記事ID33958のサムネイル画像

【元AKB48】大島優子が出演した映画とは?初出演作とは?【女優】

元AKB48のメンバーで現在女優として活動している大島優子。そんな大島優子がAKB48加入前に出演した映画とは?AKB48のメンバー時代に出演した映画とは?AKB48卒業後に出演した映画は?など、大島優子が出演した映画について調べてみました。

多くの映画に出演!大島優子のプロフィール

大島優子

1988年10月17日生まれ
栃木県出身
太田プロダクション所属
元AKB48のメンバー

1996年から母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦がサウンド・プロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット、「Doll's Vox」に所属していた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2006年
2月26日に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。

出典:https://ja.wikipedia.org

2008年
6月30日、『弁護士 一之瀬凛子シリーズ』(TBS) に出演。

出典:https://ja.wikipedia.org

2009年
3月21日公開の映画『テケテケ』で映画初主演を務める。

出典:https://ja.wikipedia.org

2010年
1月 - 3月、『マジすか学園』(テレビ東京)に同名役で出演。
10月 - 12月、連続ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日)にレギュラー出演。

出典:https://ja.wikipedia.org

2013年
12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表する。

出典:https://ja.wikipedia.org

2014年
3月30日に国立競技場で開催される予定であった『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』のAKB48グループの公演において、卒業セレモニーが予定されていたが、荒天のため公演自体が中止となる。代替コンサートは、6月8日に味の素スタジアムで開催されることが決定し、当日は70,000人の観衆を集めて約4時間のライブが開催される。6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業する。

出典:https://ja.wikipedia.org

2015年
1月 - 3月、『銭の戦争』(関西テレビ)にレギュラー出演。
1月、2014年に公開された映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞する。
4月 - 6月、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS)で連続ドラマ初主演。
10月、『No.9 -不滅の旋律-』で、初めての本格的な舞台出演する予定。

出典:https://ja.wikipedia.org

大島優子の映画初出演作は子役時代だった!?

大島優子は子役時代の1998年、
映画「大怪獣東京に現わる」に出演しました。
大島優子にとってこの作品が映画初出演でした。

大怪獣東京に現わる』(だいかいじゅうとうきょうにあらわる)は、松竹が1998年に公開した日本映画の一つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

日常生活が怪獣の出現で崩壊する様を描くコメディタッチのパニック映画の一種である。

出典:https://ja.wikipedia.org

大島優子はこの映画で祭の少女役として
出演しました。

その後、大島優子は
2000年に公開された映画「千里眼」に
出演しました。

大島優子はこの映画で
主演の水野美紀の少女期を演じました。

大島優子がAKB48時代に出演した映画とは?

2006年、AKB48に加入した大島優子は
AKB48のメンバーとして映画「伝染歌」に出演しました。

『伝染歌』(でんせんうた)は、2007年8月25日公開の日本映画。キャッチコピーは、「歌えば、死ぬ」。

出典:https://ja.wikipedia.org

この映画には大島優子の他
大島優子と同じAKB48のメンバーが
多く出演していました。

大島優子初の主演映画は
AKB48のメンバーだった2009年に公開された「テケテケ」でした。

『テケテケ』は、日本のホラー映画。都市伝説「テケテケ」を元にした作品で、2009年3月17日に公開された。ストーリー上続編にあたる『テケテケ2』も同日に公開された。主演は大島優子。

出典:https://ja.wikipedia.org

キャッチコピーは「この都市伝説に、逃げ場はない!」。

出典:https://ja.wikipedia.org

大島優子はこの映画で
大橋可奈役を演じました。

この映画は大島優子の他に
山崎真実、西田麻衣、阿部進之介などが
出演していました。

大島優子がAKB48卒業後に出演した映画とは?

2014年にAKB48を卒業した大島優子は
2015年に「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」で
声優に挑戦しました。

また、大島優子は
2015年8月に公開された映画「ロマンス」では
AKB48卒業後、初の主演に抜擢されました。

ロマンス』は、2015年に公開された日本の映画。監督・脚本はタナダユキ、主演は大島優子。

出典:https://ja.wikipedia.org

大島優子が出演したこの映画の
あらすじはこちらです。

新宿・箱根間を往復する特急ロマンスカーのアテンダント・北條鉢子は完璧に業務をこなす、デキる女。ところが、怪しい中年の乗客・桜庭に、疎遠になっていた母からの手紙を読まれてしまい、なぜか一緒に母の行方を探すことに…。小田原城、箱根登山鉄道、大涌谷…かつて家族で訪れた観光地を巡る、小さな旅。その終わりに待つ、出会いと別れとは…?

出典:http://www.sanspo.com

大島優子はこの映画で
北條鉢子役を演じました。

大島優子出演のこの映画は
大島優子の他に、大倉孝二、窪田正孝などが
出演していました。

大島優子のこれから

現在、舞台の出演が決まっている
大島優子。

これからも大島優子に
目が離せませんね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ