大阪に住んではいけない地域8選!住んではいけない理由もご紹介!

全国的に住んではいけないと言われる地域はたくさんありますが、中でも大阪は危ない・避けたほうがいいと言われる地域が多く存在しているようです。今回は、大阪の住んではいけない地域を紹介するとともに、危ない地域と言われる理由についてご紹介します!

大阪で住んではいけない地域は?その理由も紹介!

日本には様々な理由で危険あるいは住んではいけない地域と言われている地域が多数存在します。そして大都市である大阪にもいくつかの住んではいけない地域が存在します。大阪で住んではいけない地域やその理由について紹介していきます。

大阪で住んではいけない地域とは?(前編)

住んではいけない地域とされる場所に同和地区というものがあります。

同和地区とは何か、住んではいけない地域の詳細について見ていきます。

同和地区とは?

同和地区とは、そこに住んでいるだけで差別されるという地区の事を指します。同和地区の始まりは歴史の過程で作り上げられた身分制度によって、身分や住む場所が固定されていったことに由来すると言われています。

この同和地区に対する差別などは今なお残り、結婚や就職への障害になったり、日常生活に影響を及ぼすこともある重大な社会問題の一つです。

大阪で住んではいけない地域①西成区(あいりん地区)

住んではいけない地域の一つである西成区は治安の悪さで有名です。その治安の悪さは大阪だけではなく、日本でもトップレベルに入る悪さだそうです。

特に治安の悪さとして有名なのがあいりん地区と呼ばれる場所です。

大阪で住んではいけない地域②浪速区

住んではいけない地域の一つで大阪において治安があまり良くないと言われている地区の一つが浪速区です。但し浪速区全部が治安が悪いという訳ではありません。治安が悪いと言われているのは恵美須町です。

また浪速区も治安の悪さを自覚しており積極的に防犯活動に取り組んでいるそうです。
路地など犯罪の多い場所には防犯カメラを増やしたりしているそうです。

大阪で住んではいけない地域③生野区

大阪で住んではいけない地域の一つとして挙げられるのが生野区です。生野区も一部で治安が悪いと言われています。治安が悪いと言われているのは鶴橋駅・北巽駅周辺であると言われています。特に鶴橋駅周辺は絶対に住みたくない大阪環状線の街のワーストランキングでワースト1位になるほどです。

生野区は鶴橋駅がありアクセス面では抜群ですが、コレアタウンがあり外国人の方が多く、また夜の店も多いため、そのことが治安の悪さの原因の一つです。

大阪で住んではいけない地域④門真市

大阪で住んではいけない地域の一つが門真市です。門真市はパナソニックの本社や運転免許試験場があることで有名ですが、一部では治安が悪いと言われています。治安が悪いと言われているのは古川橋周辺です。

口コミなどでも治安が悪いと言われています。実際、夜になるとガラの悪い人がいるそうです。また古川橋は空き地や狭い路地が多いのが特徴です。

大阪で住んではいけない地域とは?(後編)

ここまでいくつかの治安が悪いと言われている、住んではいけない地域を見ていきましたが、大阪にはまだまだそのような地域が存在します。 大阪で住んではいけない地域の続きを見ていきます。

大阪で住んではいけない地域⑤東大阪市

大阪で住んではいけない地域の一つである東大阪市は犯罪発生率が高い地区です。
東大阪市はモノづくりの街として知られており、工場がとても多い地域です。また花園ラグビー場があるラグビーの街でもあります。

東大阪市はひったくりなどの街頭犯罪が多いようです。但し治安に関しては一昔前よりも大分改善されたようです。

大阪で住んではいけない地域⑥岸和田市

岸和田市と言えばだんじりで有名です。また大阪弁の中で最も汚い地域と言われています。岸和田市は泉州弁で特徴的な語尾、敬語らしき言葉がほとんどないことなどから同じ大阪人からも怖いなどのイメージが持たれているそうです。だんじり祭りでは必ずと言っていい程、死亡事故のニュースが流れるためイメージの悪化につながっているようです。

岸和田市は駅を離れると細道や街灯が少なく暗い場所もあるようなので注意が必要です。

大阪で住んではいけない地域⑦大正区

大正区は大阪市24区で一番人口の少ない区です。また沖縄からの移住者が多かった地域でリトル沖縄とも呼ばれている区です。

大正区は鉄道がほとんどなく、区内には大正駅があるだけですが、その大正駅周辺では、稀に痴漢やひったくりなどが発生していて少し治安が悪いです。また大通りから離れると街灯が少なく暗いため注意が必要です。

大阪で住んではいけない地域⑧此花区

此花区は工業地帯があり、ユニバーサルスタジオジャパンがあることで有名な地域です。
此花区は工業地帯があるため環境が悪いなどのイメージが持たれることがあるようです。

しかし実際は犯罪発生率も少なく治安も良いです。また此花区は高度経済成長期には公害問題がありましたが、その経緯から今では美化への整備が率先して行われているそうです。

大阪の同和地区は64区ある!

大阪にはいくつかの同和地区があると言われていますが、「大阪の同和事業と解放運動」という本によれば大阪には64区の同和地区があるそうです。

同和地区の住む場合のマンションの家賃や暮らしの環境などを見ていきます。

同和地区は家賃が安い!

大阪の同和地区にあるマンションは比較的家賃が安いそうです。実際に同和地区のど真ん中に住んでいる人によると家賃の低さに惹かれて引っ越してきたそうです。またその当時は家賃の低さから移住者が後を経たなかったそうです。しかし同和地区のど真ん中ということもあってネットでは不人気地区だったそうです。

同和地区にど真ん中に住んでいる人によると後から家賃が低い理由が同和地区のど真ん中だったからということを知ったそうです。

同和地区は住むのに環境は悪くない

同和地区には未だに偏見が差別が残っていますが住むのに環境は悪くないようです。
同和地区のど真ん中に住んでいる人によれば悪いイメージが一人歩きしているが住んでみれば家賃も低い上に子育てにも最適な環境であると言っています。

勿論、地域や人の感じ方によって違うでしょうが、同和地区だからといって必ずしも住む環境が悪いとは言えないと言えるでしょう。

住んではいけない街「あいりん地区」ってどんなとこ?

大阪で住んではいけない地域の一つである西成区ですが、そこには「あいりん地区」があります。「あいりん地区」は新今宮駅の南側の地域にあり、日本で唯一のスラム街とも呼ばれている場所です。

大阪で住んではいけない地域の一つの中にある「あいりん地区」は一体どのような場所なのか見ていきます。

あいりん地区は日雇い労働者の街!

「あいりん地区」は日雇い労働者達が集まる、いわゆるドヤ街の一つです。また路上生活者も数多くいる場所でもあります。

「あいりん地区」には「あいりん労働福祉センター」があり、その中にある「あいりん公共職業安定所」では日雇い労働者の仕事を斡旋しています。

あいりん地区は格安の宿が多くある!

「あいりん地区」はドヤ街ですが、ドヤ街のドヤは宿を反対にした隠語です。ドヤ街の名前通り「あいりん地区」には数多くの宿があります。

その宿は格安で1泊500円から泊れる宿もあります。相場は大体1000円~1800円くらいだそうです。

デフレ自販機がたくさんある!

住んではいけない地域にある「あいりん地区」は宿が格安ですが、格安なのは宿だけではありません。「あいりん地区」には格安なデフレ自販機がたくさんあります。1本20円から買えるらしいです。

この自販機は在庫を格安で引き取ったり、ホットをコールドで売るなど独自の販売ルートで売っている自販機らしいです。

公衆トイレが危ない

大阪で住んではいけない地域にある「あいりん地区」で注意しなければならないのが公衆トイレです。

「あいりん地区」は薬物中毒者の人も多く、公衆トイレをよく利用するそうで危険な場所だそうです。「あいりん地区」では覚せい剤などはそれほど難しくなく入手出来るそうです。

住んではいけない地域の観光名所は?

大阪で住んではいけない地域をいくつか紹介してきましたが、この住んではいけない地域には観光名所が存在します。

そこで住んではいけない地域にある観光名所を見ていきます。

住んではいけない地域にある観光名所①:通天閣

住んではいけない地域で紹介した浪速区にあるのが通天閣です。

通天閣は新世界の中心部に位置する建物で2007年には国の登録有形文化財になった大阪の観光名所です。

住んではいけない地域にある観光名所②石切温泉

住んではいけない地域で紹介した東大阪市にある温泉が石切温泉です。

石切温泉は自然と絶景を楽しめる天然温泉として人気の温泉です。

住んではいけない地域かどうかは人によって変わる

大阪で住んではいけない地域を紹介してきました。治安が悪いと言われている地域もありますが、地域によっては治安が改善されている地域もあったりします。また同和地区は差別・偏見が残ってはいますが、住む環境に関しては悪くありません。住んではいけない地域だからと言って住んでいけないわけではなく、人によっては住みやすい場所があるかもしれません。

関連記事もチェック

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ