記事ID148739のサムネイル画像

三田寛子の旦那は中村芝翫!若い頃からの経歴や馴れ初め・子供は?

歌舞伎役者・八代目中村芝翫の妻である三田寛子。彼女の若い頃からの経歴はどういったものだったのでしょうか。そこで今回は、三田寛子の経歴や中村芝翫との馴れ初めについて迫ってみたいと思います。また、2人の間の子供についてもお伝えします。

三田寛子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):中村 敦子(なかむら あつこ/-)
  • 所属事務所:プントリネア
  • 生年月日:1966年1月27日
  • 現在年齢:56歳
  • 出身地:京都府京都市
  • 血液型:B型
  • 身長:160cm
  • 体重:-
  • 活動内容:タレント
  • 家族構成:八代目 中村芝翫
         長男(四代目 中村橋之助)
         次男(三代目 中村福之助)
         三男(四代目 中村歌之助)

 

 

『花の82年組』と同期

三田寛子さんの歌手デビューは、1982年であり、小泉今日子さん、堀ちえみさん、松本伊代さん、中森明菜さん、早見優さん、石川秀美さん、シブがき隊など「花の82年組」と呼ばれた面々が同期にあたります。

芸名の由来

デビューするにあたって、本名ではイメージが堅いという話になり、芸名をつけることとなったそうです。

 

芸名の由来は、当時の所属事務所の社長が渋谷の青山学院大学の横を歩いていた時に「慶應があるのは三田だったな」と口に出し、その時一緒にいた酒井政利さんが「これで行こう」と反応して三田に決まったそうです。

 

そして、三田の名字とのバランスから姓名判断で下の名前は寛子と決まったそうです。

若い頃など昔からの経歴はどうだったの?

それでは、三田寛子さんの芸能界デビューのきっかけなど、経歴を詳しくご紹介していきます。

セブンティーンのモデルになる

三田寛子さんは、中3のときにティーン向けのファッション雑誌『セブンティーン』の読者モデルに応募し、合格しました。

 

それを見た事務所から声がかかり、芸能界デビューすることになり、上京しています。

 

三田寛子さんは芸能界入りした後、あまり裕福で無かった実家への仕送りをし、20歳のときにお風呂のない家に住んでいた両親のために家をプレゼントしています。

『2年B組仙八先生』で女優デビュー

1981年にドラマ『2年B組仙八先生』で女優デビューしています。『2年B組仙八先生』は、『3年B組金八先生』の姉妹編として放送されました。

 

三田寛子さんは、生徒役で、受験の為、京都から転入してきた、おっとりしたタイプの優等生の高坂ひとみ役を演じました。

『駆けてきた処女』でアイドル歌手デビュー

1982年に、『駆けてきた処女』でアイドル歌手デビューしています。

 

この楽曲は、作詞は阿木燿子さん、作曲は井上陽水さんで、酒井政利さんが山口百恵さん路線を狙いプロデュースしたそうです。

 

この楽曲は、三田寛子さんが起用されていたカルピスソーダのCMソングとして使用されました。

『笑っていいとも!』でブレイク

1985年に『笑っていいとも!』に出演し、『寛子のおかし大好き』のコーナーで、天然ボケを発揮しブレイクを果たしています。

旦那・中村芝翫との馴れ初めは何?

続いては、アイドルとして活躍していた三田寛子さんと歌舞伎界のホープだった中村芝翫さんとの馴れ初めなどについて、詳しくご紹介していきます。

1991年に結婚

1991年に中村芝翫さん(当時は中村橋之助)と結婚しています。三田寛子さんが、25歳の時です。

 

1991年11月28日に挙式、披露宴が行われました。東京・虎ノ門のホテルオークラで行われた披露宴には森光子さん、和田アキ子さん、松本幸四郎さん、中森明菜さん、薬師丸ひろ子さんら芸能人をはじめ860人が出席しました。

 

高さ50センチのウエディングケーキが用意され、このケーキは三田寛子さんの手作りだという事も話題になりました。

 

結婚を機に、芸能界を引退する事を表明しました。

「寅次郎~サラダ記念日」の撮影中に出会う

三田寛子さんが出演していた、1988年に公開された映画『寅次郎サラダ記念日』の撮影に中村芝翫さん(当時は中村橋之助)が訪れた際、初めて顔を合わせたそうです。

 

三田寛子さんは、共演していた尾美としのりさんの陣中見舞いに訪れていたそうです。

対談に指名される

中村芝翫さんは、もともと三田寛子さんの熱烈なファンだったそうで、1989年1月の雑誌対談で中村芝翫さんが三田寛子さんを指名し、対談が実現します。

 

この対談の場で2人は日本酒を楽しみながら盛り上がったそうです。

初デートのドライブで

初めて2人でドライブデートに行った際には、車で流したカセットが歌舞伎の演目だったそうです。

 

またご飯を食べている途中でも突然セリフ練習が始まるなど、中村芝翫さんの歌舞伎への意識の強さに三田さんは驚き、そんな中村芝翫さんの姿勢に「芸に熱心な人だと」惹かれたそうです。

中村芝翫との間に子供はいるの?

続いては、三田寛子さんと中村芝翫さんの子供に関してご紹介していきます。

最初の妊娠で流産

三田寛子さんは、結婚後、なかなか子供ができませんでした。不妊治療などもされていたそうです。

 

そして、ようやく結婚5年目で妊娠しますが、8週目で流産というとても辛い経験をされています。

3人の息子がいる

流産を経験し、強い悲しみに沈んでいた三田寛子さんに対して、中村芝翫さんは「長い人生だからゆっくりいこう」と寄り添ってくれたそうです。

 

そして、幸いなことに、その翌年に長男、そして次男、三男と3人のお子さんが生まれています。

長男・四代目 中村 橋之助

  • 本名:中村 国生(なかむら くにお)
  • 生年月日:1995年12月26日
  • 現在年齢:26歳
  • 活動内容:歌舞伎役者、俳優

 

現在、四代目 中村 橋之助として、歌舞伎役者として活躍されています。

次男・三代目 中村 福之助

  • 本名:中村 宗生(なかむら むねお)
  • 生年月日:1997年11月13日
  • 現在年齢:24歳
  • 活動内容:歌舞伎役者、俳優

 

2000年9月に初代中村宗生を名乗り初舞台を経験しています。2016年に三代目中村福之助を襲名し、現在も歌舞伎役者として活躍中です。

三男・四代目 中村 歌之助

  • 本名:中村宜生(なかむら よしお)
  • 生年月日:2001年9月10日
  • 現在年齢:21歳
  • 活動内容:歌舞伎役者、俳優

 

2004年9月、初代中村宜生を名のり初舞台を踏んでいます。そして、2016年10月四代目中村歌之助を襲名しています。

三田寛子が不倫をされた?

歌舞伎界きってのおしどり夫婦として知られていた三田寛子さん・中村芝翫さんでしたが、中村芝翫さんの不倫がスクープされ話題になりました。

 

さらにそれから幾度と不倫が報道される事となります。

京都の芸妓との不倫

2016年に、中村芝翫さん(当時・橋之助)が京都の芸妓と不倫していることを週刊文春に報じられました。

 

相手の芸妓は、30代半ばで、「1か月待ちは当たり前」という人気芸妓とのことでした。週刊文春には、2人が週3回ホテルで密会している様子が報じられました。

 

三田寛子さんは、自宅前に集まった報道陣に対し、明るく笑顔で対応し、「もう、何の言い訳もないと思います。これからが彼の男として、人としての見せどころとなっていくことを肝に銘じて、一生懸命、中村芝翫を継ぐべき人間として頑張ると申しておりました」とコメントし、離婚について問われると「ないで~す」と笑顔で答え、神対応と世間から評されました。

2度目の不倫

1度目の不倫放送から4年後、2021年1月に『文春』が2度目の不倫をスクープしました。

 

相手は23歳年下のアンジェリーナ・ジョリー似の女性で、中村芝翫さんのファンでホテルで3日間夜を共にしたと報じられました。

3度目の不倫

2度目の不倫が報じられた同じ年の年末、3度目の不倫が報じられます。

 

中村芝翫さんは、京都・南座『吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎』の公演期間中に宿泊したホテルで、都内在住の40代女性と同じフロアに宿泊し、およそ1週間にわたって知人男性を交えて女性と鉄板焼き店で食事をし、夜更けには彼女の部屋を訪れていたと報じられたのです。

 

この報道に対して中村芝翫さんは、「胃薬を貰いに行っていた」等と釈明し、不倫疑惑を否定しました。

4度目の不倫

2022年3月には、4度目の不倫が報道されています。

 

3度目の不倫の相手と、都内の隠れ家バーで密会し、 退店後は2人でタクシーに同乗し去って行ったとのこと。さらに2日後の22日、女性が頻繁に出入りしているタワーマンションに中村芝翫さんが訪れたと報じられています。

三田寛子は4度の不倫報道の夫を支える梨園の妻

1980年代にはアイドルとして活躍し、歌舞伎役者・八代目中村芝翫さんの妻である三田寛子さんについてご紹介してきました。

 

梨園の妻として、中村芝翫さんを支えながら、3人の息子を全員、歌舞伎役者として活躍するように育て上げた三田寛子さん。

 

中村芝翫さんの4度の不倫報道にも、動揺を見せず、堂々とした態度で対応している姿が評判となっています。

 

最近は、コメンテーターとしてテレビに出演されており、子供たちが成人し、徐々に芸能のお仕事を増やしていかれるかもしれませんね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ