記事ID143959のサムネイル画像

    ハムスター系男子・きよるんの現在は?ポテトになったって本当!?

    皆さん、ハムスター系男子のきよるんをご存知でしょうか?きよるんは2015年頃にTwitterで主に自撮り投稿する活動をしていたのですが、なんJ民に目を付けられおもちゃにされてしまいました。そんなきよるんですが現在は何をしているのでしょうか?調査していきます!

    きよるんとは

    きよるんと聞いて聞き馴染みのない方も大勢いると思います。実は彼、一部の間ではとても有名人で面白がられています。

    きよるんの概要

    きよるんの年齢は35歳、男性です。2015年にTwitter上に突如現れ話題になりました。ネット上で一躍人気者?になった彼ですが、そこにはさまざまな理由がありました。

    彼は自称「ハムスター系男子」を名乗っており、自撮りが大好きな事で知られています。
    いわゆる、ちょっとイタイ感じのおじさんです。そこに彼の面白さがあります。

    ハムスター系男子とは

    みなさんはハムスター系男子の方に出会ったことありますか?ハムスター系男子と言われてもどんな系統の男子なのかさっぱりわからない方も沢山いるでしょう。

    これは、きよるんのオリジナルの分類用語です。彼はハムスターのように自分のほっぺたに食べ物を貯める癖があり、彼の他にいるのかどうかはわかりませんが、このような癖をもっている男性を総称して「ハムスター系男子」と呼んでいます。

    きよるんが話題になったのはいつ?

    自撮り大好き、自称ハムスター系男子のきよるんですが、ネット上で話題になったのは実は少し前で、今から4年前の2015年です。

    初投稿の正確な日付はわかりませんが、約1年ほど、Twitterで自撮りの写真を投稿してはネット上で注目の的になっていました。

    きよるんの名前の由来と本名は?

    ちょっとずつきよるんの面白さがわかってきましたか?きよるんっていう名前もそもそも特徴的ですが、その由来は彼の名前にありました。

    きよるんの本名は、飯島清志といいます。きよるんの名前の由来は彼の下の名前、清志からきています。

    きよるんは手越に似ている?

    自分大好きのきよるん、自分の顔にはとても自身があり、惜しげも無くその顔をTwitterに投稿しまくっていました。

    そんな中、2015年10月7日の投稿で誰かに宛てた返信で「おーい!これのどこが手越なんですか?」の投稿でネット上がまたザワつきます。

    おそらくその方にジャニーズアイドルでNEWSの手越祐也に似てると言われたようで、その自撮り写真で似ていないことを自身で証明しています。そのまんざらでもない表情がまたネット上で話題になりました。

    きよるんはEXILEに似ている?

    ジャニーズの次はEXILEです。またまた国民的に大人気のイケメングループでご存知の方も多いでしょう。先ほどの投稿から少し遡った2015年8月22日、「やっぱEXILE感はタンクトップってだけやなwww」の自撮り投稿がネット上で発見され再び話題になります。

    おそらく誰かにEXILEにいそうと言われたのでしょうか?否定を含んだ投稿でありながら、まんざらでもない言い回しと表情に面白がる人が続出しました。

    きよるんがポテトに変身!?一体どういうこと?

    自撮りを繰り返し、お気に入りの写真を世にばらまいては気持ちよくなっていたきよるんですが、彼は突然ポテトに変身してしまいます。

    一体全体どういう事でしょうか?彼に何が起きたのでしょうか?

    なんJ民にネタにされる

    みなさんは、なんJ民という人達をご存知でしょうか?なんJ民とは、2ちゃんねるの掲示板「なんでも実況J版」の利用者のことを言います。

    彼らに発見されたきよるんは面白いと大勢のなんJ民にネタにされ、ついに2チャンネル上で有名人になってしまいます。

    Twitterのアイコンが突然ポテトに...。

    ハムスター系男子のきよるん、1日に3回ほど大好きな自撮り投稿をし続けてネット上のファンを楽しませていたのにも関わらず、ある日彼のアカウント画像が突然「ポテト」になってしまいました。

    過去の投稿は一切見れなくなり、アカウントには鍵がかけらてしまいました。なんJ民達のいじりにとうとう耐えられなくなり、逃亡を測ったのです。

    きよるんの名言まとめ

    きよるんは自撮り写真も面白いと話題ですが、彼が発するその発言がなんとも人々の興味をそそります。そんな彼が残した数々の名言をまとめてみました。1つずつじっくり味わって見ていきましょう。

    ①「ハムスターみたいにほっぺに食べ物貯めちゃう癖辞めたい」

    辞めればいいです。辞めればいいですし、そもそもその「ほっぺに食べ物貯めちゃう癖」はどうして生まれたのでしょうか?なんともジワジワきてしまうこの発言、やはり名言の1つと言えるでしょう。

    可愛いアピールを匂わせるところもまた絶妙にきもい感じがして面白さを引き立てます。

    ②「おーい!これのどこが手越なんですか?」

    よほど自分に自身があるのでしょう。ネット上ではその勘違いしている感じがたまらなくウケており、ファンの間では有名な投稿になってしまいました。

    ジャニーズのトップアイドルグループの一因に自分が似ていると言われたことを暗に含めながらの高等テクニックなこのツイート、なんJ民の格好のエサになってしまいました。

    ③「やっぱEXILE感はタンクトップってだけやなwww」

    こちらもやっぱり外せません。手越のツイートと同様、誰かに言われた感を全面に出すこの発言。ジャニーズとEXILEにどちらにも順応できてしまう彼はやはりイケメンの中のイケメンなのではないでしょうか?

    ④「髪切ったらショタ感がどっと増した」

    ショタ感という言葉はネット上ではその定義がさまざまですが、簡単にいうと可愛い少年のような様を指します。もう一度、おさらいしてみましょう。

    みなさん、彼の年齢を覚えていますか?35歳のおっさん。とてもセンスの光る名言になりました。

    ⑤「天パ系髭男爵きよるん」

    こちらは実際の投稿をみたらその面白さが伝わります。立派でもかっこよくもない剃ってから時間の経ったたけのただの青髭に、中途半端なくせ毛のコラボレーションです。

    勤務中に自撮りしてアップされたという事でそのツワモノ具合が高く評価されて名言になりました。

    ⑥「やめろーーー」

    こちらはTwitter上でのきよるんとファンとの会話で生まれた名言です。「でたーーーーイケメン奴」ときよるんに投げかけたファンの一人、Syuronさんの発言に対して、「やめろーーーー絶対しゅーくんのがイケメンや!!!」と返信しています。

    相手の事を持ち上げつつも自分がイケメンであることは否定していないところが彼の最大の持ち味です。こちらもなんJ民たちによっておもちゃにされ、ネタとして「やめろーーー」が大ブームになりました。

    ⑦「前髪伸びたなぁオン眉にするかな」

    オン眉っていう言葉の意味わかりますか?言い回しがかっこよすぎてついてこれていない人に説明させていただくと、前髪の長さを眉毛より上にしようかなという意味です。

    オン・ザ・眉毛、略して「オン眉」ということです。もちろん自撮りと添えてキメ顔でのツイート。文句なしの名言確定です。

    ⑧「やっぱ目大きくなりすぎちゃうwww」

    こちらは、アプリの顔認識で画面に映った自分の顔が可愛い犬に変身するという写真をツイートした自撮りの一枚です。アプリではより可愛く映るために自身の目が少し大きくなる仕組みになっています。

    大きな耳と犬の鼻や手がついたなんとも可愛さを全面に出した35歳のおじさんの写真。ジワジワくる名言です。

    きよるんの現在は?

    2015年から約1年の間、ネット上で話題になった後に突然ポテトになってしまったきよるんですが、現在は一体どうなっているのでしょうか?

    きよるんの同僚が登場!

    きよるんがポテトになってから約2年後の2018年4月21日、突然「ハムスター系男子の同僚やけど質問あるか?」という掲示板が出現しました。掲示板を作成したのはきよるんの同僚を名乗る男性です。

    きよるんが忘れ去られそうな時期に突如登場したこの同僚、なんJ民達は乾いた喉を潤すように面白がって掲示板が再びきよるんネタで大盛り上がりしました。

    同僚によって詳細が明らかに!

    こちらの同僚と名乗る男性の登場によって、きよるんの現在が無情にもネッ上に流出しされてしまいます。きよるんは東京のシステム会社に務めた後、静岡に転勤になりました。契約社員として務めている事も暴露されています。

    自分大好き自撮り大好きのきよるんですが、現在は社内ではとても静かで影が薄く、目だたない存在であると伝えられています。

    そんな一方で、影でコソコソやるタイプのきよるん。「カラオケアプリをつかってJKとオフ会している」という発言があったと噂されており、まだまだ現役を匂わせています。

    きよるんの後継者も!?

    あんなに人気者だったのに第一線を退いたハムスター系男子のきよるん、実は、後にその面白さを引き継いだ2人の後継者が現れました。

    1人目は「お坊ちゃま様」です。自撮り大好きは継承されつつも、きよるんとは違い、強気で他人を見下すタイプの発言が目立ちます。本名は「成瀬蒼輝(なるせそうき)」ということも明らかになっています。

    2人目は「ぺこり」です。こちらもやはり自撮りが大好き。現在はTwitterのアカウントが削除されているものの、その自撮り投稿の数の多さや、自身のキス顔投稿などが話題になりました。

    きよるんから学ぶSNSの危険まとめ

    ここまで身元を特定されてネット上でみんなのおもちゃとして遊ばれてしまったきよるん、面白がっている側は楽しいですが、きよるん側になって考えてみるとSNSの恐ろしさを感じずにはいられません。ここからは、きよるんの実例にそってその危険性をまとめていきます。

    ①身元バレ

    今やSNSを利用する人は世界に数えきれない程います。携帯1つあればあらゆる情報を簡単に手に入れられる一方で、気をつけなくてはならないのが個人情報の流出。きよるんは同僚によって、働いている場所や、本名、社内の様子など個人を特定する情報が流出してしまいました。

    そのため、なんJ民におもちゃにされたのですが、ここまで特定されてしまうと彼のプライバシーが公になってしまい居場所が無くなってしまうのも事実です。いたずらなんかに発展してしますケースも考えられます。

    ②中傷

    きよるんは悪い意味で有名人になりすぎてしまったため、顔が見えない見ず知らずの人たちに散々好き勝手言われ続けてきました。中には彼の心を傷つけるコメントなどもあり、そんなコメントが膨大になってしまえば心が病んでいってしまう恐れがあります。

    中傷している側は、顔が見えないのできよるんをどこまで中傷しようがなんの恐さもありません。その手軽さと集団で1人をネタにする掲示板は一層中傷を加速させていきました。

    ③アカウント変更してもバレる

    おもちゃの対象にされていると途中で気づいて、アカウントの画像をポテトに変更してももう手遅れです。ここまでなんJ民の間で有名人になってしまうと、きよるんで遊びたいなんJ民は簡単には逃してくれません。

    なんJ民も数が膨大なのできよるんを探すリサーチ力もまた膨大。ここまでくると逃げる事がとても難しくなります。

    ④SNS上でネタにされる

    SNS上で自分の事を良い様に言ってもらえれば嬉しいですが、きよるんのようにネタにされておもちゃにされてしまうと話は違います。顔が見えない何万人の人達に遊ばれるというのは考えただけでも恐ろしいです。本人も普段楽しめるはずのSNSが一変して恐怖の塊になって見えてきてしまいます。

    ⑤メンタル面が崩壊する

    多大な人たちによってネタにされ、逃げても逃げても追いかけられ、居場所が無くなったきよるん。最後に待ち受けるのはメンタルの崩壊です。ここまでいってしまうと、感情がコントロールできなくなり、鬱になってしまったり、自殺を試みてしまうかもしれません。

    他人を傷つける方向に進んでしまうのも否めません。こんな状況に陥らないためにも、SNSの使用には十分に注意が必要です。きよるんには可哀想ですが、彼のようにならないように気をつけましょう。

    ネットにおもちゃにされた人達&炎上事件まとめ

    ネット上でおもちゃとして人々に遊ばれたのは何もきよるんだけではありません。他にもたくさんいます。その中から特に有名な方々をピックアップしてご紹介します。

    ①照英

    いつも100パーセントの感情でテレビに登場する照英さん。泣いたり笑ったり、感情むき出しの彼の表情を面白がって、一時期、彼の顔をコラージュした面白画像がネット上に頻発しました。そこからLINEスタンプに派生することとなり、彼の面白さをより手軽に遊べるようになりました。

    ②川越シェフ

    こちらもその特徴的な顔です。川越シェフはその自信満々な仕草や発言から度々ネット上のおもちゃにされていますが、照英さんと同様、彼の顔を悪質にコラージュした画像がたくさん作成されました。

    本人も料理している自分の写真がネタにされ、「悪質なコラやめろ」というのがお決まりの流れになっていました。

    ③野々村竜太郎

    野々村議員の散々な号泣記者会見、今だに印象に残っている方も多いのではないでしょうか?彼も例に漏れず、泣き顔のコラージュ写真で遊ばれたあげく、様々な音楽やCMと彼の記者会見での発言がミックスされた面白ろ編集動画が話題になりました。

    ④すとみー炎上騒動

    きよるんのような騒動はなにもTwitterからだけではありません。こういった自発型のメディアで最近特に若い世代に大人気なのが「Tiktok」です。短い動画を面白おかしく編集して投稿でき、その手軽さがウケています。

    すとみー炎上騒動は、Tiktokerである彼女をYutuberであるアキラさんが大々的に「デブ」「ブス」「出っ歯」「(顔が)みるにたえない」など批判したことから始まりました。後に大人気なかったと謝罪している動画も投稿されますが、これによりネットが炎上し、すとみーは姿を消してしまいました。

    ⑤るーくん炎上事件

    こちらもTiktokerで有名な、るーくんの騒動です。いつもファンを楽しませることに全力を注いでいる彼ですが、ある動画でネットが炎上してします。それは、目の間に歩いている外国人を威嚇するよう近づいていき、煽るようなステップを踏むというもの。

    これに腹を立てた外国人が怒っている素振りを見せますが、ケラケラ笑って対応している姿が話題になりました。その後、「日本人のモラルが疑われる」とバッシングされ、最終的には殺害予告が出るほど炎上してしまいました。

    年々増え続けるネットいじめの現状

    きよるんや、すとみー、るーくんのようにネット上で起こる誹謗中傷は少しズレてしまえばそれはいじめになってしまいます。近年後を絶たないネットいじめの現状にも触れたいと思います。

    「ネットいじめ」を訴えるメモを残して死亡した女子高生

    群馬県の県立高校に通う高校2年生の女子生徒が2019年2月に踏切に飛び込んで亡くなりました。自殺とみらているのですが、その原因が彼女が残したメモにある「ネットいじめ」でした。

    そこには「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われてるのは本当なのに。証人が覚えてないから、私が助かるためにウソをついたように見えたの?ヒドイよ。」
    などと書かれたメモが数枚残っており、彼女が長い間ネット上で悪口を言われ続けていた事がわかりました。

    命を落とすまで苦しめられていた彼女ですが、現状の打開策を見つけ出すのは近年困難になってきています。その理由は3つあります。

    ①いじめている本人を特定しずらい

    ネットの掲示板やSNSなど、毎日たくさんの投稿や書き込みがされますが、ニックネームや匿名投稿も多く偽のプロフィールなどもあるため、本人特定が非常に難しいのが現状です。

    ②気づかない場所で進行

    自分が普段は目にしない場所に悪口を書かれる陰湿なネットいじめもあります。知り合いや友達がそのページを見て悪口が書かれていた事が判明するケースが多いようです。

    ③証拠を残さない

    最近ではFacebookやInstagramに「ストーリー」という投稿機能があります。これは投稿した画像や動画、文章などが24時間で消えるというものです。これに悪口が書かれている場合、24時間で証拠が消えてしまうため事態を知らされた親や先生は証拠がつかめません。

    SNSはみんなで楽しく活用しよう!

    SNSは誰でも閲覧でき、その面白さを大勢の人と共有できるプラットホームです。その一方で、きよるんの例のように1人の人を祭り上げて、みんなでイジって楽しむというのは、双方が楽しい場合は良いですが、度を超えてしまうと話は別です。

    イジられている側は傷つき、場合によっては取り返しのつかない事態になってしまう事もあります。イジられる側、イジる側、閲覧する側、みんなで楽しめるSNSが広がることが望ましいです。

    関連記事もチェック!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ