記事ID148665のサムネイル画像

    本木雅弘の生い立ち・プロフィールは?紅白コンドーム事件とは?

    ジャニーズ事務所のアイドルグループ『シブがき隊』のメンバーとして人気を博した本木雅弘。グループが解散した後には俳優として活躍をしている彼ですが、どういった生い立ちで育ったのでしょうか。そこで今回は、本木雅弘の生い立ちやプロフィール、紅白コンドーム事件についてお伝えします。

    本木雅弘のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな/愛称):内田(旧姓:本木)雅弘(うちだまさひろ/モッくん)
    • 所属事務所:フロム・ファーストプロダクション
    • 生年月日:1965年12月21日
    • 現在年齢:56歳
    • 出身地:埼玉県桶川市
    • 血液型:A型
    • 身長:174cm
    • 体重:非公開
    • 活動内容:俳優
    • 家族構成:妻、息子2人、娘1人

     

     

    ドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー

    本木雅弘さんがデビューしたのは、1981年に遡ります。TBSで放送されたドラマ「2年B組仙八先生」の生徒として登場。

     

    その他の生徒役では薬丸裕英さん、布川敏和さん、三田寛子さんが同じくこのドラマがデビュー作品となりました。

     

    なお、この作品は「3年B 組金八先生」の姉妹編として制作され1年間、45話という長丁場となっています。

     

    本木雅弘さんが演じた生徒の名前は「森田すばる」というのですが、後に渋谷すばるさんの母親が、この作品を気に入って息子の名前にしたそうです。

    『シブがき隊』として歌手デビュー

    1982年に「シブがき隊」として薬丸裕英さんや布川敏和さんと共に歌手デビューを果たしました。結成時は「仙八トリオ」、「悪ガキトリオ」などが候補にありました。

     

    ところが、ジャニー喜多川さんが、後ろにトリオが付くグループ名について、流行りではあるけれど目立たないだろうという懸念を抱き、敢えて「シブがき隊」という名前にしたそうです。

     

    デビュー曲は「NAI・NAI 16」で、同年のレコード大賞を受賞しました。

    俳優となる

    1988年にシブがき隊は解散し、メンバーは各々の道に進みました。本木雅弘さんは俳優へ転向し、現在に至ります。

     

    1992年に映画「シコふんじゃった。」、1998年のNHK大河ドラマ「徳川慶喜」などで主演を務めてヒット作品となりました。

    映画『おくりびと』がアカデミー賞で受賞

    2008年に公開された映画「おくりびと」が2009年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。

     

    この作品は、本木雅弘さんが原作の「納棺夫日記」を読み感銘を受けて、作者の青木新門さんの自宅を何回も訪れて映画化したいと自ら企画を打ち出して開始したプロジェクトです。

     

    青木新門さんは、これに対して映画化の許可は出さず「もし、やるなら別の作品としてやってほしい」という意向を受けて「おくりびと」というタイトルで、納棺夫日記とは別作品扱いで映画化しました。

     

    主演は本木雅弘さんで、プロのチェロ奏者から納棺師に転職し、プロの道へと極めていく男性を演じ、主人公の妻を広末涼子さんが演じています。

    本木雅弘はどんな生い立ち?

    ここでは、本木雅弘さんの生い立ちについて紹介します。出身地や幼少期のエピソードなど、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

    埼玉県桶川市に生まれる

    本木雅弘さんは、1965年12月21日に埼玉県桶川市にて誕生しました。桶川市は埼玉県の中央に所在する都市で、当時は北足立郡桶川町という名前でした。

    実家は15代続く農家

    実家は15代続く農家で、遡ると約450年前になり、おおよそ江戸時代の初期くらいが初代になりそうですね。

     

    実家は立派な長屋門があり、それなりの地位を保ってきた一族であるという証左になるのだとか。このことから、本木雅弘さんは裕福な環境で育ったと考えて良いのではないでしょうか。

     

    広大な土地も持っていて、敷地内では畑を作り販売まで手掛けています。

     

    本木雅弘さんは、かつて週刊誌のインタビューを受けた際に「いざとなれば、土地や米があるので食べていけるという安心感があります」と語っています。

    卒業文集から名付けられた!

    本木雅弘さんの名前は父親がたまたま、農業高校時代の卒業文集を眺めていた時に、ふと目に留まったのが「雅弘」という名前だったので、付けられたそうです。

    自分でまつ毛を切った!

    幼少期の本木雅弘さんは、長いまつ毛のせいで周囲から「女の子みたい」とからかわれることが多かったのだとか。

     

    自身としては、嫌だったのでまつ毛を自身の手でカットしていました。女性が聞いたら羨ましいといわれそうなエピソードですね。

     

    子供の頃は人前に出て目立つことは苦手だと感じていたそうなのですが、小学校3年生以降から、学級委員に選ばれることが多かったのだといいます。

    紅白コンドーム事件とは何のこと?

    本木雅弘さんについて調査すると「紅白 コンドーム事件」というワードが散見されています。紅白はNHKの紅白歌合戦であることは想像できるのですが、一体どのようなものだったのでしょうか。

    これは、若い頃の本木雅弘さんのある訴えがベースになっていました。その経緯について紹介します。

    紅白歌合戦に出場

    シブがき隊が解散し俳優として新たなスタートを切った1992年に初めてソロの歌手としてNHKの紅白歌合戦に出場しました。

     

    当時の本木雅弘さんの年齢は27歳位で井上陽水さんの「東へ西へ」のカバー曲を披露しています。

    コンドームを首からぶら下げた衣装

    この時の本木雅弘さんの衣装は、白い液体が少量入ったコンドームのようなものを繋げて首にさげるという斬新なスタイルでステージに登場。

     

    歌の途中からは、その膨らんだコンドームらしきものを持って熱唱し、最後は自身の頭の上で風船状態になったコンドームを頭上で割り中に詰めた液体を浴びるパフォーマンスで締めました。

     

    NHKには、抗議の電話が100件以上寄せられて物議を醸し出していたのです。

    エイズ撲滅のメッセージ

    実はこの本木雅弘さんのパフォーマンスは、エイズ撲滅のメッセージが込められていたそうです。なお、本木雅弘さんに対するお咎めはありませんでした。

    本木雅弘の家族構成はどうなっている?

    ここからは、本木雅弘さんの家族構成について見ていきましょう。実家は、代々続く由緒正しい農家であることは先ほど紹介した通りですが、両親や兄弟、そしてハーフの噂についても紹介します。

    父親は本木昭

    父親は、本木昭さんというお名前で、1939年くらいに誕生しました。かつては教師をしていたそうです。

     

    家を継いでないということになりますので、もしかしたら、長男ではないのかもしれません。

    母親は本木さき子

    本木雅弘さんの母親は、本木さき子さんというお名前です。残念ながら生まれた年や顔写真の画像などの情報はありませんでした。

    本木雅弘はハーフではない

    本木雅弘さんは、日本人離れした彫の深い顔立ちをしていることから、ハーフではないかと考えている方も多いようです。しかし、少なくとも両親は日本人なので、ハーフではありませんね。

    兄と弟がいる

    本木雅弘さんの兄弟について調査したところ、兄と弟がいることが判明しました。芸能活動をしているわけではなく一般人として生活しているようです。

     

    このことから、名前や年齢などのプロフィールは明かされていません。

    本木雅弘は現在どうしている?

    本木雅弘さんの現在の様子について紹介します。今は海外を拠点としているようです。どのような生活を送っているのでしょうか。

    ロンドンに住んでいる!

    現在、本木雅弘さんと妻の内田也哉子さん、長女の内田伽羅さん、長男の雅樂さん、次男の玄兎さんの一家は2012年からロンドンに移住して現在に至ります。

     

    このため、現在の本木雅弘さんは、日本で撮影を行う必要のあるドラマなどの出演は減っているようです。

     

    なお、長男の雅樂さんはUTA名義で世界に通用するモデルとなっているため、様々な場所に居住している模様。2022年6月はパリコレに出演していることを、友人のMattさんインスタで明かしています。

    長女・伽羅の留学がきっかけ

    ロンドンに渡った理由は、長女の伽羅さんがロンドン留学をした際に、現地の生活に慣れるまでの期間をサポートする目的で、一時的に滞在するつもりだったのだとか。

     

    当初は3ヶ月で帰国しようとしていたのですが、本木雅弘さんがロンドンを気に入ったことや、これまでと違う景色を見たという気持ちが湧きあがってきて、本格的に移住することになったのです。

     

    家族皆でいる方が良い

    本木雅弘さんの妻の母親である樹木希林さんは、2012年当時既に全身にがん細胞に侵されていました。

     

    しかし、家族は一緒に過ごすべきだという考えから、家族でロンドンに渡る決意をしたのです。周囲からは心配されることもあったそう。

     

    樹木希林さんは、娘夫婦の子育てを信頼していましたし、もちろん親子で話合いを重ねた上で納得して決めた渡英だったことを明かしています。

    本木雅弘の生い立ちは埼玉の裕福な農家

    本木雅弘さんの実家の家族構成は、両親と兄と弟で、実家は15代続く農家です。

     

    地元の埼玉県桶川市で生まれ育ち、幼少期はまつ毛が長く女の子のような容貌をからかわれるのが嫌で、自身でまつ毛を切っていたのです。

     

    成長した本木雅弘さんは、ジャニーズ事務所のシブがき隊として1980年代を席巻するアイドルとして活躍し、解散後は俳優に転向。

     

    1992年には、紅白歌合戦にソロの歌手として出場し「東へ西へ」をカバーしました。

     

    エイズ撲滅メッセージのために、コンドームのようなものを衣装として採用するという「紅白コンドーム事件」は令和になった今も語り継がれています。

     

    プライベートでは、妻の内田也哉子さんとの間に誕生した子供達も各々の才能を活かしています。

     

    2012年からは家族で、イギリス ロンドンに渡り、その後も生活の拠点としているようです。このためか、近年はあまり日本のドラマに出演する機会が減っています。

     

    今後も本木雅弘さんの活動に目が離せませんね。

     

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ