記事ID25886のサムネイル画像

ギャルメイクのやり方を教えちゃいます!いつもと違う自分に変身!?

誰でも出来るギャルメイクのやり方を教えちゃいます。メイク初心者でも大丈夫! ギャルメイクのやり方をマスターして、休日だけ、ギャルっぽい格好をして、気分転換しちゃいましょう。いつもと違う自分に変身して、友達を驚かしちゃおう!

【この記事は2019/8/3に更新されました。】

ギャルメイクのやり方

この動画を見れば、ギャルメイクのやり方が一通りわかると思います。まなさんがギャルメイクをしている時の特徴は、瞼の上や周りを塗っている時でも、決して両目を閉じずに、片目は必ず開けて、塗っている方をチェックしていますよね。メイクはバランスが大事なので、チェックすることを忘れずに!それでは、ギャルメイクのやり方を1つずつ丁寧に見て行きましょう。

ギャルメイクのやり方 その① 目はカラコン

ギャルメイクのやり方で大事なのは、バランスなのですね。

元々目が大きめの方はコンタクトレンズなしでもギャルメイクができると思っていませんか?

たしかにギャルメイクは目を強調するので、目が大きい方がやりやすいことは事実です。

しかし、ギャルメイクの主な目的はプリクラやスマホでの自撮りの写りを良くすることなので、写真を撮ると付けまつ毛やアイラインの印象があまりに強いため、カラコンをしていない裸眼の目は地味に見えてバランスが悪くなってしまいます。

出典:http://za-sh.com

目を強調するやり方がギャルメイクの特徴なので、目の周りばかりを強調してギャルメイクをしてしまうと、裸眼とのバランスが悪くなるようです。

なので、目を強調するギャルメイクをする時は、コンタクトレンズも忘れずに!

カラーが豊富なカラコンですが、いくらギャルメイクとはいえ、いきなりカラフルな色は、ちょっと抵抗を感じるという方は、地味目な色から始めてみましょう。

いきなり青や緑の目になるのはちょっと恥ずかしいという方は、まずは黒やブラウンのカラコンから初めてみてはいかがでしょうか?

瞳孔が開いているようにパッチリとした目になるので、元々の目と同じような色でも、写真を撮ってみるとその違いは明らかです。

出典:http://za-sh.com

カラコンの色が、自分の目の色と大して変わらないように見えても、カラコンを使うのと使わないのとでは、写真を撮ってみると、その差は歴然のようです。

百聞は一見にしかず!なので、是非、やってみましょう。

ギャルメイクのやり方 その② 二重の幅を広げる

ギャルメイクのやり方では、二重は必須のようです。

カラコンや付けまつ毛で目を強調したギャルメイクは二重まぶたが必須なのですが、日本人に多い目尻に向かって広がる末広型の二重や、二重そのものの幅が狭いまぶたでは、ギャルメイクの特徴の一つである、太めのアイラインを引くだけのスペースがありません。

出典:http://za-sh.com

なぜ、ギャルメイクで二重が必須なのかというと、太目のアイラインを引くためなのですね。

なので、ギャルメイクをする時は、太目のアイラインが引けるように、幅の広い二重を作りましょう。

この写真のように、ギャルメイクのやり方で二重を作ると、普段の目とこれだけ差が出ます。

そのため、ギャルメイクをする人は元から二重であってもアイプチなどで更に二重の幅を広げる人が多いのです。

メイク前にはちょっと眠たそうな顔で不自然かな?と思えるぐらいのまぶたでも、アイラインを引いて付けまつ毛を着けるとちょうどよく見えるので、是非試してみてください。

出典:http://za-sh.com

二重の作り方には、いろんなやり方があるようですが、ここで紹介しているやり方は、アイプチです。

ギャルメイクのやり方 その③ つけまつ毛は上下

ギャルメイクのやり方では、つけまつげは上下につけるようです。

ドラッグストアなどで、様々な種類の付けまつ毛がお手頃な価格で売られていますが、ギャルメイクには長くてボリュームのある上まつ毛用のものだけではなくて、下まつ毛用の付けまつ毛も必要になります。

上まつ毛にはボリュームがあるのに下まつ毛は自分のまつ毛だけではアンバランスになり、写真を撮ったときに目を十分に強調することができません。

出典:http://za-sh.com

やはり、ギャルメイクの特徴である目を強調するためには、つけまつげのやり方も、上だけではなく下もつけた方がバランスが良くなるようです。

つけまつげの下をつけるやり方には、少しコツがいるようで、あまり、目に沿わせてつけてしまうと、目が痛くなってしまうようです。

下まつ毛を初めて使ったときにはすこし不自然に感じてしまうかもしれませんし、目のキワに着けてしまうと目が痛くなってしまいます。

そんなときは黒や茶色のアイライナーやアイシャドウで、目の生え際と付けまつ毛の隙間を埋めてしまいましょう。

近くでみると少し不自然に見えてしまうかもしれませんが、ギャルメイクは写真で目が大きく見えればそれでいいのです。

出典:http://za-sh.com

二重まぶたを作る時にも、少し大げさに思えるくらい、幅を広げましたが、このつけまつげの下をつける時にも、少し目の際から離して、つけた方がいいそうです。

目の際から離してつけるやり方でも、生え際とつけまつげの間をアイライナーやアイシャドウで埋めてしまえば、目が大きく見えるのでいいそうです。

ギャルメイクのやり方 その④ アイラインはオーバー気味がちょうどいい

ギャルメイクのやり方は、基本的に、全て大げさな感じにやって丁度いいようですね。

ナチュラルメイクではアイラインは引いているかいないのかわからないようにするのが基本ですが、ギャルメイクではいかにも引いています!という感じに見せるのが特徴です。

上まぶたのラインは太めに、そして自分の目尻の位置よりもかなり外側まで引いてしまいましょう。

少し長すぎるかな?というぐらいであっても、付けまつ毛の長さがあるので不自然には見えません。

出典:http://za-sh.com

つまり、ギャルメイクのやり方は、アイメイクを大げさにやって、目を強調させるやり方なのですね。

この目頭に黒のアイラインで点を描くというやり方は、ギャルメイクならではのやり方なのではないでしょうか。

そして、もう一つのポイントは目頭に黒のアイラインでちょこんと点を描くことです。

簡単なのですが、これだけでも写真上ではかなり目頭が強調されてハッキリとした目に見えるので、この点を描くか描かないという違いだけでも、ギャルメイクの仕上がりはかなり変わってきてしまいます。

出典:http://za-sh.com

ギャルメイクのアイメイクのやり方では、この点を描くか描かないかによって、仕上がりが随分違ってくるようです。

ギャルメイクのやり方 その⑤ リップはピンクやベージュ系

ギャルメイクの特徴は、やはり何と言っても「目」を強調するところにあるので、それ以外の箇所は、極力控えめにメイクをするようです。

最近は真っ赤なリップも流行していますが、ギャルメイクでは目を思い切り強調させた分、唇は控えめに見せるのが基本です。

あまり白っぽくなるとギャルというよりも昔の「ヤマンバ」メイクのようになってしまうのでおすすめできませんが、薄めのピンクやベージュ系のアイテムで唇を薄く見せると、目が大きく見えると同時に少しかわいらしい印象になることができます。

出典:http://za-sh.com

だからといって、唇だけ何も塗らないというわけではなく、目立たせないなりに、きちんとメイクは施し、美しさを損なわないようにしましょう。

ただし、ナチュラルに見えるといっても何もしないのはギャルメイクではありません。

色はナチュラルでありながら口紅とグロスでしっかりと塗るのがポイントです。

出典:http://za-sh.com

こちらが唇用のコンシーラーです。

本来の赤みを抑えたい時などに使用します。

元の唇が赤いという方は、コンシーラーで塗りつぶしてから口紅を塗りましょう。

といっても、肌用のコンシーラーを塗ると唇がガサガサになってしまいます。

最近は、ドラッグストアなどでも唇用のコンシーラーが数百円で売られているので、そちらの方が使ってみましょう。

出典:http://za-sh.com

ギャルメイクのやり方 その⑥ アイシャドウは多色使い

涙袋とは、ここのことです。

ギャルメイクは、とにかく目を強調するやり方なので、二重もアイラインもアイシャドウも、幅は広めに長さは長くが基本のようですね。

涙袋も、アイシャドウを塗ったり、薄く涙袋を描くやり方で強調すると、この写真のように、目が大きく見えます。

長い下まつ毛とのバランスを取るためにも涙袋を強調することは必要です。

白やベージュのアイシャドウをしっかりと塗っておきましょう。

目頭の部分を強調しておくと、より目が大きく見えます。

また、元々は涙袋があまりないという方は、茶色のアイブロウやアイライナーで薄く涙袋を描いてしまうのも1つの方法です。

出典:http://za-sh.com

アイシャドウは、茶系にすると、彫りが深く見えるようです。

慣れてきたら、青や緑のカラコンを使って、外国人のように変身してみるのも楽しいかもしれませんね。

そして上まぶたは茶系のアイシャドウなどをグラデーションになるように使用すると彫りが深く見えて

青や緑のカラコンを装着したときはハーフっぽい顔立ちになるので、強めギャルを目指したい方におすすめです。

出典:http://za-sh.com

ギャルメイクのやり方 その⑦ アイブロウは平行眉

顔の印象はアイブロウで変わると言っても過言ではありません!
眉メイクですが、「平行眉」がギャルメイクにぴったりです。
太すぎず細すぎずといった、元々の眉毛に合わせたナチュラルな仕上がりの眉メイクにすることをおすすめします。

いかがでしたか?

ギャルメイクの参考になったでしょうか?

ギャルメイクは普段メイクと違って、かなり目を強調するやり方なので、至近距離で見ると、多少不自然に見えるかもしれませんが、ギャルメイクは写真写りを良くするのが目的なので、ギャルメイクをしたら、まずは自分で写真を撮ってみて、普段との違いを楽しんでみてくださいね。

関連記事はこちらから!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ