記事ID30177のサムネイル画像

【NPB】ダルビッシュ有の年度別成績をまとめてみた!【MLB】

現在レンジャーズに所属し、常に安定した成績を収めているダルビッシュ有投手。かつては日本ハムのエースとしても大活躍しました。人気・実力ともに兼ね添えたダルビッシュ有投手。そんなダルビッシュ有投手の年度別成績をまとめました!

日米で好成績を収めるダルビッシュ有って?

プロフィール

本名:ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish, )
フルネーム:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有
愛称:ダル
出身地:大阪府羽曳野市
生年月日:1986年8月16日
身長:6' 5" =約195.6 cm
体重:220 lb =約99.8 kg

選手情報
投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:2004年 ドラフト1巡目
初出場:NPB / 2005年6月15日、MLB / 2012年4月9日
年俸:$10,000,000(2014年)

概要

ダルビッシュ有投手は東北高校時代から凄まじい成績を挙げました。プロ入り後は若気の至りもありましたが、その後はエースと呼ぶに相応しい成績を収めており、後にメジャー移籍しても好成績を残しています。

2004年、東北高校から北海道日本ハムファイターズに、ドラフト1位指名で入団。右投げ右打ち。

ルーキーイヤーの2005年は未成年なのに喫煙したり、パチンコ店に出入りしていたことを週刊誌に暴露され、一時は「ワルビッシュ」などと呼ばれた。

その後は改心し、日本ハムのエース。球界のエースとして成長していく。
2006年の日本一とアジア大会優勝、2007年の二年連続リーグ優勝に大きく貢献した。

日本時代は野外球場にはやや弱いところが有った。
具体的に言うと、ドーム球場と野外球場で防御率が2点以上違っていた。
変化球が風に影響されて制球が乱れるようで、
千葉マリンスタジアムは苦手としている。

涌井秀章、田中将大らと「ダルビッシュ軍団」を結成している。特に涌井は親友。

出典:http://dic.nicovideo.jp

高校通算成績:登板67、投球回332 1/3、奪三振375、防御率1.10
甲子園通算成績:登板12、完投7、完封4、投球回92、奪三振87、四死球27、自責点15、7勝3敗、防御率1.47
センバツ:登板4、完投2、完封1、投球回30、奪三振29、四死球7、自責点9、2勝1敗、防御率2.70
選手権:登板8、完投5、完封3、投球回62、奪三振58、四死球20、自責点6、5勝2敗、防御率0.87

出典:http://ja.wikipedia.org

日本ハム時代のダルビッシュ有の年度別成績!

ダルビッシュ有 2005年~2007年 成績

2004年オフのドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに入団したダルビッシュ有投手。ルーキーイヤーは色々ありましたが、2年目以降は徐々に成績が安定してきて日本ハムの優勝に貢献しました。若きエース・ダルビッシュ有投手が好成績を収めるとチームに勢いがつきますよね。それを見事に実践しました。

(左から)
年度 年齢 チーム(TEAM) 防御率(ERA) 勝利(W) 敗戦(L) セーブ(SV) 試合(G) 完投(CG) 完封(SHO) ホールド(HRD) 勝率(WPCT) 投球回(IP) 被安打(H) 被本塁打(HR) 与四球(BB) 与死球(HB) 奪三振(K) 暴投(WP) ボーク(BK) 失点(R) 自責点(ER) その他 年俸

2005 19 日本ハム(5) 3.53 5 5 0 14 2 1 0 .500 94 1/3 97 7 48 3 52 2 0 37 37 1500万円
2006 20 日本ハム(1) 2.89 12 5 0 25 3 2 1 .706 149 2/3 128 12 64 6 115 5 1 55 48 3000万円
2007 21 日本ハム(1) 1.82 15 5 0 26 12 3 0 .750 207 2/3 123 9 49 13 210 4 0 48 42 MVP
沢村賞 7200万円

出典:http://nipponbaseball.web.fc2.com

2007年、初の開幕投手を務めた。8月9日、札幌ドームで行われた対楽天戦に先発して、4-2で勝ち投手となったダルビッシュは「狙っていた」という試合後のヒーローインタビューで、サエコとの出来ちゃった婚を報告した。シーズン成績は15勝5敗、防御率1.82、WHIP0.83、被打率.174、完投数は12球団トップの12であった。シーズン終盤には成瀬善久(ロッテ)と防御率争いを繰り広げ、0.003点差で最優秀防御率は逃したが、今中慎二以来14年振りに全7項目の選考基準を満たして沢村賞に選出されたほか、最多奪三振、ゴールデングラブ賞・ベストナインのタイトルを獲得。チームのリーグ連覇に大きく貢献し、パ・リーグシーズンMVPに選出。21歳でのMVPは沢村栄治、稲尾和久の20歳に次ぐ年少記録となった。北京オリンピック野球日本代表監督の星野仙一からは、代表のエースにも指名された。

出典:http://ja.wikipedia.org

ダルビッシュ有 2008年~2009年 成績

2008年の北京五輪で代表選手として出場したダルビッシュ有投手。計3試合に登板し0勝1敗、防御率5.14という不本意な成績でしたが、シーズン成績は凄まじいものでした。翌年のWBCは成績以上の活躍をし、シーズンも安定感抜群の成績を収めました。

(左から)
年度 年齢 チーム(TEAM) 防御率(ERA) 勝利(W) 敗戦(L) セーブ(SV) 試合(G) 完投(CG) 完封(SHO) ホールド(HRD) 勝率(WPCT) 投球回(IP) 被安打(H) 被本塁打(HR) 与四球(BB) 与死球(HB) 奪三振(K) 暴投(WP) ボーク(BK) 失点(R) 自責点(ER) その他 年俸

2008 22 日本ハム(3) 1.88 16 4 0 25 10 2 0 .800 200 2/3 136 11 44 9 208 4 1 44 42 2億円
2009 23 日本ハム(1) 1.73 15 5 0 23 8 2 0 .750 182 118 9 45 6 167 5 0 36 35 MVP 2億7000万円

出典:http://nipponbaseball.web.fc2.com

2009年第2回ワールド・ベースボール・クラシック (WBC) の日本代表として出場し、松坂大輔、岩隈とともに先発3本柱として監督の原辰徳から指名される。3月5日、日本代表の初戦である対中国戦に先発投手として出場し、4回を無安打無失点に抑え勝利投手となる。また、3月18日の対韓国戦でも先発投手として出場するも、この試合では初回に失策も絡み3失点を喫し、5回7奪三振3失点(自責点2)で敗戦投手となる。3月23日の準決勝、3月24日の決勝では先発を松坂、岩隈に譲り、いずれの試合も抑え投手として出場し、決勝では勝利投手となった。この試合では球速100mph(約161km/h)を計時し、現地の放送では108mph(約174km/h)も計時されたが、こちらは球場内の電光掲示板では表示されず誤計測と見られた。大会通算で13回を投げ、2勝1敗、防御率2.08、大会最多の20奪三振、WHIP1.00の記録を残し、マニー・ラミレスやケン・グリフィー・ジュニアらといったメジャーの強打者からの賞賛も浴びた。

出典:https://ja.wikipedia.org

ダルビッシュ有 2010年~2011年 成績

ダルビッシュ有投手は2011年の日本ハム在籍時まで長年にわたり防御率1点台という凄まじい成績を収めています。先発投手で防御率1点台を長期間保つことができる、というのはダルビッシュ有投手の凄さを裏付けていますね。

(左から)
年度 年齢 チーム(TEAM) 防御率(ERA) 勝利(W) 敗戦(L) セーブ(SV) 試合(G) 完投(CG) 完封(SHO) ホールド(HRD) 勝率(WPCT) 投球回(IP) 被安打(H) 被本塁打(HR) 与四球(BB) 与死球(HB) 奪三振(K) 暴投(WP) ボーク(BK) 失点(R) 自責点(ER) その他 年俸

2010 24 日本ハム(4) 1.78 12 8 0 26 10 2 0 .600 202 158 5 47 7 222 6 0 48 40 3億3000万円
2011 25 日本ハム(2) 1.44 18 6 0 28 10 6 0 .750 232 156 5 36 6 276 10 1 42 37 5億円

出典:http://nipponbaseball.web.fc2.com

2011年シーズン前半戦は13勝2敗、防御率1.44、140奪三振を記録。ファン投票、選手間投票共に1位で、5年連続5度目のオールスターに選出された。シーズン後半戦は5勝4敗、防御率1.43、136奪三振を記録。最終的には自己最高の232イニングを投げ、自己最高の防御率1.44、自己最多の18勝、WHIPは先発投手の中で最小の0.83、1993年に野茂英雄が記録して以来のシーズン250奪三振、日本プロ野球史上初の5年連続防御率1点台を記録し、RSAAでも史上初となる5年連続40点以上を達成。また6年連続で二桁勝利を挙げたが、6年連続二桁勝利の記録は現役の投手では西武の西口文也の7年連続以来の記録となる。

出典:https://ja.wikipedia.org

レンジャーズ時代のダルビッシュ有の年度別成績!

ダルビッシュ有 2012年~2013年 成績

メジャー移籍しても存在感のある成績をたたき出すダルビッシュ有投手。防御率は悪くなりましたが2桁勝利をマークし続け、チームの主力として活躍しました。

(左から)
年度 年齢 チーム(TEAM) 防御率(ERA) 勝利(W) 敗戦(L) セーブ(SV) 試合(G) 完投(CG) 完封(SHO) ホールド(HRD) 勝率(WPCT) 投球回(IP) 被安打(H) 被本塁打(HR) 与四球(BB) 与死球(HB) 奪三振(K) 暴投(WP) ボーク(BK) 失点(R) 自責点(ER) その他 年俸

2012 26 TEX 3.90 16 9 0 29 0 0 0 .640 191 1/3 156 14 89 10 221 8 0 89 83 $5,500,000
2013 27 TEX 2.83 13 9 0 32 0 0 0 .591 209 2/3 144 26 80 8 277 7 1 68 66 $9,500,000

出典:http://nipponbaseball.web.fc2.com

2012年シーズン通算ではリーグ6位の16勝と同5位の221奪三振を記録するが、チームはレギュラーシーズン最終戦で地区優勝を逃す。ポストシーズンではボルチモア・オリオールズとのワイルドカードゲームに先発し、6回1/3を5安打3失点の投球を見せるも、チームは敗退して自身も敗戦投手となり、ディビジョンシリーズ進出を逃した。新人王投票では3位に入る。

出典:http://ja.wikipedia.org

ダルビッシュ有 2014年~2015年 成績

しかしここまで縦横無尽の活躍をしてきたダルビッシュ有投手。これまでの無理が祟ったのかここ数年は故障がちになってしまいます。今季に至っては恐らく登板ないでしょう。しかし昨シーズンまで長期にわたり2桁勝利という成績を収められたのは超一流投手の証ではないでしょうか。

(左から)
年度 年齢 チーム(TEAM) 防御率(ERA) 勝利(W) 敗戦(L) セーブ(SV) 試合(G) 完投(CG) 完封(SHO) ホールド(HRD) 勝率(WPCT) 投球回(IP) 被安打(H) 被本塁打(HR) 与四球(BB) 与死球(HB) 奪三振(K) 暴投(WP) ボーク(BK) 失点(R) 自責点(ER) その他 年俸

2014 28 TEX 3.06 10 7 0 22 2 1 0 .588 144 1/3 133 13 49 2 182 14 1 54 49 $10,000,000

出典:http://nipponbaseball.web.fc2.com

2014年前半戦を17試合の先発で8勝5敗、防御率2.97、WHIP1.21の成績で折り返し、選手間投票で3年連続のオールスターに選出。オールスター当日は3回に初登板を果たし1回を無安打無失点に抑えた。7月28日のヤンキース戦で日本人選手では野茂英雄以来となるデビューから3年連続2桁勝利を達成。また、日本ハム時代の2006年から日米通じて9年連続で二桁勝利を挙げたことになる。しかし8月13日に右肘の炎症で15日の故障者リスト入り。その後リハビリを続けていたが、メジャー歴代最多のシーズン出場選手記録を更新するほど故障者が続出するなどの低迷でリーグ最下位となったチーム状況もあり、9月6日にGMのジョン・ダニエルズがシーズン残り試合で登板しないことを発表した。

出典:https://ja.wikipedia.org

好成績のダルビッシュ有についての意見など!

ここで安定した成績を残せるダルビッシュ有投手についてネット上の意見をまとめてみました。

『ダルビッシュ有の成績は食事のおかげ?健康管理で筋肉UP 』
http://youtu.be/JYPF9s9ydFU

ここまでストイックとはすごいですね!
今後の活躍も期待しています!

出典:https://twitter.com

極端な事言うと寿命何年かと引き換えにしても成績上げたいのがプロスポーツ選手だもんなぁ。
そら、健康重視のメニューじゃ役に立たないよな。「ダルビッシュ有曰く「日本人に足らないのは蛋白質」」

出典:https://twitter.com

二点あれば十分 ダルビッシュ有

出典:https://twitter.com

「俺は誰にも負けない」と思える心。

ダルビッシュ有

出典:https://twitter.com

他人と比較しても良い事はほとんどない。 僕やからできるみたいに言われますけど、僕だって何もしんかったら防御率も3点台とかにすぐに落ちる。 自分はそれなりの努力をしている自負はありますからね。 ダルビッシュ有

出典:https://twitter.com

ダルビッシュ有の今後の成績に期待!

いかがでしたか?

日本ハム時代は驚異の成績で不動のエースとして活躍したダルビッシュ有投手。レンジャーズへ移籍しても派手さはないものの堅実な成績を収めて活躍しています。まだまだ活躍できる年齢ですので、今後のダルビッシュ有投手の成績にも期待したいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ