「情熱大陸」の小栗旬が見せた飾らない舞台俳優としての姿。

2007年、小栗旬は「情熱大陸」に出演されていました。「依頼が来た仕事は断らない。」ドラマに舞台とハードなスケジュールにフラフラになりながらも真っ直ぐに演技に打ち込む小栗旬の姿が印象的でした。小栗旬が出演した「情熱大陸」についてまとめました。

情熱大陸で初の2週連続放送された俳優「小栗旬」

小栗旬を200日密着した「情熱大陸」

国民的な人気俳優といえば小栗旬さん。そんな小栗旬さんを200日間に渡り密着した番組が「情熱大陸」。

小栗旬さんが出演した「情熱大陸」は、2007年11月11日、11月18日の2週連続で特集され、2週連続で放送されるのは当時”初”のスペシャルな回でした。

現在も人気の小栗旬さんですが、撮影当時人気絶頂の頃の小栗旬さんを2007年5月から半年にわたって密着し、仕事に突っ走り、恋愛を語り、友情を大切にする小栗旬さんを見ることができるとして話題になりました。

数々の著名人に密着してきた「情熱大陸」の中でも、反響を呼んだこの回のあらすじや、俳優としての真剣な表情を見せる小栗旬さん、撮影の舞台裏や撮影当時の小栗旬さんについてもご紹介します。

人気イケメン俳優、小栗旬のプロフィール

情熱大陸でイケメン俳優の生活が見えた小栗旬のプロフィール

生年月日:1982年12月26日
血液型:O型
出身:東京都
身長184cm
職業:俳優
事務所:トライストーン・エンターテイメント

小栗旬の初舞台は1998年。それから、蜷川幸雄演出舞台の常連となり、たくさんの舞台に出演しています。テレビドラマでの仕事が多い印象ですが、舞台での演技にも定評があります。芝居に対する誠実さや、役によって演じ方を変えるなど、演技への打ち込み方が見て取れることが多々あります。

出典:http://ticketcamp.net

小栗旬さんは漫画の実写映画やドラマ、大河ドラマなど数多くの作品で活躍されています。「情熱大陸」が放映された2007年は「花より男子」の花沢類役でブレイクした時で、今でも人気ですが当時は特に小栗旬さんの人気がすごかったです。

初の2週連続放送!「情熱大陸」の小栗旬特集

小栗旬を密着した番組「情熱大陸」とは

TBS系列局で毎週日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている毎日放送(MBS)制作の人間密着ドキュメンタリー番組。

日曜の夜のひと時、明日から始まる一週間を前向きに生きるパワーを感じて貰うためのテレビドキュメンタリー番組です。
毎週、文化・スポーツ・芸能などあらゆる分野で第一線を走っている“旬の人物”にスポットをあて、「情熱大陸」ならではの取材でその人の素顔に迫ります。

出典:http://www.facebook.com

様々なジャンルの第一線活躍する「旬の人」に密着する番組。放送された当時の小栗旬さんはドラマに舞台に引っ張りだこ、「情熱大陸」に相応しい最も「旬」な人として特集されました。

「情熱大陸×小栗旬」 ーあらすじは?ー

「情熱大陸」史上初めて、2週にわたって伝える小栗旬の”今”。

ドラマ「花より男子」で、大富豪で容姿端麗な”花沢類”を演じたかと思えば、
映画「クローズZERO」では札付きの不良を見事に演じきった。まさに今もっとも”旬”な男が、小栗旬さん。

2007年5月から半年にわたって小栗旬さんに密着し、仕事に突っ走り、恋愛を語り、友情を大切にする当時24歳だった小栗旬さんの「今」にクローズアップ。
1週目の放送では映画『クローズ』を中心に、時代を怒涛のごとく突っ走る小栗の姿を伝えていたが、2週目では、小栗旬さんが「もっとも好きだ」と公言してはばからない舞台の活動に焦点を当てています。

小栗旬さんが必死に取り組んだ舞台である『カリギュラ』。超難解で台詞も多いこの芝居を想像を超えたハードスケジュールの中、師匠と仰ぐ蜷川幸雄の期待に、小栗旬さんは応えることができるのか?

「アイドル王子としか見ていない世間の目を、心地よく裏切りたい」と話す小栗旬さんの挑戦を、稽古から初日を迎えるまで見届けています。

「情熱大陸」で見せた小栗旬の葛藤とは?

「情熱大陸」で見せる姿は、ドラマでの「小栗旬=王子様」のイメージとはかけ離れたもの。
「アイドル俳優」としか見ていない世間を裏切りたい意気込む小栗旬の心中は?

旬:「もうアイドル俳優ですから、僕は。(笑いながら、皮肉げに) それこそ見に来てくれる人たちにそんなこと言っちゃあれだけどさ。いちばん悲しいよね。別に俺らが何しようとさ、ただ出てるだけで良いっていうのは」

出典:http://117nenemi.blog.fc2.com

びっしりと書き込まれた小栗旬のスケジュール

「依頼が来た仕事は断らない」
ドラマや映画、アニメの声優など様々な仕事を行う小栗旬。
「情熱大陸」で見せた彼のスケジュールは、想像以上に過酷なものでした。

なぜ、そんなに荒れているスケジュールなのかというと、それは人気が出すぎて、仕事がたてこんでいるから。

この年は、走ると決めて200日間休みなしのスケジュールを送っていたそうです。

この2007年は、ラジオ「オールナイトニッポン」のパーソナリティを始め、ドラマでは「花より男子2 リターンズ」(花沢類役)、「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」(佐野泉役)。映画では「キサラギ」(家元役)、「クローズZERO」(滝谷源治役)がヒット。200日間休みなしの仕事漬けの毎日だったそうです。

出典:http://goodluckjapan.com

小栗旬が挑んだ舞台『カリギュラ』とは?

「情熱大陸×小栗旬」の後編では、小栗旬さんが挑んだ舞台『カリギュラ』に奮闘する姿に密着しています。小栗旬さんが苦戦した『カリギュラ』とはどんな舞台だったのでしょうか?

小栗旬が全身全霊を捧げた舞台『カリギュラ』

作: アルベール・カミュ 
演出: 蜷川幸雄 
出演: 小栗旬、勝地涼、長谷川博己、横田栄司、若村麻由美 ほか

今最も”旬”な俳優・小栗旬と、世界NINAGAWAこと蜷川幸雄が、フランス文学を代表する<<不条理の哲学>>アルベール・カミュの代表作『カリギュラ』に挑む。
愛する者に死に世の不条理を悟り、残虐非道な行為や悪徳を通して不条理と戦い続ける若き王の暴走と自滅を描く。『花より男子』『クローズZERO』で人気絶頂の小栗旬が不条理に立ち向かい暴走する若き王をスキャンダラスに演じ、2007年を締めくくる最大の話題作となった。

出典:http://www.amazon.co.jp

フランス文学を代表する作家アルベール・カミュの名作を、初めて蜷川幸雄が演出するというこの話題の舞台で、小栗はズバリ、カリギュラ役に扮する。実在した若きローマ皇帝でもあるカリギュラは、残虐非道な行為を繰り返す暴君。にもかかわらず、美しく魅力的な人物として表現しなければならないという難しい役柄でもある。

出典:http://eplus.jp

蜷川幸雄が小栗旬のために演出した作品

演出家 蜷川幸雄

「この話は彼のために演出した。今、人気が出てブレイクしているのは当たり前。悪そうで利口、芝居も上手いんですよ」

出典:http://www.oricon.co.jp

これまで数々の蜷川舞台に出演した小栗旬さん。

蜷川幸雄が小栗旬さんが一番追い詰められていた状態の時に、熱い信頼と期待を寄せて本作のタイトルロール「カリギュラ」役に抜擢しました。

イライラしている小栗旬の姿は正に「カリギュラ」そのもの!

『カリギュラ』の稽古で、小栗旬は度々台詞が詰まるものの、蜷川さんから罵声が飛ぶことはありませんでした。

多忙なスケジュールの合間をぬって、難しいセリフを覚えなければならなかった小栗旬さん。

セリフが頭に入らないまま、カリギュラの舞台稽古で蜷川さんのもとへ。
でも、そこで小栗旬さんは、溜まりに溜まった怒り・フラストレーションを
カリギュラとして舞台にぶつけました。

結果、稽古が厳しく、怒るので有名なあの蜷川さんが、情熱大陸のスタッフも拍子抜けするくらい、怒らない。それほどの出来栄えだったのです。
小栗さんはイライライライラしてるから、演技として完璧だと語る蜷川さん。

「小栗はどこか突き抜けた様子だった」
ようやく蜷川さんに呼ばれたと思ったら、「不死」のアクセントを直されただけ。
蜷川さん:「あとは完璧。小栗をノックアウトしてやろうと思ったけど残念だな。できちゃったな。不愉快だ」
「その後三週間続いた稽古で、小栗が蜷川から罵声をあびることはなかった」

出典:http://117nenemi.blog.fc2.com

「情熱大陸」による小栗旬密着200日を終えて

『カリギュラ』初日を迎えた小栗旬さんは、どこか吹っ切れたような表情でした。

「もう見られて恥ずかしいことはなにもない」と言い切る小栗旬さんの表情は、
まるで憑き物が落ちたようにすっきりとした表情でした。

どこへ行っても、自分のことを見たい人は
虚像の自分を見ている。
見たい人が自分の見たいように見ている。
俺も、勝手に見られて困ることはなにもない。
あとはやるだけ。
この1年でそう思うようになった

出典:http://ameblo.jp

伝説のミスター情熱大陸「小栗旬」、撮影の舞台裏とは

アメトーークに出演した際に語った、情熱大陸の舞台裏

人気番組「アメトーーク!」で「情熱大陸出たい芸人」と題した回が放送され、そのスペシャルゲストとして小栗旬さんが出演。

スタジオトークではお笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本さんが「(密着取材中に)良いコメントって意識して言うんですか?」と尋ねると、小栗旬さんは「最初の頃なんかは、考えることもありました」「ちょっとカッコつけようとか、こんなこと言ったほうが良いのかな?って」と回答。

ところが、”小栗旬さんは密着期間が1年ぐらいと長く、ディレクターさんが小栗旬さんの愚痴を聞いてくれたりと、そのディレクターさんが来てくれるとホッとする”、と当時の心境を打ち明けました。

「情熱大陸」当時の小栗旬、自分を振り返って

小栗旬さんは「情熱大陸」に出ていた当時をこのように振り返っています。

情熱大陸出演当時を振り返る小栗旬

小栗旬さんは「情熱大陸』に"伝説の2週連続 小栗旬"として取り上げられたことに触れ「あの時はアホみたいに調子に乗ってた」と告白。

さらに、舞台出演時に楽屋に挨拶にきた初対面の女優に対し「全員イケんじゃないか」と思っていたことも明かしました。

今は当時より大人になり、調子に乗ることはなくなったそう。

やはり、国民的人気俳優にまで昇りつめてしまうと調子に乗ってしまうのもわかりますよね。

小栗旬の「情熱大陸」が見たい方必見!

プレミアム版DVDが発売中!

情熱大陸初の2週に渡って放送された小栗旬さんの密着映像。

テレビで放送された本篇に加え、小栗旬さんの新たな追加インタビューを特典ディスクに収録したプレミアム・エディション(初回限定生産)が発売されています!

34Pもの豪華ブックレット付きで、小栗旬さんのファンにはたまらないアイテムです。

200日に渡って密着してわかった小栗旬さんの「顔」が見られるのは、この情熱大陸のDVDのみとなっています。

情熱大陸×小栗 旬 プレミアム・エディション [DVD]

¥7,000

購入はこちら

「情熱大陸×小栗旬」まとめいかがでしたでしょうか?

「情熱大陸」が放送された当時の、小栗旬さんの年齢は27歳。

青臭さがあり、不器用ながらもまっすぐに仕事に打ち込む小栗旬さんの姿は、心を打たれます。この体験があったからこそ、今の小栗旬さんの活躍があるのでしょう。今後の活躍にも期待しましょう。

また今回の小栗旬さんの姿を見て、舞台俳優としての小栗旬さんに興味を持った方も多いのではないでしょうか?以下の記事には舞台俳優としての小栗旬さんがまとめられているのでぜひご覧ください!

小栗旬出演の舞台に関するまとめ記事はこちら

もっと小栗旬を知りたい方へ!

もっと小栗旬を知りたい方へおすすめの記事です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ