コケティッシュってどんな人?意味や使い方、ファッションの特徴は?

    皆さんは「コケティッシュな人」がどんな人なのか知っていますか?コケティッシュとは、ちょっとセクシーな女性によく使われる言葉です。今回はコケティッシュの正しい意味や、コケティッシュな人の特徴について徹底解説していきたいと思います!

    コケティッシュってどんな人?

    コケティッシュという言葉、皆さんどこかで聞いたことはありますか?確か女性のスタイルや雰囲気を表す時に使われる言葉ではなかったかな?と思っている方、正解です。

    コケティッシュは「コケティッシュなメイク」や「コケティッシュなファッション」などファッションやメイクを表す言葉としても使われます。

    それでは、言いにくいけれどちょっとカッコいい言葉「コケティッシュ」の正確な意味や語源・使い方を徹底解説いたします。

    コケティッシュの意味とは?

    セクシーという意味を持つ

    コケティッシュには「セクシー」と言う意味があります。コケティッシュは女性に対して、セクシーの意味で使われることが最も多いです。

    コケティッシュを辞書で調べると、「女性特有の女らしさ」「なまめかしい」「男性の気をひくようなしぐさをする」などの言葉が並びます。

    しかし、コケティッシュはいわゆるセクシーの意味合いの他に「気品があり優雅」などの意味も含まれます。ただ単にセクシーなだけでなく、品がある女性のことをさします。

    同義語には何がある?

    コケティッシュの同意語は「色っぽい」「小悪魔のような」「艶めかしい」「色気がある」「魅力的」などです。

    どの言葉を見ても、女性が言われたら嬉しいと思われる言葉ではないでしょうか。いわゆる褒め言葉として使われる言葉が多いですね。

    これらは、男性から見た女性の魅力を表す時に使われる言葉です。いずれも女性的で男性の目をひく雰囲気を持っている女性に使われます。

    実は語源はフランス語だった

    私たちの言うコケティッシュは、英語の「coquettish」ですが、コケティッシュはもともとはフランスから来た言葉です。コケティッシュはフランス語でオンドリを意味する「coq」が語源です。フランスでは女性だけでなく男性に対しても使われていました。

    オンドリはなぜかツンっと怒っていて気取っているイメージがありますね。そのような態度で自分に自信があるしぐさをしている人に使われていたのが、のちに色気があって男性の気をひく、小悪魔的な女性を表す言葉に変わっていきました。

    こけしが語源って嘘?

    コケティッシュは、こけしが語源と信じている方がいるかもしれませんが、こちらは「嘘」です。こけしとコケティッシュは関係がありません。

    私たちがコケティッシュと英語のままで呼んでいることからもわかるように、コケティッシュの始めのコケはこけしの「こけ」から来ているわけではありません。

    日本のこけしは江戸時代からありますが、現在までにこけしがコケティッシュの意味を持つセクシーや男性を魅了するという意味で使われたことはありません。

    コケティッシュの使い方

    コケティッシュは下記のように使うことができます。

    1.彼女のコケティッシュなファッション素敵だね。
    2.あの女優のコケティッシュな雰囲気は魅力的だ。
    3.そのコケティッシュなしぐさが可愛いな。

    コケティッシュは、男性が女友達や恋人に使う時には褒め言葉として使われることが多いです。しかし、コケティッシュには「男たらし」や「媚びている」などの意味もあるので、使う時は注意しましょう。

    また、会社の上司が女性部下に使う時などはセクハラ発言としてとらえられます。使うときは相手や状況を選んで使うことも大切です。

    コケティッシュブラウンとは?

    メランジェの茶色と灰色の混ざったカラコンの色

    コケティッシュはカラーコンタクトの色としても使われています。「コケティッシュブラウン」として茶色のカラーコンタクトレンズを扱っているのは、MELANGE(メランジェ) です。

    コケティッシュブラウンは、3トーンになっていますが茶色と灰色が見事に組み合わさっていて、目に輝きと共に深い印象を与えてくれます。

    ミステリアス、艶めかしい、しっとりしているそんな表現がとても似合う素敵な色です。

    「コケティッシュ渋滞中」ってどんな曲?

    SKE48の曲にもコケティッシュが使われている

    コケティッシュは日本を代表するガールズバンドの曲の歌詞にも見つけられます。SKEの「コケティッシュ渋滞中」という曲です。

    誰もが意味を知っているわけではないコケティッシュという言葉を、あえて曲に使っているので、聞いている人はさらにコケティッシュの意味を知りたくなりますね。

    SKEの曲にも使われているように、やはり女性とコケティッシュには深いつながりがあることがわかります。

    コケティッシュな女の子たちの動画を見てみよう

    SKE48 コケティッシュ渋滞中

    「コケティッシュ渋滞中」はどんな曲?

    SKE48の曲「コケティッシュ渋滞中」は、昔から知っている幼馴染の女の子が春とともに、急に大人びてまぶしく見えるという内容の歌です。曲では、女の子が急に女らしく見えてきて、ついつい見とれてしまう男の子の様子が書かれています。

    女の子が奇麗でキュート、そしてフェロモンガールだと表現してあるところからも、コケティッシュが、男性からみて魅力的に映る女性を表現するために使われるとわかりますね。

    コケティッシュなファッションの特徴

    オフショルダーで肩をチラ見せ

    コケティッシュなファッションの特徴にキュートなトップス、オフショルダーがあります。オフショルダーは少しだけ肩をだすスタイルのトップスで、セクシーに見えます。

    男性うけもいいオフショルダーはカジュアルで演出しやすいですが、女性らしくセクシーに見せるだけでなく、上品に見せることも可能です。

    コケティッシュ女子を目指すなら、ぜひオフショルダーにチャレンジしてみましょう。

    大胆に見せたいミニ丈ボトム

    ミニ丈ボトムもコケティッシュなファッションに欠かせない注目したいアイテムです。ミニ丈ボトムはショーツやミニスカートのように丈の短いボトムスのことを言います。

    足を大胆に出すのに抵抗がある女性もいるかもしれませんが、女らしさやセクシーさが出しやすいし、単純に男性がちょっと気になってしまうファッションです。パンツ派の女性も、休日には思い切ってミニ丈ボトムをはいてみてはいかがでしょうか?

    シースルー素材で女性らしく

    シースルー素材もとても可愛いですね。素材の柔らかさや、肌が見えているけれど完全には見えないところが、セクシーな雰囲気を出してくれます。

    デザインもフワフワっとして女性らしいものが多く、フォーマルで着こなしたいアイテムです。暖かくなるこの時期はシースルー素材のブラウスが活躍するでしょう。

    今までシースルー素材を着たことがない女性も、これからの季節に一着は持っていたいトップスです。

    素材で遊べるタイトスカート

    タイトスカートは、様々なデザイン・素材・色があるため、とても選びやすいアイテムです。カジュアルが好きな女性にも、服はフォーマル系が多いという女性にも人気のスカートです。

    セクシーでカッコよく、そのうえ上品に見える条件の揃ったアイテムがタイトスカート。ジーンズ・皮・コットンと素材の違いで見え方もかなり変ってきます。

    コケティッシュなファッション初心者には、始めやすいアイテムですのでぜひ挑戦してみてください。

    パールなど光るイヤリング

    アクセサリーでコケティッシュなファッションを演出してもいいでしょう。ただし、イヤリングならパールやゴールド、またはシルバーなどキラキラ系のイヤリングがおススメです。

    パールイヤリングはとても清楚なイメージがしますが、パールとシルバー・パールとゴールドの組み合わせはさらに魅力的に見えます。

    シルバーやゴールドが入ると、パーティーの席でもドレスと合わせやすいですね。可愛いとセクシーの両方を持ち合わせるパールとキラキラ系のイヤリングは人気アイテムです。

    コケティッシュなメイクの特徴

    目をパッチリ見せるキャットライン

    キャットラインと呼ばれるアイラインのやり方は、アイラインを目尻で終わりにせずそのまま斜め上に持って行く描き方を言います。

    目尻から5ミリ~7ミリくらい長めに斜め上にラインが終わることを意識していれば、上手に描けますよ。ペンシルよりも、リキッドアイラインで描くとしっかりとラインが描けて、目に大きな印象を与えてくれます。

    猫のように大きくて引き込まれそうな目元になるように、キャットラインをメイクに取り入れてみましょう。

    眉はしっかり太目に描く

    コケティッシュなメイクは眉もポイントです。あなたはアイブロウは細目派ですか?それとも太目派ですか?

    コケティッシュなメイクに仕上げたいなら、眉は太目に描きましょう。太目の眉は上品で自信のある大人の女性の印象を与えてくれます。

    眉頭から決してあげずに平行に描くことを心がけるのがポイントです。丁度目尻の上あたりに角をつけると、より目が大きく見えます。パウダーアイブロウを使うとペンシルよりも立体的に見えますよ。

    赤みブラウンのアイシャドウ

    ほんのり赤みがかったブラウンのアイシャドウもぜひ使ってみましょう。ブラウンはどの肌のトーンにも合うし、ナチュラルな色で清楚なイメージを持っています。

    赤みブラウンのアイシャドウをまぶた全体にのせてから、ゴールドラメのアイシャドウをまぶたの中心部だけにのせると目にしっとりした印象を与えてくれます。

    今までブラウンのアイシャドウは、あまり使わなかったという方も、ラメと合わせると全然雰囲気は変わります。ぜひ試してみてください。

    健康的に見せるオレンジ系チーク

    コケティッシュなメイクのチークの色はオレンジ系です。オレンジ系のチークは顔に明るい雰囲気、そしてちょっと大人っぽい雰囲気を足してくれます。

    チークはパウダー・クリーム・リキッド、また最近注目されているシロップチークと種類が多いですね。クリームやシロップは肌にすっとなじんで、より自然に見えるしつや感もあるのでおススメです。

    チークは小鼻と耳のちょうど真ん中に入れるのが基本です。ほお骨に沿って鼻から耳に向かって少し斜め上に入れるときれいに見えます。

    しっとり見せるヌーディーベージュのリップ

    リップの色はベージュ系がベストです。赤みブラウンのアイシャドウとオレンジ系チークともとても相性がよく、健康的でしっとりした女性の雰囲気を出すことができます。

    ベージュのリップを使うときは、ペンシルと組み合わせて使います。まずペンシルで唇の輪郭をふちどります。次に中をベージュのリップでしっかり塗っていきましょう。

    ベージュはとてもナチュラルな色なので、グロスも一緒に使ってより潤いのある口元にしてもいいですね。

    コケティッシュな芸能人

    貫地谷しおり

    現在33歳、数々の映画に出演している女優、貫地谷しほりさんはコケティッシュな芸能人の1人です。大きな瞳がウルウルしているところが女性らしさをプラスしていますね。

    まさにしっとりという言葉が似合う女優で、雰囲気も柔らかく品のあるセクシーさを持っています。また痩せすぎていない点も男性にとっては魅力的に映るのではないでしょうか?

    オードリー・ヘプバーン

    歴史的な大女優、オードリー・ヘプバーンもコケティッシュなイメージを持つ女優です。その多くは彼女が出演した映画の役からもきているようです。

    彼女の持つ雰囲気は可愛らしく、そして時にはセクシーでチャーミング。男性が翻弄されてしまう典型的なイメージを持っています。特に、映画「ティファニーで朝食を」で演じた女性は、コケティッシュな女性そのものでしょう。

    永作博美

    童顔な女優の代表と言っても過言ではないのが、永作博美さんではないでしょうか?彼女はナチュラルなメイクが印象的ですね。

    また、じらしたような表情や怒った時の表情に、強くて色気のある女性の雰囲気を感じることもできます。

    本気で笑うと、とてもキュートで明るいイメージも持っている彼女、実はアラフィフです。コケティッシュな女性は、年齢に関係なく人をひきつける魅力を持っています。

    杉本彩

    動物愛護活動家の杉本彩さんは、昔はエロスの伝道師としてセクシー写真集を発表したり、官能小説を執筆したりと大忙しでした。

    しかし、彼女は現在は女優の他に、様々な事業活動をしています。とても奇麗な顔立ちの彼女は、どのような表情をしていても色っぽいですね。

    いつも柔らかく優しい表情をしていますが、何となく悲しそうな表情をする時も色っぽいです。またミステリアスな雰囲気もあるので、何を考えているのかわからないのが男性にはうけるのかもしれません。

    ツイッギー

    彼女は、60年代のイギリスを代表する歌手、そして女優です。ツイッギーは愛称で、彼女は当時小枝のように痩せていたので、ツイッギー(小枝ちゃん)として人気を得ました。

    パッチリした大きな目にストレートのショートカットがトレードマークでヒッピー的な雰囲気を持っています。

    お茶目で生意気そうに見えるけど、何だかほっておけない存在になりそうなタイプの女性です。おどけた表情をしても、とても美人なところが魅力的ですね。

    やっぱり褒め言葉!?コケティッシュはセクシーで魅力的

    艶やかでなまめかしく女性特有の魅力を放っている。それがまさにコケティッシュな女性の特徴です。コケティッシュなファッションやメイクも簡単にできそうなものから始めて、あなたもコケティッシュな女性を目指してみてはいかがでしょうか?

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ