記事ID16688のサムネイル画像

【心不全?】山口美江さんを孤独死させた死因とは一体何なのか?

ニュースキャスターとしてデビューし、その後バラエティー番組などで一躍脚光を浴び、卓越した英語力で元祖バイリンギャルと呼ばれた山口美江さんが心不全のため孤独死されました。山口美江さんの死因とはなんだったのでしょうか。心不全を引き起こした死因についてまとめました。

山口美江さんのプロフィール

名前:山口 美江(やまぐち みえ)
生年月日:1960年9月20日
出身地:神奈川県横浜市
出身校:上智大学外国語学部卒業
職業 :テレビキャスター、タレント、実業家

上智大学外国語学部比較文化学科(現国際教養学部)を卒業した後、社長秘書などを経て『CNNヘッドライン』でテレビキャスターを務め、その後はタレントとして活動。一時芸能活動を離れ、実業家としての活動を本格化させました。

山口美江さんの生い立ちですが、祖父はドイツ人。小学校から高校まで横浜のサンモール・インターナショナル・スクールに学び、上智大学在学中にズームイン!!朝!のワンポイント英会話に偶然出演(2009年8月7日の『おもいッきりDON!』にて映像が流れたそう)。

大学卒業後は、外資系化粧品メーカーのエスティローダー(美容メーカー)でマーケティングを担当したり、ワーナー・ブラザーズで社長秘書を務めた後、通訳として働いていました。

心不全で孤独死した山口美江さんの生前の評判

心不全が死因で亡くなられた山口美江さん。
頭の良い方で、何をやらせても完璧にこなしてしまう、まさに才色兼備な方でしたよね。

キャスターからバラエティまでこなすスタイルは、当時としては珍しく、多くの番組で共演したビートたけしさんも「頭もよくて見た目もいい人が、お笑いをやったのは衝撃的だった」と評したほどでした。

当時の山口美江さんは頭の良いマルチタレントという感じでしょうか。山口さんが極度の潔癖症であることは有名で、よくお笑いの方にからかわれていましたね。
ちょっと鼻にかかったような内にこもる声が印象的で、独特な語り口調は今でも忘れられません。

才色兼備のバイリンギャルだった山口美江さん

当時から山口をよく知るテレビ局関係者は「才色兼備のバイリンギャルも、プライベートでは激太り、激ヤセ、自殺未遂と波乱続きでした。彼女の人生を狂わせた原因は、やはり恋愛問題でしょうね。2度の大きな失恋をしたことで、彼女の人生はずいぶんと変わってしまった」と語っています。

ストレスから激太りしたと言われていた山口美江さん。
その死因となった心不全も、激太りによるものだったのでしょうか。

山口美江さんの死因ともなった心不全ですが、その心不全になる主な原因の1つに「肥満」があり、太るとその分、全身に送る血液量が増えるので心臓に負担がかかるというのです。

山口美江さんの死因ともなった心不全は、山口美江さんを悩ませた恋愛問題が精神を不安定にし、ストレスから激太りを引き起こし、最終的に死因となった心不全を発病するに至ってしまったようです。

山口美江さんの1度目の交際

数多くの女性と浮名を流してきた渡辺正行さんですが、山口美江さんとも交際していたことは有名でしたね。

写真週刊誌にデート写真を撮られるなど交際は順調で、芸能マスコミは2人を「美女と野獣」と好意的に報じ、結婚も秒読みと見られていました。

渡辺正行さんも「プライドの高い彼女は、つきあう前はツンツンしているんだけど、いざ交際すると、とたんにベッタリになるんです」と語っておられます。山口美江さんは、今で言うツンデレ女子というのでしょうか。

山口美江さんの父が交際を猛反対!

順調に見えた交際の障害となったのは、山口さんの父親の存在。もともと自他ともに認める極度のファザコンで“疑似恋愛”と言われるほど濃密な父親との関係は有名でした。

真面目で厳格な父親は、お笑い芸人である渡辺さんとの交際に猛反対。山口さんは恋人と父親の板挟みとなり、最終的には渡辺さんにフラれてしまいます。

山口美江さんがファザコンだったことは有名ですが、才色兼備の山口美江さんがファザコンになるくらいのお父様ですから、それはそれは尊敬に値するご立派な方だったのだと思います。

破局後交際相手を恨んだ山口美江さん…

近しい人によると「彼女はとにかく渡辺を恨んでいました。破局後に彼女の前で渡辺の名前を出したことがあったんだけど、とたんに金切り声で『ヤダッ! 私の前でその名前出さないでよ!』と本気で怒っていましたからね」と語られました。

山口美江さんのような女性が最初の恋愛で躓いてしまうと、心に受けた精神的ダメージは、計り知れないほどとても大きなものだったのではないでしょうか。

もしかすると厳格なお父様の手前、そんなにそうそう恋愛もできなかったので、渡辺正行さんとの恋愛が初めてだったのかもしれませんね。

事務所の社長に反対された2度目の交際

その後、歌手の布施明さんと噂になりますが、こちらも長続きはしませんでした。当時を知る人によると、「布施とも真剣に結婚を考えていたようですが、今度は所属事務所の社長から反対されたんです」とのこと。

布施明さんとも噂になっていたとは知りませんでしたが、布施明さんの元妻はハリウッド女優のオリビア・ハッセーさんですから、布施明さんが英語が堪能な山口美江さんを好きになったとしても、不思議ではないような気がします。

布施明さんもイケメンですから、女性の噂は絶えなかったようですね。それも山口美江さんの事務所の社長さんが結婚を反対した理由なのでしょうか。

これが死因?山口美江さん、精神のバランスを崩す…

ストレスで体重が増え始めた山口さんは、無理なダイエットに取り組み、急激な体重の変化で精神のバランスも崩し、 年に芸能界を引退することに。

2度の失恋は山口美江さんにとって、ただの失恋ではなく、大失恋でした。それだけ受けたダメージも大きく、そのストレスから精神のバランスを崩し、体調も崩し、芸能界を引退せざるを得なくなったのですね。

その後は横浜中華街で輸入雑貨店を営みながら、芸能界とは無縁の生活を送ることになります。

男性不信になった山口美江さん

関係者によると「その頃にお店に行ったんですが、男の話になると極端な拒絶反応を見せるんです。渡辺の件で極度の男性不信になり、布施との恋も実らなかったことで、男嫌いが決定的になってしまったそうです。潔癖症の性格もエスカレートしていましたから、結婚すること自体、無理だったんでしょうね」とのこと。

山口さんは潔癖なだけでなく、とても真面目な方だったのでしょう。
山口美江さんが2度の失恋で受けた精神的大ダメージも、死因の心不全と無関係だとは言えないのではないでしょうか。

こちらも死因のひとつ?その後壮絶な介護体験を…

その後「恋人」と言われていた父親の介護が必要となり、山口さんは必死で父親の介護をされたそう。しかしアルツハイマーを患う父親の介護は想像以上に大変だったようです。

壮絶な介護体験を講演などで話していた山口さん。周囲の人も「介護からは解放されたけど、話しかけてもどこかうわのそらで、元気がないんです。とても昔のように男の話でからかうことはできませんでしたね」という状態だったそう。

アルツハイマーになられた尊敬すべき父親の介護は、山口美江さんにとって、それは大変なものだったに違いありません。

最期を看取ったのは山口美江さんの2匹の愛犬…

独身生活を貫き、最期を看取ったのは、かわいがっていた2匹の愛犬だったそう。

【まとめ】山口美江さんの死因とは

山口美江さんの死因を追って行くと、様々なストレスから精神と体調を崩し、肥満による心臓に負担からの心不全であることがわかりました。その生涯はなんだかとても悲しくて切ないものに感じます。山口美江さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ