記事ID144323のサムネイル画像

    桑田真澄の息子matt(マット)は整形しすぎ!整形前の画像とは?

    元野球選手の桑田真澄の息子、Matt(マット)。その芸名やハーフのような顔立ちから、誰?と話題になりましたが、最近は整形しすぎて識別不能とまで言われるようになってしまいました。マネキンのような顔を公表しても、本人は整形を否定していますが、真相はいかに?

    桑田真澄の息子matt(マット)は整形してる!?依存体質に迫る!

    元プロ野球選手で巨人軍の歴史に大きく名を残した桑田真澄さんには、息子がいます。桑田真澄さんの息子は、現在ブライダルモデルやタレントとして活躍されているMatt(マット)さんです。

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、父である桑田真澄さんとは全く似ておらず、外国人のような顔立ちです。また、Mattさんの顔が徐々に変化しているように感じ、多くの人が美容依存や整形依存ではないかと感じています。

    ここでは、桑田真澄さんの息子であるMattさんの生い立ちから、Mattさんに噂されている依存体質について、調査してみました。

    桑田真澄の息子・Matt(マット)について

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、現在インスタグラムに投稿されている自撮りが、まるで人形のようだと世間から注目されています。桑田真澄さんの息子であるMattさんはどんな人物なのか、調べてみました。

    • 本名(ふりがな/愛称):桑田将司(くわたまさし/matt)
    • 所属事務所:有限会社Life is Art
    • 生年月日:1994/7/18
    • 現在の年齢:25歳
    • 出身地:東京都世田谷区
    • 血液型:A型
    • 身長:181cm
    • 体重:64kg
    • 活動内容:ブライダルモデル・タレント・音楽家
    • 家族構成:父(元プロ野球選手)・母・兄(元プロ野球独立リーグ選手)

    父親・桑田真澄は有名な野球選手

    Mattさんのお父さんは、有名な元プロ野球選手の桑田真澄さんです。桑田真澄さんは、現在でも野球解説や野球の指導者など、野球に関わる仕事で活躍されていますので、現役時代を知らない人でも、桑田真澄さんのことはご存知だと思います。たまに、息子のMattさんともメディア共演されています。

    桑田真澄さんは、とてもすごい経歴をお持ちのプロ野球選手でした。出身高校は、甲子園の常連校であるPL学園のご出身です。当時のPL学園には、桑田真澄さんと清原和博さんが在籍しており、KKコンビと呼ばれ甲子園を大いに盛り上げました。

    桑田真澄さんは、高校卒業後にプロ野球ドラフト会議で読売巨人軍から1位指名を受けて入団しました。このドラフト会議も『KKドラフト事件』と呼ばれ世間の注目を集めたのです。プロ野球人生を読売巨人軍に捧げてきた桑田真澄さんは、読売巨人軍の功績に多大なる貢献を残したレジェンドなのです。

    ハーフじゃない!純日本人

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、日本人離れした顔立ちからハーフとの噂も出回っています。しかし、Mattさんは純日本人です。

    桑田真澄さんは、平成3年12月に真紀さんという一般女性と結婚されました。真紀さんは、もともとキャビンアテンダントをされており、2人の出会いは飛行機に乗っていた桑田真澄さんに真紀さんが連絡先を渡したことがきっかけだったとの噂もあります。

    真紀さんは、とてもスタイルが良く美しい女性です。しかし、真紀さんも純日本人ですので、Mattさんがハーフとの噂はガセネタになります。ただし、Mattさんのスタイルの良さや綺麗な顔立ちは、母親譲りなのかもしれません。

    音楽好きでプロのミュージシャンを目指す

    桑田真澄さんの息子であるMattさんも、小学生の頃まで野球を経験しています。しかし、Mattさんが当時7歳だった頃、桑田真澄さんが肘を痛めて療養していた時期がありました。その時に、桑田真澄さんがピアノを弾くことでリハビリを行っていたのです。

    桑田真澄さんのピアノを弾く姿を見て、Mattさんは音楽に興味を抱くようになりました。小学生からピアノやバイオリンを習い始め、中学校・高校では吹奏楽部に入部しました。ピアノやバイオリンに加えてフルート・サックス・ドラムなど、多くの楽器が演奏できるようになったのです。

    野球は中学校入学を機に止めています。しかし、音楽への熱意はとても強いものでした。音楽関係の仕事に就くために、大学は「桜美林大学・芸術音楽群音楽専修」へ進学されました。大学時代には、作曲の勉強も行うなど音楽の知識をさらに深められたようです。

    桑田真澄さんの息子はなぜMatt(マット)と呼ばれるの?愛称の由来は?

    ところで、桑田真澄さんの息子であるMattさんは、なぜ「マット」と呼ばれているのでしょうか?Mattを訳すと「つや消し・光沢がない」などの意味があり、美容にこだわりの強いMattさんなら避けたい名前だと思われます。

    なぜ、桑田真澄さんの息子であるMattさんは、本名の「桑田将司」ではなく「Matt」として活動しているのか、Mattの誕生秘話をご紹介します。

    Mattに隠された深い意味

    桑田真澄さんの息子のMattさんは生まれた時、呼吸が上手くできずに保育器に入っていたそうです。恐らく、産声を上げられなかったのでしょう。居ても立っても居られなかった父親である桑田真澄さんは、お坊さんを呼んで教えを乞いました。

    お坊さんによると、Mattさんは父親である桑田真澄さんの「嫌なところ」を背負って生まれていると言われたそうです。確かに、子供が産まれると親が今まで患っていた病気や怪我が治り、子供がそれを受け継いでしまうという言い伝えがあります。

    Mattさんは、父親である桑田真澄さんの「負」の部分を背負う運命だったのでしょう。桑田真澄さんは、本来Mattさんを「真登(まさと)」と名付けるつもりでした。「真澄」と「真登」はかなり近しい形の漢字になります。

    桑田真澄さんは、自分の名前に近い「真登」という名前が良くないと考え、名前を変えることにしました。この時に、家族のイニシャルが全員「M・K」だった為、「M・K」になる他の名前を考え、「将司」と名付けたそうです。

    桑田真澄さんが息子の名前を「真登」から「将司」に変えてから2時間後に、保育器の中にいたMattさんの呼吸が安定するようになり、元気に育ったといわれています。

    Mattは自分で広めた

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、自分に名付けられるはずだった名前の「真登」を生かす為に、自己紹介をする時には必ず名前の由来を語るそうです。メディアデビューした際にも、このエピソードを語られていました。

    プライベートでも、大学時代から「マット」と呼ばれていることが明らかになっています。父・桑田真澄さんの大きな愛を感じる「真登」の名前を忘れないようにと、「マット」という愛称を自身で広めていったそうです。

    Mattは芸名へ変化

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、大学生になった頃からYouTubeに自分で創作した曲を投稿するようになりました。この時点で既に『Matt』と名乗っていることが分かっています。

    大学時代にはブライダルモデルとしてデビューし、『Matt』が愛称から芸名に変化したのです。

    大学入学後にメイクに目覚める

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、大学生になった時に美容に関心を抱き始め、インターネットやYouTubeなどでメイクの勉強をしていたそうです。

    Mattさんが大学に入学して間もなく、ブライダルモデルとしてデビューしました。デビューのきっかけは、明らかになっていません。しかし、モデルを始めてから、さらに美に対するこだわりが強くなりました。

    ブライダルモデルは、相手役の女性モデルがハーフや外国人の場合が多い為、相手役の女性モデルと並んだ時に、違和感がないようにとしようと、外国人メイクの勉強を始めました。モデルとしてのプロ意識に、もともとの興味や関心が合わさり美容への執着が強くなっていったのです。

    Mstt(マット)は整形してる?

    桑田真澄の息子であるMattさんには、常に整形の噂が付きまとっています。桑田真澄さんの息子であるMattさんの大学時代の画像がインターネット上に存在しています。その画像は現在の姿と、あまりにも異なることから整形の噂が強まったようです。

    ここでは、大学時代のMattさんと現在のMattさんを比較して変化した箇所や整形疑惑を払拭するMattさんの言動を、まとめてみました。

    顔が変わる前はどんな感じ?

    桑田真澄さんの息子であるMattさんの大学時代の画像がありました。現在とは全く異なり、黒く焼けた肌がとても似合っています。大学生の頃は、純朴な少年といったような印象で、現在よりもふっくらとした顔立ちです。

    Mattさんは、もともと目と眉の間が狭いことや、日本人にしては鼻が比較的大きめの印象はあります。Mattさんの大学時代の画像を見ると、彫が深い顔立ちを確認できます。

    認識不明!まるでマネキン?

    桑田真澄さんの息子であるMattさんが、インスタグラムなどに投稿している写真を見ると、人間ではないような顔立ちになっています。その顔は、もはやマネキンのようだと注目されています。

    大学時代と画像を比べてみましたが、目・鼻・額・輪郭が変化したように見えます。目は、はっきりとした二重になっており、鼻は筋が通って高くなっています。額は出っ張っているように見え、輪郭がシャープになり顎のとがりが目立ちます。

    もしも、画像の中にいるMattさんと実際に遭遇したら、怖さを感じてしまうのではと思うほど人間離れした顔立ちになっています。一般の人間では考えられない、マネキンのような顔立ちになっています。

    すっぴん画像公開!

    桑田真澄さんの息子であるMattさんが、インスタグラムですっぴんを公開したことでも話題になりました。すっぴんの画像をみても、大学時代の面影はみられません。メイクで誤魔化していない分、鼻や骨格は整形していると疑う人もいます。

    また、インスタグラムですっぴんを公開した際のハッシュタグが、メイクへのこだわりが強すぎると話題になりました。「僕は変化することが大好き」「メイクは魔法」などの言葉で語られており、メイクをすることで違う自分が生まれることを楽しんでいるようにも感じます。

    しかし、世の中の反応は、男性でメイクにこだわり過ぎているMattさんに理解できない人が多いようです。メイクにどれだけの思いと時間をかけて、努力しているかを伝える為のすっぴん画像だったのかもしれませんが、世間は引いてしまったようです。

    本人は整形を否定!

    桑田真澄さんの息子であるMattさんには、常に整形疑惑が付きまとっています。桑田真澄さんとの親子共演も度々見られていますが、お父さんには似ていないことも整形疑惑が生まれた要因のようです。

    しかし、過去のバラエティ番組に出演した際、整形疑惑を質問され、Mattさんはきっぱりと「整形はしていない。母親にそっくりなだけ。」と語られていました。Mattさんにとってメイクとは、自分の顔というキャンパスに絵を描いている感覚とのことです。

    現在では、ものまねメイクや整形メイクなど、多くのメイク技術が誕生しています。Mattさんが日々進化している理由には、さまざまなメイクを研究している証拠なのかもしれません。

    美容代は週に4万以上

    桑田真澄の息子であるMattさんの美への執着は、メイクだけではありません。美容点滴とイオンの注入、マツエクのメンテナンス、眉毛のメンテナンス、美容室で髪のカットとケアを、欠かさず週に一回行っているそうです。ちなみに、このメンテナンスパックは、1回4万5千円になるそうです。

    Mattさんが女性よりも女性らしいといわれる理由や、オネエ疑惑が出た理由がよく分かります。これだけ美に執着しているとお金も続かなそうですが、そこはレジェンド・桑田真澄の息子だけあり、全てクレジット会社が発行している家族カードでお支払いしているそうです。

    Matt(マット)は病気?

    桑田真澄さんの息子であるMattさんが、過去に自身で整形を否定している発言もありましたが、それでも人間離れした姿をインスタグラムに投稿し続けているのは、実は心の病を抱えているのではないかと心配する人達もいます。

    ここでは、桑田真澄さんの息子であるMattさんに心配されている心の病を、ご説明します。

    醜形恐怖症

    正しくは、身体醜形障害といわれている疾患になります。醜形恐怖症とは、自分の容姿を受け入れられない心の病です。誰しも身体的なコンプレックスを抱えていると思いますが、コンプレックスが思考を支配してしまい、他のことへ思考を切り替えることができず、日常生活に支障をきたします。

    例えば、鏡を永延と眺めては自分の気になる部分をチェックし続けたり、自分のイメージとは違う自分の姿を受け入れられず整形を繰り返す人もいます。

    形恐怖症の人が陥りやすいコンプレックスは、成長での身体的変化が多いようです。特に男性は、成長し男らしくなる容姿の変化が受け入れられず、醜形恐怖症に陥る人もいます。症状が酷い場合には、自分の容姿を他人に見られることを嫌がり、引きこもりとなるケースもあります。

    加工依存症

    加工依存症は、自撮りした写真を加工することで、加工した自分が本当の自分だと思ってしまう心の病になります。現在、SNSの普及に伴い、自撮り依存症が増加していることが問題視されていますが、自撮り依存症の中に加工依存症が存在すると考えられます。

    加工依存症は、自撮りで加工した自分が真の姿だと思い込み本当の姿が見えなくなってしまう特徴があります。自分を他人に認めてもらいたいとの願望の現れです。皆に称賛して欲しいと強く思っていることが、自撮り依存症や加工依存症を生む原因と考えられています。

    この自撮り依存症や加工依存症は、何時間もかけて自分の写真を撮り、加工を繰り返す行動です。思考が自撮りに支配されてしまい、他のことを考えることができなくなります。症状が進行すると、人間関係にも影響を及ぼし孤立してしまう危険性があるのです。

    整形依存症

    整形依存症は、醜形恐怖症の延長にあると考えられます。自分の容姿を受け入れられないことによって、整形を繰り返してしまう心の病です。

    この整形依存症の恐ろしいところは、終わりがないことです。これは、醜形恐怖症の特徴でもあり、「理想の容姿」のイメージがはっきりしていないことで、整形依存症を引き起こすといわれています。

    整形依存症は、整形しつづけても理想とする容姿になることができず、終いにはメスを入れないと安心しないようになる恐ろしい心の病なのです。

    Matt(マット)の現在の活動は?

    桑田真澄の息子であるMattさんは、テレビデビューを果たした後、多くのバラエティ番組に出演されていました。しかし、突然Mattさんをテレビで視る機会が減りました。引退や整形などの理由で、テレビ出演を控えているとの噂も広がりました。

    桑田真澄さんの息子であるMattさんがテレビから消えた真相や現在の活動について、ご紹介します。

    一時テレビから消えた理由

    Mattさんがテレビから消えた理由には、坂上忍さんの発言が大きく影響しているとの噂があります。坂上忍さんが司会を務める情報番組の中で、Mattさんを大きく批判したことが始まりです。

    坂上忍さんの発言は、Mattさんのメイク批判ではなく、Mattさん自身を批判する内容でした。それに加えて、桑田真澄さんの教育が理解できないとも語ったのです。これに、MattさんがSNSで反論するコメントを投稿しました。

    しかし、コメントは1時間後に削除されました。削除した理由は、父である桑田真澄さんから「同じ土俵に上がるな、相手にしてはいけない」と指導してもらった為と語っていました。

    桑田真澄さん自身も、高校時代からプロ野球選手時代に、多くの心無いバッシングを受けた経験をされています。これまでの経験を活かして、きちんと我が子に正しい道を諭すことができる素敵な父親であり、素晴らしい親子関係だと感じました。

    また、桑田真澄さんもMattさんのテレビ出演に関して、「あまりテレビに出過ぎると、直ぐに飽きられてしまう」との助言もされていたようです。ほどよくテレビ出演をする為に、調整されていたと考えられます。

    現在もモデルとして活動

    Mattさんは、現在もブライダルモデルとして活躍されています。インスタグラムでも、度々撮影のオフショットが公開されていますが、相手のモデルさんがハーフや外国人であっても見劣りしないMattさんに、プロ根性を感じます。

    Mattさんは、最近でもバラエティ番組に出演されています。ちゃんと、動くMattさんが見れる機会があります。ぜひ、チェックしてみてください。

    音楽活動もしている

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは、子供の頃から音楽に熱中し、大学では専門的に音楽を学びました。テレビの音楽番組でもピアノの腕前を披露し、多くの人が驚きました。また、長年鍛えたサックスの腕も素晴らしく、ジャスバーで演奏されていたこともあるそうです。

    現在もブライダルモデルの傍ら、音楽活動にも力を入れられており、企業の社歌を創るなど精力的に活動の幅を広げられています。

    Matt(マット)は美容マニア!凝り性な性格だった!

    桑田真澄さんの息子であるMattさんは美容マニアであり、美に対する執着の強さが見られます。Mattさんは、頻繁にインスタグラムへ自撮りを投稿されていますが、写真の加工が行き過ぎている印象を受けます。写真と映像を比べると、明らかに顔立ちが異なります。

    Mattさんは幼い頃から凝り性な性格なようで、好きな音楽を徹底して追及してきました。Mattさんの『道を究めたい』という性格は、父親である桑田真澄さんに似ているのかもしれません。

    凝り性な性格だからといって美容を追及し過ぎると、現実と理想が分からなくなり、時に大きな心の病に陥る可能性があります。これからは、若さや美しさの追求だけでなく、父親である桑田真澄さんのように、年を重ねて光る男性の渋さにも磨きをかけて欲しいと思います。

    関連記事はこちら!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ