記事ID144436のサムネイル画像

岡田有希子はなぜ自殺した?遺書が盗難!?マネージャーが現場を目撃していた?

80年代のアイドル「岡田有希子」。人気絶頂期に18歳の若さで自殺という形でこの世を去りました。事務所のビルの屋上から投身自殺。彼女はなぜ自殺をしたのでしょうか。原因は噂されていた俳優、故・峯岸徹?見つかった遺書は盗難の噂は本当なのでしょうか?真実に迫ります。

なぜ岡田有希子は命を絶ったのか

今から33年ほど前に、一人のアイドル歌手が自らの手で命を絶ちます。岡田有希子は人気絶頂の時期に、なぜ自ら命を絶ったのでしょうか。今でもその理由は明らかになっていません。

岡田有希子の死亡が報道されると、多くのファンが自らの命を絶つ行動が起きました。その行動を「ユッコ・シンドローム」と名付けられたのです。今回はそんなユッコ・シンドロームを起こした岡田有希子の死因について徹底解剖したいと思います。

岡田有希子について

その時代のアイドルと言えば、松田聖子が圧倒的な人気を博していました。そのポスト松田聖子として期待されていたのが、岡田有希子でした。

岡有希子が亡くなって、33年。彼女が命を落とした現場には、今でもファンが花を手向けているのです。そのファンの中には、海外からきたファンの人もいるのです。

岡田有希子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):佐藤 佳代(さとう かよ/ユッコ
  • 所属事務所:サンミュージック
  • 生年月日:1967年8月22日
  • 現在年齢:没年齢 18歳
  • 出身地:愛知県一宮市
  • 血液型:0型
  • 身長:155cm
  • 体重:44kg
  • 活動内容:歌手・タレント
  • 所属グループ:なし
  • 家族構成:母・姉

 

 

小学校時代

岡田有希子は、未熟児として誕生しました。幼い頃はお転婆だったのですが、運動神経はそれほどでもなかったようです。小学校になると、描くことに憧れを感じるのです。小学校4年生になると、水彩画を習い始めます。

絵の才能はあったようで、熱田神宮の大会で宮司賞を受賞するのです。その他にも、合唱団でも活躍をしていました。

中学校時代

中学校時代も、岡田有希子は絵の性能を開花させています。それと並行して演劇にも興味を持つようになるのです。小学校の時に演じた音楽劇が、芸能界への興味を持つようになったのです。

中学生では数々のオーディションに応募し、「中学生日記」にエキストラとして出演したのです。「ニコン フレッシュギャルコンテスト」では準グランプリを受賞、その後は写真モデルもしています。

高校1年でデビュー

高校1年の時には、中学校の時に出場した「スター誕生」の決勝大会の合格が届きます。これを機に、芸能事務所のサンミュージックと研音に所属するのですキャニオンレコードと契約をするのです。

高校も芸能人がよく通っている、堀越学園に決まりサッカー部のマネージャーとして部活動を始めます。芸名も岡田有希子と決まり、本格的な歌手デビューとしての活動を始めるのです。

竹内まりあ提供曲「ファーストデイト」でスターの座へ!

アイドル歌手としての、トレーニングを積んでいた岡田有希子。ついに歌手デビューをする日がやってきます。1984年4月21日に、竹内マリア作詞・作曲の「ファースト・デイト」でメジャーデビューを果たしたのです。

デビューー曲はCMソングとしても使用され、その後は竹内マリアの楽曲を歌い80年代のアイドルスタートしてスターの座へ上り詰めたのです。

岡田有希子が自殺

ポスト松田聖子として、芸能界へとデビューした岡田有希子。デビュー曲の「ファースト・デイト」でスターの座へと駆け上がりました。しかし岡田有希子は、自らの手で命を絶ったのです。

なぜ岡田有希子は自らの手で、命を絶ったのでしょうか。そしてその原因は一体何だったのでしょうか。

18歳で急死

1986年4月4日、岡田有希子は全国コンサートをスタートさせます。しかしスタートした3日後に、ガス自殺未遂を起こすのです。近所の住民からの通報で、岡田有希子は北青山病院で治療を受け事務所へ帰ったのです。

事務所に連れて帰ったサンミュージュックの専務福田時夫は、しばらく岡田有希子と一緒に居ました。しかし故相沢秀禎会長と電話で話すために、部屋を出て行ったのです。その一瞬の隙に、岡田有希子は会社のあるビルの屋上から、身を投げたのです。

マネージャーは彼女の自殺を目撃?

岡田有希子が死の直前を見たのは、マネージャーとも言われています。ガス自殺の一方を受けたマネージャーは、北青山病院に向かったのです。しかし一歩違いで、岡田有希子は事務所に帰ったあとだったのです。

事務所へ向かうタクシーが信号待ちをしているとき、事務所のあるビルの屋上から飛びおるのを目撃したのです。あれは有希子ではないと思いながら屋上へ行くと、屋上には綺麗にスリッパが揃えられていました。

この事は、当時チーフマネージャーだった溝口伸郎が語っているのです。岡田有希子と一緒に居たのは、岡田専務とサブマネージャーだったようです。

なぜ?彼女を追い込めた原因とは?

それではなぜ岡田有希子を死に追いやったのでしょうか。事務所の専務である福田時雄は「有希子が何を悩んでいたのか分からないけど、とにかく気持ちの起伏の激しい子だった」と話しています。

1度目の自殺未遂は、当時噂になっていたある男性俳優への一途の思いだったと言われています。そして、皆に迷惑を掛けるほどの事をしたという、自責の念が2度目の行為に至ったではないかと専務は話しています。

死因

岡田有希子は、事務所のあるビルの屋上から投身自殺しました。コンクリートの地面に叩きつけられたため、全身打撲で即死しだったと言われています。全国コンサートがスタートしたのが、4月4日で、4日後の4月8日が命日となったのです。

その4日間の間に、岡田有希子の身に何が起こったのかは知るよしもありません。しかし確かなことは、全身打撲によって岡田有希子の命が尽きたと言うことなのです。

故・峰岸徹に振られた

岡田有希子が自ら命を絶った原因に、俳優の故峰岸徹との恋愛のもつれだという噂があります。「禁じられたマリコ」で共演したのをきっかけで、峰岸徹への思いが高まったと言うのです。

実際に恋愛関係にあったかは、峰岸徹も亡くなっているので定かではありません。峰岸徹は恋愛関係を否定しているのです。岡田有希子の思いが峰岸徹に伝わらないことを、振られたと思ったのかもしれませんね。

遺書があった

アイドル歌手として活躍していた岡田有希子。その死因に対して、様々な噂があがりました。有名俳優に対しての失恋が原因ではないかというのです。

岡田有希子は、亡くなる前に遺書を残していなかったのでしょうか。一部では遺書があったと言われているのです。ここからは、その遺書に絞って見てみましょう。

遺書の内容

岡田有希子は、遺書を残していたという話があります。その遺書の内容は、「俳優の峰岸徹さんに振られた…憧れていたのに…」このような内容の遺書だったようです。峰岸徹の名前があることから、恋愛関係のもつれによる自殺と思われたのです。

ちょうど峰岸徹も、離婚をした時期と重なっておりそのような報道になったのでしょう。その事に対して、岡田有希子の母親は「峰岸さんに迷惑を掛けて申し訳ないです」と語っています。

遺書盗難は本当?

岡田有希子は遺書を残していたようです。その遺書には、故峰岸徹の名前が書かれてあったのです。しかしその遺書が盗まれたという噂があるのです。当時サンミュージックの専務福田時雄は「遺書を見たのは相沢社長とマネージャーの二人で、その遺書は家族に渡しています。」と話しています。

その遺書を見た二人ももう亡くなっているので、遺書を見た人は居ないと言うことです。それではどうして、遺書が盗難に遭ったという噂になったのでしょう。

外国人が盗んだ?

遺書が盗難に遭ったという噂には、次のようなことが考えられるのです。岡田有希子が亡くなって30年後に、ある事件が起こります。それは岡田有希子の資料が全て、無くなったというのです。

岡田有希子のファンは、海外にもたくさん居ます。それは熱烈な外国人ファンが、サンミュージックに入社したのです。その外国人社員が、岡田有希子の資料を持ち出し退職していたのです。

会社側は、「岡田有希子を愛するが故の行動」と言うことで問題にはしていません。その資料の中に、ひょっとしたら遺書が含まれているのかもしれませんね。

岡田有希子さんの関連記事はこちらから

岡田有希子の家族

岡田有希子の両親は、一体どんな両親だったのでしょうか。噂によると、離婚をしているのではないかと言われているようです。

ここからは、岡田有希子の家族について見ていきたいと思います思います。

母と父は離婚

岡田有希子の両親は、もともと仲が悪かったと言うことのようです。岡田有希子は、両親の間に離婚話が出ているとき自殺未遂をしています。離婚することに反対の、意思表示だったようです。

前々から岡田有希子が20歳になる頃に、離婚すると約束していたのです。その約束通りに、20歳になる年に両親は離婚をしているのです。母親はもともと身体も弱く、入退院を繰り返していました。

娘を失ったショックからか母親は、病気が悪化し亡くなっています。

実家は喫茶店の目の前?

岡田有希子の実家は、愛知県の名古屋市にあるようです。名古屋市熱田区には、名古屋電照るの金山駅があります。その金山駅のそばに、岡田有希子の実家があると言われているのです。

実家の前には喫茶店があり、実家のあった場所は今は大きな駐車場に変わっていると言われています。

岡田有希子の死後

ポスト松田聖子として、芸能界で活躍していた岡田有希子。その突然の死には、大勢のファンが失望しました。中にはその死を悼んで、自分も命を絶つという若者が出てきたのです。

これからは、岡田有希子の死によって起こった現象「ユッコ・シンドローム」について考えたいと思います。

ユッコ・シンドローム

岡田有希子の死は、衝撃を持ってテレビなどで報道されました。一部の報道では、「連鎖反応」が起きるのを恐れて、自殺の報道を控えた放送局もあったのです。しかし多くの奉唱局は、生々しい現場や遺体を放送したのです。

その報道によって、多くの人たちがショックを受けたようです。そのショックが「ユッコ・シンドローム」となり、自らの命を絶つ若者が出てきたのです。

その後には歌番組などで、岡田有希子の霊が映り込んでいたという話も出てくるのです。

ファンは彼女を忘れていない

岡田有希子が亡くなって、すでに30数年の年月がたっています。東海ラジオでは、岡田有希子だけを扱う番組が放送されています。岡田有希子の誕生日には、ファンの集いを開催しているのです。

その参加者が昨年は、例年の5倍近い1000名もの参加希望があったと言われています。そして零和になった今年も、現場となった事務所前には花束が供えられているのです。

命日にはお墓に花

岡田有希子の墓は、愛知県にああるのです。その墓には、命日になると事務所の前に置かれている花束を供えているのです。そして、墓前には毎日花も供えられていると言います。

活動した期間は、僅か年ほどだった岡田有希子。その活動は今でも色あせることなく、ファン達の間に生き続けているのです。

岡田有希子の性格って

彗星のごとく散っていった岡田有希子。僅かな活動期間でも、私たちの心の中に確かな記憶を残しています。そんな岡田有希子の性格は、一体どのような性格だったのでしょうか。

これから岡田有希子の性格について、見ていきたいと思います。

頑張り屋だった

岡田有希子が芸能界に入る前に、厳しい条件を突きつけられています。その条件は、学校のテストで1位を取る。中部統一試験で校内で5番以内になる、第一志望の光陽高校に合格する。この3つが芸能界入りの条件でした。

岡田有希子はこの3つの条件をクリアして、芸能界に入ったのです。それほど頑張り屋の一面を持っていました。

寂しがり屋の一面も

親に叱られると、すぐ押し入れに隠れてしまう一面もあったようです。叱られると隠れたくなるのは、当たり前だと思われます。しかし芸能界でのトラブルなどから逃げるために、峰岸徹に対するプラトニックな気持ちが現れたのかもしれません。

芸能界に入っても、何かにつけて名古屋に帰りたいと言っていたのです。芸能界とのギャップに、悩んでいたのかもしれません。そんな寂しがり屋の一面もあったようです。

岡田有希子は永遠に!

芸能界での活動期間は、僅か2年足らずだった岡田有希子。しかしその存在は、今でもファン達の間で、語り継がれているのです。その死因についての真実は、未だに分かっていません。

それでも岡田有希子の存在は、悲劇のアイドルとしてファン達の間で生き続けていくのでしょう。私たちも、岡田有希子の命日には静かに手を合わせたいと思います。

関連記事をチェック!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ