記事ID148730のサムネイル画像

オルチャンメイクの特徴とは?年代別や一重メイクまで徹底解説!

韓国風メイクであるオルチャンメイクに興味のある方もいるかもしれません。そこで今回は、オルチャンメイクの特徴について迫ってみたいと思います。また年代別や一重メイク、初心者向けのメイクについてもご徹底解説します。

オルチャンメイクとは何のこと?

まずは、オルチャンメイクとは一体何なのかについて迫ってみたいと思います。オルチャンメイクはどういったものなのでしょうか。

美少女の意味

オルチャンメイクは韓国風メイクです。そのため、日本のメイク方法とは異なる点もあります。また”オルチャン”という言葉にも意味があります。オルチャンとは、韓国語で”美少女”を表す言葉です。オルチャンメイクは、韓国美女に近付くためのメイク方法なのです。

オルチャンは造語

オルチャンという言葉自体が、造語となっています。誰かによって作られた言葉なのです。”オル”は顔を意味する”オルグル”から取られていて、”チャン”は最高を意味しています。2つの言葉が組み合わされてできた言葉となっています。

オルチャンメイクにはどんな特徴がある?

続いては、オルチャンメイクの特徴について解説いたします。オルチャンメイクにはどういった特徴があるのでしょうか。

透明感のあるツヤ肌

オルチャンメイクは、透明感のあるツヤ肌が大きな特徴です。内側から光を放つような、”水光肌”が美肌であると言われます。瑞々しい潤いを持つ質感である肌が、水光肌です。

ナチュラルな平行眉

オルチャンメイクは、ナチュラルな平行眉が定番です。元の形から眉を変えすぎるのはNGとなっています。またアイメイクに関しては、じわりとぼかしたラインとキラキラしたラメ入りのアイシャドウもポイントです。アイラインは、控えめに横幅を意識してひくことも特徴です。

ぷっくり唇

オルチャンメイクでは、唇をぷっくりとさせることも特徴です。滲んだような、グラデーションリップが用いられます。

年代別のオルチャンメイクの仕方があるの?

メイクには、それぞれの年代に合った方法というものがあるかもしれません。次に、年代別のオルチャンメイクの方法についてお伝えします。20代から50代まで、その世代に合うオルチャンメイクを見ていきましょう。

20代

20代におすすめのオルチャンメイクは、透明感を持たせながらも弾力のある肌が活かされたメイクです。ベースメイクやリップは、健康的な印象とするためのアイテムを選ぶのがコツです。

 

パール入りの光沢があるベースを塗り、水分が豊富にあるクッションファンデーションで仕上げを行うようにしましょう。アイメイクにはジェルライナーを使用するのがポイントです。ナチュラルに目力をアップさせるには、目尻の部分を下に向けてやや伸ばして描くことが大事です。

 

リップには、質感が瑞々しいピンクリップを選ぶことがマストとなります。若々しく見せるためには、マットな質感よりも光沢感のあるものを選びましょう。また完璧に仕上げるためには、水分も重要になります。韓国女性の多くは、メイク前に水分クリームを塗るのだといいます。

30代

30代の女性では、ベースメイクは水分に重きを置いて肌を瑞々しく仕上げます。そして30代になると乾燥しがちになるので、リキッドファンデーションが適しています。アイメイクに関しては、グレーのアイシャドウを用いて目元をスモーキーな印象に導きましょう。

温かさのあるベージュあるいはクリーム系の色味を使用するのも一案です。リップについては、大胆にレッドを使用するとドラマチックであり大人っぽさも出ます。リップを塗る際には、小さいリップブラシで綺麗に輪郭を描くことも大事です。

スモーキーなアイメイクなら、ベージュのリップも好相性でしょう。唇が乾燥しないように、前もってリップバームを唇に塗っておくのも一案です。ポイントを決めてメイクすると全体が引き締まりますが、リップをポイントにするなら健康的な唇を目指すことが大事だからです。

40代

40代でも、イタくならないオルチャンメイクを取り入れることができます。眉は平行寄りであり、太すぎず細すぎない程度の太さがポイントです。自然なゆるアーチで、大人っぽさが演出できます。アイラインはブラウンを用い、まつ毛の間を埋めるようにして自然に仕込みましょう。

まつ毛は、1本ずつに綺麗にマスカラを引くようにします。韓国メイクのアイシャドウではラメが重要ですが、大人だと大粒のラメは皺に入り込むため注意してください。リップはティントが人気ですが、マットなものを塗る場合は前もって唇自体を潤しておきましょう。

もしティントは乾燥してしまうなら、ティントバームも選択肢です。艶や血色も出るため大人にも適しています。セミマットが人気のベースメイクは、艶肌を目指すために普段から保湿してスキンケアを怠らないことも大事です。チークに関しては、肌によく馴染む色合いを横長に入れることがポイントとなります。

50代

50代の方は、メイク前にしっかりと保湿をして下地であるプライマーを使います。プライマーには、肌の凹凸を整えることや保湿効果、肌に艶を出す効果が見込めるアイテムです。また、ファンデーションはスポンジでポンポンポンと優しく叩き込むことがポイントです。

チークはパウダータイプのもので、オレンジ系やヌーディーなカラーがおすすめでしょう。また、ハイライトもTゾーンと顎にしっかりと入れることがコツです。アイメイクは、やり過ぎない点がポイントとなります。カラーは、くすんだピンクやブラウン系、オレンジ系が適しています。

トレンドは、肌馴染みが良いカラーと繊細さのあるラメで仕上げることです。リップは優しい色がおすすめであり、リップを塗る前にコンシーラーで唇の色味を消すことが特徴です。これにより、リップの発色も良くなるでしょう。品の良いベージュのティントもおすすめとなります。

一重メイクのやり方はどうするの?

一重の魅力を活かしたメイクが、一重メイクです。韓国では、一重を活かしてメイクをする方が多いのです。続いては、韓国風の一重メイクについてご紹介します。

まつ毛の隙間を埋めるのがセオリー

一重メイクでは、”まつ毛の隙間を点で埋める”ことがセオリーです。薄く細く引くことがポイントとなっています。それは、まぶたの上に多くの色をのせ過ぎてしまうと、より目が腫れぼったく見えてしまうことが理由です。

 

粘膜についても、ブラックのジェルライナーを使用するなどして、細く埋めるようにしましょう。

跳ね上げアイライン

一重メイクでは、目尻から跳ね上がったアイラインも定番です。跳ね上げアイラインは、目尻側のみを太くするのがポイントです。目全体に太く描きすぎると、派手になりすぎてしまうのです。目尻までは細く描くようにして、アイラインを下げて跳ね上げラインを描きます。

これにより、クールで華やかな印象の目元を演出できます。

ナチュラルアイライン

ナチュラルアイラインも一重メイクの方法です。黒目から目尻までにかけてアイラインを引くと、自然な”デカ目”になるでしょう。目尻を長めに描くことで、タレ目で可愛い印象となります。柔らかい印象にしたいなら、リキッドよりもペンシルタイプのアイラインで描くこともおすすめです。

また、ラインの上から濃い色のアイシャドウを重ねてラインをぼかせば、さらに自然になります。

アイシャドウでアイライン

アイシャドウでアイラインを描く方法もあります。まず、まつ毛の隙間をリキッド等のアイライナーで細く埋めます。そして、ブラウンもしくは濃い色のアイシャドウで、細いブラシを使い目尻からアイラインを描きましょう。アイラインで描くよりも自然に描くことができます。

カラーアイライナー

カラーアイライナーを描くと、おしゃれな雰囲気になります。発色がはっきりとしているピンクやダークレッドなどのカラーアイライナーを用いる手段もあるのです。アイシャドウは薄目にして、カラーアイライナーを目立たせると芸術的な雰囲気を作ることができるでしょう。

この際には、マスカラもカラーを合わせると統一性を持たせることが可能です。

涙袋メイクも重要

一重メイクなら、膨張色を涙袋に入れる方法もあります。一重は、上まぶたに多くの色をのせると腫れぼったくなってしまいますが、涙袋は果敢に色をのせることができる場所です。膨張色であるオレンジやピンクは、涙袋にのせると色が映えます。そのため、目を大きく見せる効果が期待できます。

それだけでなく、チークに使っている色を涙袋にのせれば、顔に統一性が生まれおしゃれになるでしょう。これは、韓国のアイドル専属のヘアメイクアップアーティストも使用している手段です。

オルチャンメイクは初心者でもできる?

オルチャンメイクは、初めてでもできるのだろうかと心配になる方もいるかもしれません。最後に、初心者のためのオルチャンメイクについてご紹介します。

ベースメイク

オルチャンメイクは水光肌が特徴とご紹介しましたが、昨今では自然な肌も支持されています。素肌感のあるベースメイクは、コンシーラーにより赤みやくすみを消すことがポイントです。顔が全体的にくすんでいたり血色が悪いなと思うなら、トーンアップベースを使用することも一案です。

 

肌より少し明るめのファンデーションを選ぶと、透明感がある色白な肌をつくることができます。

アイメイク

アイメイクについては、横幅のある切れ長な目を意識することがポイントです。オルチャンメイクでの目元は、大人っぽさのあるアーモンドアイを目指すようにしましょう。オルチャンメイクは涙袋がマストですが、現在の涙袋は自然につくることがコツです。

アイブロウ

現在のアイブロウのトレンドは、ナチュラルな眉です。自身の眉の毛並みを活かしながら。雰囲気や顔の形に合ったアイブロウを心がけるようにしましょう。まず毛の流れを整えたなら、アイブロウマスカラを乗せるだけで、綺麗な眉をつくることが可能です。

眉毛の量が少ないなら、パウダーを重ねて自然な眉にする方法もあります。

リップ

今時のオルチャンメイクは、先述の通りグラデーションリップがおすすめです。内側に色を乗せて外側に向けてぼかすと、濃淡のあるグラデーションリップをつくることができます。また現在のオルチャンメイクでは、ベージュやくすみピンクなどの自然な血色の色味がトレンドです。

艶感も欲しい場合には、グラデーションリップの上にグロスを重ねる手段もあるでしょう。

チーク

以前はチークを使わないオルチャンメイクが主流でしたが、現在はチークを使い血色感を出すことが主流です。肌色に近いベージュ系やくすみピンクを選ぶようにしてください。ふんわりとした印象を出すために、クリームよりもパウダータイプが適しています。

多くの年代でオルチャンメイクができる!

韓国の女性たちが行っているオルチャンメイクは、日本でも取り入れている方がいます。オルチャンメイクは、若い方のものというわけではなく幅広い年代で取り入れることができるのです。それぞれの年代に合った、オルチャンメイクの方法があることが特徴となっています。

あなたも韓国の女性たちのメイク方法を参考にしてみませんか。また、一重の方向けのメイクもご紹介していますので、参考になるかもしれません。

オルチャンメイクの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ