記事ID46935のサムネイル画像

小栗旬は一児の父になりました、小栗旬の父はどんな人でしょう?

小栗旬の父である小栗哲家氏は有名な舞台監督ですね。小栗旬の兄は元俳優です。現在女児の父親となった小栗旬の父としての理想があるそうです。小栗家で培った父親の姿、そして仕事に対する姿が今現在の大きくなった小栗旬の原動力です。小栗哲家氏の活躍と一緒にご紹介!

小栗旬の父、小栗哲家とは!?

小栗哲家

小栗 哲家 おぐり てつや
生年月日 1949年
国籍 日本
職業 舞台監督
ジャンル 舞台
活動期間 1972年 - 現在
著名な家族 小栗了(長男)
小栗旬(次男)

小栗哲家さん略歴

小栗哲家さんは、1972年から舞台監督助手として活動を始め、1976年の関西二期会「アルバート・ヘリング」で初めて舞台監督を務められています。

その後、二期会オペラ「フィガロの結婚」をはじめ、ウィーン国立歌劇場、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場などの引越し公演を手がけ、冨田勲のサウンドプロジェクトでも活躍しています。

小栗哲家さんは、自ら舞台監督集団、株式会社クリエイションを主宰する傍ら、プロダクション・スーパーバイザーとしても活躍し、株式会社アートクリエイションを設立しています。

1992年に愛知芸術文化センターのオープニングセレモニー、1998年にはびわ湖ホールのオープニングガラを手がけ、1999年1月同劇場でのオペラ「ドン・カルロ」、11月にはオペラ「群盗」にも携わっています。

現在は、東京芸術大学大学院音楽研究科応用音楽学非常勤講師。兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザーをなさっています。

GTOの小栗旬の父は小栗哲家氏、小栗旬の父は有名な舞台監督、父と小栗旬の活躍

父は舞台監督の小栗哲家[3]、兄は元俳優の小栗了[4]。妻はモデル、女優の山田優[5]。モデル、俳優の山田親太朗は義弟

出典:https://ja.wikipedia.org

小栗旬は内田有紀に憧れていた

小6の時、「内田有紀と共演したい」という理由でオーディションに応募する

出典:https://ja.wikipedia.org

“GTO”の小栗旬は本当に華奢な少年で、現在の小栗旬とは結びつかないイメージでした。彼の父親は有名な方ですので、当時は苦労知らずのお坊ちゃんだったのでしょうか。演じていたかどうかは定かではありませんが。

小栗旬の父は舞台監督、小栗旬の家族は父と兄姉母、小栗旬の父は愛知半田出身

小栗旬の父、小栗哲家さんは半田市出身

この小栗哲家さんは舞台監督の仕事をやられてて、半田市出身なんです。この小栗哲家さんは舞台監督の仕事をやられてて、半田市出身なんです。

出典:http://blog.blochiita.jp

小栗 哲家(おぐり てつや、1949年 - )は、愛知県出身の舞台監督。日本舞台監督協会理事。株式会社アートクリエイション代表取締役。次男は俳優の小栗旬

出典:https://ja.wikipedia.org

小栗旬の父、小栗哲家氏はご存知のとおり有名な文化人です。一時は、映画の監督かと思っていて小栗旬もその道に行くのかと予想していたのです。映画監督と舞台監督とは少々違いますね。

小栗家は父だけでなく大物揃い、小栗旬の兄も元俳優、育てた父は小栗旬にとってすごい人、父を尊敬する小栗旬 

1972年から舞台監督助手として活動を始め、1976年の関西二期会「アルバート・ヘリング」で初めて舞台監督を務める

出典:https://ja.wikipedia.org

小栗旬の父である小栗哲家氏の仕事はクラシックな方面ですね。二期会(現在は名称が少々違います)といえば声楽家の団体でオペラなどの世界に通じているということですね。

二期会オペラ「フィガロの結婚」をはじめ、ウィーン国立歌劇場、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場などの引越し公演を手がけ、冨田勲のサウンドプロジェクトでも活躍

出典:https://ja.wikipedia.org

現在は、東京芸術大学大学院音楽研究科応用音楽学非常勤講師

出典:https://ja.wikipedia.org

小栗旬の父小栗哲家氏の手がけた公演の中にある、富田勲氏は“展覧会の絵”、“惑星”、そして“新日本紀行”、シンセサイザーの大御所、さきがけとして有名な方ですね。

小栗旬の父母、小栗旬の兄姉勢ぞろい、父は仕事人間でめちゃくちゃ忙しい人、小栗旬はその父見上げてがんばる人

息子の旬が知る限りでは、1年間に10日も休んでないほど仕事をしている

出典:https://ja.wikipedia.org

仕事に対しての愚痴はあまり聞いたことがないそうで、尊敬できる人、あるいはライバルとして父の名前をあげている

出典:https://ja.wikipedia.org

仕事で忙しく、生活の殆どが仕事という父親の姿は息子である小栗旬にとって、尊敬するべく人として写っていたのですね。父親が尊敬する人であり目指す人ということは男子にとって幸いなことです。恵まれた人です。

小栗旬さんの父親や、その他の家族についてまとめた記事もありますのでぜひご覧ください!

今度は小栗旬、一児の父に、小栗旬の理想の父親像、 小栗旬の父としての覚悟

小栗旬さんは2012年3月に女優の山田優さんとの結婚をした小栗旬さんですが、2014年10月に第一子を授かっております。
現在は二児の父です。

小栗旬プライベートショット

小栗旬、愛娘とのプライベートショット公開 理想の父親像も明かす2015-01-14 14:07

出典:http://mdpr.jp

小栗は14日、都内にて行われたニコン・新カメラのイベントに出席。実際に新商品を使い小栗が撮影したという、プライベートショットを2枚公開した。1枚目は子どもと手を繋いでいるショットで「娘の手です

出典:http://mdpr.jp

「僕は末っ子で、うちのお兄ちゃんは写真がいっぱいあって、僕の写真はあまりないので、子どもの写真はいっぱい撮りたいです」と父親らしい表情を浮かべ、「(その写真は)意外と周りに見せています」と私生活を明かした。

出典:http://mdpr.jp

また、新CMでは、2人の子どもの父親を演じたため、小栗は「自分も父親になったので、しっかり叱れるお父さんになりたいなと思います」と理想像を明かした

出典:http://mdpr.jp

今度は小栗旬が父として、娘そして将来生まれるであろう息子に暖かく、そして厳しくあろうという姿は当然、自分がそう育ったという結果でしょうね。小栗旬という人が時折見せる優しい表情はこういった生育暦が生み出したものでしょう。新しい家族たちも守れるように逞しく、そしてもちろんファンたちにも暖かい小栗旬であってほしいと願います。

もっと小栗旬を知りたい方へ


もっと小栗旬を知りたい方へおすすめの記事です

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ