記事ID20417のサムネイル画像

歌舞伎界の名門に生まれた女の子。市川海老蔵の娘とはどんな子?

市川海老蔵と言えば歌舞伎界でも屈指の名門の家系。そんな市川海老蔵のもとに生まれた娘とはどんなお子さんなのか?名前など詳しい情報を調べてみました。美男美女の娘なので可愛くないわけがありません!市川海老蔵の父親としての顔も見えてきました!

娘が可愛いと話題!市川海老蔵のプロフィール

屋号: 成田屋
生年月日:1977年12月6日
本名:堀越寶世(宝世)
出身地 東京都

市川海老蔵は2010年にフリーアナウンサーの小林麻央と結婚。
2011年には長女が、2013年には長男が生まれています。

2010年に記者会見を体調不良を理由にキャンセルしたにもかかわらず、西麻布へ飲みに出かけて暴力事件に巻き込まれ大怪我をおったことが話題となりました。
結婚しても子供が生まれるまではヤンチャしていました。

市川海老蔵と言えば、プレイボーイでやんちゃというイメージがありますよね。
娘が生まれる前も、大きな事件を起こして市川海老蔵さんは世間を賑わせました。
市川海老蔵も娘が生まれてからは、少しおとなしくなったのでしょうか。

キラキラネーム?市川海老蔵の娘の名前

2011年に生まれた市川海老蔵の長女ですが、名前はなんというのでしょうか?
歌舞伎の家柄なのでキラキラネームはありえない気がしますが、調べてみました!

とっても可愛い女の子ですね!
赤ちゃんの時からここまで顔が整っているのは両親からの遺伝でしょう!

名前は「麗禾」だそうです。
読み方は「れいか」です。読みづらいですが、当て字ではありません。
「美しい稲」という意味があり、キラキラネームではないようですね。

麗禾という名前には豊かに実った稲のように実り多い人生を。という願いが込められているそうです。

キラキラネームのように見えてしまいますが、市川海老蔵は娘に素敵な願いを込めた名前を付けています。

市川海老蔵の娘の写真が可愛すぎる!

市川海老蔵の娘の写真が可愛すぎると話題になっています。
両親が美男美女ですから、可愛いのは当たり前ですよね!

こちらは娘の麗禾ちゃんが初めて舞台に立ちお披露目したときの写真です。
緊張しているのが分かります!

こちらは市川海老蔵と歌舞伎ごっこをして遊んでいます。
麗禾ちゃんは「歌舞伎役者になりたい」と話しているそうです。

女性は歌舞伎役者になることができないので父親である市川海老蔵はそのことをどうやって麗禾ちゃんに説明するか悩んだそうです。

可愛い女の子に成長している麗禾ちゃん。
市川海老蔵としては歌舞伎役者になれない悔しさをバネにして素晴らしい女優になってほしいと思っているそうです。

市川海老蔵の娘のブログ画像が「ダウン症か?」と話題に

娘の麗禾ちゃんが小さい頃には顔をだして紹介していた市川海老蔵ですが、大きくなるにつれて息子の顔は出しているのに麗禾ちゃんの顔は隠すようになりました。

少し前までは家族全員の顔を出して紹介しています。
幸せそうな家族で羨ましいですね!

最近は、このように娘の麗禾ちゃんだけスタンプで隠すようになりました。
この事でネット上ではダウン症など顔を見せられない諸事情があるのではないか?と噂されるようになります。

麗禾ちゃんが大きくなるにつれて「顔は隠してね」と市川海老蔵が釘をさされるようになったと明かしたことでこの話はデマだったことが分かりました。

芸能人はちょっとしたことでデマを流されてしまうから大変ですね。
女の子なので顔は流出させたくないという市川海老蔵の親心もあるのではないでしょうか。

市川海老蔵のせいで娘の青学入園を辞退?

市川海老蔵の娘となれば立派な幼稚園に通わせるとは当たり前です。
しかし、市川海老蔵のせいで名門幼稚園への入園を辞退したというのです!

市川海老蔵の妻、麻央は教育熱心で幼稚園入学前の娘を早期幼児教育教室に通わせていたそうです。そこまでして入りたかった幼稚園とはどこなのでしょうか?

麗禾ちゃんは麻央の熱心な教育の甲斐もあり名門、青山学院大学付属幼稚園に合格しました。
幼稚園から大学までエレベーター方式で行けるし市川海老蔵の母校であることから嬉しかったようです。

しかし、市川海老蔵はよほど嬉しかったのでしょう。
その気持ちをブログに投稿してしまいます。
そのブログの反響が大きすぎて青山学園側から注意されてしまいます!

結局、それが原因で娘の麗禾ちゃんは仏教系の幼稚園に入園したそうです。
このまま青学に入園したら麗禾ちゃんが肩身の狭い思いをするのではと心配になったようです。

1日に何十回もブログを更新することで知られる市川海老蔵。
青学合格のブログをアップしたことで大きな話題となり、入園したのが別の幼稚園だったことで更に話題となってしまいました。

隠し子?市川海老蔵には中学校に通う娘がもう1人いた!

娘を溺愛している市川海老蔵ですが、実は彼にはもう1人娘がいます。
隠し子がいると週刊誌に掲載され大きな話題となりました。

海老蔵の隠し子の母親

名前:日置明子
生年月日:1974年2月5日

90年代には歌手やCMモデルとして活動していましたが、現在は芸能活動をしていないようです。

市川海老蔵と日置明子は1997年に交際を始めます。
6年間交際を続けた2002年に女の子が生まれ市川海老蔵は結婚しないことを条件に認知したそうです。

隠し子がいること世間に知られた市川海老蔵が会見を開いて説明をしました。
妊娠発覚時の日置明子とのやり取りを感情を一切出さずに淡々と説明してるのが印象的でした。

市川海老蔵は結婚せずに認知して養育費を払うことを決意したそうです。
その養育費は月100万円と言われています。
日置明子は納得しているそうで小林麻央との結婚が決まったときには祝福メッセージを送っているそうです。

市川海老蔵は娘を溺愛していた!

現在もブログで娘の麗禾ちゃんを度々紹介している市川海老蔵。
その中で娘が可愛くてしょうがない父親の顔が見られてほっこりします。

いかがでしたか?
現在、妻の小林麻央が乳がんと発覚し注目を集めています。
娘の麗禾ちゃんのためにも早く元気になって家族4人の仲のいい写真を見せてもらいたいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ