記事ID25142のサムネイル画像

ビリギャル石川恋が通う大学は慶應大学じゃなくて武蔵野大学!

ビリギャルの本の表紙に起用された石川恋さん。本物のビリギャルは慶應大学に入りましたが、ビリギャルの表紙に起用された石川恋さんは武蔵野大学に通っています。そんな石川恋さんと本物のビリギャル・小林さやかさんとの関係や、映画ビリギャルについて、調べてみました。

石川恋のプロフィール

石川 恋(いしかわれん)
生年月日:1993年7月18日
生まれ:栃木県
身長:165cm
3サイズ:79・59・87cm

グラビアアイドルの石川恋

ビリギャルの本の表紙に起用されたグラビアで活躍中の石川恋さん。

本物のビリギャルは慶應義塾大学に入学しましたが、石川恋さんの大学って、一体どこなのでしょうね。

ちなみに、石川恋さんがグラビアデビューしたきっかけは、スカウトで、19歳頃だったそうです。

「週刊現代」などの週刊誌グラビアに出演しつつも、今まで大きな仕事はなく、つい先日までバイトをしながらの活動だったそう。

出典:http://benefitgreen.net

芸能界って華やかに見えて、意外とみなさん地道にバイトをしながら活動されているんですね。

石川恋にとって運命の仕事”ビリギャル”

石川恋さんが注目を浴びるようになったのは、やはり、なんといってもビリギャルの表紙に、石川恋 さんが起用されたことがきっかけでした。

そして、マネージャーからの最後通告。
 
「これが最後のチャンスだから」
 
その仕事が運命の
ビリギャルだったそうです。

出典:http://benefitgreen.net

石川恋さんが注目を浴びるようになったのは、ビリギャルの内容と石川恋さんのイメージが、あまりにもピッタリだったからのでしょう。

マネージャーに言われた「最後のチャンス」が本当に巡ってきたのですね。

”ビリギャル”は2013年に発売された小説

ビリギャルと言われている小説のタイトルですが、ものすごく長いんですね。(笑)

たぶんそれで通称”ビリギャル”になったのでしょう。

石川恋さんが実際のビリギャルではありませんが、この話に出てくる主人公のことを、石川恋さんは、どのように見ているのでしょうね。

ちなみに、石川恋さんは、現役の大学生だそうですよ。

ビリギャルとは通称で、正式には
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
 
2013年発売された、坪田信貴さん著書の小説。

出典:http://benefitgreen.net

本物のビリギャルは、慶應義塾大学に入学しますが、みなさんもご存知の通り、慶應義塾大学は、そんなに簡単に入れる大学ではありません。

ましてや、本物のビリギャルは、最初、小学4年生の学力しかなかったというのですから、そこから巻き返しを図って慶應義塾大学へ入学出来たなんて、驚きです!

ちなみに、石川恋さんが通われている大学も気なりますよね。

ビリギャルの学力は小学4年生!?

ビリギャルは、高2の時で、小学4年生の学力ということなので、慶應義塾大学へ入るまでのあと1年で、偏差値を40も上げなければならなかったことになります。

どんな神業を使って、ビリギャルは慶應義塾大学に合格したのでしょうね。

主人公の名前は、さやか。
小学4年生くらいの学力しかない、高2のギャル。あとはタイトル通り(笑)
 
王道的な成り上がりストーリーということですね。

出典:http://benefitgreen.net

一言で、慶應義塾大学に合格すると言っても、他の大学と比べても、そう簡単に合格できるような大学ではないし、しかも、このビリギャルの格好を見てわかるとおり、彼女はグレていたのですから、素直に慶應義塾大学を目指すという気に、なぜなれたのかが不思議でなりません。

ビリギャルの表紙を飾った石川恋さんは、その辺のところを自分の時と比べてどう思っているのでしょうね。

ビリギャルがはまっている石川恋さんですが、石川恋さんもギャルだった時があるのでしょうか。

ビリギャルの表紙に起用された石川恋

この石川恋さんの表紙、書店の店頭でよく見かけましたよね。

思わず、石川恋さんが本物のビリギャルなのかと思っていたら、違ったのですね。

それくらい、石川恋さんにこのビリギャル姿は、とてもよく似合っていたということなのだと思います。

累計発行部数は50万をゆうに超え、100万分にも届く勢いだとか。
 
その表紙に起用されたのが
石川恋さんということですね。

出典:http://benefitgreen.net

石川恋さんにとって「最後のチャンス」だったビリギャルですが、100万部にも届く勢いで発行部数が伸びているなんて、世の中に石川恋さんが、溢れかえっているということですよね。(笑)

スゴイ!

さて、そんな石川恋さんの大学ですが、まずは、中、高から見て行きたいと思います。

石川恋が通う中学から高校は國學院大学だった

石川恋さんはギャルではないという噂もありますが、実際はどうだったのでしょう。

石川恋さんが通っていた中学と高校は、國學院大学だそうです。

國學院大学って、中高一貫教育だったのですね。

中学から高校は、國學院大學の栃木校に通っていたそうです。
一貫教育ということですね。
 
國學院は校則や罰則が厳しいイメージがあります。

出典:http://benefitgreen.net

ここで石川恋さんは大学を目指して勉強をしていたわけです。

國學院大学は、校則や罰則が厳しいのですね。

ということは、ここを卒業するためには、ギャルだと卒業できないということになるのではないでしょうか。

だとすると、石川恋さんは、ギャルではなかった可能性が高くなりますよね。

石川恋が通う大学は武蔵野大学

そのまま國學院大学へ進学するのかと思いきや、石川恋さんは武蔵野大学へ進学します。

大学もそのままエスカレーターかと思えば、そうではなく、武蔵野大学へ進学。
現在も在学中のようです。
 
学部等まで情報がありませんでしたが、中学から常に偏差値50〜60の学校だったことになります。

出典:http://benefitgreen.net

石川恋さんは、現在も武蔵野大学に在学中なのですね。

偏差値も50~60ということなので、石川恋さんがビリギャルだったことは、どうやらないようです。

本物のビリギャル、小林さやかはお嬢様だった?!

こちらが本物のビリギャル、小林さやかさんです。

今は全くビリギャルだった頃の面影がありませんね。

普通に素敵な女性です。

主人公さやかのモデルとなる人物、小林さやかさん。
元々は名古屋市内のお嬢様学校に通学していたものの、非行に走り、家出や停学を繰り返していたとか。

出典:http://benefitgreen.net

一時期ビリギャルだった小林さやかさんを、慶應義塾大学へと導いた先生は、一体誰で、どんな先生だったのでしょう。

ビリギャルを慶應義塾大学へ進学させた坪田信貴講師

その講師の先生がこちらの坪田信貴さんです。

素敵なコメントが書かれている写真が見つかったので、2枚共載せてみました。

受験生諸君の励みになるといいなと思ったので。

人生を変える指導者、塾講師の坪田氏と出会い、その指導のもと慶応義塾大学現役合格を果たします。
 
まさにミラクルですね!

出典:http://benefitgreen.net

奇跡はビリギャルだけのものではなく、誰にでも起き得るのだということを、きっとこの講師の先生は言いたいのだと思います。

みなさんにも奇跡が起きますように。

石川恋の今後の活躍に、乞うご期待!

本物のビリギャル、小林さやかさんは、2014年、ご両親の結婚記念日を選んで結婚したそうです。

どんな旦那様で、どんなお子さんに恵まれるのでしょう。

ビリギャルの母親編も、是非、読んでみたいですね。

そんな本物のビリギャルと石川恋さんは知り合いなのだそうです。

石川恋さんとも実際に面識があり
語り合うことがあるそうです。

先輩から人生のアドバイスなどを、石川さんが受けていうのかもしれませんね。

出典:http://benefitgreen.net

過去の自分になって本の表紙を飾ってくれた石川恋さんのことを、小林さやかさんは、どのように見ているのでしょうね。

また、その逆に、石川恋さんは小林さやかさんと、一体どのような話をするのでしょう。

石川恋さんに「最後のチャンス」をくれたビリギャル・小林さやかさんと、きっと今後も仲良くお付き合いをされて行くのでしょう。

最後のチャンスをビリギャルで見事掴んで今が正念場の石川恋さんの今後の活躍に、乞うご期待ですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ