記事ID146124のサムネイル画像

大魔神・佐々木主浩の現在(2020)は?榎本加奈子と離婚?

「大魔神」の愛称で知られる元プロ野球選手の佐々木主浩さん。佐々木主浩さんは2005年に現役を引退していますが、引退後も様々な分野で活躍しています。今回は、そんな佐々木主浩さんの現在の活動や、榎本加奈子さんとの結婚について紹介します。

佐々木主浩の活躍は?榎本加奈子との関係性は?

佐々木主浩さんといえば「ハマの大魔神」として、愛される元プロ野球選手。現役時代は、数々の記録を樹立し、当時所属していた「横浜ベイスターズ」を優勝へ導いた立役者として知られています。

引退後も、野球に携わる仕事をしてきましたが2020年の活動について、プライベートでは不倫愛を貫いて再婚した榎本加奈子さんとの仲についても改めて振り返ってみましょう。

佐々木主浩のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):佐々木主浩(ささきかずひろ/ハマの大魔神)
  • 所属事務所:フリーランスとして活動
  • 生年月日:1968年2月22日
  • 現在年齢:52歳
  • 出身地:宮城県仙台市泉区
  • 血液型:不明
  • 身長:190cm
  • 体重:98kg
  • 活動内容:野球解説、日本プロ野球名球会理事、野球評論家、タレント
  • 家族構成:妻、子供4人

 

 

メジャーでも活躍した元プロ野球選手

佐々木主浩さんは、元プロ野球選手。得意とするフォークボールを巧みに操り「三者連続3球三振」や史上最速となる500奪三振など様々な記録を保有しています。

 

圧倒的な防御力を誇り、安定したピッチングから「ハマの大魔神」という愛称が付けられました。

 

横浜駅東口の地下街に佐々木主浩さんが、フォークボールの握りを再現したブロンズの銅像を神体とした神社が一時的に設置されたことも。

 

国民的なプロ野球選手として、2000年からメジャーリーグデビュー。マリナーズと契約を結び、デビュー戦において電光掲示板に「ようこそ大魔神」と表示されて、歓迎ムードでスタートしました。

 

2003年からは、怪我や故障に泣かされて2004年に契約終了。帰国後は、横浜ベイスターズに復帰したのですが、2005年に現役引退しました。

現役時代の年棒がすごい

現役時代に、日本プロスポーツ賞や、最多剥奪三振賞など輝かしい経歴を残した現役時代の年俸は、凄まじいものでした。

 

プロ野球選手になったばかりの年は600万円程でしたが、1996年から1億円を越えています。マリナーズ時代には、最高8億円を越える年俸に。

 

年俸総額はアメリカのメジャーリーガー時代だけで48億6030万円でした。横浜ベイスターズ自体の年俸と合算すると76億4千万円です。

 

ファンからは、年俸がスゴイと話題に上りました。

現在もパワプロで人気

野球ゲーム「パワプロ」として愛されている「実況パワフルプロ野球」で、現在も人気の選手であることが判明しています。

 

佐々木主浩さんの特殊能力は、「人気者」、「奪三振」、「キレ4」などが設定されています。現役時代の特徴が設定に活かされていますね。

佐々木主浩の現在(2020)はマルチに活躍中!

ここからは、佐々木主浩さんの2020年現在の様子について紹介します。

偉大なる功績を残して惜しまれつつ引退した後は、野球界への貢献はもちろん、野球以外の分野でも、馬主や自動車レースなどの新しいジャンルにも挑戦をしているようです。

現在は野球解説者として活躍

現役引退後は、TBSテレビや、TBSラジオ、ニッポン放送、日刊スポーツと契約を結び野球解説者及び、野球評論家として活躍中野球漬けの日々を送っています。

 

2020年はコロナ禍の影響を受けて、プロ野球の開幕が遅れるなど例年と異なる開催となりましたが、62日に放送されたTBSラジオの番組「伊集院光とらじおと」に生出演。

 

今季の優勝チーム予想のコーナーにおいては「優勝は、横浜DeNAベイスターズ」だと断言していましたが、セリーグ4位に終わっています。

馬主でもある佐々木主浩

引退した翌年の2006年からNARの馬主登録をしています。

 

複数の馬を所有し2012年に所有している馬「マジンプロスパー」が初めての1着を取り、2013年には、「ヴィルシーナ―」が初のGI競走制覇を果たしました。

 

2020年は、「ブラヴァス」が新潟記念で優勝。馬主としてもコンスタントに成果を出していますね。

スーパーGT参戦チームの総監督も務める

佐々木主浩さんは、自動車レースのカテゴリーの1つ「スーパーGT」、「スーパー耐久」に参戦しています。2017年にチーム「D'STATION Racing」の監督に就任。

 

カーレースは、現役時代から携わっていたのですが、監督に就任した際に「現役時代は、サーキットに足を運べなかったから、極力現場に足を運びたい」とコメントを発表しました。

球団の監督就任にも意欲を示す

佐々木主浩さんは、引退後から現在に至るまで、球団の監督業に就任した経歴はありません。

 

2020年10月24日に放送された「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」にゲスト出演し、今後の意向について語りました。

 

番組のアシスタントの垣花正さんから「どうしてベイスターズの監督にならないのですか?」と質問をされると、佐々木主浩さんは「オファーが来ないんですよ!来たらやります」と、やらないではなく、やれない現状について説明。

 

さらに「オファーが来たら、どこの球団でも引き受けます」と、監督就任の意向は、横浜ベイスターズ以外でも意欲的に考えているそう。

 

今後、プロ野球監督として、采配を振るう佐々木主浩さんの姿を見る日が来るかもしれません。

自宅に救急車が駆けつけるトラブル?

佐々木主浩さんは、東京都世田谷区に建てた豪邸で暮らしています

 

広い敷地で、ぐるりと塀で囲われており、白を基調としたスタイリッシュな建物。外観は、Googleアースで見ることができます。

 

閑静な住宅街ですが、2018年に救急車が駆けつけるトラブルが起きました

 

自宅のプールの設備であるタンクバブルが壊れてしまい、消毒剤として利用されている「次亜塩素酸」が庭に吹き出したのです。

 

自宅で寛いでいた佐々木主浩さんの息子と、義理の母親が次亜塩素酸を吸い込んだようです。体調不良を訴えた2人が、救急車で病院に搬送されたことで、近所では、ちょっとした騒ぎになったのだとか。

 

2人は、無事が確認されてすぐに帰宅し、後日捜査の手が入るものの、事件性無しとして判断されています。

佐々木主浩の妻は榎本加奈子!元妻は誰?

ここからは、佐々木主浩さんのプライベートについて見てみましょう。現在の妻は、女優の柄本加奈子さん。佐々木主浩さんは、過去に離婚した経歴の持ち主。

元妻の素姓や、離婚に至った原因について紹介します。

佐々木主浩の元妻は清水香織

元妻は、元アイドルの清水香織さん。1980年代後半から1990年代前半にかけて、アイドルとして活躍。

 

1991年に、佐々木主浩さんと結婚を発表しました。この段階で芸能界から引退しているようです。2人の子供に恵まれたものの、2005年3月に離婚しています。

榎本加奈子とは不倫からの再婚

榎本加奈子さんは、小学校6年生でスカウトされて芸能界に入ると、出演した連続ドラマ「家なき子」で意地悪なお嬢様の役を演じて注目を浴びる存在に。

 

その後女優として順調に仕事をしていましたが、2004年に佐々木主浩さんとの不倫報道大きな話題を攫いました。

 

単なる熱愛報道ではなく、榎本加奈子さんは、妊娠中であることも発覚。当時の佐々木主浩さんは、マリナーズを自由契約になり日本に帰国してベイスターズへの復帰が取り沙汰されたばかりでした。

 

榎本加奈子さんは、人気女優であったことも影響して、不倫愛は世間からのバッシングの洗礼を受けることになったのです。

 

2005年4月29日に、未婚の母の状態で男児を出産しましたが、翌月に佐々木主浩さんとの結婚を発表しました。

 

佐々木主浩さんにとって、この年は離婚と再婚、子供の誕生とかなり忙しい一年になったようですね。

再婚したことで子供は4人に

佐々木主浩さんと元妻の清水香織さんとの間には長男、長女が誕生しています。離婚した際に注目されたのは、子供の親権でしたが2人共佐々木主浩さんが親権を持つことを発表。

 

 

榎本加奈子さんは、2人の男児を出産しているため合計4人の子供の母親となりました。結婚と同時に芸能界から退き、専業主婦をしているようです。

榎本加奈子と娘が不仲?離婚の噂の真相とは

佐々木主浩さんは、榎本加奈子さんと結婚して15年が過ぎました。元妻との間に誕生した娘との確執や、離婚の噂が浮上しています。

2014年に佐々木主浩さんの娘による、榎本加奈子さんから受けた壮絶ないじめに対する告発が、大きな話題を呼びました。

娘と榎本加奈子に不仲説

佐々木主浩さんには、元妻との間に娘と息子が1人ずついます。再婚した時に2人を連れて再婚して、同居していました。

 

2014年に当時高校生だった娘が、「週刊文春」へ榎本加奈子さんから受けた仕打ちについて告発

 

発表された記事によると、中学生だった長女のお弁当のおかずが、お豆腐と醤油だけだったことや、大事にしている祖母が買ってくれた雛人形を捨てられるといった、いじめの実態があったそう。

 

さらに、榎本加奈子さんと関係性を改善するために話合いをしたいと話を持ち掛けると「あっち行ってシッシッ」と邪険に追い返されたり、「お金が無いなら風俗で働けば」と言葉の暴力もあったと綴っています。

 

週刊文春だけではなく、娘のブログにも佐々木主浩さんや榎本加奈子さんに向けて「小学生の頃に戻りたいとか一年前に戻りたいと聞くことがあるけど、私は受精卵からやり直したいよ」と辛らつな文書が書かれていました。

 

現在は、これらの記事が削除されているため、見ることができません。ブログが書かれた当時の娘の年齢は高校生だったので、多感で難しい年齢だったことで抑えることもできなかったのでしょう。

娘との不仲説を佐々木主浩が否定

週刊文春に寄稿した榎本加奈子さんから受けた壮絶ないじめの記事は、大きな話題に。この記事を受けて、佐々木主浩さんは、榎本加奈子さんが行ったとされる、仕打ちについて真っ向から否定しました。

 

お弁当の豆腐については、娘が「ダイエットしてるから豆腐にしてほしい」と、自ら希望していたものであるそう。

 

また、「風俗で働けば」という暴言については、娘が「風俗で働いてやる」と言ったので「そんなことしたら勘当する」と答えていたことなど記事と実態に差異があることを語っています。

 

今回の親子間の騒動について「すべて僕の責任です」と、榎本加奈子さんを庇う形になりました。

現在は榎本加奈子と離婚している?

佐々木主浩さんは、榎本加奈子さんとの離婚の噂が浮上している理由の1つに、週刊誌「日刊ゲンダイ」で、六本木のバーで女性との密会が報じられたのです。

 

しかし、不倫報道が起きても当の佐々木主浩さんは、堂々としているので「もしかしたら不倫は誤解かもしれない」という意見が出ています。

 

榎本加奈子さんのインスタを見る限りは、仲睦まじい様子が窺える画像が多数アップされています。

 

画像以外では、佐々木主浩さんが保有している馬が出走することの告知を行なうなど、馬主である夫を陰ながら支え続けているようです。

 

榎本加奈子さんは「行列のできる相談所」にVTR出演して、夫婦仲が円満であることを報告。現在も離婚する様子は見られません。

佐々木主浩は多忙な日々を妻に支えられている

佐々木主浩さんは、元プロ野球選手で「ハマの大魔神」という愛称でファンから親しまれてきました。メジャーリーグ時代を合わせた生涯年俸が76億円を越えるスーパースター。

 

2005年に現役を引退後は、野球解説者や野球評論家として日々多忙に過ごしています。その他に馬主や、スーパーGTで監督を務めるなど、活躍するジャンルは幅広いことが特徴。

 

オファーがあれば、球団の監督をしてみたいというコメントもあり、まだまだ第二の人生は先であるようです。

 

プライベートでは、元妻と離婚に後榎本加奈子さんと再婚。当時多感な年頃だった娘と榎本加奈子さんには、確執があったことが娘の告発により明るみになっています。

 

佐々木主浩さんは、榎本加奈子さんのいじめ説を真っ向から否定。結婚生活15年を過ぎた現在、離婚説も浮上していますが、今のところ夫婦仲は良好であるようです。

 

妻である榎本加奈子さんのサポートを受けて、どのような活躍をするのか、目が離せませんね。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ