記事ID144632のサムネイル画像

【速報】エレン・ペイジが結婚! 同性愛をカミングアウトした理由とは?

「JUNO/ジュノ」や「X-MEN」シリーズに出演していた女優のエレン・ペイジが2018年に結婚を発表しました。結婚相手は兼ねてより交際していたエマ・ポートナーです。エレン・ペイジの同性婚や、同性愛をカミングアウトした理由などを調査しました。

エレン・ペイジのプロフィール

  • 本名(フリガナ):Ellen Philpotts-Page(エレン・フィリポッツ・ペイジ)
  • 生年月日:1987年2月21日
  • 現在年齢:32歳
  • 出身地:カナダ・ノバスコシア州ハリファックス
  • 血液型:A型
  • 身長:155cm
  • 体重:48kg
  • 活動内容:女優
  • 家族構成:妻エマ・ポートナー

エレン・ペイジの生い立ち

エレン・ペイジさんは、カナダのノバスコシア州ハリファックスに生まれました。父親のデニスさんはグラフィックデザイナー、母親のマルタは教師だったそうです。幼い頃は木登りやアクションフィギュア、サッカーなどで遊ぶことが多く、かなり活動的だったといわれています。

 

ハリファックス・グラマー・スクールには、10学年まで在籍していたそうです。その後、シャンバラ・スクールを2005年に卒業しました。

女優としての経歴

エレン・ペイジさんの女優としての経歴は4歳の頃、学校の舞台に出演したことに始まります。オンタリオ州トロントにあるヴォーン・ロード・アカデミーのインターアクト・プログラムに2年間参加していました。

 

ヴォーン・ロード・アカデミー時代に、「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」に出演したマーク・レンドールさんと友人になっています。1997年に放送された「Pit Pony」に出演し10歳でカメラデビューを果たしました。

 

「ハードキャンディ」や「JUNO/ジュノ」などの作品で話題になり、数多くの作品に出演しています。その演技力は世界的に高い評価を受けています。

小柄なエレン・ペイジはヴィーガン

エレン・ペイジさんは、身長155cmで体重48kgと小柄で可愛い女優として知られています。また、エレン・ペイジさんは完全な菜食主義者のヴィーガンとしても有名です。

 

ヴィーガンはベジタリアンに似ていますが、菜食主義だけでなく動物性の素材を一切使用しません。エレン・ペイジさんは環境問題にも熱心な活動家として知られています。

 

動物擁護運動を続ける団体「PETA」は、毎年「最もセクシーなベジタリアン・セレブ」を選出しています。エレン・ペイジさんは、2014年に最もセクシーなベジタリアン・セレブに選ばれました。

エレン・ペイジが結婚発表!

エレン・ペイジさんは同性愛者であることをカミングアウトしていますが、結婚したことを発表して話題になりました。エレン・ペイジさんの結婚相手や交際期間などの情報をまとめてみました。

2018年1月に同性婚を発表!

エレン・ペイジさんは、恋人との交際をオープンにしていましたが、2018年の1月3日に同性婚を発表して話題になりました。結婚報告はエレン・ペイジさんのインスタグラムで行われ、日本語の記事はネットでも掲載されています。

 

インスタグラムには、結婚指輪をつけた写真がアップされました。エレン・ペイジさんのインスタグラムには、結婚に対する喜びのコメントも発表されました。結婚相手のエマ・ポートナーさんも自身のインスタグラムに、喜びのコメントを記載しています。

エマ・ポートナーとは?

エレン・ペイジさんと結婚したエマ・ポートナーさんは、どんな女性なのでしょうか?エマ・ポートナーさんは振付師やダンサーとしてニューヨークで活動しており、ブロードウェイ・ダンス・センターではダンスの指導もしています。

 

エマ・ポートナーさんは、ジャスティン・ビーバーさんが2015年に発表した「ライフ・イズ・ワース・リヴィング」のMVに出演していました。ワールドルアー「パーパス」でも、ジャスティン・ビーバーと一緒に仕事をしていました。

交際歴は約半年

エレン・ペイジさんは同性愛をカミングアウトしてから、恋人との交際をオープンにしていることでも知られています。元々は、アーティストのサマンサ・トーマスと交際していましたが、別れてしまったようです。

 

2017年の7月にエマ・ポートナーさんと付き合っていると報道され、9月にはロサンゼルスで行われたイベントで2人一緒に登場していました。

カフェで2人が仲良く過ごしている写真が撮影されるなど、2人が交際していたことはよく知られていたのです。交際期間半年で、2018年1月に結婚しました。

結婚1周年にはキス写真を公開!

2018年の1月に結婚したエレン・ペイジさんとエマ・ポートナーさんは、結婚後も仲睦まじい様子を見せています。エレン・ペイジさんが出演した映画のイベントでは、ブラックの服を着た2人が寄り添って登場しました。

 

2人は幸せそうな雰囲気で、キスをするシーンもカメラマンに撮影されています。結婚から1周年でインスタグラムにキス写真を投稿し、2人の結婚に協力してくれた人に感謝のコメントを寄せたこともあります。

 

これに対して、ファンからも2人の中を祝福するコメントが寄せられています。結婚後も、2人はラブラブなようです。

同性愛をカミングアウトした理由は?

エレン・ペイジさんは、同性愛者であることを隠していましたが、2014年に突然カミングアウトしました。カミングアウトしたのはある映画がきっかけでした。エレン・ペイジさんが同性愛者をカミングアウトした経緯、きっかけとなった映画についてご紹介します。

2014年に同性愛をカミングアウト

2014年2月14日、全米最大のLGBT人権団体がラスベガスでカンファレンス「Time to Thrive」を開催しました。エレン・ペイジさんはこのカンファレンスの壇上に登場し、自分が同性愛者であることをカミングアウトしました。

 

エレン・ペイジさんは、女優として活動するには隠すしかないと考えていたそうです。しかし、隠すのに疲れたことやカミングアウトしたきっかけについて説明しています。

 

 

カミングアウトのきっかけは映画「フリーヘルド」

エレン・ペイジさんが同性愛をカミングアウトしたきっかけは、「フリーヘルド」という映画です。フリーヘルドは、同性愛の事実婚に関する実話を扱ったドキュメンタリー映画でした。

 

このフリーヘルトの物語が改めて劇映画化されることになり、エレン・ペイジさんは出演を強く願っていました。レズビアンの女性役で出演が決定したエレン・ペイジさんは、カミングアウトするが当たり前だと考えるようになったのです。

映画「フリーヘルド」の内容は?

映画「フリーヘルド」は、2007年に公開された短編のドキュメンタリー映画です。オーシャン郡の刑事ローレル・へスターさんは、末期癌が発覚し余命を宣告されます。ローレルさんは、同性のパートナーのステイシー・アンドリーさんに遺族年金を残そうとします。

 

しかし、当時の制度では同性のパートナーに遺族年金を残すことは認められていませんでした。ローレルさんは法を改正しようと訴えを起こすことになり、その様子を描いたのがフリーヘルドです。フリーヘルドは、2015年に「ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気」の名前で劇映画化されました。

 

ローレル役をジュリアン・ムーアさんが、ステイシー役をエレン・ペイジさんが演じることになりました。ジュリアン・ムーアさんの相手役で出演できることをエレン・ペイジさんは、とても喜んでいたそうです。

カミングアウト前の苦悩とは?

現在は、同性愛者であることをオープンにしているエレン・ペイジさんですが、カミングアウトする前にはかなり悩んでいたことが分かっています。エレン・ペイジさんが、同性愛をカミングアウトする前の苦悩についてまとめました。

映画「X-MEN」監督に同性愛をバラされた?

エレン・ペイジさんは同性愛をカミングアウトした後に、フェイスブックで映画「X-MEN」のブレット・ラトナー監督に同性愛をバラされたことがあったと投稿しています。

 

ラトナー監督が同性愛をバラしたのは、キャストの顔合わせの時だったそうです。当時、18歳だったエレン・ペイジさんは、このことでかなり辛い思いをしたと語っています。

罪悪感を持っていた?

以前のエレン・ペイジさんは同性愛をカミングアウトしたら、女優でいられなくなると考えていました。交際相手のことを隠したり、友人だと言ってごまかすとが多かったそうです。

 

交際相手にも辛い思いをさせたことなどで、みじめな思いや罪悪感を感じていたと語っています。しかし、20代半ばになると余裕ができ、ある程度オープンになっていたそうです。

カミングアウト後の現在は?

同性愛をカミングアウトしたエレン・ペイジさんはポジティブになり、映画でも私生活でも以前よりも積極的に活動しています。結婚後の様子を見ても、自信を持って自分の姿を見せられるようになったようです。

 

俳優のクリス・プラットさんが信仰しているゾーイ教会が、同性愛の問題に批判的なことを非難するなどマイノリティーの問題に対して発言することも増えています。

エレン・ペイジの出演作を紹介!

エレン・ペイジさんは女優として長いキャリアを持ち、非常に多くの作品に出演しています。エレン・ペイジさんの出演作の一部をご紹介します。

「ハードキャンディ」

「ハードキャンディ」は、エレン・ペイジさんの代表作の1つです。女子高生がオヤジ狩りをしたという日本のニュースをヒントに作られた映画で、赤ずきんもモチーフになっています。

 

主人公「ジェフ・コールヴァー」が、出会い系サイトで知り合った14歳の少女「ヘイリー・スターク」に監禁されるストーリーです。ヘイリーに強く惹かれたエレン・ペイジさんは、自分でビデオを作ってオーディションに臨んだそうです。

 

低予算で撮影期間も18日という映画でしたが、エレン・ペイジさんは少女の複雑な感情の変化を演じきりました。その演技は、世界的に高い評価を受けています。

「X-MEN」シリーズ

エレン・ペイジさんは、「X-MEN」シリーズにも出演しています。「X-MEN」シリーズは、ミュータントと呼ばれるマーベル・コミックのスーパーヒーローチームの活躍を描いた映画です。

 

エレン・ペイジさんは、3作目の「X-MEN:ファイナルディシジョン」、7作目の「X-MEN:フューチャー&パスト」に出演しています。エレン・ペイジさんは、シャドウ・キャットのコードネームを持つキティ・プライドを演じました。

 

キティの特殊能力は、物体をすり抜けるというものでした。フューチャー&パストでは、非常に重要な役割を担っています。

「JUNO/ジュノ」

エレン・ペイジさんは2007年の映画「JUNO/ジュノ」で演技を絶賛され、その評価を不動のものにしました。ジュノは、妊娠してしまった16歳の女の子の成長を描いた物語です。

 

エレン・ペイジさんは、主役のジュノを演じました。意図せずに妊娠してしまった10代の少女の9ヶ月間の成長を描いた物語で、ユーモアのあるハートフルコメディーになっています。

 

元々は、7館のみという小規模な上映の映画でしたが、最終的に2400館で公開されるほど話題の映画になりました。エレン・ペイジさんは20を超える賞にノミネートされ、最終的に11の賞を獲得しました。

エレン・ペイジの結婚後の活躍に注目

エレン・ペイジさんは2018年に結婚し、エマ・ポートナーさんと幸せそうな姿が報道されています。出演作が少なくなりましたが、2019年には、Netflixオリジナル作品として最新作の「アンブレラ・アカデミー」も公開されました。

 

エレン・ペイジさんが今後、どんな作品に出演するのか注目です。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事