記事ID21744のサムネイル画像

大人気漫画!【東京グール】魅力的な登場人物たちを一挙紹介!

登場人物には人間を食料とする怪人がイッパイ!【東京グール】をご存知ですか?東京グールは漫画原作でアニメも放映される人気漫画です!登場人物は、喰種と人間。喰種とは一体何者なのか!?喰種という生き物や東京グールの登場人物たちをまとめました!

人気漫画「東京グール」をおさらい!

【東京グール】について知らない方や知ってる方もおさらいを兼ねて紹介します!

石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人達「喰種」(グール)をテーマにした作品。コンセプトはダーク・ファンタジー。

出典:https://ja.wikipedia.org

集英社の『週刊ヤングジャンプ』にて2011年41号より連載開始。2014年42号まで連載された後、新編となる『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)が、同誌2014年46号より連載開始された

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グールのあらすじ

人を喰らう怪人"喰種(グール)"が跋扈する東京。
日常に隠れて生きる、正体が謎に包まれた"喰種"の脅威に、人々は恐れを感じ始めていた。
読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」にて、自分と同じく高槻泉を愛読する少女・リゼと出会う。

自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。

人間の命を奪い、喰い生き永らえる怪人の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界のあり方を模索する青年の未来は――!?

出典:http://youngjump.jp

登場人物が半数以上の【喰種〈グール〉】とは何者?

喰種とは何なのか!?

食性が人間のみに限定された肉食の亜人種。反社会的な食性から公的に駆逐対象とされており、喰種対策局と呼ばれる専門の行政機関が設立されている。

出典:http://ja.wikipedia.org

通常時は人間との外見的な差異が無く、条件付きで交配も可能であるなど限りなく人間に近い種として描かれている。身体能力は極めて高く、数メートルを跳躍し、素手で人体を貫く筋力をもつ。個体差はあるが成体ではヒトの4 - 7倍の筋力を持つとされる。

出典:http://ja.wikipedia.org

小さな切り傷程度であれば一瞬、骨折でも一晩程度で治癒する。感覚器官がきわめて優れており、遠方から近づく人物の体臭を嗅ぎ分けられ、人ごみの中から足音を聞き分けることができる。寿命は明言されていないが人間のように老化した喰種が登場しており、大怪我を負えば死ぬことから不老不死ではない。捕食もしくは交戦時には赫眼という状態になり、身体から赫子が発現するため人間と見分けやすくなり、喰種対策法でもこれらの確認を以て喰種と判断すると定められている。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京グールの登場人物を紹介!

東京グールのタイトル「喰種(グール)」にあたる人物達をご紹介します!

東京グール主人公【金木研】

本作第一部の主人公である青年。12月20日生まれのいて座。血液型AB型。愛称は「カネキ」。上井大学文学部国文科二年生で、20区内のマンションで一人暮らしをしていた。喰種のリゼに捕食されかけ瀕死の重傷を負うものの、リゼの頭上より鉄骨が落下してきたことにより九死に一生を得る。搬送された病院でリゼの臓器を移植されて生き延びるが、その代償として半喰種となり、喰種の世界に関わることになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物&ヒロイン【霧嶋 董香】

本作のヒロイン。清巳高等学校普通科二年生。7月1日生まれのかに座。血液型O型。羽赫。愛称は「トーカ」。右眼を前髪で隠している。あんていくでアルバイトをしており、カネキの先輩店員にあたる。ウサギのマスコットを好み、マスクもそれに合わせていることから、CCGからは「ラビット」の呼称が付けられている。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【芳村】

あんていくの店長である初老の男性。羽赫の赫者。温厚で優しい人物だが、感情に流されずに判断を下せる大局観を兼ね備えている。半喰種化して思い悩むカネキを人間と喰種の「二つの世界に居場所を持てる唯一人の存在」と励まし、自分たちをもっと知ってもらうためにあんていくの仲間として迎え入れる。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【西尾錦】

眼鏡をかけた茶髪の青年。上井大学薬学部薬学科二年生。2月4日生まれのみずがめ座。血液型O型。尾赫。愛称は「ニシキ」。カネキの大学の先輩。本来は情に厚いが神経質で攻撃的な性格をしており、口の悪さが目立つ。親代わりの姉が人間の恋人に裏切られて駆逐された経験から他人を信用しておらず、徹底的な個人主義を貫いていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【四方 蓮示】

店長の右腕的な男性。7月9日生まれのかに座。血液型A型。羽赫。愛称は「ヨモ」。店の業務に関わることはなく、情報収集や自殺者の遺体集めといった実務を担当している。寡黙で無愛想だが誠実な人柄で、周囲からの信頼も厚い。トーカやカネキに格闘の手ほどきをしており、二人がかりでも軽くあしらうほど技量が高い。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【古間 円児】

あんていくの男性従業員。尾赫。気さくな性格で、コーヒーの淹れ方では定評を持つ。事あるごとに「魔猿」の二つ名をひけらかしているが、カヤをはじめとする従業員からは適当にあしらわれている。
かつては、各区の優秀な捜査官を殺しまわっていた猿面集団のリーダーで「魔猿(まえん)」と呼ばれていた

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【入見 カヤ】

あんていくの女性従業員。羽赫。優れた探索能力を備えており、遠隔地の建物内の様子も足音や律動、内部の反響などを聞き分けて正確に把握する。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【神代 利世】

本作のキーパーソンとなる女性。鱗赫。愛称は「リゼ」。カネキが喰種の世界に足を踏み入れる原因を作った張本人。趣味は読書で日頃はお淑やかで理知的に振る舞っているが、本質は奔放かつ貪欲で無差別に人を襲って食欲を満たしているためCCGからは「大喰い」と呼ばれており、他の喰種からも恐れられている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【笛口 雛実】

あんていくを度々訪れる少女。5月21日生まれのふたご座。血液型AB型。甲赫および鱗赫。愛称は「ヒナミ」。登場以前に父親を殺されており(アニメ版では6話で殺されている。)、母親と共にあんていくから食料を受け取る生活をしていた。学校には通っていないため文字の読み書きなどはカネキに教えてもらっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【月山習】

晴南学院大学人間科学部社会福祉学科四年生。3月3日生まれのうお座。血液型A型。甲赫。「隻眼の喰種」であるカネキに食材として異常な執着を持っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【霧嶋 絢都】

トーカの弟。7月4日生まれのかに座。血液型O型。羽赫。愛称は「アヤト」。姉とよく似た美形と評されている。孤児になる原因になった事件の経験から人間を嫌い、力を遵奉するようになる。極めて粗暴かつ陰険な性格をした激情家だが、拉致したカネキに忠告を与えたり、戦闘でさりげなく姉を庇うなど、本来の優しさを垣間見せる。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【ヤモリ】

3月15日生まれのうお座。血液型O型。鱗赫の半赫者。本名は「大守 八雲(おおもり やくも)」。拷問が趣味で「食」より「遊」で殺しをするサディスト。極めて高い格闘センスを持ち、愛用のホッケーマスクと出身地の13区からCCGより「ジェイソン」の呼称で警戒されている。手の人差し指を曲げ、親指で押して鳴らす癖がある。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【ナキ】

元13区の喰種。1月28日生まれのみずがめ座。血液型B型。甲赫。23区の喰種収容所に収容されていたSレートの喰種で、アオギリの樹の収容所襲撃の際に脱走した。脱走後はアオギリの樹のメンバーとして嘉納を探しつつ、ヤモリの仇敵にあたるカネキを討つことを目的にする。涙脆い性格でヤモリに心酔しており、「神兄貴」と呼んで慕っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【鯱】

元6区のリーダー。尾赫。本名は「神代 叉栄(かみしろ またさか)」。23区の喰種収容所に収容されていたSSレートの喰種で、アオギリの樹の収容所襲撃の際に脱走した。脱走後は6区に戻らず、アオギリのメンバーとして嘉納を探している。その際にカネキと対決し、彼を完全敗北に追い込んだ。屈強な体格をした硬派な人物で、漢字交じりの独特な口調で話す。青年期から人間の道場で修業を積んだ武道の達人でもある。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【万丈数壱】

反アオギリのリーダーを務める元11区の喰種。10月11日生まれのてんびん座。血液型AB型。羽赫。愛称は「バンジョー」。頑丈さだけが取り柄で、戦闘能力は極めて低い。リゼの招いた混乱によって崩壊状態にあった11区の喰種社会を糾合するが、侵略してきたアオギリの樹に制圧される。11区の元リーダーとして不器用ながらも仲間想いで責任感もあり、カネキや反アオギリのメンバーから慕われている。そのため自分の弱さを嘆いている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【ウタ】

4区で「HySy ArtMask Studio」という店を営んでいるマスク職人の男性。12月2日生まれのいて座。血液型B型。マイペースな性格で、ピアスとタトゥー[注 2]の出で立ちが特徴的なパンク・ファッションで装うが、攻撃的な外見とは裏腹に対応は穏やかである。常に赫眼状態のため外出時はサングラスを着用している。かつては4区に集う喰種のリーダー格で、ヨモと敵対していた。CCGでの呼称は「ノーフェイス」

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【ドナート・ポルポラ】

23区の喰種収容所に収容されているロシア系喰種。SSレート。CCGでの呼称は「神父」。亜門の育ての親でもあり、収容所に入れられる以前は孤児院を営んでいた。孤児院の小児を好んで喰っていたが亜門だけは喰わずにいた。過去には捜査官殺害、複数の捕食殺害に関与していた。コクリアに収監されているが、CCGからは喰種のプロファイラーとして生かされている。亜門やハイセには(他と比較すれば多少は)好意的に接するが、他の捜査官に対しては辛辣な説教を行うことが多い。『:re』にも登場し、ハイセに彼の記憶の扉を開く鍵として自身が興味を抱くある喰種の存在を示唆する。

出典:https://ja.wikipedia.org

「喰種(グール)」は、ただの化け物的な存在だけでなく、人間と同じように人間社会で生活を送っていて、人間と同じように悩み苦しみを持ちながら生きています。決定的に違うのが、主食と身体能力ですね!圧倒的な強さで人間を捕食していく喰種たち。その喰種に立ち向かい排除を目指すのが喰種捜査官!どんな人物たちなのでしょうか?

喰種を追う!喰種対策局の登場人物!

東京グール第2部作『:re』主人公 佐々木琲世

本作第二部『:re』の主人公である青年。4月2日生まれのおひつじ座。血液型AB型。愛称は「ハイセ」[注 1]。喰種捜査官であり、第一部エピローグ時は三等捜査官、『:re』では一等捜査官。「隻眼の梟討伐作戦」からしばらく後、一等捜査官に昇進したアキラから教育を受けることとなった。髪色は毛先が白髪、生え際は黒髪のツートンカラーである。

出典:http://ja.wikipedia.org

また過去20年間の記憶を失っているが、過去を思い出すことを自身の死と同意義と考え、非常に恐れている。その特異な出自と喰種の即殺を良しとしない穏やかな心柄から彼を敵視する捜査官も存在する。

出典:http://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【亜門鋼太朗】

20区担当の男性捜査官。 CCG側の狂言回しを務める人物。4月7日生まれのおひつじ座。血液型A型。極度の甘党で、辛いものが苦手。初登場時は一等捜査官で、真戸呉緒の最後のパートナー。アカデミーを主席で卒業したエリートで、喰種が歪めた世界は間違っていると考えており、この世界を変えるという信念の元に活動している。ワイシャツの襟もとに小さな十字架を下げている。基本は涙もろく正義感にあふれた好青年ではあるが、使命感からしばし暴走し、倫理や規則を無視した行動を取ることがある

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【篠原幸紀】

20区担当の男性捜査官。ジューゾーのパートナー。人当たりのよい性格の人物で、ジューゾーの問題行動にも怒ることなく諭すように指導している。ジューゾーをパートナーにした当初は彼の奇行に手を焼いていたが、後に互いに信頼関係を築くようになる。真戸呉緒の初代パートナーでもあり、アカデミー時代の亜門の教官も務めていた。トーカとアヤトの父であるアラタを生け捕りにした人物。堅実確実に結果を残すタイプであり、「不屈のシノハラ」と呼ばれている。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【鈴屋什造】

20区担当の男性捜査官。6月8日生まれのふたご座。血液型AB型。愛称は「ジューゾー」。初登場時は三等捜査官で、篠原のパートナー。アカデミーに入学することなく特例として喰種捜査官に就任し、アオギリの騒乱から半年後に二等捜査官に昇進。中性的な容姿をしており、カネキと同様に喰種を惹きつける体臭を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【黒磐巌】

13区担当の男性捜査官。黒磐 武臣の父親。実戦経験豊富なベテラン捜査官で梟と二度対戦しており、隻眼の梟に致命傷を負わせるほどの実力を持つ。「うむ」が口癖。アオギリの11区襲撃事件に対処する11区特別対策班の副指揮官を務める。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【真戸 呉緒】

20区担当の男性捜査官。1月24日生まれのみずがめ座。血液型A型。亜門のパートナー。不気味な雰囲気を漂わす中年男性で、常に手袋をはめている。喰種の駆逐を使命とし、妻の仇である隻眼の喰種への復讐を目指していた。少々風変りではあるものの礼儀正しく、部下への気遣いと思いやりや、家族への愛情も深い人物。しかし、喰種が相手になると右目は丸く開かれ、左目は半眼になり、心身へ苦痛を与えるサディストに変貌する。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【有馬貴将】

1区および24区担当の男性捜査官。12月20日生まれのいて座。(これは第一部の主人公である金木研と同日である)総議長に見出され特例でアカデミーを経ずに三等捜査官に就任し、異例の早さで特等捜査官まで昇進した逸材。多くの逸話を持っており、二等捜査官時代に隻眼の梟を撃退し、その名を馳せた。両手でそれぞれ異なるクインケを自在に扱い、装備の整わない状態でSSSレート喰種を圧倒するなど、別次元とも言える戦闘能力を持つことから「CCGの死神」とも呼ばれる。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【丸手 斎】

対策Ⅱ課所属の男性捜査官。嫌味な性格で、自慢するために職場へハーレーで乗り付けたり、他者を見下す発言や陰口を繰り返すため、局員たちからの印象はあまりよくない。クインケを「オモチャ」と称し嫌っているが、喰種にアサルトライフルで正確な射撃を行うなど戦士としての実力は確かである模様。

出典:https://ja.wikipedia.org

東京グール登場人物【平子丈】

21区担当の男性捜査官。5月14日生まれのおうし座。血液型A型。階級は上等ながら、その実力は准特等を凌いでいる。有馬とコンビを組んでいた時は彼の天才的な能力と言動に振り回されていた。梟討伐作戦では第三隊の班長を務め、カヤと交戦した。カヤ曰く「なんの特徴もないクセに何故か強いタイプ」「村人その2のような顔」

出典:https://ja.wikipedia.org

喰種捜査官達は人間ではあるが、その中には喰種に育てられた過去を持つ者もいるなど様々です。喰種と戦うために喰種の赫子を利用した武器クインケを使いそして鍛えられた身体能力で、喰種達と激突します。人間と喰種それぞれの世界や人間模様が物語をより奥深く楽しめますよね!

喰種と捜査官の戦いに目が離せない!今後の展開に注目!

今後の展開を楽しもう!

東京グールは内容や描写がダークだったりグロテスクな部分もありますが、魅力的な登場人物達がたくさんいて、喰種の中の人物模様、バックグラウンドなど気になる要素がもりだくさん!現在東京グールは第2部「:re」が3巻まで発売中!第2部で新たな登場人物達も出てきていますので見たことない人は是非一度第1部から呼んでみてはいかがでしょうか!東京グールの今後の展開に注目いていきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ