記事ID16483のサムネイル画像

お茶の間に衝撃が!広田レオナが最愛の娘に放った衝撃の一言とは?

自由奔放なイメージの広田レオナさん。ミステリアスな女優として映画、ドラマ、バラエティにとマルチに活躍されています。私生活では3度の結婚を経て息子と娘の2人のお子さんのママ。そんな広田レオナが最愛の娘に放った衝撃の一言とは?娘への愛とは?

妖艶な魅力の広田レオナ

広田レオナ (ひろたれおな)
芸能人、俳優、役者、女優、映画監督

広田 レオナ(ひろた レオナ、1963年3月7日 - )は、日本の女優。本名、吹越 久美(ふきこし くみ)

誕生日1963年3月7日(52歳)
星座うお座
出身地北海道札幌市
性別女
血液型O型

出典:http://talent.yahoo.co.jp

50過ぎという年齢を感じさせない妖艶な魅力と不思議なキャラクターで、強烈なインパクトのあるタレント・女優さんとして知られている、広田レオナさん。
出典
広田レオナと吹越満が再婚!子育て教育は?子供の名前・学校は? | にゅーす16SQ

出典:http://matome.naver.jp

この外見で50歳を過ぎている広田レオナ。信じられないですよね。

美しい広田レオナ

82年、19歳の時に、バレエで鍛えた体を武器に映画「だいじょうぶマイ・フレンド」のヒロインに選ばれてデビュー
出典
日刊ゲンダイ|広田レオナ 吹越満との再婚・離婚・再々婚

出典:http://matome.naver.jp

広田レオナはバレエをしていたんですね。

デビュー時には自身と芸能界でつくられるイメージのギャップに悩むが、ドラマ、バラエティーなど多方面で活躍する。
出典
広田レオナとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

出典:http://matome.naver.jp

広田レオナの娘の父親は?気になる広田レオナの結婚歴。

すぐ結婚しちゃうと語る広田レオナ

広田レオナは三度結婚していますが、その気になる最初のお相手は…。

広田レオナさんは、連ドラや2時間ドラマに多く出演し人気だった24歳の頃に、医大生との間に子供ができたことが発覚。事務所や親に出産を反対された(母親からは「出産するなら勘当する」と言われたらしい)ものの、そのまま反対を押し切り1988年4月にその医大生と結婚し極秘出産(その生まれた子供が元俳優の広田雅裕さん)。しかし、相手はまだ学生であり、しだいにお金がなくなっていき、しかもその夫も「いつの間にかいなくなった」ということで、わずか3年で結婚生活が崩壊し、シングルマザーとなったそうです。

出典:http://blog.livedoor.jp

医大生との結婚、そしてシングルマザーへと。そんな経験があったんですね。

長男の芸名が広田雅裕(ひろたまさひろ)さん

医学生との間にできた長男。ドラマなどで活躍中の俳優さんです。

広田レオナシングルマザーになってその後の生活はというと。

しかも、女優復帰しようにも、事務所からは「(人の言うことを聞かない広田レオナさんに)仕事なんて与えられるわけない」などと断られたそうです。
そんな広田レオナさんは、家賃を何ヶ月も滞納したり、スーパーの試食販売を昼飯・夕飯がわりにするなどの極貧生活をおくり、ついにはベビーカーを(買えなかったので)盗むことも考えたとのことです。ただ、そんな極貧生活をおくりながらも、「ほんとうに楽しかった」ということで、「子どもと一緒に成長できた」などと語っていました。
ちなみに、そんな広田レオナさんの息子、広田雅裕さんは、長瀬智也さん主演のドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」で諏訪部祐樹(通称:キモロンゲ)役などで活躍した元俳優であり、現在は映画の裏方の仕事をしているそうです。

出典:http://blog.livedoor.jp

広田と吹越は1994年12月に結婚(広田は再婚)、一女をもうけたが2005年12月に離婚。2012年に再婚した。

出典:http://www.rbbtoday.com

広田レオナ2番目の夫であり、娘の父の吹越満

娘の父吹越満と広田レオナ

女優の広田レオナが28日、自身のTwitterを更新。2012年に復縁・再婚した俳優の吹越満との関係について「パートナーであり双子の片割の様に必要不可欠な存在」と説明し、ファンに理解を求めた。

 過去に破局した相手との復縁についてファンから相談を受けることがしばしばあるという広田。自身は復縁を経験しているが、意外にも否定的で「よく相談される。別れた彼とまたやり直せるかと… いやいやwww絶対ない!」と自身の考えを示した。

出典:http://www.rbbtoday.com

広田レオナと吹越満の娘とは?

長男と娘の咲耶ちゃん

吹越満との娘。13歳の咲耶ちゃん。都内の有名私立中学校に通っています。

この娘さんにはなった広田レオナさんの一言がお茶の間をふるわせました。

広田レオナが娘に放った衝撃の一言とは?

広田レオナと娘咲耶ちゃん

おしゃれイズムに出演した広田レオナと娘咲耶ちゃん。
将来の夢を語る娘咲耶ちゃんに向けた広田レオナの一言が衝撃的です!
いったい広田レオナは娘になんと言い放つのしょうか?

番組では、広田さんの娘さんが将来何になりたいかという話になりました。
娘さんは、「女優になりたい」と言いました。
お母さんの仕事が女優で、また、お兄さんの広田雅裕さんも俳優なので、こう思うのも無理はありません。
出典:http://www.chitekitankyuu.info

出典:http://topicks.jp

しかし、母親のレオナさんは、なんとこう言ったのでした。
「女優になるなら整形する?」
聞いてる人も冷や汗タラッて感じですよね。
それって、ブスとは言わないまでも、
「このままの顔じゃ女優なんて無理!」
と言っているようなものですよね。
この発言が、母親なのにひどい!ということで話題になりました。
出典:http://www.chitekitankyuu.info

出典:http://topicks.jp

おしゃれイズムで、広田レオナが娘に、女優なるなら整形する?と言ってましたね。

これについて皆さんはどう思いましたか?

私は、子供が可哀想だなと思いました…

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

広田レオナの娘への発言に対してこのような反応が見られました。

娘への衝撃発言が話題になった、広田レオナと娘。

いっぽうでこんな見方も…。

確かに、私も聞いた時はビックリしました。

しかし、広田さんは空気を読んだのだと思います。

自分はパッチリ二重、娘はきれいな一重。それを見たスタジオの反応、そして茶の間ではどう思われるか。

そこで出た娘の「女優になりたい。」発言。

周囲の反応を瞬時に察知し、それでも母親として娘の夢を否定する事はできない。

支援する発言をすれば、周囲の反応は明らかに予想できる。

その上で、一見ジョークともとれるが、娘の夢に希望をもたせた一言。

とっさに言えたのはお見事。

キレイ事だけで渡って行ける世界ではない。

大学卒業祝いに、豊胸手術の費用を両親からプレゼントされる事が常識な国も存在します。

大丈夫、彼女が大きくなる頃には整形の認識も変わっているでしょう。

まあ、はやりの顔も変わっていそうですが^_^;。

広田さんが、「顔って大きくなると変わりますよね、私も子供の頃一重だった・・・。」

は、私には子供と、子供の夢を必死にかばっているように映りました。

なので子供がかわいそうとは一慨に言えません。

一般人が井戸端会議してるのとは違いますから。

自分が正しいと思うことを発言しただけでは仕事はきません。

芸能人はプロのエンターテイナーとして仕事をしているのです。

まぶたを少し縫っただけで、彼女の才能を生かす事ができ、世界が広がり、自分の夢を一生の仕事とできるのであればするべき。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

広田レオナも自分の娘のことだけに、女優になりたいという夢を語る娘に少し現実的な見方をしたものの言い方になったのでしょうか。
娘の発言に対して一件ジョークともとれる言い方をしたのは、やはり母親としての複雑な心境もあったのでしょうか。

広田レオナ流息子・娘への教育法とは?

自由奔放なイメージの広田レオナだが…。

広田レオナが紹介した「子供を名門校に合格させる対処法」として、息子と娘を超有名中学校に入学させた広田レオナさんの方法が紹介されました。

広田レオナさんある教育方法で、子供二人とも名門学校に進学させました。

・8時間睡眠をとる
・スケジュールを自分で立てる

この2つを実行させることで名門学校へ進学させるなんてすごいです、2人とも元々頭が良かったという可能性もありますが・・・

出典:http://oodoori.com

広田レオナさんの教育法のポイントは以下の2点です。

・睡眠を8時間以上とらせる。
・子供にしっかりスケジューリングさせる。

また、広田レオナさんは次のように語っていました。

「結局のところ受験は親でやる共同作業。最終的にはママとマンツーマンで目を離さないで付きっきりでやるしかない」

いつもは自由奔放に見える広田レオナですが、息子や娘の教育法は徹底してますよね。

娘への衝撃発言の裏にある広田レオナの娘に対する愛情まとめ

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ