記事ID144694のサムネイル画像

小山ひかるの現在(2019)は?宮迫博之との不倫疑惑が浮上していた?

2017年にお笑いコンビ、雨上がり決死隊の「宮迫博之」との不倫騒動で注目を集めたモデルの「小山ひかる」。不倫騒動後の現在の彼女は?歌手活動はまだしているの?ツイッターで謝罪、テレビ番組でも不倫を釈明していたが、不倫騒動の真相はいかに?

宮迫博之との不倫で一気に有名になった小山ひかる

宮迫博之さんとの不倫が報道されるまでは全く無名だった小山ひかるさん。小山ひかるさんの経歴や現在の活動、当時の不倫騒動について、また、週刊文春から見る不倫の真実はどうだったのかについて調べてみました。

小山ひかるの経歴

意外なことに小山ひかるさんは、かなり長い芸歴の持ち主なのです。

小山ひかるさんの経歴を簡単にまとめると

・「LOVE&PEACE」でアイドルとしてデビュー
・その後、HINOIチームのメンバーとなる
・HINOIチームでの活動終了後はモデル活動をおこなうかたわら、軍事関係番組でアシスタントをつとめる

となります。

小山ひかるのプロフィール

 

  • 本名(ふりがな): 小山ひかる(こやまひかる)
  • 所属事務所: IMS Entertainment
  • 生年月日: 1991年6月28日
  • 現在年齢: 28歳
  • 出身地: 京都府
  • 身長: 163cm
  • スリーサイズ: B78・W56・H81
  • 活動内容: モデル、歌手

 

 

「LOVE&PEACE」でデビュー

小山ひかるさんは、ダンスと歌を歌う3人組の音楽ユニット「LOVE&PEACE」で2002年にデビューしました。この時彼女はまだ11歳でした。

 

ただ、このグループは売れず、日の目を見ることがないまま活動を終了します。

 

その後、小山ひかるさんは小学生や中学生の女の子向けのファッション誌「ラズベリー」の専属モデルとなります。

HINOIチームの元メンバー

Hinoi Team - Ike Ike (versión para para)

小山ひかるさんは14歳になると、HINOIチームのメンバーとして、再びアイドル活動をはじめます。シングルをリリースするなど、歌手としてしばらく活動していました。

 

しかし、このグループも全く売れず、2008年にHINOIチームは芸能界からいつの間にか姿を消してしまいます。

 

ちなみに、小山ひかるさんは長洲小力さんのパラパラのバックダンサーとしても活動していたそうです。

モデルとして活動

2012年から小山ひかるさんは本格的にモデルとしての活動をはじめます。

 

2012年6月3日に関西コレクションの第1期生に選ばれ出場、続く2012年9月17日と2013年3月3日の関西コレクションにも出場をはたしています。

 

また、2014年7月12日の東京コレクションへはゲストモデルとして出演しています。

軍事関係番組でアシスタント

小山ひかるさんはモデルと同時にタレントとしても活動しており2016年にインターネットテレビの「能勢伸之の週刊安全保障」という番組で2年アシスタントをしていた経歴を持っています。

 

この番組は「週刊安全保障」というタイトル通り、日本や世界の安全保障について語る人気報道番組でした。

 

おじさま達が堅い雰囲気で討論するなか、ひときわ明るい小山ひかるさんの存在は、当時美人のモデルが軍事系の番組に出演していると話題を集めました。

 

また、他に小山ひかるさんは自衛隊の広報誌でモデルをつとめた経験もあるそうです。

 

 

小山ひかるの現在の活動

現在でも小山ひかるさんはインターネット番組「国際政治チャンネル」へ出演しており、軍事モデルとして知られています。

ファッションモデルとしての活動も続けているようですが、知名度は低くインスタファンは少ないようです。

モデルとして活動を続けている

不倫騒動で話題になった2017年当時は、雑誌「MAMOR」でモデルをつとめたり、舞台やCMへ出演していました。

 

しかし、2019年現在はテレビでも目立った仕事はなく、歌手としての活動も行っていません。

 

最近の活動は主にSNSで自撮りなどをアップしているようです。しかし、公式ブログの更新は2017年4月23日が最後とあまり進捗はみられません。

 

 

 

 

インスタファンは少ない

インスタグラムについては、ほぼ毎日更新しており、頻繁にプライベートでのファッションコーデなどをアップしています。

 

ただ、小山ひかるさんは元々無名なモデルなため、インスタのフォロワー数は5768人にとどまっておりファンは少ないようです。

 

ツィッターの更新は月に1回程度、出演番組の告知などをツィ―トしています。でも、やはり、フォロワー数は4280人程度と少ないままです。

 

不倫騒動は売名行為だったのではないかと言われるほど、現在の小山ひかるさんは、あまり注目を浴びていない状態です。

不倫騒動について

宮迫博之さんと小山ひかるさんは都内の高級ホテルでお泊りしていたところを、週刊誌にスクープされました。

宮迫博之とホテルで密会?

2017年7月14日に宮迫博之さんと小山ひかるさんがホテルで密会していたとのスクープが報じられました。

 

宮迫博之さんは小山ひかるさんと時間をずらしてホテルに到着、その後10時間一緒に過ごしていたというものです。

 

小山ひかるさんは、初めは「ホテルに行っていない」と否定していたものの、フライデーでホテルに入るところの写真が出てしまっており、話題となりました。

ツイッターで騒動謝罪も炎上!

彼女はツイッターで不倫騒動について、「今回の騒動に関しまして、誤解を招くようなことがありご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

 

しかし、彼女のツイッターには批判が殺到しました。

 

その内容のほとんどは、宮迫博之さんに奥さんがいることを承知で、ホテルに行った小山ひかるさんを非難するコメントでした。

「サンデー・ジャポン」で釈明

宮迫博之の浮気相手の小山ひかる、現在になり爆弾発言wwwww【サンジャポ】

騒動後、小山ひかるさんは「サンデージャポン」の生放送に出演し、騒動を釈明しました。

 

放送では小山ひかるさんに他の出演者からダイレクトな質問が向けられましたが、彼女は終始不倫については完全に否定していました。

 

 

週刊文春から見る不倫の真実

「サンデージャポン」で太田光さんからの「肉体関係はあったのか」という質問に対して、「してない」、「一線超えてないです」、「服着てました」などと答えていた小山ひかるさん。真実はどうだったのでしょうか。

小山ひかるは本気だった?

週刊文春に小山ひかるさんが語った内容として、彼女は宮泊博之さんのことを「ゆっきー」と呼んでいたこと、彼が「ひかるが一番」と言ったことが報じられています。

 

しかし、小山ひかるさんは妻がいる宮迫博之さんとの恋愛関係に将来への不安を抱いていたようで、「27歳までに別れたい」と言っていました。そのことから相当深い関係の不倫であったことがわかります。

 

男性は遊び、でも女性は本気、という昔からよくある古典的な不倫恋愛パターンだったといえるのかもしれません。

 

宮迫の言い分

騒動後の番組では、宮迫博之さんは「魔がさしまくった」と魔がさしたことは認めましたが、一線は越えていないと不倫関係を否定しています。

 

また、小山ひかるさんもメディアに関係を認めることはありませんでした。

 

ただ、宮迫博之さんは週刊誌の記者から直撃された時、2人の間は潔白なのかという問いに対して、ホワイトではなくオフホワイトであり、完全な白ではないと答えていました。

世間の見方は?

ホテルには入ったが何もなかった、一線は超えてないと二人とも言っていますが、世間は何かはあっただろうと見ているようです。

 

小山ひかるさんは、ただホテルの部屋で二人で飲んでいただけだと釈明していましたが、10時間も男女が同じ部屋で一緒に過ごしていて何もないなんてありえない、というのが大方の世間の意見です。

 

さらに、2012年の宮迫博之さんのがん闘病を支えた奥さんを裏切った不倫行為に対し、奥さんが可哀想すぎるという意見も多くみられました。

 

 

 

赤西仁とも不倫?

ネットでは、小山ひかるさんは赤西仁さんとも不倫をしていたのではないかと言われています。

 

ただ、この噂に関してはツーショット写真など決定的な証拠がないため、ただのデマと見てよさそうです。

 

赤西仁さんは黒木メイサさんという美女と結婚していることから、小山ひかるさんでは相手不足なのではないかという見方もありました。

小山ひかるの現在は目立った活動はなく、宮迫博之との不倫は売名だったという噂がある

小山ひかるさんは現在モデルとして活動しているものの、メディアへの出演はほとんどない状態です。宮迫博之さんの不倫相手として知名度は上がったものの、それ以外では知られていません。

世間では、小山ひかるさんは実力がないので有名になるために、宮迫博之さんを利用したのではないかと言われています。

そんな世間の噂を払拭するためにも、今後はぜひ、小山ひかるさんが本業のモデル業やタレント業で活躍することを期待しています。

関連記事をチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ