沢尻エリカと離婚したハイパーメディアクリエイター高城剛の現在は?

沢尻エリカと離婚したことで知られる高城剛さん。彼は現在何をしているのでしょうか?結婚当初話題になった高城剛さんの職業である、「ハイパーメディアクリエイター」とはどんな仕事なのでしょう?ハイパーメディアクリエイターの年収や仕事内容について詳しく調べてみました!

ハイパーメディアクリエイターとは

『ハイパーメディアクリエイター』とは、どんな職業を指し、どんな意味で使われているのか皆さんは知っていますか?『ハイパーメディアクリエイター』という言葉は、高城剛氏によって広まったものだといえます。それまで、『ハイパーメディアクリエイター』という言葉は、日本にあまりなじみのないものでした。

今回はその『ハイパーメディアクリエイター』について分かっていることから紹介をしていきますので最後までご覧ください。

高城剛のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):高城剛(たかしろつよし/愛称は非公表)
  • 所属事務所:株式会社高城剛事務所(個人事務所)
  • 生年月日:1964年8月18日
  • 現在年齢:54歳
  • 出身地:東京都葛飾区柴又
  • 血液型:A型
  • 身長:非公表
  • 体重:非公表
  • 活動内容:現在はライター。ハイパーメディアクリエイター(一時期使用)
  • 所属グループ:無し
  • 家族構成:高城昌子(母)

 

 

沢尻エリカと結婚

当時、週刊誌に度々、女優の沢尻エリカさんと噂されていました。2人は、2009年の1月7日に結婚をしました。当時、沢尻エリカは22歳、高城剛氏は44歳でした。結婚式も明治神宮で執り行われ、和装だったこともあり芸能ニュースなどで取り上げられていたことも記憶に新しいかもしれません。

結婚後も、度々2人は、芸能記者に追いかけられる日が続いていてあまりいい印象が当時無かったという意見もあります。しかし、この二人の結婚生活は、長くは続かなかったのです。

沢尻エリカと離婚

結婚して1年が経った2010年頃のから、沢尻エリカが”離婚をしたい”と言いはじめていたようです。高城剛氏が、離婚に対してすぐに応じなかったと当時報道されていました。沢尻エリカと『ハイパーメディアクリエイター』の高城剛氏の離婚問題は長期化していました。
2013年の年の瀬に離婚が決定したといいます。沢尻エリカは、すっぴんで離婚会見もしています。離婚の真相は語られないまま、離婚理由は不明です。

沢尻エリカの熱愛

離婚前から沢尻エリカは、ある男性とのお付き合いをしていると週刊誌で報じられています。沢尻エリカと女優とのWデートなど仲睦まじい様子が撮られています。その男性とお付き合いをし始めたのが、2011年頃だといわれています。

沢尻エリカとの離婚理由は?

美人女優の沢尻エリカと年の差結婚をしたハイパーメディアクリエイター高城剛氏の離婚理由について迫っていきましょう。当時、何かとお騒がせしてきた2人の結婚期間はあまりに短いものでした。それでは早速見ていきましょう。

沢尻エリカの役に不満?

沢尻エリカと高城剛氏の離婚理由は、様々な憶測が飛んでいました。沢尻エリカは「結婚生活は悪夢だった」という発言をしています。そんな発言があったり、離婚成立までに3年もの月日が流れていることからいろいろな憶測があるのでしょう。

2012年に沢尻エリカ復帰作の映画『ヘルタースケルター』で濡れ場を演じて話題になりました。その濡れ場シーンに対して高城剛氏が、声をあげたことで2人の間に亀裂が入ったとも言われています。

沢尻エリカが高城剛の信頼を失った?

離婚したことについて、当時のイベントで報道陣に問い詰められた沢尻エリカは、「夫に対して信頼を失ってしまった」と回答をしています。それ以上の回答は無しでした。離婚の原因は2人だけの秘密とも言えます。

夫だった高城剛氏が、沢尻エリカの女優としての仕事に我慢できないナニかがあったのかなど様々な憶測を呼んでいます。

ハイパーメディアクリエイターで話題に

ここまでは『ハイパーメディアクリエーター』の高城剛氏のプロフィールなどを紹介してきました。ここからは、『ハイパーメディアクリエーター』で話題になっていたものをここでは紹介をしていきます。それでは見ていきましょう。

ハイパーメディアクリエイターとは?

『ハイパーメディアクリエイター』とは、高城剛氏が考えた新しい言葉のようです。では、どのような意味なのかといいますと、ライターやクリエイターなどの総称の意味があるようです。高城剛氏の固有の肩書きを表すために用いられた言葉こそが、『ハイパーメディアクリエイター』となっているようです。

また、TVのディレクターや映画監督などの仕事を総合的に見て、垣根を超えた”なんでも屋さん”というような意味も込められている言葉こそが『ハイパーメディアクリエイター』のようです。

芸人ジョイマンもハイパーメディアクリエイター?

芸人のジョイマンこと高木晋哉を皆さんは覚えていますか?なぜジョイマンが『ハイパーメディアクリエイター』なのでしょうか?これには理由がありました!最近ではあまりテレビでは毒舌なあだ名をつけることがなくなった有吉弘行ですが、一時期とても毒舌をはいていました。

そこで、芸人ジョイマンに付けたあだ名がこちらです。『ハイパーメディアクリエーターとでも思えば、味がある外見』とつけました。このあだ名により『ハイパーメディアクリエーター』をGoogleで調べるとジョイマンも検索ワードに入ってくるのです。

ジョイマン自身は、『ハイパーメディアクリエーター』ではなく芸人です。

ハイパーメディアクリエイターはどうやってなるのか?

『ハイパーメディアクリエイター』になるには、何をしたらいいのでしょうか?とりあえず答えは無しと言うことになります。『ハイパーメディアクリエイター』は、高城剛氏が生み出した新しい言葉の1つです。なので、『ハイパーメディアクリエイター』になる方法は特にないと言えます。

メディア関係の仕事に就職をするためには、専門学校などに行きますが、『ハイパーメディアクリエイター』は専門学校などの特定の学校はありません。垣根を超えて、様々な仕事ができるようになると『ハイパーメディアクリエイター』の称号が手に入れられるかもしれません!

ハイパーメディアクリエイターの年収

『ハイパーメディアクリエイター』の年収=高城剛氏の年収ということになります。高城剛氏が、テレビで注目を集めていた時に、あるバラエティ番組で推定年収の話をしていました。その時の金額は、大体3000万円~5000万円の間の金額でした。
『ハイパーメディアクリエイター』は、たくさんの仕事を受け持つクリエイターに近い仕事なので報酬も高いといえるのでしょう。

ハイパーメディアクリエイターは胡散臭い?

「社会人が胡散臭いと思う職業」というアンケートが実施されています。結果は、第1位 ○○コンサルタント、第2位 探偵、第3位 占い師、第4位 ハイパーメディアクリエイターという結果になっています。どうやら『ハイパーメディアクリエイター』という職業が胡散臭いと一般の方には思われているようです。

なぜ、『ハイパーメディアクリエイター』が胡散臭いと思われているかというと、どんな仕事をしているか分からない人が多いからだとみんなが思っているようです。

ハイパーメディアクリエイター高城剛の仕事は?

『ハイパーメディアクリエイター』として、高城剛氏が今までに行ってきた仕事について簡単に紹介をします。
・台湾の観光キャンペーンの総合監督
・2016年東京オリンピック招致映像の監督
・1999年にはAIBOのプロモーションビデオの制作

などこれ以外にも『ハイパーメディアクリエイター』としてたくさんの作品をこの世に残しています。

高城剛の現在

現在、高城剛氏の活動については、主に執筆活動をしているようです。何年か前まではテレビ出演をしている時もありましたが最近では全然見かけなくなりました。ここでは、高城剛氏が書いている本の紹介を簡単にしていきます。それでは見ていきましょう。

ハイパーメディアクリエイター高城剛の著書

2011年以降、『ハイパーメディアクリエイター』としての肩書を使って活動はしていないようです。著書としては、1995年から2017年までに、約36冊もの本を執筆しています。
その中でも、2011年に発売した 『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』と2014年に発売した『白本』が人気の作品です。

これらの本を読んで、高城剛氏に対する見方が変わったなどの意見も多数あります。本が面白いとも話題になっています。

現在高城剛は執筆活動を中心に活動している!

最近では、『ハイパーメディアクリエイター』として、メディアに出演することも減ってきました。現在は、執筆活動を中心に、メルマガ配信事業やトークイベントなどにも出演しているようです。

ハイパーメディアクリエイターはジャンルを問わない

現在、高城剛氏は『ハイパーメディアクリエイター』という肩書きを使わずに仕事をしている様子です。最近では、執筆活動をたくさんされているそうです。今後の活躍に期待しておきましょう!

関連記事はこちらから

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ