記事ID146898のサムネイル画像

名探偵コナンの犯人が主人公⁉『犯人の犯沢さん』が面白い!

「名探偵コナン」のスピンオフ作品として満を持して登場した「犯人の犯沢さん」。色々とツッコミどころが多く、原作エピソードのパロディが多くあったりと、じわじわ人気が上昇しています。今回は、そんな「犯人の犯沢さん」の概要や面白いところをネタバレありで紹介します。

犯人の犯沢さんが面白いと話題!どんな作品?

犯人の犯沢さんは、名探偵コナンのスピン漫画であえて主人公の姿を描かないギャグマンガです。2021年3月の時点で累計発行部数が180万部を超えており、スピンオフ作品として異例の大人気になっています。犯人の犯沢さんがどんな作品なのか、簡単にまとめました。

名探偵コナンのスピンオフ作品

「犯人の犯沢さん」は、名探偵コナンのスピンオフ作品です。名探偵コナンでは、殺人事件の犯人などの怪しい人物を黒い影として登場させることがあります。犯人の犯沢さんは、主人公の姿が殺人事件の犯人と同じ黒い影として描かれているのが特徴です。

 

作者は「迷宮入り探偵」、「錦田警部はどろぼうがお好き」などのギャグ漫画を描いているかんばまゆこさんです。公式スピンオフ作品ですが、名探偵コナンの原作者青山剛昌さんはネームチェックはしていません。

主人公・犯沢さんのプロフィール

主人公の犯沢さんは普通の人間の姿をしているはずですが、黒い影として描かれているので読者には姿がわかりません。犯沢さんは、第1話で地元の鳥取から名探偵コナンの舞台の米花町に転居してきます。半沢さんが米花町にやってきたのは、誰かを殺すためだということがわかっています。

 

米花町の家賃が高すぎるためにシェアハウスに住んでおり、普段はレンタルビデオ店でアルバイトしています。犯沢さんは殺人を目的にしている危険人物のはずですが、米花町で起こる事件に巻き込まれてうろたえる姿は常識人に見えます。

 

更に賃貸住宅で殺人をしたら大家の迷惑と怒るなどズレてはいますが、基本的に真面目な人物です。作中では途中でフルネームも判明しており、犯沢は名字です。作中の描写から男性の可能性が高いと言われていますが、性別ははっきりしていません。

犯沢さん以外の主要キャラ

犯人の犯沢さんには、犯沢さん以外にも名探偵コナンの本編にはいない主要キャラが登場します。半沢さんのルームメイトは若い男女で1人1人の名前は分かりませんが、パーティーを盛り上げるのが仕事のプロのパリピです。

 

他にも、犯沢さんの実家の家族や従妹のサキちゃんなど、犯沢さんと同じ黒い影で表現されるキャラも登場しています。サキちゃんは上京して米花町での暮らしを始めますが、なにやら不穏な目的で上京しているようです。

 

犯沢さんが飼っているポメ太郎は、アリバイ対策のために購入したポメラニアンです。やんちゃな性格であまり賢くないですが、非常にかわいいため某動画サイトでも人気になっています。

名探偵コナンのキャラも登場!

犯人の犯沢さんには、本編名探偵コナンの主要キャラも多数登場しています。江戸川コナン・毛利小五郎・毛利蘭といった毛利探偵事務所のキャラは、頻繁に登場します。西の高校生探偵服部平次も、大阪に住んでいるはずなのに出番は多いです。

 

他にも、阿笠博士や灰原哀、捜査一課の刑事達、公安の降谷零(安室徹)など大勢のキャラが登場します。名探偵コナンのキャラだけでなく、怪盗キッドが主人公の漫画「まじっく快斗」のキャラも多数登場しています。

ネタバレあり!犯人の犯沢さんの面白いところ

主役が犯人黒い影で表現されているのがユニークな犯人の犯沢さんですが、その魅力は米花町や原作エピソード、原作キャラのパロディーにあります。犯人の犯沢さんの面白いところをネタバレを交えながらまとめました。

米花町が犯罪都市とされている

犯人の犯沢さんで最もネタにされるのが、名探偵コナンの舞台である米花町の扱いです。米花町は推理ものの舞台になっているため、原作でも異常な確率で殺人事件が発生しています。このことは読者から突っ込まれていますが、犯人の犯沢さんではこの点をギャグとして描きます。

 

米花町は世界トップレベルの犯罪都市と呼ばれており、普通の人間が一歩足を踏み入れると生きて帰れないと言われています。警察は非常に優秀で捜査一課は殺人の検挙率が100%の凄腕集団と呼ばれています。しかし、犯人を捕まえても殺人の件数は一向に減りません。

 

警察署は慢性的な人手不足で、軽犯罪の被害届を出すことが困難になっています。月間の交通事故の死亡者が0なのに、殺人事件の被害者が151人と殺人事件の発生数が異常です。空き物件のほとんどは事故物件で家賃も安いですが、無事故物件の家賃は異常に高いです。

原作のパロディが面白い

犯人の犯沢さんは、原作の世界観やエピソードのパロディーが面白いスピンオフ作品になっています。名探偵コナンで人が殺されたマンションの部屋が格安の空き物件になっていたり、原作を知っていると笑えるエピソードが多いです。

 

原作ではコナンと一緒にいると時間が起こることが多いため、コナンは死神扱いされたりします。犯人の犯沢さんでは、近くにいた犯沢さんが次々と犯罪に巻き込まれ、死神の存在を感じるシーンがあります。

 

春の劇場版名探偵コナンで爆発が多いせいか、米花町では爆発が春の季語になっているなど原作ファンほど楽しめるギャグが満載です。

原作キャラの設定がオーバーすぎる

原作キャラの設定や描写が極端にオーバーになっているのも、犯人の犯沢さんの面白さです。ここでは、犯人の犯沢さんの毛利蘭の強さや阿笠博士のマッドサイエンティストぶりをご紹介します。

毛利蘭があまりにも強すぎる

ヒロインの毛利蘭は空手の都大会で優勝しており、原作でもかなりの強さに描かれています。しかし、犯人の犯沢さんの蘭は、完全に人知を超えた強さになってしまいます。ぼったくりバーで、やくざのような店員に襲われますが気合だけで相手を壁にめり込ませてしまいます。

 

店主に銃撃されますが蘭は全ての銃弾を素手でキャッチし、握り潰してボールのようにしてしまいます。そのまま、表情を変えずに「わたしを殺人犯にしないでもらえます?」というセリフが怖すぎます。

 

完全に人外の強さになっていますが、原作で蘭以上の強さのキャラは犯人の犯沢さんでも蘭より強い設定になっているようです。原作では作者公認最強キャラの京極真は蘭が星5つ以上の強さに対して、星20以上で測定不能となっています。

象を眠らせる麻酔を耐性のない人間に打つ阿笠博士

原作でも人間を一瞬で眠らせる麻酔銃やキック力増強シューズなどを作っている阿笠博士ですが、犯人の犯沢さんでは完全にマッドサイエンティストです。作中では日給3万円の怪しいバイト求人で登場します。

 

仕事の内容を犯沢さんが聞こうとすると、日給の額を5万まで上げていくシーンの阿笠博士の顔がかなり怖いです。バイトの内容は、少しずつ濃度を上げることで象をも眠らせる濃度になった麻酔銃を普通の人間に打ち込むとどうなるかというものでした。

 

犯沢さんは麻酔銃を撃ち込まれ、3週間目が覚めたないままというオチになっています。この後、犯沢さんは安全なバイトを探して面接に行きますが、バイト先の店長は殺人事件の被害者になっていました。

ネタバレあり!犯人の犯沢さん1巻から5巻の概要

犯人の犯沢さんは、2021年3月現在で5巻まで出版されています。犯人の犯沢さんの1巻から5巻までの概要をネタバレしながらまとめました。

1巻・犯沢さんが米花町入り

1巻は、犯沢さんが地元鳥取から犯罪都市米花町に足を踏む入れるシーンから始まります。米花町で電車を下りただけで「死にたいのか!?」と乗客が叫ぶシーンが笑えます。ある男を殺すためにやってきた犯沢さんは、自分は「殺す側ですから!」と不敵な笑みを浮かべます

 

しかし、ぼったくりーバーで恐ろしい目にあったり、空き物件は事故物件ばかりと米花町の洗礼を味わうことに。更にシェアハウスの住人が不動産屋を殺害したり、ビルが爆発したりと次々にひどい目に遭います。

 

何かあると母親のことをすぐに思い出しながら、がんばる犯沢さんを応援したくなる人も多い1巻目になっています。

2巻・犯沢さん仕事を探す

犯人の犯沢さんの2巻は、収入のない犯沢さんが仕事を探す話になっています。求人は日給1万以上ですが、あからさまに怪しいものばかりで犯沢さんは警戒します。どんなことをしてでも金を手に入れると考えた犯沢さんは、阿笠博士の怪しいバイトを引き受けます。

 

しかし、麻酔銃を撃ち込まれて3週間寝込むことになってしまいます。安全なバイトを探そうとレンタルビデオ店に面接に行きますが、店についた時には店長が殺されていました。息抜きで遊園地に行くと、観覧車が爆破されそうになって命びろいします。

 

最後は、あの男らしき人物を見つけたところで3巻に続きます

3巻・ポメ太郎と出会う

犯人の犯沢さん3巻では、ポメラニアンのポメ太郎が登場します。あの男らしき人物の後をつけますが、結局別人だと判明します。犯罪計画に利用するために犬を飼おうとする犯沢さんは、ポメラニアンに一目ぼれします。

 

48万するポメラニアンを買うお金のない犯沢さんですが、阿笠博士が買おうとするのを見て借金してポメラニアンを購入します。転職を考える犯沢さんでしたが、プロのパリピの大変さを知ってレンタルビデオ店のバイトを続ける決心をします。

 

半沢さんはいとこのサキちゃんに会うために帰省を考えます。コナンの乗る車をヒッチハイクしたせいで次々に事件に巻き込まれ、最後は母親に泣きつく羽目に。3巻では犯沢さんが殺そうとしているあの男が工藤新一かもしれないことが暗示されています。

4巻・犯沢さん故郷に帰省

地元でいとこのサキちゃんと再会した犯沢さんは、米花町で犯罪計画を続けることを改めて決めます。なぜか、上京を決心したサキちゃんと一緒に犯沢さんは米花町に戻ってきます。心機一転、計画を進めようとする犯沢さんは、怪しい薬の治験で150万円を手に入れます。

 

借金を返済した犯沢さんは残ったお金で拳銃を購入しようとしますが、弾丸が別料金だっため購入を諦めます。怪盗キッドにポメ太郎を誘拐されそうになりますが、無事に取り返します。

 

サキちゃんが好きだと自覚する犯沢さんですが、サキちゃんにも会いたい人がいることが分かって次巻に続きます。

5巻・犯沢さんがあの人物に?

5巻は、犯沢さんが米花町オールスターとサッカー対決したり、友達ができたりと盛りだくさんの内容です。コナンがキック力増強シューズを使わない誓約書を書かされたり、阿笠博士に300万の請求書が来る展開も笑えます。

 

更に今回は黒の組織のメンバーも登場します。大胆なイメチェンを考えた犯沢さんは、カリスマ美容師の特殊メイクでなぜかジンそっくりの姿になってしまいます。犯沢さんを本物のジンだと勘違いする組織のメンバーやジンの顔で遊園地ではしゃぐシーンが傑作です。

 

本物のジンが登場して殺されそうになりますが、メイクが流れたおかげ犯沢さんは助かります。

犯人の犯沢さんの今後の展開に期待

名探偵コナンのスピンオフ作品「犯人の犯沢さん」についてご紹介しました。犯人の犯沢さんは、コナンファンなら楽しめるパロディ満載の作品になっています。ギャグ漫画ですが謎もあり、先の気になる展開もあります。今後も犯人の犯沢さんに注目です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ