記事ID147104のサムネイル画像

恐ろしい「マイアミゾンビ事件」とは?ドラッグが原因⁉

ゾンビはフィクションの中だけに存在するはずですが、現実にゾンビを彷彿とさせる事件が起きていました。それがマイアミで発生したマイアミゾンビ事件と呼ばれる猟奇的傷害事件です。今回は、このマイアミゾンビ事件の概要や、事件が起きた原因などを紹介します。

世界を震撼させたマイアミゾンビ事件!概要をチェック

マイアミゾンビ事件は、アメリカのフロリダ州マイアミで起きた猟奇的傷害事件のことです。人が殺されたりしたわけではないのですが、犯人の異常な行動がゾンビのようだと世界中を震撼させました。

 

人体を食べたということで、マイアミゾンビ事件以外にコーズウェイの食人鬼と呼ばれることもあります。マイアミゾンビ事件の概要をまとめました。

マイアミゾンビ事件の発生日と場所

マイアミゾンビ事件が起きたのは、2012年5月26日のことです。場所はフロリダ州マイアミにあるマッカーサーコーズウェイでした。マイアミビーチとマイアミを繋いだフリーウェイの脇道で、事件は起こりました。フリーウェイとはとはアメリカの高速道路のことです。

 

被害者が突然襲われる様子は近くにあった防犯カメラに撮影されており、18分間の犯行が一部始終記録されました。事件の映像はインターネットを通して拡散され、全米を騒然とさせました。

被害者の顔を食べるという惨劇!

事件の内容は全裸の男が被害者のホームレス男性に襲いかかり、顔を食いちぎるという恐ろしいものでした。加害者のルディ・ユージーンは、被害者のロナルド・ポッポの顔の75%に及ぶ部分を食いちぎっています。

 

事件発生時、警察には全裸の男が男性の顔を食べていると異常な内容の通報がされています。 被害者によると、加害者は親しげに近づいて来てから訳の分からないことを言うと突然襲ってきたそうです。

 

2人は特に面識があったわけでなく、怨恨による可能性はないと考えられています。

射殺されるまでやめなかった

通報を受けた警察は、すぐに現場に向かいました。現場では、倒れた被害者に加害者が噛みついていたといいます。警察官は被害者から離れるように警告しましたが、加害者は噛みつくのをやめませんでした。加害者は動物のような唸り声を上げていたそうです。

 

警告を聞かない加害者に対して、拳銃を発砲します。銃弾は当たりましたが、加害者はそれでも被害者に噛みつくのをやめなかったそうです。警察は、集中発砲を行い何発ものの銃弾を受けた加害者は死亡してしまいました。

 

10発以上の弾丸を受けても死ななかったなどという情報もありますが、実際は6発で話が大袈裟に伝わっているようです。 とはいえ撃たれても顔を噛みちぎるのをやめなかったのは確かで、マイアミゾンビ事件の異常性がわかります。

被害者はどうなった?

被害者のロナルド・ポッポは、合計で18分間暴行され続けて顔面の75%〜80%もの部分を噛みちぎられたそうです。鼻や片目がなくなってしまった被害者は、人間なのか分からないほどの無残な状態でした。医師によると、自動車事故に相当するほど、酷い状態で搬送されたようです。

 

幸い被害者は一命を取り止めます。寄付金やメディケイド(低所得者用の医療制度)のおかげで、医療施設で生活できるようになったといいます。両目を失明することになってしまいましたが、顔の状態もかなり復元されたといわれています。

マイアミゾンビ事件の原因は脱法ドラッグという噂

加害者が人間の顔を食いちぎったという衝撃的なマイアミゾンビ事件ですが、原因は脱法ドラッグという噂があります。マイアミゾンビ事件の原因になったという脱法ドラッグの情報やその真偽についてまとめました。

脱法ドラッグ・バスソルトが原因か?

マイアミゾンビ事件の加害者は胃袋の中から、大量の錠剤が発見されました。この錠剤は脱法ドラッグではないかといます。加害者が使用したのではないかと言われている脱法ドラッグが、バスソルトです。

 

バスソルトは、入浴剤のような名前ですが、LSDの代用品ともいわれる危険な薬物です。バスソルトは日本では知られていませんが、アメリカではかなり流行しています。バスソルトはメフェドロンを主成分としていますが、詳しい内容物は不明です。

 

しかし、バスソルトには幻覚作用や攻撃的になる作用があり、摂取すると非常に危険な薬物として知られています。

バスソルトを摂取すると体温が上昇する

バスソルトだけではありませんが、脱法ドラッグは過度の発汗作用があることが知られています。常習者は異常に汗をかくので1日に4回シャツを着替えたり、エアコンの前から離れられなくなることもあります。

 

また、バスソルトを摂取すると実際に体温が上昇することもあり、気温に関係なく異常に暑いと感じやすくなるのです。 マイアミゾンビ事件の加害者は、犯行当時全裸でした。バスソルトを摂取したせいで暑さが我慢できなくなり、服を脱いだのではないかといわれています。

バスソルトを摂取すると攻撃的になる

バスソルトは、摂取することで攻撃的になることも知られています。バスソルトの主成分のメフェドロンはブルー・スターとも呼ばれており、中枢神経を刺激することで攻撃的になります。感情のコントロールもできなくなるので、怒りを抑えられず攻撃性に拍車がかかります。

バスソルト説は否定されている

実はバスソルトは、マイアミゾンビ事件の原因ではないことがわかっています。バスソルトの可能性が高いと報道されたせいで、そのことが有名になりました。検死官の検査の結果で加害者の体内からバスソルトの成分は検出されませんでした。

 

加害者から検出されたのはマリファナのみで、その他のドラッグやアルコール、処方薬なども検出されていません。ただし、バスソルトが否定されたことは報道されなかったため、バスソルトがマイアミゾンビ事件の原因だと考えられるようになってしまいました。

 

マイアミゾンビ事件以外もバスソルトが原因とされる事件は多いですが、実際のところはよくわかっていません。

顔を食べた理由は不明

実はバスソルトが原因ではなかったマイアミゾンビ事件ですが、原因は何だったのでしょうか。現在でも加害者が事件を起こした理由はわかっておらず、顔を食いちぎるという異常な行動の原因も不明です。事件の原因がわからないことが、この事件の一番怖いところかもしれません。

 

ちなみに加害者が顔を食べたとされることが多いマイアミゾンビ事件ですが、実は加害者は顔を食べたわけではありません。 加害者の胃からは顔の皮は出てきていません。

マイアミゾンビ事件以外にも!続発するゾンビアポカリプス事件

人間が人間を顔を噛み千切るという恐ろしいマイアミゾンビ事件ですが、他にも似たような事件は起こっています。これらの事件はゾンビアポカリプスを連想させることから、ゾンビアポカリプス事件と呼ばれています。

 

ゾンビアポカリプスの意味や続発するゾンビアポカリプス事件をご紹介します。

ゾンビアポカリプスとは?

ゾンビアポカリプスとは、ゾンビによる人類の終末を描いた物語のことです。ホラーやSFなどではよくある展開の1つで、際限なく増え続けるゾンビによって人類の文明そのものが崩壊します。基本的にゾンビに噛まれた人間はゾンビになってしまいます。

 

文明が崩壊するまではいかなくても、ゾンビが増え続ける物語をゾンビアポカリプスものと呼ぶ場合もあります。テレビゲームから映画化もされたバイオハザード3などは、典型的なゾンビアポカリプスものとして有名です。

 

マイアミゾンビ事件などは、ゾンビアポカリプスを連想させるのでゾンビアポカリプス事件と呼ばれることもあります。

フロリダ州テケスタのゾンビ事件

マイアミゾンビ事件が起きたフロリダ州では、テケスタでも恐ろしい事件が起こっています。事件が起きたのは2016年の8月です。19歳の大学生が50代の夫婦を刃物で刺すという事件ですが、大学生は死亡した夫の顔を食いちぎったというのです。

 

現場住宅の私道で起こっており、近所の住民も大学生に刺されています。夫婦と大学生に面識がなかったことから、警察では無差別殺人事件として捜査が行われました。大学生は犬のような唸り声を上げていたということで、薬物の使用が疑われていました。

 

被害者夫婦は亡くなっており、ゾンビ事件と呼ばれる中でも特に恐ろしい事件として紹介されることもあります。

メリーランド州ボルティモアのゾンビ事件

2012年5月には、メリーランド州のボルティモアで大学生がルームメイトを殺害して、遺体を食べるという事件が起こっています。犯人の大学生はルームメイトを殺害した後で、遺体を解体して脳の一部と心臓を食べたと供述しています。

 

犯人が噛み付いたりしたわけではないので、ゾンビ事件といえるのかは微妙です。 とはいえ、他のゾンビ事件とは違って人間を食べているので、世にも恐ろしい事件なのは確かです。

ルイジアナ州のゾンビ事件

2012年6月2日にも、人の顔が食いちぎられる時間が起きています。元妻への暴力で立ち入り禁止命令が出ていた42歳の男性が、元妻の現在の夫の顔に噛みついたというのです。犯人の男性は、被害者の男性の顔の皮膚4分の1ほどを食いちぎったといわれています。

マイアミゾンビ事件は日本でも起こる?

マイアミゾンビ事件の概要や事件の原因、似た事件についてまとめました。実はマイアミゾンビ事件の原因がバスソルトというのは間違いで、実際は何が原因なのかよくわかっていません。似たような事件が多いのも、不気味です。

 

ゾンビ事件はそこまで頻繁に起こるものではありません。しかし、原因がわからないだけに日本で起こる可能性は否定できないでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ