動物の夢占いまとめ!動物園の夢は?犬や猫はどんな意味があるの?

動物の夢は、基本的に自分の内面の部分を表すとされていて、自分自身の欲求や願望などを知ることができます。またその夢に対して、良いイメージを感じたのか、悪いイメージを感じたのかでも夢占いは変わってくるようです。今回は、動物が出てくる夢占いをご紹介します。

動物占いとは?

動物の夢は、夢占いにおいて基本的に自分の内面の部分を表すとされていて、自分自身の欲求や願望などを知ることができます。またその夢に対して、良いイメージを感じたのか、悪いイメージを感じたのかでも夢占いは変わってくるようです。

今回は、動物が出てくる夢占いをご紹介します。

動物の夢占いの基本的な意味とは?

夢占いには様々な種類がありますが、その中でも動物の夢占いにはどんな意味なのでしょうか。まずは動物夢占いの土台となる基本から追求します。

自分の内面を表す

動物の夢は、夢占いにおいて、自分自身の欲求願望、可能性とパワーを表しています。

夢に出てきた動物は、夢を見ている人自身や周囲の人と考えられ、夢を見ている人の内面を表しているようです。

つまり、「動物に襲われる夢」を見ていれば襲われているのは夢を見ている人自身と考えて、その内面を表し、「動物に追いかけられる夢」を見ていれば追いかけられているのは夢を見ている人自身と考え、その内面を表す、ということです。

また、夢を見ている人が努力を重ねているのであれば内面も成長しているはずなので、夢自体もパワフルなものになるはずです。

さらに、夢の中に出てきた動物が良い印象だったら良い夢、恐怖を感じたりで悪い印象を受けてしまえば悪い夢のようです。

そのままなのでわかりやすいですね。

どう感じたかが重要

動物夢占いは、夢の中で見た動物に対して「どのように感じたのか?」、特に良い印象なのか、悪い印象なのかによっても意味が変化します。

良い印象の場合、夢を見ている人の現実での精神状態が良好であることを表します。
例えば動物と楽しく会話をしている夢であれば良い印象のはずなので、夢を見ている人の現実での精神状態は良好といえるでしょう。

悪い印象の場合、夢を見ている人の現実での精神状態が悪いことを表します。
例えば動物に襲われる夢であれば悪い印象のはずなので夢を見ている人の現実での精神状態は不安を感じたりしていて注意が必要であるといえます。

動物が起こす【行動】の夢占い

動物夢占いには動物が起こす行動と、自分から動物に起こす行動、それから状態と種類で分けられます。
そのうちの、動物が起こす行動パターンについて見ていきましょう。

ポイントとしては、夢を見ている自分自身は理性と考え、動物は自分の本能を形にしていると考えることです。

動物に襲われる夢

動物が襲ってくる夢を見た場合は、夢を見ている人の現実での攻撃性が高まっていることを意味しています。また、同時に性的欲求もこれまで以上に高くなっていると暗示しています。つまり、「野性的で本能的な自分」を表しており、現実でも欲求を満たそうと本能的に行動してしまう恐れがあります。

大きな事件に発展することはないでしょうが、トラブルが起きる前に解消できる不満ならどこかで解消するなどの対策を取るのが良いのではないでしょうか。例えば、食べたいものを食べる、などが対策案として考えられます。

動物に追いかけられる夢

夢を見ている人を夢の中で理性的な存在と考え、動物は本能や欲と考えたときに、その動物、すなわち欲望に追いかけられているとも言えます。

動物に追いかけられる夢は、あなたが怒りや情熱などの強い感情にかられて、精神的に追い詰められてしまっていることを示す夢です。また周囲にいるエネルギッシュな人の存在にプレッシャーを感じ、追い詰められていることを示す場合もあります。

また、欲求の大きさによって動物の種類が変わってくるともいわれています。虎などの追い詰められると命の危険があるものだった場合には特に警戒しておくと良いでしょう。

動物に殺される夢

動物に殺される夢は、何か大きな恐怖や不安を抱えていることを示しています。特に、長く追いかけられたり、殺された後に自分が食べられてしまうのであれば、その恐怖や不安が大きいものであることを示しています。

ここまでで、印象としては悪いですしこのような夢みてしまうと気分が最悪になります。しかし、一般的(動物の夢に限らず)夢において自分が死ぬというのは、今までのしがらみがリセットされることを意味しており、今後に心機一転ややり直しができる吉夢としての要素も持っています。

夢の中の動物は夢を見ている人の現実の本能や欲求とみたときに、それに仕留められたということはモヤモヤして苦しんでいる自分に別れを告げられるかもしれないわけです。

つまり、現実での考えかたとしては、自分にはいっぱいいっぱいの不安を表しているので、そこを断ち切って、心機一転の機会を探るという対策を取るというのが一番です。
それは凶の運命を吉の運命に変えてしまう、という考え方です。

動物に食べられる夢

自分の中で、大きな衝動や強い本能が働き、それに負けそうになっていることを表しています。動物に食べられる夢は、夢を見ている人が現実で現実逃避をしている可能性があります。欲望を表す動物に食べられること自体が現実からかけ離れていることもあり、今ある現実から目を背けたい気持ちがそのまま夢となって現れているともいえます。恋愛に関するものや、仕事に関するもの、何か欲しいものがあるなど、自分の中で抗いがたい欲望が生まれてきているのです。

さらに食べようとしている動物の種類によっても意味合いが変わります。サメなど肉食で恐怖を感じるものであれば、現実での不安な気持ちやマイナスな気分を表しています。

それとは逆に、魚など恐怖を感じない動物であれば実は逆に吉夢となるのです。さらに現実で何か良いことが起こる前触れである可能性もあります。

つまり食べられるのは悪い印象ですが、場合によっては良いことが起こる可能性があるということです。食べられた夢を見たらすぐに悪い方向に考えるのではなく、何に食べられたかを思い出してみましょう。

動物が寝ている夢

猫などの動物がただ寝ている夢を見ることがあります。この場合、その夢を見るのは特に動物に関心があるからではなく夢の中の動物は、生命力や欲求といった野生の象徴を示しています。

ということは、生命力が眠っているので夢を見ている人の生命力が貯まっていることを意味しているということです。これは自分自身のエネルギーの貯金を見ているといえますので、吉夢といえます。

動物が家に入ってくる夢

家に動物が入ってくるというのは猫などなら嬉しくもあります。本人が嬉しいという出来事であったとしても、実はこの夢は悪い警告であるといえるのです。

夢の中の動物は本能や欲望の形として現れます。それが本来はいるべきではない家に侵入するということは、心の平穏が破られていることを意味します。

その欲望を形にした動物が小動物であれば、対処は簡単でしょう。やはり、大型か小動物かでそのトラブルの危険性は変わってくるのです。夢を思い出して、どんな大きさかがわかれば対処が可能となるでしょう。

動物が排泄する夢

排泄をするときの姿を見るときに、どう感じるかがポイントとなります。動物は自分の本能や夢、周囲の人である場合もあります。快か不快かで吉夢か凶夢かが変わってきます。

まず、動物の排泄を見たときに、不快に感じなければ吉夢となります。実は排泄物が金運や恋愛運アップの暗示とされており、それを触ったり大きなものであれば吉になります。一方で不快に感じればお金や恋愛でトラブルが起こることの暗示かもしれません。

つまり、もし不快に感じてしまったのなら何かしらの対策をしなければなりません。恋愛関係で何かまずいことはないか、お金でトラブルになりそうなことはないか、そういったことを考える必要があるといえます。

動物が共食いする夢

動物が共食いしている姿は惨く、グロテスクなシーンとも取れますので、夢を見た後味が悪いと思うかもしれません。しかし、実は凶夢ではなく、吉夢といえるのです。

夢の中の動物は夢を見ている人の本能や欲望を表しています。一方が生き残って他方が食べられるというのは、グロテスクと感じるかもしれません。しかし、それは本能や欲望の一方が食べられた、と考えることが重要なのです。つまり、一つの欲望がなくなったことで余計な迷いが消えて、一つの方向に力が蓄えられていくということになるのです。

さらに、生存した動物のダメージの度合いによっても変わってくるようです。それは、生き残ったほうのその傷というのは、残った欲望のパワーとも考えられるからです。そうであれば、余計なトラブルを避けるために自分の欲望を見直してみる、という対策が考えられます。
逆に生存した動物がピンピンしているのであれば、むしろ問題を力に変えられるということを示しており、それはチャンス到来といえます。

動物が風呂に入る夢

動物が風呂に入るというシチュエーションというと現実だと猿などが入っているのをよく見ます。しかし、そこは夢なのでいろいろな動物が風呂に入っている夢を見ることがあります。猿がゆったりお風呂に入っているのを見ると癒やされますが、時には凶夢になることもあるのです。

この夢の場合、ポイントとしては「どんなお風呂なのか」という点です。それによって吉夢か凶夢かの命運が別れます。

ちょうど良い湯加減なら、心底リラックス出来ていたり、これからリラックス出来そうな吉夢です。逆に熱すぎたり冷たすぎたりすると不快感が強い夢なので、悪い予兆と捉えることが出来ます。

動物に話しかけられる夢

動物に話しかけられたとしても、何を話しているかもわからず、ただただ煩わしいと感じるだけでしょう。これは夢を見ている人が周囲の人に煩わしさを感じている状況が反映されている、といえます。この場合は凶夢かもしれません。

しかしそこは夢の世界なので、動物が人の言葉を話す場合もあります。その場合には吉夢であり、そこには貴重なアドバイスが隠されている可能性があるのです。話始めたとき、特に関係ないと思った話題であったとしても、よく聞くことに専念してみましょう。そこには今の悩みに対する重要なアドバイス、突破口のヒントが提示されている可能性が十分にあるのです。

もし、目覚めてなんとなく動物の話を聞いてしまっていた場合でも、もう一度よく思い出してみましょう。これは現実の世界でも人の話をとりあえず聞いてみる、という習慣をつけることが対策となります。

動物が交尾する夢

夢の中で動物同士が交尾する姿を見たら、夢を見ている人の性的欲求、フラストレーションがたまっていることを表しています。動物の夢に限らず、一般的に「性の夢」は夢を見ている人の、異性との接触不足が考えられます。

恋人や配偶者の意思疎通がうまくいっていないときに表れる夢ともいわれています。夢の中で動物同士が交尾する姿を見たら、夢を見ている人の性的欲求、フラストレーションがたまっていることを表しています。動物の夢に限らず、一般的に「性の夢」は夢を見ている人の、異性との接触不足が考えられます。

恋人や配偶者の意思疎通がうまくいっていないときに表れる夢ともいわれています。恋している人に本心が言えずモヤモヤした気分は経験された人が多いですが、そのような気分を現実に感じたときには一度、お相手の方に本心を打ち明けてみるといいのではないでしょうか。

そうすることで悩みがなくなり、無用なトラブルを回避できるのではないでしょうか。

動物が二足歩行になる夢

夢の中なので、時には動物たちが普段と違った姿で現れます。そのひとつとして、四足歩行の動物が夢で出てくるかもしれません。その場合、普段と違った形なため、一瞬奇妙に感じたりで恐怖感を覚えるかもしれません。あるいは逆に「おもしろい」と感じるかもしれません。

では、これは吉夢なのでしょうか、凶夢なのでしょうか。

これはどちらかというと吉夢といえます。普段そうでない動物が二足歩行する夢を見た場合には、夢を見た人が現実で身近な親しい人を応援したいという欲求を示しています。

夢に出てくる動物は現実での欲求として表れるのですが、その欲求が人を応援したいということです。周りに頑張っている人がても、なかなか伝えられない状況にあるのではないでしょうか。

この場合、身近な人に応援しているという気持ちを素直に伝えるのが解決法です。手段は何でもいいので、とにかく伝えてみましょう。そうすることで相手も喜びますし、自分の欲求も満たされます。

動物が死ぬ夢

動物のが死ぬ夢を見るのは、何か切なく悲しいので起きて気分が落ち込むかもしれません。なので、一見凶夢のようですが、実は吉夢なのです。

なぜでしょうか。

夢の中の動物は人の本能や欲望を表したものとして現れています。その動物が死ぬということはすなわち、モヤモヤが死ぬ、さらにすっきりするということを意味します。

いままでモヤモヤしていた気持ちがなくなったという意味で吉夢といえます。恋愛や目標などでモヤモヤしていた人にとっては心機一転のチャンスといえるのではないでしょうか。なので、アドバイスとしては周りに気を向けてみることで新たなチャンスが巡ってくる可能性があるということです。

動物に対する【行動】の夢占い

動物夢占いには動物が起こす行動と、自分から動物に起こす行動、それから状態と種類で分けられます。
そのうちの、自分から動物に起こすパターンを見ていきます。

ポイントとしては、夢を見ている自分自身は理性と考え、動物は自分の本能を形にしていると考えることです。

動物から逃げる夢

動物は夢の中で欲求や本能を表しますが、その動物がどんなものであれ、その欲求が「取り組むべき課題から逃げたい」というものです。そもそも、取り組むべき課題から逃げている状態でもあるのではないでしょうか。

この場合、取り組むべき課題がこなせずにトラブルが起こってしまう可能性が十分にあります。その場合の対処の仕方としては、自分の中で向き合えるためのエネルギーを蓄えることが重要といえます。特にいったん忘れて、そこからもう一度向き合ってみるとか、何かやる気が出るルーティーンを獲得することが重要です。

それと、思考の中であまりにも深刻に物事を捉えると動き出せなくなることがあるので、シンプルに考えることも大切でしょう。

動物と戦う夢

夢の中での動物は現実での欲望や本能を形にした物といえますので、現実で欲望や本能と戦っている状態と言えます。現実の世界で困っていることがあったり、仕事や恋愛がうまくいかずに何かの生涯のために悩んでいるのではないでしょうか。

また、出てきた動物によってもその度合いが変わってきます。小さな動物の場合は小さい悩みであり、大きな動物は大きな悩みでプレッシャーが大きい状態と言えます。

対策としては、小さい動物の場合は小さな仕事のミスとかの場合といえるため、受け流したり心機一転するべきでしょう。大きい動物の場合は問題が大きいため真剣に向き合わなければいけないです。

動物を飼う夢

動物を飼っている夢は単に動物を飼いたいという願望が夢になって出てきた場合もありますが、ここでは別の意味もあります。犬や猫、別の動物を飼っている夢を見ることは楽しいですし幸せな気分になります。

では、これは吉夢なのでしょうか、それとも凶夢なのでしょうか。

これは吉夢と凶夢の場合があります。

夢に出てくる動物は夢を見ている人の欲望や本能を示しています。動物をペットにして飼い慣らしているということは現実での欲望や本能を飼い慣らしていると捉えることができます。つまり、飼い慣らしている場合は平和で穏やかな日常を送れていることになります。

また、どんなペットにしていたとしても吉夢となりますが、「白い動物」だった場合は吉兆の象徴といわれていますので、さらにラッキーだといえます。

この夢を見た場合、現状維持でもトラブルはなくそのままで大丈夫といえます。

ただし、飼っている動物が自分の手に負えなくなっている場合があります。この場合が吉夢です。なぜなら、動物は現実の欲求を形にした物であり、自分自身の欲望に歯止めがきかない状態とも考えられます。少し落ち着いて、自分の生活を見直す機会にしたほうが良いでしょう。

現実では飼っていない動物を、夢の中で飼っているイメージを見るのは、あなたの内面がとても理性的である証拠です。内に秘めた動物的な本能や衝動を、上手にコントロールできている状態を表しています。

いわば、心のバランスが取れている状態ですので、現実生活においても良い影響が期待出来るでしょう。

動物に話しかける夢

動物の夢は良い夢が多いといわれていますが、その中でも特に動物と話す、動物に話しかける夢は吉夢です。さらに仲良く会話している場合は、現実で人脈アップの可能性が高いです。

夢を見ている人にとってプラスとなる人物と親しくなる機会が巡ってきたり、これからの人生においてパートナーとなる恋人との出会いがある可能性があります。

友人関係や職場の人間関係においても恵まれた環境が開けてきます。

ただし、凶夢の場合もあります。

それは、動物が夢を見ている人を怒っていたり、親しくしていない内容の場合は、今ある環境において見直すべき友人関係や対人関係があることを暗示しています。

この場合は人間関係をリセットすることで無用なトラブルを開けるのではないでしょうか。

動物と話す夢

夢に出てくる動物は現実での欲求や本能を形にしたものであり、この場合は本能や欲求と会話をしていると考えられます。

また、話の内容によって吉夢か凶夢かが別れてきます。

内容が楽しい内容であれば良いことが巡ってくる可能性がありますが、深刻な内容であった場合には早急に対処する必要があります。しかし、この場合もトラブルが起こる前に警告として受け取れたと考えるのであれば吉夢とも言えるでしょう。

動物を解体している夢

動物を解体している夢はグロテスクで見たくないものでしょう。これは吉夢なのでしょうか凶夢なのでしょうか。これは凶夢です。夢の中での動物は現実での欲求や本能を表します。その欲求を解体するので、不満や不安が最大限に膨れ上がってしまっていることを示しています。

恋愛であれば恋人との仲が不仲になっていたり、これから先のことが不安でたまらない気持ちがあったりで不安がいっぱいになってしまっています。

また、動物は夢占いにおいて夢を見ている人の「愛情」を表すことがあります。愛情に飢えていたり、孤独を強く感じている時にこの夢を見がちです。解決策としては、周囲の人に積極的に働きかけて一緒に遊んだりデートしてみたりで親密な関係を取り戻すことが重要です。

動物を食べる夢

動物を食べるというと生々しいイメージがありますが、これは吉夢となります。欲望や本能が形になったものが夢に出てくる動物なのですが、それを食べると言うことでエネルギーを蓄えている、ということに言い換えられます。

また、おいしく食べたかどうかによっても変わってきます。
おいしく食べた夢は活力的な状態になっている、これから力がみなぎってくることを示しているといえます。

そのため、自分が本来持っている以上の力を得ることを示していますが、そこから得たパワーを「自己顕示欲」として振りかざすことは止めるように注意しないとトラブルの原因となってしまいます。この場合、意識的に自分を抑えることでトラブルを防げます。

動物を生き埋めにする夢

自分よりも弱い動物を生き埋めにする場合ですが、こういった弱いものいじめの場合は夢占いにおいてはあまり良い意味を持ちません。つまり、これは凶夢で特に人間関係に注意を払わなければなりません。

動物を生き埋めにする夢は、現実で身近な人との関係が崩れかけている時に見る夢といわれています。特に、今まで甘えてきた関係の人には注意を払っておくべきです。

また、金銭的な考え方や心の未熟さも示しており、この夢をみて現実で何か思い当たることがある場合、考え直してみるのもいいかもしれません。

動物の迷子を見つける夢

動物が迷子になるのは悲しくてどちらかというとネガティブなイメージがあります。しかし、それを見つけるとなると吉夢なのです。

なぜなら、動物は本能や悩みを表しそれが「迷子」ということなので、気持ちがブレているということになります。そのままだと悩みに悩んでいる状態で良くない状況です。

しかし、その迷子であった動物、すなわち本能や悩みを見つけたということになるので、現実においては探していた本当にやりたいことや取るべき態度などをついに見つけたということになります。しかも、寝覚めも良くて吉夢といえるでしょう。

アドバイスとして、夢で見た感覚を思い出してみて、その感覚で動いてみるというのがいいのではないでしょうか。

動物を撫でる夢

人が夢で見る動物はその人の欲望や本能が形になったものです。それを撫でる夢というのは、交友関係でいいことが起こるということになるといわれています。

その効果は撫でている動物によって変わってきます。

犬を撫でている夢をみると、人間関係で良いことが起きる兆しになります。猫を撫でていた場合は新しい出会いに期待ができ、良縁を招いてくれる可能性があります。ハムスターなどの小動物を撫でている場合は、些細な幸せを手にできる可能性があります。

実はこの動物を撫でる夢をみるというのは、自分自身に他人に甘えたい気持ちが高まっています。周りにいる甘えられる人に甘えることで、道が開けてくるのではないでしょうか。

動物の糞を見る夢

動物の糞を見るときに、どう感じるかがポイントとなります。動物は自分の本能や夢、周囲の人である場合もあります。快か不快かで吉夢か凶夢かが変わってきます。

まず、動物の糞を見たときに、不快に感じなければ吉夢となります。実は糞が金運や恋愛運アップの暗示とされており、それを触ったり大きなものであれば吉になります。一方で不快に感じればお金や恋愛でトラブルが起こることの暗示かもしれません。

つまり、もし不快に感じてしまったのなら何かしらの対策をしなければなりません。恋愛関係でなにかまずいことはないか、お金でトラブルになりそうなことはないか、そういったことを考える必要があるといえます。

動物を生む夢

動物を生む夢というのは奇妙で妙に怖くもあるかもしれません。これは意外にも吉夢であることが多いのですが、動物によっては凶夢にもなってしまうのです。

犬を生む夢の場合は夢を見ている人が誰かから助けられることの予兆であったり、頼りになる仲間との出会いの訪れの前触れである可能性が高いです。この場合、吉夢です。

しかし、猫を生む夢だった場合は恋愛面で何かトラブルが出てくる可能性があります。猫は夢占いにおいては「女性的な意味合い」を持っているため、女性に関係したトラブルが起こる全長ともいわれているからです。

この夢を見たときは何の動物であったかを思い出し、そこからトラブル回避の手段を考えるべきです。

動物を轢く夢

動物を轢く夢を見た場合には、起きたときから不快感がありますが、やはり凶夢です。この夢は夢を見ている人が間違った行動や考え方や行動を起こしたときによく見る夢といわれています。

この夢を見てしまった場合には自分の行動を見直さなければいけないです。周囲に対して自己中心的であったり、恋人への接し方に問題があったりする可能性があります。また、動物を轢く乗り物が大きくなれば大きくなるほど、その行動や考え方が大きく輪まりの意に反している可能性があるので注意しなければなりません。

そういったところを中心に一度自分の行動を見直してみるのがいいのではないでしょうか。

動物を虐待する夢

動物を虐待する夢は夢を見ている人が現実で不満がたまっている状態といえます。また、これは夢の中で出てくる動物によっても意味合いが異なります。

犬が夢に出てきたのであれば、現実に性欲がたまっている状態である可能性があります。これは夢占いにおいて犬は夢を見ている人の身近な男性や男性的な性欲を表すからです。

一方で猫が出てきた場合、現実においてあなたの女性的な中身を表しています。動物の場合は現実においての不安や神秘ごとなどがたまっていることを示しています。

この場合においての解決法は、運動するなどでも解消できるでしょう。

動物を殺す夢

殺した後に何をしたかによって、現実での潜在的な感情が変わってくるといわれています。

もし、殺した後に何もしなかったり、殺さなければ良かったと後悔しているのであれば、普段接している誰かに対して不満を抱いていることを意味しますので、トラブルが起きる前に不満の根源を絶たねばなりません。

もし、殺した後にその動物を食べたのであれば、エネルギー不足のため、パワーチャージが必要と自分自身の潜在的なところで気づいていることのあらわれなので、現実で努力することで未来が開けるのではないでしょうか。

動物を殺せない夢

動物を殺してしまうとそれは動物自体が欲求が形としてあらわれたものなので、欲を殺すととらえられて、吉夢の可能性が高いのです。

しかし、動物が殺せないのは欲が殺せないと言いかえられるため、不満がたまっているけどなかなか解消できないような状況が現実にあるといわれています。特に、動物の逃げ足が速くて殺せない場合は不満が最高潮であると言われています。

なので、一度振り返ってみて、そのような感情がないか探ってみて未然にトラブルを防ぐべきです。

動物をいじめる夢

動物を虐待する夢は夢を見ている人が現実で不満がたまっている状態といえます。また、これは夢の中で出てくる動物によっても意味合いが異なります。

犬が夢に出てきたのであれば、現実に性欲がたまっている状態である可能性があります。これは夢占いにおいて犬は夢を見ている人の身近な男性や男性的な性欲を表すからです。

一方で猫が出てきた場合、現実においてあなたの女性的な中身を表しています。動物の場合は現実においての不安や神秘ごとなどがたまっていることを示しています。

この場合においての解決法は、運動するなどでも解消できるでしょう。

動物とセックスする夢

動物とセックスするというのは奇妙な夢ですが、そのときの状況によっても変わってきます。

楽しくセックスをしているのなら吉夢ですが、嫌々やっているようなら凶夢といわれています。吉夢は生命力や好奇心がみなぎっている証で、反対に凶夢は生命力が低下していることをしめしているといわれています。

トラブルが起こるまえに、健康診断に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

動物の死骸を見る夢

夢に動物の死骸が出てきたのなら、それはあなたが手掛けていたり関わっていることに一度区切りがつくことを意味する夢となります。また自分が死ぬ夢の代わりに動物の死骸の夢を見ることもあります。

死骸を見た場合、出てきた動物によっては特別な解釈をする場合があります。

たとえば虎の死骸が夢に出てきた場合は権力や体力の喪失を意味するといわれています。

また白鳥の死骸の夢は異性問題に巻き込まれる可能性があり、鷹や鷲など猛禽類の死骸の夢は千載一遇のチャンスを逃してしまうことを示しており、鳩の死骸の夢はあなたの発言から人間関係にいざこざが起きてしまうこと示する夢といわれています。

一方で、関係をリセットできると言うことで、新たな転機ともいえるのではないでしょうか。

動物を助ける夢

動物を助ける夢は、感受性が高いあなたの優しさが成長し、それにより周囲からも愛されることを示しています。また、今後の運気の高まり表していて、近いうちにあなたに幸運が訪れる可能性が高い事を知らせていますので吉夢といえます。

周りに対して愛情も大きくなるので、対人関係がとても円滑になる可能性が高いです。人付き合いもとても良好で、周りの人からの強い信頼を得られるのではないでしょうか。充実した日々を送る事ができるので、毎日がとても楽しく生き生きと過ごせます。

動物を助ける夢は。運勢が急上昇する意味があるので、仕事も恋愛もどちらもスムーズに上手く進むといわれています。

動物園に行く夢

動物園に行く夢は注意が必要です。なぜなら、動物は夢の中での欲求や本能を形にしたものであり、それが動物園という檻の中で自由を制限されている状態といえます。

つまり、無意識のうちにストレスをためこんでしまっている場合が多いので、自分を解放する手段を見つけることがトラブル回避の手段となるのではないでしょうか。

動物の【状態】に関する夢

動物夢占いには動物が起こす行動と、自分から動物に起こす行動、それから状態と種類で分けられます。
そのうち、状態に関する夢を見ていきましょう。

動物がたくさん登場する夢

自分の好きな動物にワイワイと囲まれるとなかなか楽しいものですが、中でも動物がたくさん出てくる夢を見たという人は、実際に充実できる素質の持ち主かも知れません。なぜなら夢の中の「動物」は欲求の証ですから、それがたくさんあるということは、情熱を傾けられる相手や物事がいくつもある、という解釈ができるのです。

特にその囲んでいる動物が、自分のお気に入りだったりすると、今後への期待もより高く、吉夢としての傾向が強くなっていきます。ただ、その一方で、自分が動物に怯えていたりする時は、意欲を持て余しているという色が濃くなりますので、注意しておく必要があるでしょう。対策としては意欲が発揮できるような行動を取れるように計画を立てると良いでしょう。

自分が動物になる夢

動物になるという夢は自らが別のものになりたいという表れです。自らの現状に対して不満がある場合にこのような夢を見ます。

本当はもっとこうしたい、でも常識的に、と踏みとどまってしまうなど、理性的になりすぎていることも考えられます。もう少し、自分を出してみると良いのではないでしょうか。

白い動物が登場する夢

白い動物は昔から「神に仕えるもの」としてとらえられており、夢の中に出てきた場合には、あなたに幸運の波が押し寄せてきている証です。

諦めていた夢の実現や将来を共にするような伴侶との出会いがあったり、プライベートや仕事などで驚くようなうれしい出来事が起こります。

「白色」は夢の中では運気が上がる象徴的なカラーで、登場する白い動物はどんなものでもよく、「白色」なだけで、「大吉夢」であることは間違いないです。

たとえ、その動物が実在しないような未知の生き物であっても同じような幸運が訪れるでしょう。

黒い動物が登場する夢

夢の中に出てくる「黒」という色は、予想をしていなかったことがあなたの身に起こる暗示とも言われています。黒い動物が夢に出てきた場合、思わぬ出費や、あなたとあなたの周りの交友関係において予期せぬことが起こるサインです。

動物の種類によって意味が異なります。たとえば黒猫の夢は特に良くないことが起こる凶夢と言われており、金銭トラブルにおいて注意が必要です。

アドバイスとしては、自分だけでなく、周りの人間にも気を付けるように伝えることが重要です。

金色の動物が登場する夢

金色の動物は幸運や力の強さを表わしています。金色の竜を見たのでしたら、金色も竜も幸運の象徴とされており、最高に運気が良くなっている事を表わしている吉夢になります。金色の犬なのでしたら、人からの信頼が厚い事を教えてくれています。

実際にあなたが飼っているペットの夢なのでしたら、そのペットによって幸運が呼び込む事が出来る事を教えてくれています。

実在しない動物の夢

夢で見たことがない動物を見たり、実在しない動物(ペガサスなど)が出てきたら、それはあなたに「新たな発見」や「新たな出会い」が訪れる前触れを表しています。この夢はとても良い夢とされていて、存在しない=まだ体験したことのない何かが起こる、あなたの日常生活に新たな刺激が舞い込んでくるチャンスなのです。

ただし、その動物の全体が光っていたり、金色であった場合は要注意。あなたの今ある現状の何かを警告している暗示でもあるので、一度現実で思い当たるふしがないか確認してみるのが良いのではないでしょうか。

海の動物の夢

海には数えきれないほどの種類の生物が暮らしていて、夢占いの中ではその生物によって意味合いを変化してきます。

魚や魚群などが出てくる夢は、かなりの吉夢です。魚は主に金運を強く表す生物なので、現実において金勢が上がっている前触れです。また、魚は金運のみならず、恋愛運なども上昇している前触れなので、魚の夢はかなりの吉夢です。

ただし、例えばもっと大きな生き物で「サメ」などが出てきた場合は、あなたの日ごろの不満が溜まり始めている証拠です。イルカやシャチといった、一見良い印象を持つ生物の夢も、人間関係からの不満を表している可能性があります。対策としては、人間関係を一度見直してみる、ということではないでしょうか。

動物が病気の夢

この夢の意味は、出てきたのが何の動物だったかによって意味が変わります。

たとえばネコが病気である夢の場合は、あなた自身の問題です。秘密にしていることが、だんだんと重荷になってきているのです。信頼できる誰かに相談するなど、心を軽くすることが必要です。

動物が妊娠している夢

妊娠している動物の姿は、母性の発露、ひいては妊娠を示すような吉兆と考えられています。

男性が見ることもありますが、いずれにしても自分の子供か、あるいは家族のような存在ができることを暗示する要素が強い夢と言えるのです。

もちろんその内容によって少々の違いはありますが、基本的には極めて展望がある夢と言えます。

苦手な動物の夢

苦手な動物が出てくる夢は、基本的にあなたの気持ちがよ淀んでいることを表しています。特に、恐怖を抱くような意味での苦手な動物なのであれば、あなたとあなたの周りの対人関係において不満を感じている可能性があります。

恐怖ではなく、気持ち悪い・触りたくない、などいった虫などの夢の場合、仕事や習い事などで何かが上手くいかずに落ち込んでいることを暗示しています。

ただし、これらはその夢のシチュエーションなどによっても意味合いが異なり、苦手な動物を助けようとしているなどといった場合においては、その不満、落ち込みが今まさに解決・解放へ向かっていることへの暗示である場合もあります。

対策としては、うまくいかなくても、前向きになって、次の目標を立てるのが得策ではないでしょうか。

動物が部屋にいる夢

部屋というのは貴方自身の心の中の様子を表現しています。部屋の広さが貴方自身の心の広さということになるでしょう。

また、夢の世界に現れる動物は基本的に夢を見ている人の分身です。つまり動物の種類によって、あなた自身に良い暗示があったり悪い暗示があるということを示しています。

特に色によって変わってきます。例えば白い動物は幸運や願望成就など吉夢となりますし、黒い動物は逆に不運が訪れるなどという意味になってしまいます。

なので、動物を思い出して対策を練るようにしましょう。

動物の赤ちゃんの夢

動物の赤ちゃんが夢に出てきた場合、赤ちゃんが可愛がられるように自分も誰かに可愛がってもらいたいと思っているという表れです。誰かに甘えたいという欲求があるのかもしれません。逆に誰かを可愛がりたいという母性が芽生えているとも言えます。

この場合、思い切ってペットを飼ってみるのもいいかもしれません。

動物の【種類】に関しての夢占い

動物夢占いには動物が起こす行動と、自分から動物に起こす行動、それから状態と種類で分けられます。そのうち、種類について見ていきましょう。

どんな動物かで欲望や願望も変化していきます。夢に出てきた動物が示すものは一体何なのでしょうか。1つ1つ見ていきましょう。

猫の夢占い

猫には気まぐれでツンデレなところがある気質が、「女性的」なものを意味しているといえます。

また、恋愛に関わる意味ももっており、恋愛でのライバルを表していることもあります。また、それ以外にも感受性を意味することから、自分自身の感受性がいつも以上に高まっているといえそうです。

また、弱っている猫の夢を見たときは注意が必要です。騙されたり、親しい人からの裏切りを暗示しているようです。

対策としては、相手を疑ってみることが大切かもしれません。

犬の夢占い

犬は古来、人間と生活を共にしてきた生き物で、人間と最も相性のいい動物のひとつと言えます。

犬が夢にでてきた場合には、自分の「周りにいる人」を意味することが多いようです。そのため、犬との関係がうまくいっていれば、人間関係も良好であることを意味しています。

ですが、病気の犬の夢を見たら注意が必要で、健康面での悪いことが起こる暗示です。対策としては、一度健康診断を受けるなどして体調管理をすれば防げるはずです。

蛇の夢占い

蛇は、明るくてきれいな色の蛇だったなら概ね幸運を暗示しています。弁財天の使いとして有名な白い蛇が現れたなら金運に関しての嬉しい出来事を暗示しています。金色の蛇にも同じ意味があります。毒々しい色のベビだったり、暗い色で嫌な印象を持っていたなら注意が必要です。人間関係において強い不満を感じていることを表しています。

対策としては、人間関係を一度見直してみると、トラブルを防げるのではないでしょうか。

ネズミの夢占い

ネズミは「小さなトラブルを招き入れやすい」ことを意味しています。夢を見ている人が普段考えていることが潜在意識の中に蓄積されていった「トラブルを引き起こしやすいから注意しよう」ということがねずみとなって出てきたのです。

対策としては、自分で何かトラブルが起きそうなことを振り返ってみて具体化していくのがいいでしょう。

熊の夢占い

時にはかわいくもあり、恐ろしくもある熊が夢の中に出てきたなら、それはあなたに対して大きな影響力を与える人を表すシンボルです。熊は自分の子どもを命をかけて守ろうとする母性の強い生き物とされています。なので夢に現れた熊も、母親や母性を象徴していることが多くなります。

もし熊を怖いと感じるような悪い印象の夢だったなら、あなたが母親やあなたを支配しようとする人から強い影響を受けているということです。熊の体が大きければ大きいほどその影響力は強く、逃れることのできない状況を暗示しています。

夢の中の熊にかわいいなど好意的な印象を抱いたのなら、それはあなたの母性が大きくなっていることを表しています。子どもが欲しいと思っている時に見ることが多い夢です。

対策としては、一度人間関係を見直す、ということがいいのではないでしょうか。

カラスの夢占い

カラスは夢占いにおいて、不吉なキーワードとして知られています。現実生活の中では分からなかったり、判断が難しくて悩んでしまっていることであっても、夢の中では割り合い簡単に解決したりスムースに進んだりするということがあります。また、現実の中では気が付かなかったことを、夢が教えてくれるという事をもあります。後者のことが多いのが、夢の中にカラスが登場した時なのです。

カラスは賢く、夢から覚めている時には気付かなかった、異変や災害の前触れを夢の中で知らせてくれます。なので、そのことを思い出して、現実に活かす、という選択がむしろ吉を呼び込むことになるのではないでしょうか。

動物園の夢を詳しく解説

動物園の夢は、実は印象的な動物によって意味合いが変化してきます。なので、それぞれの動物について解説していきます。

動物園のキリンが印象的な夢

動物園でキリンが印象的だった場合、夢を見ている人が外の世界を覗いてみたくなった心情を表しています。

この場合、視野が狭くなっているかもしれないので、一度新しい世界にも目を向けてみるといいのではないでしょうか。そうすることで、好奇心はチャンスになります。

動物園のペンギンが印象的な場合

動物園でペンギンが印象的だった場合、順風満帆にみえている今の世界から飛び出したいと思っていると考えられます。

この場合、その好奇心を活かして外の世界へ飛び出してみるのもいいのではないでしょうか。

動物園のライオンが印象的な場合

動物園でライオンが印象的だった場合、夢をみている人が周囲から誤解を受けていることを示しています。つまり、自分が思っているように相手に伝わっていない可能性があります。

対策としては、じっくり相手の話を聞いて、自分の話を弁明する機会を得ることです。

動物園のゴリラが印象的な場合

ゴリラが印象的な場合は、「誰かとの人間関係」を表しています。つまり、夢を見ている人の身近な誰かがゴリラとして現れています。なので、もし怖いと思ったら自分の周りでより権力を持っている人、といえるでしょうし、優しいと感じたなら周りの優しい人といえます。

対策としては、心当たりある人にコンタクトを取ってみるのもいいのではないでしょうか。

動物園の猿が印象的な場合

動物園で猿を見ている場合、基本はトラブルを示しています。猿が出てくるのは、自分自身が友人や他人の真似事をしてしまうことで、トラブルが起きてしまっています。

人の良いところを真似をするのは良いことなのですが、完全コピーではなく、その中にも独自性を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

動物夢占いは自分から何かする場合と逆に動物に何かされる場合がある

動物の夢占いについては、基本的には吉夢が多いことが分かりました。

また、自分が不快に感じるかどうかでも吉夢か凶夢かが変わってきますので、動物が出てきた場合、一度振り返ってみてどうだったかを検証してみるのもいいのではないでしょうか。

凶夢であっても、対策を練ることで吉夢に変えることも十分可能なのです。

占いの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ