杉沢村伝説の真相は?地図から消えた村が青森県に存在した?

    杉沢村伝説とは、昭和初期に起きた「1人の男が突然発狂して村人全員を殺し、最終的に自殺した」という杉沢村での怪奇現象のことをいいます。この場所への行き方や真相の証拠は少なく、謎に包まれた都市伝説です。今回はこの都市伝説の真相に迫ります。

    杉沢村伝説とは?

    杉沢村伝説とは昭和の初期頃に「とある一人の村人が突然発狂し、一夜にして村人全員を殺し、その後自ら命を断った」という事件の都市伝説です。村はその後に廃村となり、公文書や地図からは消去されたと言われています。

    都市伝説や作り話だと言われていますが、今でも色褪せることなく語られている話でもあり、実際に杉沢村のようなものを見かけた、という人もいます。また、杉沢村にまつわる情報なども少なからずあるようで、事実だと考える人は多いようです。

    そんな謎に包まれた杉沢村伝説について、現在多くの人に語られている特徴や、杉沢村があると考えられている場所について触れていきましょう。

    杉沢村伝説の特徴

    杉沢村が実際にあると噂されるようになったというのも、その特徴にあります。実は杉沢村に実際に行くためには、とある特徴を辿っていくとたどり着くと言われており、メディアや、ホラードキュメンタリー作品などでも取り上げられたことがありました。

    その特徴というのが【ここから先へ立ち入る者命の保証はない】と書かれた看板に、村の入口に位置した場所にあると言われている根本にドクロのような岩がある鳥居、さらに先に進むと血痕がこびりついた廃墟があると言われています。

    あまりにも特徴的な印でもあるため、今でもこの特徴を目印に杉沢村へ向かおうとする人も少なくないようです。ただし、実際杉沢村を探索しようとした人の多く、看板、ドクロ岩、血痕と3つの特徴が一致する場所はなかなか見つからず、見つかっても1,2箇所のみだった、という声も多いようです。

    杉沢村の場所は?

    杉沢村があると言われている都道府県はある程度絞られています。特に濃厚だと言われているのが青森県です。そもそも杉沢村伝説が語られた時、青森県のとある村で…というような形で語られるようになったので、青森県に杉沢村があると考えられています。

    しかし、青森県には杉沢村という村が存在していたという記録はありません。過去に廃村になった村、名称が変わった村などもありますが、その中にも杉沢村という村が存在していたという記録は残されていないのです。

    青森県には【杉沢】と付く地名があるのは確認されています。しかし、杉沢村という村は存在していません。中にはそういった観点から、青森県ではなく、東北地方のどこか、と考えている人もいるようで、青森県だけでなく幅広い地域で杉沢村と思わしき場所を探している人は今でもいるようです。

    地図から消された村

    杉沢村伝説は概要を見てわかるとおり、とても残虐なことが行われた村の話です。突然発狂した村人の一人が、村人の全てを殺し、さらには自分も命を断つ…つまり、この時点で村には誰もいないことになります。

    村人がいなくなったということや、悲惨なことが起きた村ということもあり、杉沢村はやがて廃村となり、地図から消された村になったと言われています。そのため、地図から杉沢村を探そうと思っても見つかりませんし、記録からも消されたと噂されています。

    杉沢村の怖いところは、正確な場所がわからないということでしょう。いつの間にか迷い込んでしまうかもしれない…そんな恐怖が、今でも多くの人の興味をそそると考えられます。現在青森県には杉沢村という村は存在していない、そんな事実も恐ろしいと思えるポイントの一つでしょう。

    行き方は山を経由すること

    杉沢村は青森県の山の中にあると言われています。この後いくつかの杉沢村にまつわるエピソードを紹介していきますが、共通点としては山があることがわかっています。山に迷い込んだ、山に足を運んだ、杉沢村があると思われる山に向かった…そういったことから、杉沢村と山は密接な関係にあると言えます。

    杉沢村の正確な場所はわかっていませんが、おそらく山のどこかにあると言われており、山に迷い込んだ拍子に杉沢村に足を運んでしまう…という人が多いようです。そのため、杉沢村に行くためには、山を経由するというのが条件だと考えられているようです。

    特に杉沢村があると言われている青森県は、山が多い地域でもあります。山々が広がる広大な土地の中に、ひっそりと地図から消えた杉沢村がある…それは確かめようがないからこそ、どこか不気味で信憑性を感じさせる要因になっていると言えるでしょう。

    杉沢村のエピソード

    続いて、杉沢村にまつわるエピソードについて触れていきましょう。杉沢村にまつわるエピソードに触れていくと、杉沢村の異質な雰囲気、謎や不気味さを間接的にでも感じられると言えます。

    冒頭でも紹介した通り、杉沢村に興味を持った人の中には、実際に杉沢村らしき場所を探し当て、足を運んだという人もいます。中には、杉沢村に訪れるつもりはなく、まるで導かれるように杉沢村に迷い込んでしまい、命からがら逃げてきたという人もいます。

    そんな人達が語る、杉沢村にまつわる恐ろしいエピソードについて早速チェックしていきましょう。

    異臭が漂う杉沢村

    杉沢村に訪れてしまった人は、必ずしも故意ではなく、たまたま杉沢村と思われる場所にたどり着いてしまったという人もいます。特に有名なエピソードでは、ドライブをしていた人物が、車を停めて休憩していたところ、たまたま森の中に進む道を見つけて足を運んでしまうことから始まります。

    その人物が足を進めていくと、一定間隔で建築されている木造家屋の村にたどり着きました。建物にはゴミが敷き詰められており、生ゴミを始めとした多くのゴミが存在し、所謂ゴミ屋敷の状態です。臭いも酷いものであり、村全体に異臭が漂う状態でした。

    そんな異様な光景を目の当たりにしていると、人の視線をふと感じることになります。人はいないはずなのに気配や視線がする…その視線はとても不気味でどこか鋭かったようで、そんな居心地の悪い状態に、慌てて引き返し、逃げたようです。

    ダムの底の霊

    次に紹介するエピソードは、杉沢村について調べていた人の話です。この人物は、杉沢村があると思われる場所に目星をつけ、実際に足を運びました。しかし、その場所にあったのは村ではなく大きなダムだったそうです。

    そのダムの底に目を凝らして見てみると、ダムの底には建物がいくつも沈んでおり、ダムに沈んだ村だということがわかりました。建物は朽ち果てており、ボロボロの状態だったと言われています。杉沢村の噂の中にはダムに埋められたという話もあり、杉沢村かもしれない、と感じたようです。

    その後、この人物は霊感のある友人にダムの中に沈む村について見てもらったそうです。その友人曰く、沈んだ村には多くの霊や怨霊が見え、さらには杉沢村と思われるこのダムに近づくと、酷い頭痛や吐き気に襲われてしまうと語っていたようです。

    襲ってくる青白い顔の男

    最後に紹介するエピソードは、登山をしていた人物の話です。この人物は青森県にある山を登山していたところ、突然濃霧が周囲を包み込み、山に迷いこむことになってしまいました。その人物は持っていた懐中電灯で足元を照らしながら、とある集落と思われる場所に辿り着きます。

    辿り着いた集落には人の気配はなく、その人物は一軒一軒、家を見て回り、人の存在を確認したと言います。しかし、どの家にも人の気配はなく、廃墟のようで、集落全体はとても奇妙で不気味な雰囲気だったようです。

    そんな人物の背後には、いつの間にか青白い顔の男が立っていました。気味悪いと思いながらも話しかけてみると、反応はなく、そのまま集落をさらに探索しようとしたところ、青白い顔の男は急に奇声を発しながら襲ってきて、命からがらその集落から逃げ出し、元の道へと戻ったようです。

    杉沢村伝説の真相

    杉沢村は単なる都市伝説だと思いたいものの、実際にエピソードを見てしまうと本当にあるのかもしれないと考えてしまうものでしょう。杉沢村は実在したという意見を持つ人もいるように、他の都市伝説とは違った存在であると言っても過言ではありません。

    そんな杉沢村伝説ですが、真相が気になるものでしょう。

    実は、杉沢村伝説というのは実際にあった事件を元に作られた都市伝説ではないか、という見方があります。そこで、この項目では杉沢村伝説の元になったのではないかとされる実際の事件について紹介をしていきます。

    津山事件

    杉沢村伝説の元になったと言われ、実際に横溝正史の八つ墓村のモデルになったと言われる事件なのが津山事件です。津山事件は岡山県で起きた悲惨な事件であり、日本史上最大の犠牲者数を出したと語り継がれています。

    その集落には結核を患う青年がおり、当時治療法なども見つからなかったため、その少年は集落の人々からは避けられ、疎まれていました。当然青年は孤独に襲われることになり、ある晩、自分を避けていた人々を皆殺しにし、最後は自害してしまいます。

    この事件は非常に杉沢村伝説と類似していることがわかります。杉沢村伝説も一人の人物が発狂して村人全員を殺して自害しているため、津山事件から派生したのが杉沢村伝説なのではないか、と考えられています。

    一家八人殺し

    杉沢村伝説というと、多くの人物を皆殺しにした…というのが大きな特徴になっています。そんな特徴を持つ事件というのが、1946年に起きてしまった一家八人殺しという事件です。杉沢村伝説では発狂した村人が、村人を殺害していますが、この事件は家族を殺したという相違点があります。

    この事件はとある家族、そして家族の父親の弟が一つの家に暮らしていました。すでに兄弟の母親は他界していましたが、その母親を義姉がいじめていたと弟は疑惑を持っており、母の死因も虐待死だと考えていました。

    ある日義姉は苦しみながら死んでいった母親の真似をしてしまいます。それを見た弟は復讐に燃え、家に住む全ての人物を殺害しています。その中にはまだ幼い子供もいたようですが、無残にも殺害し、犯人である弟は後に逮捕されています。

    息子殴打殺人事件

    こちらも血の繋がった家族を手に掛けたという点では、先程の一家八人殺しと類似しており、杉沢村伝説とはやや違いがあると言われている事件です。ただ、その感情に任せた凄まじい様子は、杉沢村伝説を連想させると考えている人は多いようです。

    この事件が起きたのは1955年であり、とある親子がいました。息子は父親に対してお金をせがみ、父親はそんな息子の要望には答えませんでした。そんな父親の態度に腹を立てた息子は、怒り狂い、父親の首を絞めてしまいます。

    そこで身の危険を感じた父親は、側にあった鉄鍬を持ち、息子に反撃をしてしまいます。無我夢中で息子に対して鉄鍬で殴り続けたことにより、気づいたころには息子は血まみれで息絶えていたのでした。

    弟絞殺事件

    この事件も先程紹介した、息子殴打殺人事件と似たようなものになっています。

    事件が起きたのは1954年10月のことです。とある一家の弟は、薬物中毒を患っており、病院に入院をしていました。しかし弟は完治をしていないにもかかわらず、病院を抜け出してしまい、実家に帰ると母親に対し金を無心してしまいます。

    そんな弟の態度に兄は「金を貸す必要はない」と断言し、弟を追い出します。それに対して激怒した弟は、短刀を持って自宅にいる兄に襲いかかるものの、兄は抵抗する傍らで弟の首を絞め、殺害してしまったのです。

    マキ割り滅多打ち殺人事件

    最後に紹介する杉沢村の元になった事件と言われているのが、マキ割り滅多打ち殺人事件です。事件が起きてしまったのが昭和31年のことであり、先ほど紹介した弟刺殺事件と非常に似たものとなっています。

    事件の背景としては、薬物中毒を患っていた男は、農家だった実家に保管してある種もみを使ってお金を稼ごうと考えてしまいます。しかし、その計画は上手くいくことなく、種もみを持ち出そうとした瞬間を母親に見られてしまい、それがきっかけで家から男は追い出されることになります。

    その後、追い出されたことに対して逆ギレした男は刃物を持ち出し、実の弟に襲いかかります。弟は身の危険を感じ、側にあった薪割り用の斧で男をめった刺しにし殺害してしまいます。この事件の判決では、弟は正当防衛が認められており、重い刑に処されることはありませんでした。

    杉沢村伝説を作った黒幕は?

    奇妙な雰囲気が漂う杉沢村伝説ですが、実際にあった事件から派生したものかもしれないと考えると、しっくりくるものがあります。事実、杉沢村伝説が本当にあったものかどうかの信憑性は低くく、証拠という証拠はありません。

    そんな杉沢村伝説ですが、実は杉沢村伝説を作った黒幕がいると言われています。杉沢村伝説が知れ渡ったのも、2000年前後にインターネットにて語られたことがきっかけとも言われています。

    ここでは、杉沢村伝説を作った黒幕について注目をしていきます。誰が何のために杉沢村伝説を広めたのか、そんな知られざる噂について見ていきましょう。

    杉沢村伝説は軍事システム隠蔽のために作られた?

    実は杉沢村伝説は、とある軍事システム【エシュロン】を隠蔽するために作られた話ではないか、と噂されています。杉沢村があるとされる青森県の三沢基地には軍事システムエシュロンが隠されており、それを破壊させないために杉沢村伝説でカモフラージュしたと言われているのです。

    この軍事システムエシュロンは、アメリカ合衆国を中心に作られた通信システムであり、様々な情報を得られると言われています。アメリカからしてみればエシュロンを隠せる絶好の場所、日本からしてみれば情報を得られるという、お互い利害関係にあるというわけです。

    そんなエシュロンの存在を他の国に知られてしまえば、エシュロンから得られる利益はなくなってしまいます。そうならないためにも、隠蔽目的として杉沢村伝説の噂を流し、エシュロンという存在から目を背けさせようとしたと考えると、納得出来る人も多いでしょう。

    ユダヤ人が作った集落?

    実は杉沢村はユダヤ人が作った集落だった、という噂もあります。杉沢村にまつわる噂は多くありますが、とある噂では見たことのないような姿をしていた、という声も少なくありません。実はこの噂の真相としても、見たことのないような姿=日本人ではない姿=西洋人と考えられています。

    ユダヤ人が作った集落というのも、もともと青森県にはキリストの墓が多く点在しており、その昔、日本人に隠れてユダヤ人が集落を作り、暮らしていたとも言われています。次第に集落での生活を安定させ、その後日本人に紛れたと言われています。

    また、この時、ユダヤ人が作る村からとある料理法が他の村に伝えられました。その料理というのが、テンプル騎士団が考案した油を使った料理法であり、後にその料理法で作られた料理が天ぷらだった、と言われています。

    カルト集団の集落?

    杉沢村伝説の真相として考えられているのが、カルト集団の集落だった、というものです。このカルト集団は小規模なものであり、オウム真理教のような大きなものではなく、ひっそりと活動している集団だと言われています。

    杉沢村伝説の中には、近寄ると村人が襲ってきたというものがあります。実はこれも、カルト集団の人物が、自分たちの聖域に立ち入らせないために行った行為とも言われており、実際カルト集団は自分たちの領域に部外者が立ち寄ることを嫌うのを考えれば、辻褄が合うと言えます。

    また、カルト集団だと考えると、杉沢村周辺にあるとされる看板の意味もわかります。カルト集団によっては多少過激なことを発することもあるため、自分たちの聖域に立ち寄らせないために、恐ろしい看板を建てたと考えるとしっくりくるものがあるでしょう。

    ダムに埋められた村から生まれた都市伝説

    先程紹介したエピソードにもあるように、杉沢村はダムに沈んでいるという噂もあります。エピソードでは、杉沢村と思われる場所に行くとダムがあり、村が沈んでいたというものがありました。

    実際、ダムに村が沈められていたのかは定かではありませんが、もし過去にとある村や集落がダムに沈められたことがあるのであれば、それに反対していた村人や集落の人物が、何らかの復讐を果たすために杉沢村伝説を作り、恐ろしい話として広めたと言われています。

    村や集落がダムに沈められてしまうということは、決して少ない例ではありませんし、日本だけでなく世界でも行われていることでもあります。ダムに沈んだ村というだけでも、どこか不気味さを感じさせるものになっているため、そんな不気味さから派生した都市伝説と考えてみるのも自然だと言えるでしょう。

    杉沢村伝説が作品に?

    杉沢村伝説はその知名度、さらに不気味さ、謎の多さから、多くの作品に取り上げられているってご存知でしたか?ここまで杉沢村伝説が有名になったというのも、そういった作品やメディアで取り上げられたことが要因だと言っても過言ではありません。

    多くの作品が杉沢村伝説をモチーフにしていると言われていますが、その中でも今回は特に有名なものを紹介していきます。作品を通して杉沢村に強い興味を持ったという人も多いため、作品が好きという人は改めて杉沢村について調べてみるのもいいでしょう。

    もちろん、杉沢村伝説が気になるという人や、杉沢村伝説について知りたいと考えている人は、是非これから紹介をしていく映画や番組、ゲームなどもチェックしてみてください。特にアプリはすぐにでも始められるので、手始めに興味を持つという場合にはぴったりです。

    杉沢村都市伝説 劇場版

    2014年に公開された映画【杉沢村都市伝説劇場版】は、乃木坂48の伊藤寧々が主演を務めたホラー映画になっています。あらすじとしては、杉沢村について真相を突き止めようとした主人公の兄が、友人二人と青森県にある杉沢村へと足を運びます。兄達はそういった体験を撮影し、ネット上に公開していました。

    しかし、帰ってきたのはケガをした兄の友人ただ一人だったのです。主人公はそんな兄の友人に誘われるように、兄の彼女と一緒に杉沢村に足を踏み入れることになり、兄の彼女とどこか気まずい雰囲気になりながらも、兄や友人を探しつつ、謎や真相を恐怖と共に知ることになるのです。

    映画の総合評価はそこまで高いとは言えませんが、杉沢村独特の奇妙な雰囲気や恐ろしさが評判であり、杉沢村のそういった得体の知れない感じが好きという人には堪らない作品となっています。また、アイドル映画という評価は少ないため、アイドルが出ている作品を敬遠している人にもおすすめです。

    奇跡体験! アンビリバボー 2時間恐怖スペシャル

    杉沢村が全国的に広まった理由になったのが、アンビリバボーで取り上げられたことがきっかけだと言えるでしょう。放送されたのは2000年8月のことであり、その頃から杉沢村伝説が多くのひとに知られることになりました。

    アンビリバボーでは、杉沢村伝説に関する概要や噂、杉沢村が存在していると思われる場所など、気になるポイントにいくつも触れていき、多くの人の興味を集めることになったと言えます。

    また、アンビリバボーでは実際に杉沢村があるとされる場所を捜索しています。近隣住民へのインタビューや足を運んで捜索をするなどしましたが、杉沢村を見つけることは出来ませんでした。最後にアンビリバボーでは、杉沢村は【別の空間に存在しているのではないか】と締めくくっていたのも印象的です。

    ゲームアプリ 都市伝説 〜杉沢村からの脱出〜

    人気ゲームアプリとなっているのが、杉沢村からの脱出という所謂脱出ゲームです。主人公は杉沢村に興味を持った女子高生の三人組であり、杉沢村にまつわる噂や謎に注目をしながら、暗く異質な村を探索していくホラーゲームになっています。

    ゲームは単なる脱出ゲームではなく、主人公3人組という良さや現代のネット社会を活かしたものになっているのも面白いポイントだと言えます。時にはバラバラになった友人とLINEのようなアプリで連絡を取り合って脱出を図るなど、楽しみ方はたくさんあります。

    また、マルチエンディングに対応しているため、一つのエンディングではないというのも魅力の一つです。様々なエンディング分岐があるため、繰り返し杉沢村の謎を解くためにゲームをプレイ出来ますし、杉沢村についての理解をより深めたいという人にはぴったりの脱出ホラーゲームになっていると言えるでしょう。

    零~紅い蝶~

    公式でも杉沢村をモチーフにしたと、発表されているのが【零~紅い蝶~】というゲームソフトです。人気ホラーゲーム零シリーズでもあるため、杉沢村については、このゲームをプレイして興味を持ったという人も決して少なくないでしょう。

    ゲームのあらすじとしては、二人の双子の姉妹が昔住んでいた故郷に立ち寄った際、地図から消えた村【皆神村】に迷い込み、閉じ込められてしまうことから始まります。村は過去に杉沢村伝説のように、一人の村人が村人を虐殺しており、舞い込んだ村はその虐殺した夜を何度も繰り返していました。

    主人公たちは、未だに虐殺の夜が繰り広げられる村から脱出するために、悪霊を退治し、良心の残った霊と協力していきます。その中でわかる虐殺の夜の真相は、どこか不気味で切ない気持ちになるものになっており、未だ根強い人気を誇る作品だと言えます。

    杉沢村からの脱出方法

    最後に、杉沢村に迷い込んでしまったら、その脱出方法はあるのかについて触れていきましょう。先程紹介してきたゲームタイトルでもあるように、杉沢村に迷い込んだら脱出をするのは一苦労である、という印象を受けるでしょう。

    地図に存在しない杉沢村に、もし迷い込んでしまったら…脱出方法がないと悲惨な思いをするかもしれないと不安に思う人は決して少なくないでしょう。

    そこで、杉沢村に迷い込んだ場合の脱出方法について調べてみたので、そのまとめについて注目をしていきましょう。

    杉沢村を脱出した人はいない!

    結論から言うと、杉沢村に迷い込んでしまったら最後、生きて帰るのは難しいと言われています。そもそも地図に存在しない場所というのは、迷い込んでしまえば現在位置はわかりませんし、どのように帰ればいいかもわからないと考えられます。

    さらに、杉沢村の特徴やエピソードでもあったように、視線を感じる、凶器を持った人に追いかけ回される、悪霊や怨霊が多いと言われています。このような状況下で上手く逃げ出していく、というのはやや難しさがあるでしょう。

    紹介したエピソードの中には、杉沢村と思わしき村に足を踏み入れ、視線を感じて逃げ帰ったという話があります。これも、杉沢村に本格的に入り込む前に逃げたから助かっただけと言われていることもありますし、杉沢村伝説が曖昧だというのも、そもそも脱出出来ている人がいなから情報が少ないと考えられます。

    杉沢村は幻?

    杉沢村は幻である、という考えも濃厚だと言われています。幻、つまり幻覚というのはその人個人だけが見えるものであり、周りの人が見えるものではありません。そのため、一度見えてしまえば、自分自身の問題であると考えられるため、その問題を解消しない限りは見続けることになります。

    こういった幻覚の特徴を考慮すると、杉沢村に迷い込んでしまうということは、自分が杉沢村という幻覚を見ているということになり、何らかの対処法をしないと、幻覚だからこそ脱出するのは不可能であると考えられます。

    特に杉沢村は、脱出不可能であるという印象が強い都市伝説です。幻覚とそういった印象が根強く残ってしまっていると、幻覚の中で印象にとって都合の良い解釈が進むようになり、脱出するのは難しいと言えるでしょう。

    杉沢村は異世界にある?

    アンビリバボーの特集で触れていたように、そもそも杉沢村は異世界にあるという考えもあります。地図にない村であり、なおかつ青森県には過去にも現在にも、杉沢村という名前の村が存在していたという記録はありません。また、実際に足を運んでみても、杉沢村らしき村は発見出来ていないのが現実だと言えます。

    そういった点から考えてみると、実は杉沢村はこの世界とは別の世界である、異世界に存在しているという考えが浮かんでくるものです。異世界にあればこの世界から杉沢村を見つけることは不可能になりますし、もし迷い込んでしまえば異世界から脱出することが必要になるため、難しくもなります。

    杉沢村は単なる都市伝説という見方がありますが、どこか生々しく現実味を帯びている異質な都市伝説です。単なる都市伝説である、と多くの人が片付けられず、興味を持ち続けてしまうというのも、実在はするが異世界に存在する、という不思議な感覚があるからだと考えられます。

    知れば知るほど謎が増える杉沢村

    杉沢村伝説は知れば知るほどに謎が増えていき、よりわけがわからない、不思議な状態になってしまう都市伝説の一つだと言えます。似たような実在する事件から派生したにしては、どこか生々しく不気味ですし、実際に杉沢村にまつわるエピソードも語られているのが事実です。

    杉沢村は青森県にあると言われていますが、実は他の場所に存在するのではないか、という意見もあります。杉沢村らしき村を見つけたけど、杉沢村かはわからない…そんな体験談もありますし、地図に存在しない以上、杉沢村を見つけても杉沢村だと断言することは不可能に近いとも言えます。

    知れば知るほどに謎が渦巻く杉沢村伝説は、黒幕の存在や異世界にあるという説など、たくさんの可能性を秘めた杉沢村は不気味でありながらも人々を惹きつける魅力があるのは間違いありません。今後も杉沢村伝説が語り継がれていくことは間違いないでしょう。

    都市伝説にまつわる記事はこちらからチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ