朝鮮耳とは?芸能人にもいる?信憑性や特徴と似合うピアスを徹底解説

    みなさんは朝鮮耳という言葉を聞いたことがありますか?朝鮮人の人種的な特徴であると主張する人がネットの掲示板にいたりします。しかし、これはデマで差別的な言葉であり、ただのこじつけです。朝鮮耳は芸能人にもいるし、似合うピアスの付け方もあるので詳しく説明しましょう!

    朝鮮耳とは何のこと?

    朝鮮耳って一体何のこと?この言葉を初めて聞く人もいるでしょう。朝鮮耳とはあるタイプの耳のことを言いますが、一体どのような耳のことなのでしょうか?

    耳たぶがほとんどないのが見分けるポイント

    朝鮮耳と言われる耳は、耳たぶがほとんどなく、耳の穴も小さめで外側にでていないのが特徴です。耳がそのまま顔の輪郭につながっています。これは、朝鮮民族の特徴的な耳だと言われていますが、実は単なるこじつけです。

    人の特徴は、親からの遺伝子によって決まるため、西洋人や純日本人にも朝鮮耳を持った人は存在します。ネットでは、耳の形だけで朝鮮の血が流れていると人種差別的に言う人が多いようですが、これは明らかなデマです。

    眉毛が濃いから米国人だ、あごがシャープだから中国人だなどと断定できないのと同じことです。

    朝鮮耳という言葉の普及の経緯

    朝鮮耳という言葉に馴染みがない人もいるでしょう。その理由は、朝鮮耳という言葉が最近普及した言葉だからです。少なくとも10年前には使用されていませんでした。この言葉が、使われるきっかけになったのが、2013年のネットの掲示板ではないかと言われています。

    それは、『日本人と韓国人の見分け方を外国人が議論した結果』というスレッドから始まりました。ここで、日本人と朝鮮人の違いでわかるところとして、耳の違いが挙がったことがきっかけになったようです。

    また、2014年頃には「必見! 在日韓国人の見分け方最新版」というブログの題を通して、朝鮮耳のことが新情報として書かれていたことも、この言葉が広まった1つの理由と言えそうです。

    朝鮮耳の人が在日という信憑性について

    朝鮮耳は、朝鮮人の耳の特徴を軽視するような差別用語です。一部ネットで言われている「朝鮮耳を持つ人は在日だ」という点はどこまで信憑性があるのでしょうか?

    純日本人や海外にも朝鮮耳はいる

    朝鮮耳の人は、純日本人にもいるし海外にも多くいます。顔のパーツには人それぞれ特徴があって当然のことです。日本人でも、眉毛の形やあごの形が外国人の誰かに似ている、なんてことも十分にあり得る話です。

    つまり、朝鮮耳の人は、たまたま朝鮮人にもよくいるのかもしれませんが、世界中に同じような耳を持つ人は沢山いるということです。もし、あなたが朝鮮耳と呼ばれる耳を持っていても、全く気にすることはありません。

    アジア人は細長い目をしている、また欧米人は高い鼻を持っているため、目や鼻で人種を何となく判断するならまだしも、耳で人種を判断するのは、かなり不可能に近いでしょう。

    耳だけで人種を識別するのは難しい

    顔のパーツの特徴だけで、人種を判断するのはほぼ不可能です。アジア人は黒髪や黒い瞳などの特徴がありますが、耳で人種が何となくわかるという話は、聞いたことがありませんね。

    耳たぶがほどんどない人や、耳の入口が小さい人は世界中山ほどいます。それを、朝鮮人の耳の特徴だというのは、明らかにおかしいですね。また、人種差別的に使用されることが多いため、使用しないほうがよさそうです。

    朝鮮耳という言葉自体がそもそもデマ?

    朝鮮耳という言葉は、2013年にネットの掲示板がきっかけで広まった言葉とされています。この掲示板主は、実は在日朝鮮人で、彼が自ら広めた噂なのではないかとも考えられています。

    自分の耳とは違う特徴の耳を朝鮮耳にして、それが朝鮮人の持つ耳の特徴のようにでっちあげたのではないかと言われています。もし、それが本当ならば、その人は在日として見られたくない、嫌な経験をしてきたのでしょうか?

    また、もしこれが事実ならば、朝鮮耳という言葉自体がでっち上げということになります。掲示板の投稿者が、在日とばれないようにでっち上げた嘘なのでしょうか。真実はわかりません。

    朝鮮耳の芸能人や有名人はたくさんいる

    朝鮮耳と言われている耳を持つ人は、世界中にいます。芸能人にも朝鮮耳を持つ人がいます。彼らの多くは純日本人です。彼らは、朝鮮耳を持つ芸能人と言われていることを知っているのでしょか?

    藤本美貴

    藤本美貴は、モーニング娘の元メンバーで、ミキティの愛称で知られていますね。2009年にお笑いタレントの庄司智春と結婚して、現在では2児の母としてママタレとしても人気です。

    彼女の耳は、確かに耳たぶがほとんどありません。顔に耳がそのままつながる形でおさまっています。確かに、一般的に耳たぶがある耳とは少し異なります。しかし、ママになっても可愛らしい彼女は、男女問わず人気があります。はたして、彼女の耳が気になった人はいるのでしょうか?

    玉山鉄二

    玉山鉄二は現在39歳の俳優です。出身は京都府でもちろん純日本人です。2001年の「百獣戦隊ガオレンジャー」というヒーローシリーズで一気に知名度を上げました。2014年にはNHKドラマ「マッサン」にも出演しています。

    人の顔を見る時に、耳をすぐに確認する人はあまりいませんね。真正面から彼の顔も見ても、耳は全く気になりません。よく見てみると確かに、耳たぶは小さいという気はしますが、耳たぶも小さいながらあるし、至って普通の耳ではないでしょうか。

    矢沢栄吉

    矢沢永吉は広島県出身の、誰もが知るロックミュージシャンです。もちろん彼も、純日本人です。矢沢永吉は中学生時代にビートルズの音楽に心を動かされ、ロックに目覚めたそうです。

    渋い顔、強面の顔のイメージが強い矢沢栄吉の耳は、どちらかというと小さめの耳と言えそうです。耳たぶもかなり小さいのは確かです。しかし、彼の耳の形がおかしいと評判になったことはありません。

    彼が、もし自分が朝鮮耳を持っていると言われていることを知ったら、そんなでっち上げを広めたのは、誰だ?と激怒するかもしれませんね!

    布袋寅泰

    布袋寅泰は、現在57歳のロックミュージシャン・ギタリストです。現在は、妻で歌手の今井美樹と英国・ロンドンで暮らしています。彼は80年代にBOØWYのギタリストとしてデビューしました。現在はCMに出演したり、俳優としても活動しています。

    布袋寅泰は、父親が韓国人です。韓国人の父親は韓国にも家庭があり、布袋寅泰の母は日本の妻のような存在だったようです。また、母親はアイヌの血を持つ北海道生まれの女性で、生まれは北海道ですが育ちはサハリンでロシア系だということです。

    布袋寅泰は、確かに純日本人ぽくはない顔をしているかもしれません。しかし、彼の耳は耳たぶもきちんとあるし、朝鮮耳と呼ばれる耳のように耳たぶがなく、そのまま頬につながっていはいません。

    彼が韓国人の血が流れていることから、このような噂がたったのでしょうか?

    和田アキ子

    和田アキ子は、知らない人も多いかもしれませんが在日韓国人として生まれました、しかし、のちに気化しているため彼女が日本人と疑わない人も多いでしょう。大阪府出身で歌手・タレントとして活動している芸能界の大御所の1人です。

    お茶の間の時間帯にテレビに出演することが多く、幅広い層に人気がありますね。和田アキ子は実際に韓国人の血を引いているわけですが、彼女の耳たぶはそこまで小さくありません。また、耳が頬につながっているわけでもありません。

    彼女も、元在日ということで朝鮮耳を持っていると思われているのかもしれません。実際に、彼女は韓国人の血が流れているため、彼女が実際に朝鮮耳を持っていると言われたら、明らかな差別発言になりますね。

    石原さとみ

    石原さとみは東京都出身、現在32歳です。彼女は子役から芸能界で活動しているため、芸歴が長く20代や30代男性にとても人気があります。可愛らしさもありながら口元がセクシーで、女性の魅力がたっぷりの女優です。

    彼女は純日本人ですが、彼女の耳は、耳たぶがほとんどなく耳の部分がそのまま頬につながっている形の耳をしています。彼女は、朝鮮耳と言われている耳を持っていますが、韓国人の血を持つ和田アキ子よりも、ずっと朝鮮耳の特徴を持った耳をしています。

    つまり、朝鮮耳と言われる耳の形は人種にはあまり関係ないということです。石原さとみのようにキレイな女性の耳の特徴なのだから、高く評価されてもいいくらいですね!

    真矢みき

    真矢みきは広島県生まれで大阪府育ち、元宝塚歌劇団花組のトップスターでした。彼女は現在55歳で、宝塚を退団してからは女優として活動しています。彼女は、中学生の頃に大地真央に憧れて、中学卒業後に宝塚音楽学校に入学しました。

    若々しくとても奇麗な顔立ちをしている彼女の耳は、石原さとみの耳と非常によく似ていて、耳たぶがほとんどなく頬につながっています。よく見ると「あれ耳たぶないかな?」と気が付きますが、普通にしていれば全然耳の形は気になりません。

    石原さとみも真矢みきも、とても奇麗な女優です。ここまで奇麗な彼女たちが多少一般的な耳の形と異なる耳を持っていても、誰が気にするのでしょうか?実際には、耳を注目する人はあまりいませんね。

    乙武洋匡

    乙武洋匡は、早稲田大学出身で現在は執筆業やタレント活動をしています。生まれつき両腕と両足がない障害者の彼は、早稲田大学時代に執筆した「五体不満足」という本がベストセラーになり、彼の存在が世間に知られるようになりました。大学卒業後は、スポーツライターなどもしていたようです。

    数年前の不倫スキャンダルや離婚のニュースを見た人も多いのではないでしょうか?そんな彼の耳は、とても分かりやすく、朝鮮耳と言われる耳の特徴を持っています。彼の耳は小さく、耳たぶの部分はそのままあごの輪郭あたりにつながっています。

    もちろん乙武洋匡は純日本人ですが、純日本人にもこのような特徴の耳を持つ人がいるということです。眉毛が濃かったり、一本につながっているレベルの特徴で、人種とは全く関係がありません。

    外国人にもたくさんいた

    日本人だけでなく、世界にも朝鮮耳と呼ばれる耳の特徴を持った人は沢山います。例えば、テレビでもお馴染みの面白くてカッコいい外国人セイン・カミユです。彼の両親はアメリカ人とイギリス人です。

    また、ウクライナやロシアなど、寒い国の民族に由来があるようです。日本も、弥生人は北部に住んでいたので納得がいきますね。特に、ウクライナ人にはこの耳を持つ人はとても多いようです。

    有名なところで挙げてみると、ウクライナ元首相のユリア・ティモシェント氏、またリオオリンピックに出場したウクライナ出身のベルニャエフ選手も同じ様に顔の輪郭部分につながっている耳を持っています。

    朝鮮耳の人のピアスの付け方

    朝鮮耳を持っていると言われている芸能人も、普段はピアスをつけていることが多いようです。このような形の耳の場合は、ピアスとはどのような相性なのでしょうか?

    ワンポイントピアスが似合う

    耳たぶが小さい、ほとんどないという人は、ワンポイントピアスをつけるといいでしょう。耳たぶが普通のように、ぼってりしていない朝鮮耳。飾りつけのないワンポイントピアスは、このような耳の形にはピッタリです。

    1つだけでもお洒落ですが、複数ワンポイントピアスをつけてもカッコいいですね。大きな耳たぶだと強調して見えてしまうピアスも、このような耳だとスッキリとお洒落に見えます。耳たぶが大きい耳よりも、ピアスがずっと映えます。

    もし、あなたが朝鮮耳と呼ばれる耳の形をしていて、気になっていても心配はありません。ピアスも映えるし、いくらだって耳のお洒落を楽しめます。

    シンプルなデザインが似合う

    耳たぶがほとんどない耳の場合、シンプルなデザインのピアスはよりその美しさが目を引き、際立って見えてとても素敵です。

    大きな耳たぶではシンプルなピアスだと、耳たぶのほうが逆に目立ってしまってピアスの良さが出しにくいです。しかし、朝鮮耳の場合は、小さくてシンプルなピアスでも十分ピアスの美しさをアピールできます。

    石原さとみや真矢みきの画像を見ると、彼女らは大き目のピアスもつけていることも多いです。多く目のピアスでも十分に魅力的ですので、デザインを問わずにピアスを楽しめるでしょう。

    ピアスをつけるおすすめの位置

    朝鮮耳のように、耳たぶがほとんどない人は、ピアスはなるべく外側につけるとより可愛く見えます。淵から5ミリ~8ミリくらいがベストの位置です。あまり外側すぎると、耳が裂けてしまう恐れがあるので、要注意です。

    石原さとみや、真矢みきなどのピアスの位置を参考にするといいでしょう。彼女たちはピアスがとてもよく似合っています!

    朝鮮耳というだけで煙たがられる純日本人

    もしあなたが朝鮮耳と呼ばれる形の耳を持っていたら、どのような気持ちがしますか?この言葉は人種差別的に、ネガティブに使用されることが多いです。そのため、複雑な気持ちになってしまうかもしれません。

    人から言われることがある

    純日本人の私たちにも、朝鮮耳を持った人はいます。日本人で朝鮮耳を持っているという理由で、バカにされたり、差別されたりした人もいるようです。何の根拠もないのに、耳の特徴で差別するのは最低ですね。

    この言葉は、明らかに朝鮮人を差別しています。このように、一部には朝鮮耳を持っていて嫌な思いをした人もいるようです。ネットから広まった、この根拠のない言葉は、良い意味で使われていないため、傷ついている人もいるのです。

    在日というだけで毛嫌いされる

    在日韓国人は、いまだに肩身の狭い思いをしているようです。今や韓国と日本の関係も良好で、日本でも韓国のドラマや音楽が人気なのに、日本に住んでいる韓国人を嫌うのはとてもおかしな話ですね。

    日本は昔から、外国人は受け入れない考えがあり、在日外国人のイメージがあまりよくないのかもしれません。白人は好んでアジア人や黒人を差別する傾向にあるのはなぜでしょうか?

    口には出さないけれど、白人以外の外国人をあまりよく思わない日本人は、いまだに結構いるようです。

    なぜ在日が日本の一部の人に嫌われるか

    在日韓国人が一部の日本人から差別的な目で見られているのは、なぜでしょうか。ただ単に外国人という以外に、差別する理由があるのでしょうか。

    在日韓国人がよく思われない理由には、日本人との文化の違いや人間性の違い、また在日韓国人による犯罪件数が多いこともあるようです。在日中国人も同じ理由で、悪いイメージがついています。

    全ての在日韓国人が日本人と合わなかったり、犯罪に手を染めているわけではありません。ほんの一部の問題のある在日韓国人のせいで、彼らのイメージが悪くなってしまうのは、悲しいことですね。

    朝鮮耳と似たような言葉もある

    朝鮮耳という言葉を初めて聞いた人もいると思いますが、実は朝鮮耳と似たような言葉もあります。こちらも差別的に利用されているネガティブな言葉です。

    朝鮮唇とは?

    朝鮮唇という言葉は、朝鮮耳よりは広まっていないようですが、これもあまりいい意味では使用されていないようです。朝鮮唇は、韓国語のある発音をした時にする唇の形です。口をつぼめてする発音で、日本語にはありません。そのため、このような唇をして話している場合、韓国語の発音で日本語を話しているなどと言われるようです。

    話す時の顔の表現で唇をつぼめることもあるのではないでしょうか?こちらも、朝鮮耳と同じように、人をバカにするためにこじつけで使用されているようです。純日本人ではなく、出身は韓国なのでは?と噂されている国会議員やタレントを、観察していると朝鮮唇になることがあるようです。

    朝鮮飲みとは?

    朝鮮飲みという言葉は、韓国の礼儀作法の1つです。一部の国会議員がそのような飲み方をしていて、世間に知られるようになったようです。この飲み方は、朝鮮耳や朝鮮唇のように韓国人・韓国人の特徴をネガティブには扱っていないようです。

    作法は、目上の人がいる前で飲み物を飲み時は、顔を少しそむけてグラスに左手をそえて、口元を隠すように飲む飲み方です。調べてみると、国会では、山本太郎を含む多くの国会議員がそのような飲み方をしています。

    韓国では、目上の人の面前で飲食するのは失礼にあたるらしく、どうしても飲まないとならない時は、このようにグラスや口元をかくすようにササッと一気に飲むようです。

    人種差別は今後の日本の大きな課題

    「在日」も差別用語として使用されている?

    私たちが、「在日韓国人」と使う時はやはり差別的な意味合いが含まれているようです。日本は、以前に比べると外国人の数も増え、東京はとても国際的な雰囲気になってきました。

    昔よりは、外国人を受け入れているようには見えますが、「外人」という言葉も差別的な用語の1つです。外国人は、「外人」と呼ばれることをものすごく嫌います。それは、彼らが外から来た人間だと言われているように感じているからです。

    外国に移住する日本人が、日本人に対する差別を感じるように日本にも外国人に対する差別があるのは事実で、これは今後の大きな課題となりそうです。

    日本人は外国人からどのような差別用語で呼ばれている?

    欧米に住む日本人で、日本人に対する差別を感じたことのある人は多いようです。特にアメリカやイギリスは、アジア人や黒人に対する人種差別がたびたび問題になりますね。

    英語では、日本人のことをJap(ジャップ)・Nip(ニップ)・Yellow Cab(イエローキャブ)などと呼ぶ場合があります。これらの言葉は昔は映画のタイトルなどに使用されることもありましたが、最近は差別用語として扱われていますので、あまり聞かなくなりました。

    イエローキャブは、主に日本人女性に使われる言葉です。アメリカのニューヨークには非常に多くの黄色いタクシーが走っています。そのため、簡単にタクシーをつかまえられることができます。日本人女性も黄色いタクシーのように簡単にひっかかるという意味で、この言葉は使用されています。非常に嫌な言葉ですね。

     朝鮮耳はネットから広がった何の証拠もない人種差別的な言葉

    朝鮮耳、朝鮮唇に朝鮮飲み。民族の名前が入っても、言葉がいい意味で使用されればいいのですが、悪い意味で使用されるのはよくありません。一部の日本人は、在日韓国人を差別しているようです。耳の形は人種では決まりません。朝鮮耳は在日韓国人を嫌う人から始まった根拠のない言葉です。このような差別用語は、なるべく早くに消滅するといいですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ