記事ID33572のサムネイル画像

【女優】深津絵里のドラマ初出演作品とは?主演ドラマとは?

女優として数々の映画やドラマに出演し話題を集めている深津絵里。そんな深津絵里のドラマデビュー作品は?どんな役で出演したのか?また、深津絵里のドラマ初主演作品とはどんな作品だったのか?など、深津絵里のドラマ出演作について調べてみました。

多くのドラマに出演している深津絵里のプロフィール

深津絵里

1973年1月11日生まれ
大分県出身
アミューズ所属

1986年(昭和61年)、東京・原宿で行われていたミス原宿グランプリ(コンテスト)に参加し優勝をしたのをきっかけに芸能界デビュー(当時13歳)。

出典:https://ja.wikipedia.org

1988年(昭和63年)3月26日公開の映画『1999年の夏休み』でスクリーンデビュー。
同年、JR東海の「HOME-TOWN EXPRESS・クリスマスバージョン」(クリスマス・エクスプレス'88)CMに15歳で起用され、広く認知される。

出典:https://ja.wikipedia.org

当初アイドル・歌手活動もしていた(深津絵里と高原里絵を併用していた期間がある)。同期歌手デビューに田村英里子、島崎和歌子、中山忍、星野由妃、マルシア、千葉美加、川越美和などがいた。(歌手としてミュージックステーションに出演した事がある)

出典:https://ja.wikipedia.org

1996年(平成8年)には初主演映画である『(ハル)』が公開。

出典:https://ja.wikipedia.org

2002年(平成14年)、主演ドラマ『恋ノチカラ』は女性の共感を呼び、毎年冬になると再放送されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

2003年(平成15年)に公開された『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』、『阿修羅のごとく』の2作品で第27回 日本アカデミー賞に助演女優賞としてノミネートされ、『阿修羅のごとく』で最優秀助演女優賞を受賞した(ただし、授賞当日は舞台中であったためテレビ電話での出演となった)。

出典:https://ja.wikipedia.org

2010年(平成22年)映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』が7月3日に公開、映画『悪人』が9月11日に公開。この映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞、並びに第34回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞(尚、日本アカデミー賞での最優秀主演/助演女優賞のダブル受賞は桃井かおり・大竹しのぶ・小柳ルミ子・倍賞美津子・原田美枝子・和久井映見・樹木希林に次いで史上8人目)。

出典:https://ja.wikipedia.org

深津絵里のドラマデビュー作とは?

深津絵里は1990年に放送されたドラマ「予備校ブギ」で
ドラマ初出演を果たしました。

『予備校ブギ』(よびこうブギ)は、1990年4月20日から7月6日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。

出典:https://ja.wikipedia.org

深津絵里が出演しているこのドラマの
あらすじはこちらです。

受験生の茂樹(緒形直人)は、第一志望の早稲田大学法学部の入試に向かう電車内で女性に痴漢と間違えられ、最悪の受験となる。当然、結果は不合格。浪人生となってしまった。

予備校初日にある切っ掛けで、茂樹は同じ私大文系コースの一郎(的場浩司)と薫(織田裕二)と知り合う。さらに、英文解釈の授業に現れた講師は、茂樹を痴漢と間違えた女性、小野雪(田中美佐子)だった。

茂樹、一郎、薫の予備校生3人が、小野雪や女子大生のめぐみ(渡辺満里奈)、津田塾に学籍がありながら東大が諦められず仮面浪人生となった美幸(長谷川真弓)、薫につきまとうフリーターの真弓(深津絵里)らと係わりつつ、お互いの境遇や想いに悩み、時には楽しく、時にはぶつかり合いながら、志望校合格を目指し、ある者は新たな道を歩みだす。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマで深津絵里は
島岡真弓役を演じました。

深津絵里が出演したこのドラマは
深津絵里の他に、緒形直人、織田裕二、田中美佐子などが
出演していました。

深津絵里の初主演ドラマ作品とは?

1990年に放送されたドラマ「パラダイスにっぽん」で
深津絵里はドラマ初主演を果たしました。

深津絵里は
このドラマで藤井早苗役を演じました。

深津絵里が主演を務めたこのドラマは
深津絵里の他に、渡瀬恒彦、松下由樹などが
出演していました。

その後、深津絵里は
1995年に放送されたドラマ「最高の片想いWHITE LOVE STORY」で
連続ドラマ初主演を務めました。

『最高の片想いWHITE LOVE STORY』(さいこうのかたおもい)は、フジテレビ系列で1995年1月11日から3月22日まで放送された日本のテレビドラマ。放送時間は 水曜日21:00~21:54。深津絵里は連続ドラマ初主演。全11回。

出典:https://ja.wikipedia.org

深津絵里主演のこのドラマのあらすじはこちらです。

大学時代、スキー部の仲間だった青木公介(本木雅弘)、麻生竜平(杉本哲太)、関本法子(有森也実)は、8年ぶりに再会し、北海道へスキーに行くことになった。途中で、仲間とはぐれた加藤くるみ(深津絵里)という女性を拾い、一緒に宿に到着した。実は、くるみと公介の出会いはこれが最初ではなかった。通勤電車の中で公介に一目ぼれしたくるみは、たまたまそのスキー計画を知ってここまで来たのだ。しかし、公介は、学生時代に片想いに終わっていた法子を忘れられないでいた・・・。純白のゲレンデとスタイリッシュな都会を舞台に、ヒロインの片想いのてん末をロマンチックに描く。

出典:https://ja.wikipedia.org

深津絵里はこのドラマで
加藤くるみ役を演じました。

加藤くるみ(うさぎ):深津絵里
電車で公介に一目惚れし、片想いとなる。公介からは「うさぎ」と呼ばれる。

出典:https://ja.wikipedia.org

深津絵里主演ドラマの代表作とは?

深津絵里は
1998年に放送されたドラマ「きらきらひかる」で
主演を務めました。

1998年1月13日から3月17日まで毎週火曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「火曜9時」枠で連続ドラマが放送された。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマは話題を集め
2度、スペシャルドラマが放送されました。

1999年4月23日には『きらきらひかる2』が、2000年4月4日には『きらきらひかる3』として、2度スペシャルドラマが制作されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマで深津絵里は
天野ひかる役を演じました。

天野ひかる(25)
演 - 深津絵里
新人監察医。医学部卒業後は、脳外科へ進む予定だったが、卒業祝賀パーティで爆発事故に巻き込まれ、そこへ監察医として現れた裕里子の仕事振りに感銘を受け、監察医を志す。気になったことがあると、とことん調べないと気が済まない性格で、「死者の最後の言葉を聞くこと」を信念としている。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマは深津絵里の他に
柳葉敏郎、松雪泰子、篠原涼子などが
出演しました。

このドラマは深津絵里の代表作の一つと
言われています。

深津絵里のこれから

2011年以降、深津絵里は
ドラマに出演しておらず、
出演予定のドラマもありませんでした。

次に深津絵里がドラマに出演するのはいつなのか?
楽しみにしていたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ