com

こう言っては松井秀喜にも妻にも失礼でしょうが、だったら結婚なんてしなければよかったのに・・・と思います。
さらに、松井秀喜に日本球界での監督打診が来たときも・・・

古巣のジャイアンツ監督の打診が松井秀喜には何度もあった

ジャイアンツは80年の歴史がある球団です。その球団で活躍したレジェンド選手しか座ることができないといわれる監督のイスを松井秀喜に!と球団からは何度もアプローチがあり、またファンもそれを望んでいます。なのに松井秀喜は断り続けているのです。その理由もやっぱり妻が原因でした。

ジャイアンツ監督の話を断らせたのも妻

もし日本に戻るとなると、マスコミの注目の的となるのは避けられません。夫人を徹底的に隠さなくてはならない松井にとって、アメリカにいるほうが好都合なのです

出典:http://www.asagei.com

日本のマスコミは海外と違ってしつこく、執拗に張りこみを続けたり後をつけたりということで有名(?)です。だから、妻をかばうためには日本に帰れないというのです。

シーズンオフにコーチとして来日するものの・・・

2015年、長年ジャイアンツで監督を務めた原辰徳氏の辞任が決まったあとも松井秀喜には監督要請が日本から飛んでいました。毎年シーズンオフにはジャイアンツに臨時コーチとしてキャンプ地を訪問するものの、監督にはNOを出し続けてきました。今年も結局監督就任要請を蹴られたジャイアンツは、まだ現役だった高橋由伸を来季からの監督にすると発表しました。

松井秀喜の妻がOKを出さない限り、松井秀喜の日本球界復帰は0%

ニューヨークに住む夫人は、“巨人軍監督”就任へのラブコールにも、『日本への帰国は絶対にイヤ!』と拒んでいるようです。せっかく子育てを見据えた豪華マンションまで買って、現地での育児の夢をふくらませていたのですからね。

出典:http://news.livedoor.com

そんなにニューヨークでの生活が素晴らしいのでしょうか。

こうした妻のワガママを認める形で、松井秀喜は日本での監督就任を承諾しないのです。まぁ、ファンよりも妻のほうが大事だというならそれはそれでいいでしょう。筆者は松井秀喜の大ファンでしたが、この記事を書くにあたって情報を集めていてがっかりしました。
お世話になったジャイアンツに恩返しを、と本気で考えるなら「黙ってついてこい!」くらい妻に言ってほしいものですが・・・自分からあんな約束をしてしまった以上、絶対にムリでしょうね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ