記事ID21444のサムネイル画像

現在は軍で服務中…JYJメンバージェジュンのちょっと複雑な生い立ち

2006年、当時、東方神起として大活躍していたジェジュンの複雑な生い立ちが、訴訟問題がきっかけで世間の明るみに。常に明るい笑顔を見せてくれたジェジュンの隠されていた生い立ちに世間は驚きました。ジェジュンとそっくりな実母の画像も含め、その生い立ちをまとめました。

JYJメンバー・ジェジュンの生い立ちが気になる!

元東方神起で現在はJYJのメンバー・ジェジュン。日本語がとても上手で日本での人気もとても高いですよね!
いつも笑顔で明るいジェジュンですが、実は苦労人だったようなのです!ジェジュンの壮絶な生い立ちについて調べました!

ジェジュンのプロフィール

キム・ジェジュン(김재중、金在中)
1986年1月26日生まれ
韓国出身の男性歌手(グループJYJ)
作詞、作曲、編曲なども手がけている。
俳優として、演技活動も行っている。
血液型O型。
9人姉弟の末っ子長男

東方神起では、ユンホと二人そろってチームの最年長メンバーだったジェジュン。メインボーカルを務めていたジェジュンの生い立ちやデビュー前の生活は、その色白で端整な顔立ちからは想像もできないほど苦労が多いものでした。

・2001年9月、15歳のとき受けたSMエンターテインメントのオーディション「第2回SMベスト選抜大会」スタイルトップ部門で1位となり同社の練習生に。
・2004年1月、東方神起シングル「HUG」で歌手として芸能界デビュー
・2005年4月、日本でもシングル「Stay With Me Tonight」でデビュー
・2010年、東方神起を脱退
・脱退後、グループJYJのメンバーとして活動中

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード①:デビュー当時

東方神起として2004年に芸能界デビューを果たしたジェジュン。当時は、彼の生い立ちについて、特に明かされていませんでした。

ジェジュンの生い立ち

ジェジュン(本名:キム・ジェジュン)は、1986年1月26日に忠清南道(チュンチョンナムド)公州市(コンジュシ)で生まれました。

姉8人の末っ子長男

ジェジュンのお姉さんは8人!大迫力ですね!!

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード②:2006年、実親の訴訟でジェジュンの生い立ちが明るみに

2005年にジェジュンの実親だと名乗る人物が、親子関係を確認する訴訟を起こしました。これをきっかけにジェジュンが養子であったと世間に知れ渡ることになりました。ジェジュンもこの訴訟が起こるまでは自分が養子だということを知らされていなかったのだそうです。

当時、ジェジュンは、東方神起のメンバーとして既に大変な人気を集めており、ジェジュンの生い立ちが関連したこの訴訟は、大きな話題となりました。

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード③:何故訴訟を?

一体なぜ訴訟を起こしたのか…2005年当時ジェジュンは、東方神起のメンバーとして絶大な人気を誇っている時期でしたから、お金目当てなのではという憶測が飛び交ったようです。

ジェジュンを養子に出さなくてはいけなかった彼の生い立ちにまつわる理由

訴訟問題が、一件落着した後、ジェジュンの実母オ・ソジンさんが、ブログを通してジェジュンの生い立ちについて、ジェジュンが四歳の時、ジェジュンの実父と別れたオさんは、生活のため公州にある知人の家にジェジュンを預けたことがきっかけだったと明かしました。

ジェジュンの生い立ちと絡んだ二重戸籍により、兵役問題が発生>>解決のため訴訟へ

ジェジュンは、養子縁組をする前の戸籍ハン・ジェジュンと養子縁組後の戸籍・キム・ジェジュンの二重戸籍状態にあったのだそうです。そのため、養子縁組前のハン・ジェジュンが入隊を拒否したとみなされ拘束されるという「兵役法違反被疑者供述書」というものが送られてきたのだそうです。

警察の調査が始まったことを知ったジェジュンの産みの母オさんは、親子不存在関係を証明するため訴訟を起こします。訴訟を通して、ジュジュンの生い立ちに関連する経緯から「ハン・ジェジュン」と「キム・ジェジュン」が同一人物であることを証明し、一方の戸籍を整理しようと起こした訴訟だったのです。

息子を救おうと起こした生い立ちに関する訴訟が、世間に誤解を招き、実の両親、ジェジュン、養親の関係が一時とても気まずくなったと明かしました。

産みの母親であるオさんは後に、訴訟を起こした当時、実親がスターへと成長していたジェジュンの金が目当てで訴訟を起こしたのではないかと噂され、心的にかなりのストレスだったと語っています。

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード④:ジェジュンの産みの親であるオ・ソジンさん自身も大変な苦労人

ジェジュンの産みの親であるオ・ソジンさん

二人は悲しいかな複雑な生い立ちを持ったという点も似ていますが、そのような複雑な生い立ちに負けず、前向きに生きていると言う点も似ていますね!

2013年2月に韓国で放送されたドキュメンタリー番組に出演したジェジュンの実母、オ・ソジンさん。番組内でオ・ソジンさんの人生が紹介され、生い立ちから始まり、非常に苦労の多い日々を過ごしてきたことが明らかになりました。

ジェジュンの実母であるオ・ソジンさんの生い立ちは、昔の風習である「シバジ(家の跡継ぎとなる男の子を産むために雇われる女性)」の娘として生まれ、幼い頃からひどい差別を受け、母親への恨み、自分自身に対する憎しみでつらい成長期を過ごしたと言います。

その後、20歳という若さでお見合いを通じて婚約もしましたが、破談。シングルマザーとなります。
その後、違う男性と結婚はしたものの、夫の暴力に苦しみ、結局離婚。息子を養子に出します。
この際、養子に出されたのが、ジェジュンだったのです。

オ・ソジンさんは、再婚しますが、再婚した際、生んだ息子さんが医療事故で命を落とし、結婚生活が狂い始め、2度目の離婚となります。

その後、50年ぶりに再会した母親が再会20日後に癌で亡くなり、その際、勉強しようと決心。現在は家族の問題で悩む人々のための社会福祉士として毎日を過ごしているそうです。

ジェジュンの腰に刻まれたタトゥー

体のいたるところにタトゥーを入れているジェジュンですが、腰には自分の生い立ちにまつわる数字が刻まれているのだそうです。

ジェジュンの腰のタトゥーにもなっているアラビア数字の、0126は公式プロフィールの誕生日で、0204は実母が明かしたという本当の誕生日なのだそうです。

このことからも、ジェジュンが両方の両親をとても大切に思っていることが分かりますよね。

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード⑤:現在はみんな仲良し!

8人のお姉さんたちとも仲良し!

家族カレンダー

ジェジュンと家族の仲の良さが伺えますね。

“娘富豪”なご家族です。圧巻!!

8人のお姉さんの愛を一身に受けているジェジュン・・・。

兄弟として育った8人の姉たちも実母と仲良く過ごすようにと背中を押してくれたそうです。
お姉さんたちも人間ができてますねぇ。素敵です。

養子先のご両親と

とっても人柄が良さそうなご夫婦ですね。複雑な生い立ちを家族全員前向きにとらえられたのは、この明るさがポイント?!

そんじょそこらのご家庭より、お父さんと息子の関係が良いかも?!複雑な生い立ちをポジティブパワーに変えて、見事な家族愛を見せてくれています!

養父と手を取り合い微笑み合う姿がなんとも素敵です。こんな優しそうなお父さんのおかげで、ジェジュンが辛い生い立ちを乗り越えられたのかもしれませんね!

実のお母さんとも仲良し!

さすがに、そっくりですね!!!

現在再婚され、二人のお子様がいらっしゃるジェジュンの実母オ・ソジンさん。ご自身の生い立ちを悲観することなく、常に前向きなオさんの姿にも拍手を送ります!

ジェジュンの生い立ちにまつわるエピソード⑥練習生時代の下積み生活

今でこそ人気のあるジェジュンですが、デビュー前の練習生時代にはバイトを掛け持ちしたりととても苦労されていたようです。

ジェジュンにはしたことがないバイトがない!

ジェジュンはソウルにあるSMエンターテインメントの練習生になるため単身で上京されたようです。その時には「やったことのないバイトはない」と表現するほど建築業・ガソリンスタンド・飲食店など様々なバイトをされていたようです。

レッスン費にすべてのお給料を当てていたため、ご飯が食べれない日が何日かあり、お客さんが残した残飯を食べたこともあったのだそう。電車代が足りなくて、2時間半も歩いたこともあったのだそうです。

今のジェジュンからは考えられないほど切羽詰まった生活をされたようですね。韓国の最低賃金は日本よりも低く、時給4000ウォンだったりするので本当に苦労されたのでしょう。

練習生時代の睡眠時間は2時間

アルバイトを掛け持ちしながら歌手になるためのレッスンに精を出していたジェジュン。晴れて、SMエンターテインメントの練習生になってからは宿舎で合宿生活を送っていたようです。
練習生になると、宿舎代や練習費用などは事務所が負担してくれるのでバイトはこの時点でやめたのだと思います。

練習生は、デビューできる狭き門を通るため、ダンス・歌・演技などのレッスンを毎日みっちりと受けるそうです。睡眠時間はわずか2時間だという話もありました。濃密で過酷な練習生時代を経て今のジェジュンがあるのでしょうね。

興味深い?ジェジュンの体に刻まれたタトゥーの意味は?

両親たちへの思いが詰まったタトゥーを先ほど紹介しましたが、ほかにもジェジュンの体には様々な意味が込められたタトゥーが入っているんです!

全てが本物のタトゥーではなくボディペイントも

ジェジュンの体には数々のタトゥーが入れられていますが、すべてが本物のタトゥーというわけではないそうです。本物は確認できているだけで4か所だそう。演出でボディペイントを施したり、アイラインで書き足したりすることもあるのだそうです!

ジェジュンが初めてタトゥーを入れたのは、デビューして間もない2004年だったそうです。MV撮影で訪れた南太平洋のボラボラ島でメンバーのユチョンと一緒にタトゥーをいれました。ジェジュンは骨盤辺りにいれたそうですが、事務所に内緒で入れたため、かなり叱られたのだとか!

東方神起への思いが込められたタトゥーも

ジェジュンのタトゥーには現在は脱退してしまった東方神起への思いがこもったタトゥーがあります。背中の上部に大きく入れられているタトゥーが「TVfXQ SOUL」と彫られており意味は”東方神起 魂”という意味です。

「TVfXQ SOUL」の下にある小さな文字が「Hope to the end」と刻まれいて、これは「死ぬまで望む」という意味で、「死ぬまで東方神起でいたい」という想いが込められているのだと思います。残念ながら脱退してしまいましたが、当時は自身のグループにとても思い入れがあったことが分かりますね!

【祝!】除隊後のジェジュンの活動

ジェジュンが2016年に無事に除隊され、現在はソロ活動を中心に活躍されています。ジェジュンの現在の活動について紹介します!

2016年12月30日に無事に除隊!

ジェジュンが1年9カ月あまりの軍生活を終え、2016年12月30日に除隊されました。除隊日には韓国ファンのみならず日本や世界中からファンが歓迎するために集まり出待ちをされていたようです。

除隊後は、JYJのグループ活動ではなくソロとして活動をされているジェジュン。2017年2月には除隊後初となる日本ツアーも開始し除隊後すぐに精力的に活動を再開されているようです。

日本で精力的に活動中!

2018年から日本のテレビプログラムでの露出が増えたジェジュン。「今夜くらべてみました」「踊る!さんま御殿」「KinKi Kidsのブンブブーン」などバラエティー番組に精力的に出演していて、その日本語力とユーモアで日本でもかなり人気がますます上がってきています。

音楽番組にも出演されていて「音楽の日」では中島美嘉さんの楽曲「僕が死のうと思ったのは」をカバーしてその高い歌唱力でとても話題になりました!
今後も日本での露出が増えていくと思うとファンにはとてもうれしいですね!

辛い生い立ちにも負けないジェジュン一家の家族愛に拍手!

今年入隊したジェジュン。生い立ちからグループ脱退にいたるまで、30年あまりの人生で多くのことがありましたが、常に前向きでしっかりと着実に歩み続けている彼の姿に、学ぶべき点が沢山あるように感じます。

ジェジュンが除隊したら、また芸能界で活躍をして、両家のお母さん、お父さんを喜ばせてくれることは間違いなさそうですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ