記事ID144022のサムネイル画像

笑福亭笑瓶は現在も干されている?消えた理由は病気だった!

笑福亭笑瓶が最近テレビに出なくなったと感じる人も多いはずです。実は2015年に病気で倒れています。そのおかげでテレビから消えたといった声や干されたという噂があとを立ちません。今回は笑福亭笑瓶の病気の真相を解説します。笑福亭笑瓶は干されている訳ではないのです。

笑福亭笑瓶がテレビから干された?

現在、笑福亭笑瓶さんが芸能界から干された?消えた?と話題になっています。最近はテレビでの露出が減ったのか、あまり見かけなくなりましたが、笑福亭笑瓶さんに一体何があったのでしょうか。

心配されている人も多いようですが、笑福亭笑瓶さんは実際に干されているわけではありません。それでは、笑福亭笑瓶さんの現在の様子についてご紹介します。

笑福亭笑瓶が消えた理由は?

テレビから干されたという噂がある笑福亭笑瓶さん。それにはどんな原因があったのでしょう。噂の真相を解明していきます。

ゴルフ中に病気になったから

笑福亭笑瓶さんは、2015年12月29日、胸と背中に痛みを訴えてゴルフ中に倒れ、ドクターヘリで救急搬送されました。病名は、急性大動脈解離。一時はかなり深刻な状態でしたが、応急処置をしたおかげで一命を取りとめることができました。

急性大動脈解離は一刻を争う病気ですが、すぐに処置されたことが大事に至らなかった要因のようです。入院は3週間に渡り、仕事もキャンセルとなったためにテレビで見かけなくなった時期があるようです。

また、この時、笑福亭笑瓶さんは血圧が高い状態であったため、出演していた高血圧用健康食品のCMから姿を消したのてはないか?といわれています。

最後の言葉を託した?

笑福亭笑瓶さんは、「徹子の部屋」に出演した際にゴルフ中に倒れた日を振り返っています。いきなり背中を割られるような、これまで生きていた始めての痛みを経験したという笑福亭笑瓶さん。

「血圧がちょっと高めで、タバコもたくさん吸ってしまい、さらに寝不足が重なって大きな病気になった」と説明されました。

笑福亭笑瓶さん病院に搬送されるまでの間、「痛い、痛い、痛い!」と何度も叫び、その激痛から死を覚悟したそうです。そのため、一緒にラウンドしていた神奈月さんに最期の言葉を託そうとするも、「嫌です。死なないです。笑瓶さんがんばってください。僕は聞きません」と断られたそうです。

テレビ番組で病気発覚

病院に搬送される時、7~8年前にテレビ番組『駆け込みドクター』の企画でMRI(磁気共鳴画像装置)を撮ったとき、「上行大動脈瘤の恐れあり」と言われていたことを思い出したという笑福亭笑瓶さん。

過去にテレビの番組内で病気が発覚していたのです。そのことを救急隊の人に告げると一瞬にいて緊迫した雰囲気になったといいます。

番組内で「上行大動脈瘤の恐れあり」と言われていたことを救急隊に告げたことで、処置の仕方が適切に行われたため大事には至らなかったのでしょう。

干されたわけではない

笑福亭笑瓶さんがテレビから干されたという噂がありますが、これは全くのデタラメです。現在もTBSテレビ放送の『噂の!東京マガジン』にはレギュラー出演されていますし、コンタックシリーズのナレーションなどで活躍されています。

以前よりもテレビへの出演が減ったのは、急性大動脈解離という病気が悪化してまた倒れることになると死活問題になることでテレビ側がオファーを自粛している可能性があります。

日テレから出禁だった

日テレ放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』にも多く出演されている笑福亭笑瓶さん。ダウンタウンのお二人とも親交が深く、軽快なやりとりが人気となっています。

しかし、笑福亭笑瓶さんがこの番組に原因があって一時期日テレを出禁になっていた時期があるという噂があります。でも、その後、日テレの番組に出演されていることから出禁はすでに解除されているといわれています。

笑福亭笑瓶の現在は?

干されたのでは?と心配された笑福亭笑瓶さんですが、決して干されたわけではなく現在も芸能人として活動されています。笑福亭笑瓶さんの活動内容についてご紹介します。

芸能人として健在

笑福亭笑瓶さんは、現在、テレビ番組だけでなくCMに出演したり、落語家としての活動も続けています。現在の出演作品は、以下のとおりです。

・TBS『噂の!東京マガジン』(毎週日曜日13:00~14:00)
・オールスター感謝祭(2018年秋)

関西の番組でも活躍

さらに、読売テレビの『大阪ほんわかテレビ』に出演している笑福亭笑瓶さん。この番組
は関西のローカル番組で、出演者によるコメディ形式で放送されています。

おすすめスポット、旅、映画、食などの情報が紹介されていますが、笑福亭笑瓶さんの役柄は福田笑吉・温泉旅館「本若庵」の料理人。商店街時代は、和菓子処「はざまや」店主で間かんの息子・間正平役を演じています。

笑福亭笑瓶は結婚している?

笑福亭笑瓶さんは現在62歳になります。この年齢だと結婚はもちろんのこと、お孫さんがいてもおかしくない年齢です。でも、笑福亭笑瓶さんは結婚や家族についてあまり語られていません。そこで、笑福亭笑瓶さんの結婚の情報、家族の情報についてご紹介します。

一般人の女性と結婚

笑福亭笑瓶さんは、一般の女性と結婚されています。また、結婚されて息子さんと娘さんが生まれていることは明らかになっていますが、それ以上の詳しい情報はありません。

結婚のお相手が芸能人であれば自然と噂になり、素性も公になることが多いですが、奥さんも一般の方なので迷惑がかからないために詳しくは話さないのかもれません。また、子供さん達にも静かに暮らして欲しいという願いから公にしないのではないか?といわれています。

落語界に息子はいない

笑福亭笑瓶さんの家族については情報が無いので、息子さんや娘さんの職業は明らかになっていません。ただ、お孫さんが生まれたということは明らかになっています。

芸能人や落語家の息子さんは、父親の仕事に憧れて同じ道を歩む人も多いので、笑福亭笑瓶さんの息子さんも落語家の道に進んでいるのかと思いきや、笑福亭笑瓶さんと血縁関係にある人の活動は見受けられないので、子供さんもお孫さんも落語界では活動されていない可能性が高いようです。

笑福亭笑瓶の特徴的なメガネに注目!

笑福亭笑瓶さんといえば、べっ甲色したメガネがトレードマークになっています。また、そのメガネには多くのこだわりが隠されているようです。それでは、笑福亭笑瓶さんのメガネの情報をご紹介します。

百本単位の替えがある

笑福亭笑瓶さんが愛用しているメガネはメガネ産地で有名な鯖江のメガネを愛用していることがわかりました。

笑福亭笑瓶さんは、「鯖江の眼鏡をかけなきゃ本物じゃない」とコメントするほどメガネには人一倍こだわりがあり、自宅には100本ほどのメガネが常備されているそうです。

また、テレビに出る時にはメガネをかけた他に、予備用のメガネを10本ほどアタッシュケースに入れて持ち歩いているなど、トレードマークのメガネを大切にしている様子が伺えます。

150万円以上するメガネ

笑福亭笑瓶さんが普段さりげなくかけているべっ甲のメガネですが、実は、知る人ぞ知る高級メガネなのだそうです。

べっ甲とはタイマイと呼ばれるウミガメの甲羅の加工品で、歴史は奈良時代の琵琶の部品に使用されてたほど古く、大変価値のあるものです。また、ワシントン条約により国際取引が禁止されているため、現在は備蓄しているものを技術保持のために少しずつ使用しているなど、とても希少価値のあるものとなっています。

そのため、べっ甲のメガネは高いもので150万円以上もするといわれています。一番色の薄いものに価値があるようで、それはまさに、笑福亭笑瓶さんのメガネなのだそうです。

笑福亭笑瓶とダウンタウンは仲良し!

笑福亭笑瓶さんはダウンタウンのお二人ととても仲良し。それは、番組で共演された時にも伝わってきますが、どんなエピソードが隠されているのでしょう。

それでは、笑福亭笑瓶さんとダウンタウンのお二人の絆についてご紹介します。

きっかけは番組出演

笑福亭笑瓶さんは、2006年の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で「6人目のガキ使メンバーオーディション」に出演しました。

オーディションでは、体育館に置かれたシーソーの片側にパイを置き、空中へ飛ばして顔面でキャッチしたり、黒マスクをかぶった人間が複数人登場し、誰が「ショウヘイヘーイ」と叫んだか当てるというシュールな審査が行われました。

こうして、ダウンタウンと共演したことがきっかけで「ショウヘイヘーイ」という言葉が人気となり、年末の「絶対に笑ってはいけない警察24時」では本人こそ登場しないものの、言葉だけで笑いが起きるほどになりました。

浜田と信頼関係が強い?

笑福亭笑瓶さんと浜田雅功さんは『HAMASHO』という番組で共演したことで親交を深めてきました。そしてその後、2018年2月27日には毎日放送の深夜番組『こぶこぶ』で再び共演したことで話題になりました。

番組の舞台は日本最大級のクラシックカーミュージアム。大の車好きである笑福亭笑瓶さんと浜田雅功さんは、最初に歴史をたどるコーナーで馬車を見つけて大爆笑。その後、1984年製のベンツを見て興奮する笑福亭笑瓶さんに浜田雅功さんが敷地内でベンツを試乗できるよう手配をするも、笑福亭笑瓶さんが運転している間に番組を絞めてロケバスへ戻ってしまうというシュールなやりとりをして笑いを誘っていました。

笑福亭笑瓶の生い立ちと経歴

笑福亭笑瓶さんは、大阪で生まれて大阪芸術大学芸術学部文芸学科を卒業されました。もともと芸能界志望だったことで、中学時代からスクールメイツに入団していたという笑福亭笑瓶さんは、石原プロにも直接「自分をドラマに出演させてください」というハガキを出したりしたという話もあります。

そんな笑福亭笑瓶さんの生い立ちや経歴をご紹介します。

笑福亭鶴瓶に弟子入り

笑福亭笑瓶さんは、もともと芸能界志望だったことで、中学時代からスクールメイツに入団され、石原プロにも直接「自分をドラマに出演させてください」というハガキを出したこともあるそうです。

その後、笑福亭鶴瓶さんが出演していたラジオ番組『MBSヤングタウン』でトークに魅せられたことで、1981年に笑福亭鶴瓶さんへの弟子入りを志願し、一番弟子になりました。

太田プロダクションへ移籍

笑福亭鶴瓶さんの付き人をしていた時に、毎日放送の『突然ガバチョ!』のレギュラーに抜擢された笑福亭笑瓶さんは見事デビューを果たしました。

その後、東京での仕事が増えたことで東京の太田プロダクションに遺跡し活動の幅を広げていき、日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』やTBSテレビの『噂の!東京マガジン』などのバラエティ番組に出演しました。

また、ドラマやラジオなど幅広く活動し、今では笑福亭笑助というお弟子さんもいるようです。

眼鏡がトレードマーク

笑福亭笑瓶さんのトレードマークは、べっ甲のメガネ。“笑福亭笑瓶といえばメガネ”ということは自身でも自覚しているようで、メガネには相当なこだわりがあるといいます。

2013年8月7日に放送されたNHKの『好きだモノ…』でメガネ特集が組まれた際には笑福亭笑瓶さんも出演し、鯖江の眼鏡についてのこだわりを披露しました。また、ダウンタウンの番組に出演する際には、浜田雅功さんから「おい、メガネ喋んな!」などと突っ込まれたりと、笑福亭笑瓶=メガネというイメージは多くの人々に浸透しているようです。

落語家として健在

笑福亭笑瓶さんは、現在も落語家として活躍されています。2000年代以降には、師匠の笑福亭鶴瓶さんが「六人の会」などの活動から再び落語に目覚めたことで、笑福亭笑瓶さんも落語の勉強を再会せざるを得なくなったとか。

現在の活動内容は、一門の落語会、弟子の笑福亭笑助さんとの親子会での口演、不定期に開催されている天満天神繁昌亭の定席などです。演目は自作の「横山大観」「ある日の六代目」「一日早い死神」などで、取材では、“笑福亭”という屋号の重さや、物語で笑いを届ける落語という話芸の素晴らしさを実感していると話しています。

笑福亭笑瓶の過去の代表作は?

笑福亭笑瓶さんは、これまで多くのテレビ番組に出演されてきました。その中でも笑福亭笑瓶さんの代表作と言える番組をご紹介します。

HAMASHO

笑福亭笑瓶さんと浜田雅功さんとの絆をさらに強くしたのは、日本テレビ系列で放送されていた『HAMASHO』。これは、お二人の冠番組と言われ、様々なロケの企画を繰り広げ、大人の遊びが紹介されました。

人気だったのは「HAMASHOクイズ」のコーナー。笑福亭笑瓶さんと浜田雅功さんがガチンコでクイズ対決を行い、問題に不正解だと頭から様々なものを浴びなくてはいけないことで笑いを誘いました。落下したものは、納豆、トマト、白い粉、鰻、熱湯、泥など様々。時間内に問題に答えられなかった場合は、両者共に罰を受けることになり番組が盛り上がりました。

しあわせ家族計画

1997年4月30日から2000年9月27日までTBS系列で放送されていた『しあわせ家族計画』は、ターゲットとなった家族に課題が与えられ、1週間後に成功すれば300万円相当の商品がプレゼントされるという視聴者参加型の番組。

この番組で笑福亭笑瓶さんは、“しあわせ配達人”として応募に当選した家族の元に出向き、応援するというレポーターをされていました。

現在も活躍中の笑福亭笑瓶

テレビでの露出が減ったといわれているものの、現在も芸能界で活躍中の笑福亭笑瓶さん。過去に病気をしたことで身体をいたわりながら仕事をされているのかもれません。今後も体調に気をつけて、ファンのみんなに笑いを届けて欲しいですね。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ