記事ID143678のサムネイル画像

昭和の名女優土田早苗の現在の活動は?結婚して旦那や子供はいる?

土田早苗さんは数々の時代劇に出演され、昭和の名女優として活躍されてきました。69歳になられた土田早苗さんは現在どんな活動をされているのでしょうか?今回は、土田早苗さんの現在の活動や、旦那さんについて、これまでの経歴についてご紹介します!

昭和の名女優土田早苗の現在の活動、結婚して旦那や子供などは?

土田早苗さんは今まで多くの舞台や時代劇で大活躍しました。そして昭和の名女優として名を轟かせました。現在69歳の土田早苗さんはどのような生活をされているのか気になりますよね。そんな土田早苗さんの現在の活動、夫について、今までの輝かしい経歴などを徹底的に調査しました。

土田早苗のプロフィール

まずはじめに土田早苗さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきます。69歳になっても最前線で活躍を見せ続ける土田早苗さん。健康には気をつけていつまでも若々しく素敵な演技を見せ続けて欲しいと私は心から願っています。

土田早苗のプロフィール

本名(ふりがな/愛称):土田 早苗(つちだ さなえ/ツッチー)
所属事務:リゾコーポレーション
生年月日:1949年7月26日
現在年齢:69歳
出身地:大阪府豊中市
血液型:A型
身長:164㎝
体重:51 kg
活動内容:舞台、映画、テレビ、ドラマ
所属グループ:-
家族構成:独身

数々の時代劇に出演してきた昭和の名女優

児童劇団「ともだち劇場」に入団したのは1958年の小学校3年生のときでした。その次の年の1959年には舞台『がしんたれ』に出演。役割としても主人公の初恋の人「美也子」役を演じることになり大注目を浴びました。そして見事に6か月間の公演を乗り切ったのです。

また16歳になった1965年のときのこと。レギュラー出演が決まります。番組名は夏木陽介さん主演の『青春とはなんだ』に女生徒役・樋口育子役として大抜擢されたのです。そこからさらに人気に火がついていきます。さらには映画版『これが青春だ!』にも登場することができました。

だんだん昭和の名女優と呼ばれだしたのもこの頃からですね。当時は時代劇をメインにお仕事を熟されていたようですね。近年最近でも舞台を中心に活動を続けられていて、バラエティ番組にも登場しお茶の間を幸せの空間に包めるような姿を見せています。

土田早苗は現在結婚して夫がいる?熱愛報道も?

土田早苗さんは現在結婚して夫がいるのか噂になっています。さらには熱愛報道もあったりと恋多き女優としても話題をあつめています。土田早苗さんの恋愛事情についても調べていきました。こちらも気になる方が多い情報ですので、楽しんで確認してみます。

土田早苗は現在独身

いろいろな情報を調べてみたのですが、土田早苗さんの結婚したという情報が全く見つかりません。プライベートもなかなかスクープされないことから謎が多いですね。私の予想をするには土田早苗さんは恋愛よりも仕事が大好きなので結婚をしなかったのではと考えています。

竹脇無我と交際が報道される

土田早苗さんは、過去に俳優の竹脇無我さんとの熱愛が噂された時期もありました。当時は週刊誌が徹底的に追跡してやっとの思い出スクープをしたとのこと。しかしその後は熱愛も冷めてしまい結婚することなくわかれてしまったようですね。

当時は2人とも駆け出して夢を追いかける女優と俳優だったので、忙しく価値観の相違なども起きてしまったとも考えれますよね。恋愛ってとても難しいものです。

交際報道後、竹脇無我がうつ病を発症

竹脇無我さんは今はお亡くなりになっています。当時から爽やかで誠実なイケメンの俳優さんというイメージが強くありました。しかし実際は「酒と女」に酔いしれていました。

そして仕事のストレスと土田早苗さんとの熱愛を噂された影響でうつ病になってしまったようですね。うつ病になる前からお酒に明け暮れていたのは、うつ病からくる自殺をしたいという気持ちを抑えるため仕方なくお酒を飲んでいた。ということも大きな噂にもなりました。

土田早苗さんと竹脇無我さんとは結婚までいかなかったのは、竹脇無我さんのうつ病の影響やまた土田早苗さんの仕事や夢も追いかけたい気持ちが強かったのもお互いに影響していると考えれます。やっぱり竹脇無我さんのうつ病になってからこの世からいなくなる時までの経緯を考えると恋愛というもを考えさせられるのではないでしょうか。

私が感じたことは結論、土田早苗さんと竹脇無我さんとは一生を共に過ごさなくてよかったのではと感じています。なぜなら強い女性に対してストレスに負けてしまった竹脇無我さん。もしずっと一緒にいたらお互いの足の引っ張り合いをしてしまったのではないかと私は推測しています。

竹脇無我のプロフィール

本名(ふりがな/愛称):竹脇 無我(たけわき むが/むが)
所属事務所:石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィス、
アクターズ・セブン
生年月日:1944年2月17日 - 享年2011年8月21日
現在年齢:67歳没
出身地:千葉県我孫子市
血液型:A型
身長:173cm
体重:60kg
活動内容:映画、テレビドラマ、舞台
所属グループ:-
家族構成:独身

大岡越前で共演した加藤剛との関係性とは?

土田早苗さんと加藤剛さんは盟友という仲になるでしょう。加藤剛さんは『徹子の部屋』に過去6回登場した人物です。名俳優と賞賛される中で、本人自体は「俳優は向いていないのでは」と悩んでいる時期がありました。しかし大岡越前で長く共演していた土田早苗さんには幾度も助けられたそうです。

そんなことあり土田早苗さんと加藤剛さんは盟友となり加藤剛さんは自分の家族を大切にし、もちろん盟友である土田早苗さんのことも気にかけていたようですね。加藤剛さんが胆嚢がんということがわかってから亡くなるまでの3カ月。そのときも土田早苗さんも大きな支えになった人物の1人となりました。

私はこのお二人の関係性を見ると持ちつ持たれつのすばらしい役者としての前向きな関係のように感じました。土田早苗さんにとっても大きな支えになった人物だったといえるでしょう。

土田早苗の現在の活動は?

過去に様々な人生経験をされてきた土田早苗さんの現在はどうなのか気になる方も多いです。現在はテレビで放送されている情報などを確認してみました。多方面で活躍をされている土田早苗さん。早速みていきましょう。

出演した「大江戸捜査網」が再放送されている

現在「大江戸捜査網」が愛媛朝日テレビで再放送されていて土田早苗さんも出演しています。見事な演技は見ものですね。ぜひチェックしてみてください。激しいアクションが素晴らしいと言われています。とても感動しますよ。

「魔性の群像5」にゲスト出演

月曜名作劇場の森村誠一サスペンス。魔性の群像5に土田早苗さんがゲストで出演しています。物語は 刑事・森崎慎平役の小泉孝太郎が決して諦めない気持ちで事件の真相に迫るシーンが見ものです。またチカラ強い捜査で、事件の裏に秘められた人間の苦しみや悲しみなどの本性を解き明かします。サスペンスが好きな方にはかなりのおすすめです。

沢田研二特別公演「音楽劇 大悪名」に出演

土田早苗さんは沢田研二特別公演「音楽劇 大悪名」にも出演しています。こちらでもあっと驚くような演技を見せてくれています。ファン必見の公演になること間違いなしでしょう。ネットの反応も賞賛ばかりでいかに素晴らしい公演かがわかるでしょう。

バラエティ番組にも出演!

かつて土田早苗さんは生粋の女優であり、バラエティ番組はおふざけを売りにしている番組として出演することを拒否していたそうです。しかし近年ではバラエティに対する見方も変わってきているようで、「ちちんぷいぷい」や「クイズ!脳ベルSHOW」などのバラエティ番組にも出演されるようになっています。

土田早苗さんの新たな一面を見ることができるのはファンにとっては嬉しいことでしょう。私もファンの一人なので今後もいろんな番組に出演してもらえることを楽しみにしています。今後も注目していれば土田早苗さんの笑顔をみることができます。

土田早苗の現在69歳!人形作家として活躍中?

2019年現在の土田早苗さんは現在69歳!人形作家として活躍、またはアナウンサーなどの噂もあります。実際のところはどうなのでしょうか。真実を徹底的に調査しましたのでぜひご確認をしてみてくださいね。とてもワクワクします。

昔と変わらず現在も美貌をキープ

土田早苗さんは若い頃はとても美人として有名で話題になっていました。そして69歳となった今も昔の体系をキープしています。すごいですよね。また年齢よりもはるかに若々しい、美しいお肌も保っているのは、日々のケアやトレーニングの賜物といったところでしょうか。本当に素晴らしいですね。

土田早苗は人形作家?

土田早苗で検索すると人形作家という言葉が出てきますが、本人ではなく同姓同名の人形作家です。土田早苗さんと同名の土田早苗さんがいるようですね。こちらの方は職人さんです。略歴. 人形作家、染色作家。徳島県出身。 服飾デザイナーを経て1976年より人形をつくりはじめる。

子どものための抱き人形、童話の世界の人形に続いて早苗市松を創作しています。また同時に着物のデザインや染色などもされている全く業界の違う方になりますね。初めて聞いた方はとてもびっくりしたことでしょう。

アナウンサーとして活躍?

土田早苗で検索するとアナウンサーという言葉が出てきますが、上田早苗というアナウンサーと混同されているようです。上田 早苗(うえだ さなえ)さんは1963年5月3日 生まれでNHKのアナウンサー。 北九州市の八幡東区にあたる地域で生まれていることから全く別の人物であることがいえますね。

現在は舞台女優として活躍中

現在あまりテレビで土田早苗さんを見かけることはありません。しかし土田早苗は芸能活動をやめてしまっているわけではないのです。

実は現在もテレビのお仕事よりも舞台をメインに活動。だからテレビではあまり見かけることがなくなったので大きな理由となりました。

少し寂しい気持ちもありますが舞台を観に行けば実際にお会いすることもできますし、もしかしたら直接お話しできる機会もあるかもしれません。そう思って前向きに応援したいと感じています。

土田早苗の経歴は?時代劇に多数出演!

土田早苗さんの経歴や時代劇に多数出演しているのでそんな情報を集めました。経歴を振り返ると土田早苗さんがいかに凄かったかがわかる内容になっていますよ。それでは確認していきます。初めての方も元から知っている方もドキドキすることでしょう。

小学3年生時に児童劇団に入る

土田早苗さんが小学校3年生のとき芸能活動を始めたのはつまり10歳のとき。児童劇団ともだち劇場に入団。そして児童劇団ともだちは第2次世界大戦終戦後の翌年1946年に創立され、1983年まで継続された奇跡の劇団です。

また土田早苗さんは入団した花序の葉作家・菊田一夫さんにスカウトされてすぐに「がしんたれ」のヒロインに選ばれます。ちなみに「がしんたれ」とは大阪弁です。意味は「意気地なし」、「かいしょうなし」。読者のあなたは知っていましたか?わたしは知りませんでした(笑)

高校時代「青春とはなんだ」に出演し人気に火がつく

劇団時代を経て土田早苗さんはたくさんのドラマに登場していきます。そして1965年に夏木陽介主演の「青春とはなんだ」に女子高生役でレギュラーに抜擢。この役がきっかけでさらに土田早苗さんは世間からどんどん認められるようになりました。

「青春とはなんだ」という番組は1965年~1966年に放送されたドラマ。夏木陽介扮するアメリカ帰りの英語教師野々村健介がラグビーを通じて人間教育を行う青春物語で多くの若者の指示を受けたのは今でも記憶に新しく出てきます。

ドラマ「風」で賞を受賞し演技が認められる

土田早苗さんは1967年に放送された時代劇であるドラマ「風」で鼻っ柱のつよいくノ一役で出演します。その役が花を咲かせ第14回京都市民映画祭テレビ部門女優賞に見事に選ばれることになったのです。

かなりすごいですよね。また「風」はモノクロ映像で制作されているドラマ。今は令和の自体になりましたが、昭和の美しい時代を目で感じることができますね。たまには振り返って昭和の時代を味わってみてください。

土田早苗出演作品をおさらい!

土田早苗さんの出演作品をおさらいしていきます。素敵な作品ばかりですので、また見返したくなりますよね。ここをチェックすることで懐かしの名作からあなたがまだみたことがない穴場の作品を見つけれる内容になっています。

ドラマ「水滸伝」

ドラマ「水滸伝」では扈三娘役に選ばれました。扈三娘は梁山泊の女頭目の一人です。中村敦夫扮する主人公の林冲に恋する役でなかなかのキーポイントになっていますね。最初に知った時は驚きを隠せなかった方も多いはずです。

また男勝りな女頭目という役なので、アクションシーンも激しく観ている方の気持ちを高めてくれます。よく聞く話なのですが「水滸伝」を見て土田早苗さんの大ファンになったという人もたくさんいるようですね。私も実はそのうちの一人です。

ドラマ「銭形平次」

大川橋蔵が銭形平次を務める時代劇「銭形平次」ではお弓役として出演。こちらはレギュラーなので毎回登場します。初代お弓は鈴村由美が演じました。そのため土田早苗さんは2代目お弓ということになりますね。

これもまた大抜擢な役柄といえるでしょう。お弓は小料理屋「ひょうたん」の女性店員という役になります。私も小料理屋「ひょうたん」があるならぜひ行ってみたいと感じさせてくれる素晴らしい役回りを魅せてくれました。

ドラマ「大岡越前」

土田早苗さんはドラマ大岡越前にも出演。第1部、第2部、第4部では千春役として抜擢。そして第2部の第18話の中で実はお梶と千春の二役を演じます。さらには第4部の第18話ではおときの千春の2役もチャレンジして、これも当時の大きな話題になりました。

 

余談ですが第14部でもお金という役で出演。多数の役を演じたり大岡越前は土田早苗さんが出ているシーンしか見たくない!といった熱狂的なファンがつくくらいので、素晴らしい名女優となったキッカケを作ったドラマでしたね。

ドラマ「水戸黄門」

「水戸黄門」と聞いて知らない人はいないでしょう。時代劇の王道と呼ばれた番組です。実は土田早苗さんがゲスト出演していました。当時出演が決まって番組を見ていた方はテンションが上がったのではないでしょうか。

登場したのは第2部、第10部、第22部、第29部、第33部。ゲストでありますが、人気もあったため複数の回に出演していました。レギュラーではないのに、何回か登場するのはいかに国民に支持されていたかがわかりますね。

昭和の名女優土田早苗を振り返って

土田早苗さんの情報について振り返っていきます。今まで多くの舞台や時代劇で大活躍しました。そして昭和の名女優として名を轟かせました。

現在69歳の土田早苗さんはまだ最前線で活躍しています。そんな土田早苗さんの現在の活動、夫について、今までの輝かしい経歴など日本のトップ女優といえますね。ぜひ今後も土田早苗さんに注目をしていきましょう。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ