記事ID143627のサムネイル画像

チャーリー浜が浜田に激怒!性格が悪いって本当?現在は何してる?

チャーリー浜は新喜劇や吉本興業の大御所芸人です。後輩芸人も一歩引いてしまうほどの重鎮で、あのダウンタウン浜田に激怒したエピソードが話題になりました。その厳しさから、チャーリー浜は性格が悪いと言われていますが、実際の真相はどうなのでしょうか。

チャーリー浜の活躍した時代とは?

平成から令和に時代が変わり、過去の時代を振り返る番組もたくさん放送されてきましたね。そんな新しい時代の幕開けに再度注目すべき芸人さんがいるんです。その方は大御所芸人のチャーリー浜さん。1960年から芸の世界に飛び込んで大活躍した芸人さんです。現代の方は知らない人も多いのではないでしょうか。そんな方の為にどんな芸人さんなのか調べてみました。

チャーリー浜のプロフィール

見た目はちょび髭眼鏡で海外の喜劇俳優のチャップリンや岩井ジョニ男さんみたいな昭和レトロな雰囲気のチャーリー浜さん。岩井ジョニ男さんとそっくりコンビとして共演したら面白そうですね。そんなチャーリー浜さんは芸人さんとしてどうゆう人生を歩んできたのでしょうか?

__________________________

本名(ふりがな/愛称):西岡 正雄(にしおかまさお/チャーリー浜)

所属事務所:吉本興行

生年月日:1942年11月7日

現在年齢:76歳

出身地:大阪府大阪市

血液型:不明

身長:164cm

体重:63㎏

活動内容:お笑いタレント、喜劇俳優

所属グループ:なし

家族構成:兄が一人いる

中見出し:芸を磨く下積み時代

大村崑さん

チャーリー浜さんのお笑い人生は、戦後結成された「笑いの王国」に入団することから始まりました。当時はオロナミンCの眼鏡おじさん?こと、大村崑さんに風貌が似ていることからそっくりさんとしてデビューしたチャーリー浜さん。ひょんなことで芸人親子で師匠の花紀京、その父親の横浜エンタツに出会い、寝食共にしながら独自の芸を磨いていきました。

吉本興業に入門

チャーリー浜さんは現在吉本興業に所属していますが、いつ入門したのか気になりますよね。なんと、1962年6月に入門しているようです。大御所と言われるだけあって長いキャリアですよね。チャーリー浜さんは下積み時代の師匠、花紀京さんとともに吉本入りして厳しく鍛えられたそうです。その努力が芸の基盤として固められたのではないでしょうか。

ギャグがブームになる

下積み時代、師匠の花紀京さんに弟子入りしたり、苦労した時代があったチャーリー浜さん。そんな下積み時代の努力の結果、唯一無二の伝説的なギャグが生みだされました。

その伝説的なギャグが「・・・じゃあ~りませんか」。現役でテレビで見ていた世代は斬新的なイントネーションでつい口ずさんでしまう方もいるのではないのでしょうか?

そんなチャーリー浜さんが出演したサントリーのCM「ポケメシ」に出演した際にも披露した「・・・じゃあ~りませんか」。キャッチーなギャグは電波を通じて全国へ、チャーリー浜さんの人気は全国区になったのです。

新喜劇がブームに

吉本といえば新喜劇が有名ですよね。お客さんとの距離も近く、芸人さんの鮮度の高い笑いを肌で感じられるのが魅力的な劇場です。そんな新喜劇で個性的なチャーリー浜さんが埋もれるはずがなく、新喜劇でも大活躍することになります。

新喜劇にてチャーリー浜さんが演じた役は、「アメリカかぶれのキザなお坊ちゃん」「キザなヤクザ」などこれまた個性的でした。大ムーブメントを起こしたギャグの「・・・じゃあ~ませんか」の後に大阪弁をまくしたててオチをつけることで印象付けた芸風が観客の笑いを誘うことになり、新喜劇の人気ギャグにもなりました。

1991年には、「・・・じゃあ~りませんか」が日本語・流行語大賞の年間大賞になり、新喜劇ブームも巻き起こりました。その結果、吉本興業は東京に進出することに。現在もテレビでは見ない日はないくらいに変わらず大活躍する吉本興業ですよね。そんな吉本興業にとって大きな功労者のチャーリー浜さん。もしブームがなかったら吉本興業の東京進出がなかった可能性もあるとかないとか。現在はその活躍があってか、チャーリー浜さんは吉本興業の中では重鎮的存在だそうです。

チャーリー浜が浜田に激怒した?

外見のイメージとしては穏やかで茶目っ気たっぷりに見えるチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんが激怒するなんて想像がつかない方も多いのではないでしょうか?そんなチャーリー浜さんがダウンタウンの浜田さんに激怒したと言われているのです。真相はどうなのか解明してみました。

浜田の番組で隠し撮り

浜田さんのバラエティー番組「ケンゴローサーカス団」で隠し撮りの企画として出演したチャーリー浜さん。その番組の中で、チャーリー浜さんが怒ると言われることを検証した結果が視聴者の反響を呼んでいました。

検証した内容はチャーリー浜さんに師匠と呼びかけたり、チャーリー浜さんの通り道に荷物を置いたりするものでした。噂どおりに大激怒し、邪魔な鞄や靴も蹴り上げた姿に浜田さんも後輩芸人も驚愕していました。大先輩を怒らせた恐怖は計り知れないものですね。

浜田の住所を聞き回る

浜田さんの番組企画で大激怒したチャーリー浜さん。その大激怒した番組が隠し撮りしている番組かつ浜田さんの番組だということを後輩芸人の口から知ることになりました。話をする後輩芸人も大役を任せられたのはいいものの板挟みの状態で大変ですよね。

後輩芸人が話を続けているとチャーリー浜さんの顔がどんどん赤くなってきたとのことで怒りが顔に出てきたのだそう。ついに、「浜田ってどこに住んどるんや?」と後輩芸人に聞いてきたそうです。

後日、浜田さんはこの話を聞いて苦笑いをして顔を伏せてしまったんだとか。その後に2人が接触した話は聞こえてきませんが、もし接触する番組を見たとしたら緊迫した空気がこちらにも伝わってきそうです。チャーリー浜さんは今後接触の機会をうかがっているとしたら浜田さんも油断していられないですよね。

チャーリー浜の性格は?

芸達者なチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんのプライベートな姿が気になります。
仕事では浜田さんに怒ったみたいに気難しい一面も垣間見えました。いったいどんな性格をしているのでしょうか?

スパルタ吉本芸人

下積み時代に厳しく芸を磨いたチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんはスパルタ芸人で有名な中田カウスと並ぶスパルタぶりなのだとか。

「アメトーク」でおぎやはぎの小木博明が新喜劇の舞台に立った際は1人だけ厳しい指導だったのと、山田花子をビンタしたり、すべった芸人に「笑われてどないする!笑わせんかい!」と大激怒した逸話もあり後輩に厳しい一面があるんだそうです。

自分には甘い

後輩に厳しい一面があるチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんは、二日酔いのまま新喜劇の舞台にあがることもあるんです。後輩に厳しい態度なのにいただけないですね。

そんな自分に甘い行動をしているチャーリー浜さん。他の新喜劇のメンバーから「他人に厳しく自分に甘い」という声があがるのだとか。これは自業自得だから仕方ない評価ですね。

師匠と呼ばれるとキレる

浜田さんの番組で師匠と呼ばれると本当にキレるのか検証する企画があり、実際に大激怒したチャーリー浜さん。自分の弟子以外から呼ばれるのは禁句なのだとか。実際に師匠と呼んで激怒されたり、口を聞いてもらえなくなった芸人も何人かいるようです。チャーリー浜さんとこれから接する後輩は前情報として知っておいたほうが良さそうですね。

後輩にパンをあげる

後輩に厳しい一面があるチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんは後輩にお気に入りのパンをあげるそうです。優しい先輩の一面が垣間見えましたね。

そしてそのパンは京都の老舗「志津屋」のカルネというフランスパンにハムとオニオンが挟まったパンです。小腹満たしに最適な美味しそうなパンなので、チャーリー浜さんにパンをもらいたい後輩は多いのではないでしょうか。

そんな後輩思いのチャーリー浜さんと思いきや、こんな裏話があったのです。チャーリー浜さんが本物と求めた一部の芸人にしかパンを与えないチャーリー浜さん独自のルールが決められているそうなんです。もらえない芸人はショックが大きいですよね。

ちなみにブラックマヨネーズ、千鳥大悟、ダイアンがもらえていないんです。千鳥は相方のノブがもらえて、大悟は「お前にはやらん!」と言われてそれがチャーリー浜さんいわくボケなのだそうですが、声のボリュームがボケに聞こえないことから冗談なのか本当なのか分からないやり取りなんだそうです。

ファンには優しい

芸人の評判では気難しいイメージのチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんですが、ファンサービスがいいという評判があります。プライベートでファンから声をかけられたら断る人もいるかもしれませんが、チャーリー浜さんは写真・サイン・握手・ギャグを頼んでも断ったことないというサービス精神の持ち主です。こんな対応をされたらファンじゃなくても好感度があがってファンになる人も出てくるのではないでしょうか。

歩く先に物があると激怒

浜田さんの番組で自分が歩く通路に邪魔な鞄や靴があったら蹴飛ばしてどかしていたチャーリー浜さん。日常でもこのシュチュエーションの目撃談は多いのだとか。また、大人数での楽屋での自分の席も決まっていて、仕事場で歩くあらゆるところでの動線に物を置かれるのを嫌がるそうです。吉本興行の大重鎮のチャーリー浜さんですし、昔修行していたことから礼儀を重んじるところを後輩芸人に教えているのではないでしょうか。

チャーリー浜の主なギャグは?

さまざまなギャグをこの世に生み出して流行らせたギャグ職人のチャーリー浜さん。なんと、ダウンタウンの松本さんもチャーリー浜さんのギャグが大好きで一押しギャグとしてチャーリー浜さんの名前を挙げているそうです。そんな愛されるギャグを生み出したチャーリー浜さんのギャグはどのようにして生まれたのか?またどう使うのかおさらいしてみましょう。

①ごめんくさい

自宅でハリハリ鍋を食べていた際にガス漏れを起こして一時意識不明、その後に復帰した際に後遺症でうまく話せず、自暴自棄で二日酔いで舞台に立った際に「ごめんください」を「ごめんくさい」と言い間違えたことがきっかけで誕生しました。偶然を笑いに変えるチャーリー浜さんは芸人としてもっていますよね。

ネタの使い方としては、おならなどして「ごめんくさい」だけでは終わらず、「もひとつくさい」「こりゃまたくさい」「あーくさい」と畳みかけてくるのに爆笑した人も多いのではないでしょうか?

②君たちがいて、僕がいる

「ごめんくさい」のギャグが世の中の笑いをかっさらったチャーリー浜さん。他に生み出したギャグでテイストが180度異なる「君たちがいて、僕がいる」があります。

当時御三家として大人気だった舟木一夫さんのヒット曲『君たちがいて僕がいた』から取ったという説がある「君たちがいて、僕がいる」。お笑いのセリフでありながらなんとも深い意味が込めてあると疑ってしまう人もいたのではないでしょうか?

新喜劇でキザな役をした際に使用された「君たちがいて、僕がいる」。大阪弁が飛び交う新喜劇の中で存在感を発揮し、観客の笑いを誘ったチャーリー浜さんのギャグでした。

③~じゃあ~りませんか

チャーリー浜さんのギャグを語るのにこのギャグは外せません。「~じゃあ~りませんか」の使い方は、例えば小銭を拾った時に「小銭じゃあ~りませんか」と使えばいいので、何にでもあてはめられるので日常使いできる万能なギャグなんです。

文字だけ見ると普通の言葉ですが、チャーリー浜さんがする表情や独特の言い回しで思わず笑ってしまうそんなギャグに昇華されているのでしょう。

④あのさ、僕さ、どっこいさ

チャーリー浜さんの独特の言い回しが光るギャグの「あのさ、僕さ、どっこいさ」です。
耳に残るキャッチーなギャグでチャーリー浜さんのセンスが光るギャグですね。男性だけではなく、女性なら「あのさ、私さ、どっこいさ」としてアレンジして活用できるのもいいですね。

⑤アンドレと申します。おんどれらは?

チャーリー浜さんのギャグで、新喜劇の共演者がコケるギャグを紹介してきましたが、コケないギャグも面白いんです。「アンドレと申します。おんどれらは?」は言葉の語呂合わせが絶妙なギャグですよね。チャーリー浜さんの上品な言い回しのこのギャグにププッと噴き出して笑わされてしまいます。

チャーリー浜の現在について?

華々しいお笑い人生を送ってきたチャーリー浜さん。現在メディアで見かけることがなくなってきているようです。チャーリー浜さんは現在どうゆう人生を送られているのでしょうか?

4回離婚している

芸能界で大活躍したチャーリー浜さん。そんなチャーリー浜さんをほっておく女性はいないのではないでしょうか?調べてみたところ、チャーリー浜さんは4回結婚しているそうです。そして現在は離婚してバツ4で、吉本ナンバー1の離婚回数という不名誉な記録も樹立してしまいました。

そんなモテモテのチャーリー浜さんですが、離婚してしまう原因が気になるところです。その原因を調べたところ、過度の飲酒と言われています。飲酒によって一緒に飲みに行った後輩に説教したり知らない人と仲良くなったりしていたようです。また、知らない女の人の家に居るなど記憶をなくすまで飲むこともあり危なっかしいところが決定打になったのではないでしょうか。

現在は76歳とご高齢になったチャーリー浜さん。現役と同じペースで飲まれないように健康に気を付けて頂きたいところですね。

死亡説はデマ!

かつてはメディアを騒がせていたチャーリー浜さん。最近見かけなくなったので死亡説もたったようです。しかし実際はご存命で現役の芸人さんとして活躍し続けています。年を取っても引退せずにずっと表舞台で活動出来ているのは、厳しいと言われながらも周りからの人望もあるのではないでしょうか。

新喜劇の出番が減った

死亡説が出るのは、やはり代表的に出演していた新喜劇の出番が減ったことからではないでしょうか?ずばり新喜劇の出番が減った理由は、なんばグランド花月の1日に4回する拘束時間が長いからという理由だそうです。それはそのはず、現在76歳のご高齢のチャーリー浜さんなので、現役時代と同じように出演するのは難しくもなってきていることでしょう。このような調整が出来ることも今までの実績によることや周りのサポートによるものが大きいのではないでしょうか。

なんばグランド花月の新喜劇にあまり出演しなくなったチャーリー浜さんですが、祇園花月や地方公演には出演されているようです。新喜劇の出番は減りましたが、現在も表舞台で元気な姿を見せてくれるチャーリー浜さんを応援していきましょう。

チャーリー浜さんといえばCM

ポケメシのCM

チャーリー浜さんの有名すぎるギャグ「・・・じゃあ~りませんか」が使用されたCMで、ポケメシというスティック型の栄養スナック(現在でいうカロリーメイトやソイジョイのようなもの)のCMでした。CMでは「ポケメシじゃあ~りませんか」というチャーリー浜さんのセリフで新喜劇のメンバーと出演していました。この出演もありチャーリー浜さんの代名詞のギャグとしてさらに確立してきたのではないでしょうか。

小林製薬のトイレ用消臭剤のCM

チャーリー浜さんのCM出演はポケメシもインパクトが強かったですが、1991年に放送されました小林製薬のトイレ用消臭剤サワデーのCMも存在感が際立つCMでした。チャーリー浜ファンにはたまらないであろうトイレCMでの「ごめんくさい」から「・・・じゃあ~りませんか」のチャーリー浜さんギャグがてんこ盛りで面白さが爆発しています。

でんでんタウンCM

チャーリー浜さんの全国区のCMを紹介してきましたが、ローカルのCMにも出演されています。なんばグランド花月をホームにしていたチャーリー浜さんだからローカルの出演も多数していることでしょう。その中で大阪日本橋のでんでんタウンのCMを紹介します。

CMの中のチャーリー浜さんはダンディ坂野さんみたいな蝶ネクタイにギラギラとド派手な黄色のスーツを着て圧倒されます。なんともバブリーなCMで総額3000万円が当たるという触れ込みから景気の良さも感じます。現代からしてみれば嬉しい限りですね。

CM内のセリフはチャーリー浜さんの代名詞「・・・じゃあ~りませんか」が飛び出し、チャーリー浜が軽いダンシング・・・。チャーリー浜さんが出るとやっぱり面白いですね。

チャーリー浜さんへの期待

ギャグのヒットといえば一発屋が多い傾向の昨今のお笑い界。そんなお笑い界で継続してヒットするギャグを生み出す貴重な存在のチャーリー浜さん。現在はご高齢なこともあり活動をセーブをしていますが、往年のファンには元気な姿を見せ続けて頂きたいのと、また若い世代にもチャーリー浜さんの笑いを広めていって欲しいです。

チャーリー浜さんと浜田さんとの騒動も終決していないとのことで、今後の動きも大変気になりますね。後輩に厳しいと評判のチャーリー浜さんなので、重鎮を差し置いて抜擢された新喜劇の座長の小薮さんともうまく関わっているのかも気になります。

プライベートでも離婚をしてお一人様の今、結婚5回目を望まれているとのことで、良縁に恵まれてまた世間を騒がせたり、またたびたび死亡説などが出てきたりして、私たちを楽しませてくれるチャーリー浜さんでずっとあって欲しいですね。

関連記事もチェック

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ