記事ID143514のサムネイル画像

竿師の意味は?仕事にしている男性とは?性行為の技術が必要な職業!

竿師という職業でお金をえているとはどういう意味かわかりますか。竿師とは単に魚を釣竿を作る人のことだけを指すのではありません。実は女性を静的に喜ばせる人のことも竿師と呼びます。竿師は女性から報酬としてお金などをもらう場合もあります。竿師について解説します。

竿師の意味は

竿師とは釣り竿の竿を作る人のほかに、ある技術を用いて仕事をする人の意味もあるようです。仕事の内容は一つは釣り竿を作る人、一つは映画や漫画などで取り上げられる大人の仕事の二つがあるのです。

今回はそんな、大人の仕事をしている竿師について考えてみましょう。

竿師とは?

普通に竿師と言えば、天然の竹を使って釣り用の竿を作る人と、AV男優など自分の男性性器を使って仕事をしている人の2種類あります。


今回はAV男優のように、自分の男性機能を使って仕事をしている人を中心に考えてみたいと思います。竿師という語源がどこから来たのか、実際に竿師とはどんなことをしているのか見てみましょう。

性行為で金をもらう男性

すぐ思いつく竿師と言えば、ホストやAV男優のことです。AV男優は自分の男性機能を使って、生計を立てています。昔の竿師と言えば、女性に面倒を見て貰っているヒモのような感じだったようです。

ヒモは自分で仕事をしないで、女性に食べさせて貰っていました。そのお礼に自分の男性機能を使って、女性に奉仕していたようなのです。最近ではアダルトビデオなどに出て生活している男優やホストのことを、竿師と呼ぶようになっているのかもしれませんね。

男性器を竿に見立てた

それではなぜ、竿師という言葉が出来たのでしょうか。竿師の語源をたどると、次のようなことが分かりました。竿の形が、男性の生殖器に似ているというのです。その形から、男性器を表す隠語として、竿師という言葉が出来たようです。

その他にも、肉竿と呼ばれることもあるようです。やはり竿と言う言葉が使われるのは、男性の生殖器が竿の形に見えるからなのでしょう。

竿師は女性を奴隷化する

竿師のイメージとしては、映画などでは自分の男性器を武器にして、女性を奴隷として扱っているイメージがあります。実際の竿師のイメージとはどんな物なのでしょうか。性行為ばかりしているイメージなのですが、性行為するのは希と言うことのようです。

普段は愛情を持って生活していて、女性が我慢できない頃を見計らってするようです。女性を満足させる事ができたら、その見返りとして生活の面倒を見て貰うのです。竿師には性行為だけではなく、このように洞察力が求められるようですね。

竿師の実態がすごい?

竿師という言葉には2つの意味があることが分かりました。実際に自分の男性機能を使っている、竿師という実態はどのようなものなのでしょうか。

竿師という言葉のイメージや、映画などで描かれているように性交渉ばかりをしているのでしょうか。ここからは竿師の実態について、見ていきたいと思います。

竿師は実際に存在する

女性に生活費を出して貰って生活をしている人を、ヒモと言います。その中に竿師という人物がいると言われています。女性に生活費などを貰って、ヒモ同然の生活をしているようなのです。

その竿師と言われている人には、映画や漫画などに出てくるような竿師像ではないのです。凄い性テクニックがあるわけではなく、優しさと観察力が優れていると言うことです。

人間には欲というものがあります。食欲や物欲などの欲と、もちろんセックス欲というのもあるようなのです。日常の生活の中で、そのセックス欲(性欲)が強い女性を見極めるのが肝心な事のようです。

竿師は性欲を飢餓状態にする

性欲の強い女性を見つけて、恋人関係になったとします。そんな関係になっても、一切性行為を行わないのです。女性の方から誘われても、徹底して逃げ続けるのです。そんな行動を何度かして、性欲の飢餓状態にするようです。

お腹が減っていると、普通の食べ物でも美味しく感じます。それと同じで性欲の強い女性をお預け状態にして、タイミングを見計らってセックスをするのです。その時は自分の快感は忘れ、女性に対して徹底した奉仕をするのです。

そうすることでセックスに飢えた状態の女性には、刺激的な快感を与えると言うことです。そして性欲の強い女性の心を掴み、その快感を脳裏に焼き付けるのが、竿師の神髄と言うことなのです。

竿師が登場する面白い作品は?

竿師が登場する漫画や、映画があります。ここからは、その竿師が登場する代表的な作品を紹介したいと思います。

漫画『世界一さお師な男 伊達千蔵』

1話完結型の竿師を主人公とした漫画です。伊達千蔵という竿師が、一晩30万円という金額で素晴らしい時間を提供する物語です。

男やもめだけど子供がいる伊達千蔵が、神業的なテクニックで悩める女性の体と心を癒やしていくのです。

漫画『スーパー竿師伝説優次』

これも竿師を主人公としている漫画です。ここでの竿師の仕事は、女性に性行為で最高な快感を与える仕事をすると定義付けされているのです。

ヤクザで竿師の主人公が、普通のサラリーマンへと転職をする。しかし竿師をしていた頃の刺激が忘れられずに、元の世界に戻ってくるのです。そうして竿師として、数々の女性を快楽の世界へと導き虜にしていく物語です。

漫画『キリン RUN THE HAZARD編』

これも漫画なのですが、竿師が主人公というわけではありません。「キリン」というのは、東本昌平による、バイク漫画なのです。そのシリーズの「RUN THE HAZARD編」に出てくる登場人物に、寺崎という男が出てきます。

その精力は並外れており、物語の途中でAV男優になってしまいます。AV男優でタフな精力を持っていることから、竿師と呼ばれるようになるのです。

映画『温泉芸者シリーズ(竿師段平)』

温泉芸者シリーズに出てくる、登場人物に竿師段平が出てきます。温泉芸者は日本ポルノ女優第1号と言われる、池令子のデビュー作として作られた映画です。

登場人物の竿師段平は、無限精流の総帥と言われる性豪で、温泉街の芸者達をヒイーヒイ言わせてから芸者を引き抜いていくのです。それから千本突きという性技の必殺技を、繰り出しています。

小説『後妻業』

「後妻業」とはどんな意味が有るのでしょうか。後妻業とはお金持ちの老人男性と結婚して、その老人を殺害し遺産を貰う女性結婚詐欺師のことです。原作は「後妻業の女」という小説で、最近ではテレビドラマでも放送されていました。

その小説の後半部分に、竿師である男性結婚詐欺師が登場しています。

竿師の結婚詐欺には注意しよう

「後妻業」という、女性結婚詐欺師もいるようです。そして竿師という、男性結婚詐欺師もいると思われます。

竿師という、男性結婚詐欺師についてみてみましょう。

中高年の女性が狙われる

竿師の結婚詐欺師には、中高年の女性が狙われるそうです。日頃の生活に疲れて、精神的にも参っている女性が狙われます。時には優しい言葉で安心させ、そして性技テクニックで快感の虜にしてしまうのです。

ここで役に立つのが、人間を観察する力です。その女性がどのような悩みを持っているのか、などを観察する必要があるのです。

女性の悩みにつけ込み、結婚という言葉をちらつかせて人を操りお金を奪っていくのです。生活に疲れている中高年の女性は、日頃から注意が必要ですね。

お母さんがはまってしまうことも有る

最近では、探偵事務所のウェブサイトには注意書きがあります。それは結婚詐欺師や、竿師についての注意書きです。中高年の女性に狙いを付けているので、注意が必要と言うことなのです。

中高年と言うことは、お母さん世代になります。言葉巧みに近づいて、女性の欲望を刺激するのです。そうやって心も身体も満足させ、お金を手に入れると言うことです。

竿師とは2つの仕事の意味がある

竿師という言葉の意味や語源をいろいろ見てきました。そこには釣り竿の竿を作る竿師と、AV男優のように男性機能を使ってお金を稼ぐ仕事があるのが分かりました。

竿師は現実とは違ったレベルの技術を持っており、女性を虜にする仕事として映画などで描かれています。一方ではその特殊な技術を、結婚詐欺などに利用する人もいるようです。

私たちも、甘い言葉などには注意しながら生活をしないといけませんね。

関連記事をチェック!!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ