記事ID144067のサムネイル画像

    面白すぎるムロツヨシの本名は?両親が離婚していて壮絶な過去が!?

    面白くておおらかな性格で、遅咲きの個性派俳優のムロツヨシさん。いつも笑顔で、ムロさんの近くにいる人は自然と笑顔になるような明るい俳優さんですが、過去が壮絶だったとの噂が!今回はムロさんの過去と本名非公開の関係性についてご紹介します!

    三枚目俳優・ムロツヨシが面白いと話題に!

    遅咲きの俳優として大ブレイクしたムロツヨシですが、俳優なのに飾らず面白いキャラクターで現在男女問わず愛されています。そんないつも明るく人を楽しませてくれるムロツヨシって一体どんな人物なのでしょうか?

    今回はムロツヨシの壮絶と噂されている過去についてや、ムロツヨシの両親について、さらにはムロツヨシの本名など、ムロツヨシという人間性を紐解く話題をまとめてみました!

    ムロツヨシってどんな人物?

    ムロツヨシって一体どんな人物なのでしょうか?ムロツヨシの魅力に迫る前にまずはどんな人物なのか、簡単にプロフィールを見ていきましょう。

    ムロツヨシのプロフィール

     

    • 本名(ふりがな/愛称):非公開(/)
    • 所属事務所:ASH&Dコーポレーション
    • 生年月日:1976年1月23日
    • 現在年齢:43歳
    • 出身地:神奈川県横浜市港北区菊名
    • 血液型:A型
    • 身長:168㎝
    • 活動内容:俳優

     

     

    ムロツヨシがとにかく面白い!

    視聴者からも、そして俳優仲間からも愛されているムロツヨシ。遅咲きでのブレイクとなりましたが、今では作品に欠かせない存在にまでなっています。

    しかし、なぜ今になってこんなにもムロツヨシが世間から愛されるようになったのか。まず一つは「いじられキャラ」というところです。初めて会ったのになぜか昔からの知り合いのような、そんな気さくで人懐っこい一面があることから、周りからは愛のあるいじられ方をされているのだそうです。

    また、振り切った演技で視聴者を笑わせてくれるなど、視聴者の期待を裏切らないところもまたムロツヨシが面白いと言われる一つの魅力かもしれません。

    ムロツヨシのアドリブがすごい!

    その面白さからファンがどんどん増えているムロツヨシですが、アドリブ力の高さも話題となっているようです。過去にムロツヨシが出演したドラマ「スーパーサラリーマン佐江内氏」では小池警部役を演じていましたが、実はほぼアドリブで演技をしていたと言われています。

    また、ドラマ「今日から俺は」もアドリブが凄いドラマとして話題となっていましたが、ネット上では佐藤二郎とムロツヨシは全ての演技がアドリブだと思ってしまうといった声も多く挙がっています。

    ムロツヨシの本名は非公開?

    「ムロツヨシ」という名前は、一度目にするとなかなか忘れられないほどのインパクトを持っていますが、ムロツヨシというのは果たして本名なのか?と気になる方もたくさんいることだと思います。

    しかし、ムロツヨシのプロフィールを見ても解る通り、実は本名を非公開にしているようなのです。

    なぜ本名を非公開にしているのか、本名は一体どんな名前なのか、続いてはムロツヨシの本名にまつわる話題についてご紹介していきましょう。

    本名が卒アルやスパカンで判明?

    ムロツヨシの本名にまつわる噂は色々とあるようで、一部ではムロツヨシの卒アルが流出しているという情報もあり、その卒アルには「福室剛」という名前が記載されていたといった噂もあります。しかし、この噂の卒アルというのはネット上を探しても出てこないようで、確実な情報とは言えません。

    また、以前ムロツヨシがパーソナリティーを務めていたラジオ番組「スパカン」では、ムロツヨシ本人が本名をポロっと言ってしまったというエピソードもありました。しかし、この時はリスナーもそこまで騒ぎ立てておらず、Youtubeなどにはこの回のみアップされていないようです。

    本名の漢字が難しい?

    ムロツヨシの本名について色々な説が出る中、ムロツヨシ本人が本名を非公開にしていることについて、あるコメントを残しています。

    そのコメントとは「本名が難しいのでムロツヨシで覚えてもらっている」とのこと。このコメントからするに本名の漢字が難しいということがわかりますね。

    しかし、名前の漢字が難しいからといって本名をわざわざ非公開にしなくてもいいのでは?と思ってしまいますが、実は本名を非公開にするのは別の理由があったようなんです。

    生い立ちと関係していた?

    ムロツヨシが本名を非公開にする理由は、生い立ちと関係しているのでは?という噂もあります。実はムロツヨシの両親は離婚しており、母親とは4歳の頃に別れてからこれまでずっと会っていないとされています。

    そんな中、俳優の道へと進んだムロツヨシは名前をどうするのか考えた時に、もし本名で活動するとなると母親がテレビを見て「私の息子」だと気づいて目障りになるのでは?と考えたのだそうです。母親には、現在新しい家族も子供もいるようなので余計にそう考えてしまったのかもしれません。

    俳優デビューしてから17年ぐらい売れない時期が続き、最近ようやく大ブレイクを果たしたムロツヨシ。頑なに本名を非公開にする理由は、このような壮絶な生い立ちが関係していたようです。

    ムロツヨシの複雑な家庭環境とは?壮絶な過去も!

    ムロツヨシが本名を非公開にする理由は、幼い頃の両親の離婚という悲しい生い立ちが関係しているとご紹介しましたが、実はムロツヨシの生い立ちはこれだけでは終わりません。

    いつも明るく人を笑顔にさせてくれるムロツヨシには一体どんな生い立ちがあるというのでしょうか。

    ここからは、ムロツヨシの壮絶とも言える生い立ちについてご紹介していきます。

    両親が離婚、父親が親権を持つ

    ムロツヨシがまだ幼少期の頃、いつも喧嘩ばかりをしていたという両親はムロツヨシが4歳の頃離婚しています。離婚後、ムロツヨシの母親は家を出ていき、父親が親権を得たのですがその父親もムロツヨシと姉を親戚に預けたまま、別の女性の元へと行ってしまったのだそうです。

    その後は親戚の家に居候し生活をしていたムロツヨシですが、夏休みなど学校が長期の休みに入ると父親と女性が住む家に遊びに行くなど、幼いムロツヨシには過酷とも言える状況だったようです。

    母親の記憶はない?

    4歳の頃に両親が離婚し母親と別れてしまったムロツヨシですが、やはり4歳という年齢だったからか母親に関する記憶は薄いようで、あまり母親について覚えていないと過去に語っているようです。

    唯一記憶にあるのは、母親と父親が喧嘩していたことで、母親の背中とトランクに荷物を詰めていることは記憶に残っているのだそうです。4歳という小さな年齢でこのような辛い記憶しか残っていないということは、それだけショッキングだったのでしょう。

    それから現在まで母親には会っておらず、ムロツヨシは「探そうと思えば探せるけど迷っている」と語っています。

    祖父母に育てられる

    小さな頃から壮絶すぎる生い立ちだったというムロツヨシですが、親権を持つ父親でさえも女性の元へ行きまさに育児放棄とも言える状況だったことは明らかです。

    しかし、そんな両親をなくしたムロツヨシや姉を大事に育ててくれたのは祖父母でした。

    普通であればこのような過酷な状況で幼少期を過ごしたらグレてしまいそうですが、祖父母の温かい愛情があったことで、現在のムロツヨシが存在しているのかもしれません。

    離婚を繰り返す父親!腹違いの兄弟も?

    ここまででも、幼いムロツヨシにとっては壮絶すぎる生い立ちなのですが、さらに追い打ちをかけるかのように辛い状況が待っていました。

    ムロツヨシの父親はとにかく女遊びが激しく、ムロツヨシが小学校5年生の頃に父親が再婚すると報告をしてきたのだそうです。しかもその再婚相手はムロツヨシを置いていった頃の女性とはまた別の女性であり、小さな子供も2人連れての再婚でした。

    しかし、父親はこの時もムロツヨシや姉と共に生活することはなかったそうで、ムロツヨシが住んでいる祖父母の家の隣で再婚相手と生活していましたが、その後またもや再婚相手と離婚。自分の子供を祖父母に押し付け再婚し、また離婚・・・そんな身勝手な父親にムロツヨシはついに決別を決意します。

    父親と絶縁

    父親が再婚後、一緒に生活はしていないもののムロツヨシや姉が住んでいた祖父母の家の隣の部屋には、父親と再婚相手の家族が住んでいるという奇妙な状況が続いていたというムロツヨシですが、そんな中祖母の様子が日に日に変わっていくのが分かったと言います。

    この複雑な環境や状況から、心が壊れていったのでしょう。そして全てみ憎しみはじめ「なんで私がこんなことになったんだろう」とつぶやいているのが聞こえたのだそうです。しかも父親は借金をしていたようで、保証人にしていた親戚は自己破産に追い込まれる形になり、ついには父親と親戚の仲は修復不能となりました。

    そんな中、ムロツヨシは自分を育ててくれた親戚への想いもあり、父親との決別を決意し絶縁したのだそうです。この時ムロツヨシは中学生という多感な時期でした。それ以降、ムロツヨシは父親とは会っておらず現在も絶縁状態のようです。

    ムロツヨシの姉は家出?

    ムロツヨシには姉がいるのですが、姉もムロツヨシと共に祖父母に育てられています。こういった複雑な家庭環境でムロツヨシと姉が成長する中、ムロツヨシはグレることなく勉強に専念する学生生活を送っていたようですが、姉はやはり違ったようです。

    非行に走り、祖父母に対しても反抗期からか激しい態度を見せていたようで、困り果てている祖父母の姿を見てムロツヨシは「自分は絶対祖父母に迷惑をかけてはいけない」と気を遣っていたのだそうです。

    そのたった一人の家族であるムロツヨシの姉は、結局その後預けられていた親戚の家を出て行き現在も行方がわからず疎遠となっているようです。

    いつでも前向きなムロツヨシ

    誰もが驚くような壮絶な生い立ちを経験しているムロツヨシ。幼少期に母親にも父親にも捨てられたことについて、やはりムロツヨシは両親を恨んでいるのでしょうか。

    ムロツヨシは以前出演した『サワコの朝』で両親について語る場面がありました。まず父親に対しては「ずっと嫌いじゃなかった。軽蔑もしてない。楽しそうに生きてるんだな、この人は」と語っており、大工だった父親がかっこいいと思っていたとさえ語っています。

    また母親については「徹子の部屋」に出演した際に『両親は恨んでいない』としていることから、母親に対しても恨みの気持ちはないように考えられます。

    ムロツヨシの学歴は?

    壮絶な生い立ちだったムロツヨシですが、これまでどんな学校や大学に通いどのような学歴を辿ってきたのでしょうか。

    ムロツヨシは学生時代、複雑な家庭環境で育ったにもかかわらず、グレることなく勉強に専念していたと言います。きっと、祖父母に迷惑をかけまいと必死に努力したのかもしれません。

    ここからは、そんなムロツヨシの学歴についてご紹介していきたいと思います。

    ムロツヨシの出身高校は?

    ムロツヨシの出身高校は『神奈川県立鶴見高等学校』の出身だと言われています。この神奈川県立鶴見高等学校は偏差値57とのことなので、恐らくなかなかの進学校なのではないかと考えられます。

    ムロツヨシの出身大学は?

    続いてムロツヨシが通っていたとされる大学をご紹介しましょう。ムロツヨシの出身大学は偏差値が60を超えると言われている『東京理科大学』だそうです。

    入学までに1年浪人したということなので、かなり努力して入学したのではないでしょうか。

    ムロツヨシは大学を中退している?中退理由とは?

    しかし、苦労して入学したというムロツヨシですが、実はこの大学を中退しています。その理由は学びたいという志を持っている周りの新入生と比べ、自分はただ偏差値の高い大学だから入ったのだということに気付いたからです。

    そんな自分が恥ずかしく感じたムロツヨシは、入学直後にファンだったという深津絵里の舞台を観に行き、共演者の段田安則の演技に感銘を受け俳優の道を志そうと、入学からわずか3週間後に中退してしまったのだそうです。

    ムロツヨシの人間力がすごい!

    ムロツヨシはいつも明るくて面白く、常に周りを楽しませようとするムードメーカー的な要素を持つ俳優と言っても過言ではないですよね。

    そういった人間力の高さから、ムロツヨシは常にいろんな人から愛されており、他の俳優仲間からの信頼も厚いようです。なかなかここまで周囲に愛される俳優というのはいないのではないでしょうか。

    ここからはそんな愛されキャラであるムロツヨシの人間力について、まとめてみたいと思います。

    ついたあだ名は「人たらし」?

    常に周りを笑顔にしているムロツヨシですが、やはりそんな明るい性格からか、かなり交友関係が広いことでも有名です。そんなことからムロツヨシには『人たらし』なんていうあだ名や、人と人を繋げるパイプ的役割もこなすことから「ミスター潤滑油」などとも呼ばれているそうです。

    そんな人たらし力が高いムロツヨシは、瑛太や山田孝之、小栗旬、松田龍平、綾野剛などといったイケメン俳優をはじめ、新垣結衣や黒木華、高畑充希などといった女優などとも仲が良いのだとか。

    そんな数多くの芸能人と仲の良いムロツヨシですが、一番の仲良しは小泉孝太郎で、父親で元総理の小泉純一郎とも仲良しなのだそうです。

    ムロツヨシでも仲良くなれない俳優がいる?

    人たらしと呼ばれ、広い交友関係で有名なムロツヨシですが、そんな人たらしなムロツヨシでも仲良くなれない芸能人がいるのだそうです。その芸能人というのが『オダギリジョー』。

    ムロツヨシとオダギリジョーは同じ年ということもあって、共演した際に現場で「ジョー」と軽く接していたところ、3日ぐらい経った後に「僕、ジョーって呼ぶの許してないですからね」と言われたのだそうです。

    また、塚本高史も仲良くなれない一人なのでは?と言われており、塚本高史は俳優同士でつるむのを嫌っていたり、自ら誕生日パーティーを開く人は嫌いという発言があることから、遠慮なしにグイグイいくタイプのムロツヨシは合わないかもといった声が出ています。

    ムロ会のメンバーが豪華すぎると話題に!

    周りの俳優仲間からも愛されまくっているムロツヨシですが、ムロツヨシの誕生日を祝う「ムロ会」のメンバーがなんとも豪華だとネット上で話題となっています。

    この画像がそのムロ会の時の写真だそうですが、この画像に写っているメンバーは・・・

    • ムロツヨシ
    • 新井浩文
    • 笠原秀幸
    • 青木崇高
    • 高橋努
    • 小栗旬
    • 岡田将生
    • 菅田将暉
    • 戸塚純貴
    • 勝地涼
    • 柳楽優弥
    • 山崎賢人

    これだけでも十分豪華なメンツが勢ぞろいなのですが、先に帰ったという鈴木亮平や後で参加したという松本潤、さらにはこの画像の撮影者が生田斗真という豪華さにネット上でも話題沸騰となりました。

    ムロツヨシの歴代彼女は?

    これまではムロツヨシの人間性を紐解く話題をご紹介していきましたが、最後にムロツヨシの恋愛にまつわる話題をご紹介したいと思います。

    ムロツヨシはあまり恋愛とは無縁のようなキャラですが、実は過去には数々の女性芸能人と熱愛が噂されています。

    ここからは、そんなムロツヨシの歴代彼女をご紹介しましょう。

    水川あさみ

    ムロツヨシと熱愛関係にあると最も多く噂されているのが、女優の水川あさみです。

    噂のきっかけは「しゃべくり007」で、ムロツヨシが得意料理としている「ムロ鍋」をふるまった際、5年前に水川あさみが同じレシピの鍋を披露したと指摘され『水川あさみがパクッた』と発言したことからだと言われています。

    この発言で、ネット上では二人は鍋を食べる仲なのかといった疑問が浮上し、よってムロツヨシの彼女は水川あさみと言われるようになったのだそうです。

    佐藤仁美

    佐藤仁美も過去にムロツヨシと付き合っていたと噂されており、結婚を前提に交際しているとまで言われていました。実際に二人は共演後に親しくなり飲みに行くほどの仲の良さだといいます。

    しかし、佐藤仁美は過去に番組内で自身の結婚相手に求める条件を公表しており、その条件が厳しすぎると話題に。

    その厳しすぎる結婚条件にムロツヨシは当てはまっていないため、恐らく結婚前提の交際をしていたというのはデマの可能性が高いと考えられます。

    戸田恵梨香

    ムロツヨシと戸田恵梨香は2018年にドラマ『大恋愛』で恋人役として共演しており、このドラマの影響もあって二人は交際を噂されていました。

    しかも戸田恵梨香はこれまでも共演者と熱愛の噂が多く、共演者キラーとも呼ばれているためムロツヨシともやはり付き合っているのではないかという声が挙がっていましたが、ムロツヨシ本人が番組内で戸田恵梨香との交際を「あっちにも好きな人を選ぶ権利はありますし」と否定しています。

    しかしドラマのファンからは二人がお似合いだという声が多く、二人の熱愛を希望している人もたくさんいるようです。

    ムロツヨシの人間性に脱帽!

    人たらしというあだ名がつくぐらい、人間力が高いムロツヨシ。そんなムロツヨシの人間力は、壮絶と言われる生い立ちから培われたのかもしれません。

    ファンのみならず芸能界でもムロツヨシという人間に惚れる人は多く、共演者からも厚い信頼を得ているようです。

    今後もその高い人間力でさらに活躍していってほしいですね。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ