記事ID141125のサムネイル画像

西内まりやは引退していた!?西内まりやに関する気になる噂を検証

2015年には「10代がなりたい顔1位」に輝き、主演ドラマや歌手デビューも果たすなど大活躍だった西内まりやさん。ビンタ騒動で注目を集めて以来、最近ではぱったりテレビで見かけなくなったので心配しているファンも多いはず。西内まりやさんに関する噂の真相に迫りました。

引退説がささやかれる西内まりやの気になる噂を検証

2015年に「10代がなりたい顔1位」に輝き、モデル・女優・歌手として多彩な才能でマルチに活躍されていた西内まりやさん。しかしここ最近はテレビで見かけることが少なくなっています。
今回はそんな西内まりやさんに関する気になる噂の真相に迫りました。

西内まりや人気絶頂期

生年月日 1993年12月24日
出身地 福岡県福岡市中央区
血液型 A型
職業   歌手、タレント、女優、モデル

2006年夏、福岡市内に遊びに来ていた際に芸能事務所ライジングプロダクションのスタッフによるスカウトを受けたことが、デビューのきっかけになったそうです。
2007年からは本格的に芸能活動を開始しました。

モデルとして

2007年にはローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルとなります。
二コラ部長に就任し、新ブランドのイメージキャラクターを務めたのち、2010年5月号で同誌を卒業。

その後2010年に卒業し、同年7月号より『Seventeen』専属モデルとして大注目を浴びます。
小動物のようにかわいらしい顔立ちと表情と、抜群なスタイルで女子中高生から絶大な人気を得て、2015年には「10代がなりたい顔1位」に選ばれました。

2015年に惜しまれつつも『Seventeen』専属モデルを卒業しました。

歌手として

アイドルグループ「Rev. from DVL(当時はDVL)」に所属していた姉・ひろさんの影響もあり2014年8月20日に『LOVE EVOLUTION』でデビューします。
その年の第56回日本レコード大賞新人賞および最優秀新人賞を受賞され華々しいデビューを飾りました。

その後『Chu Chu』『BELIEVE』『Motion』など数々の曲をリリース。
『ありがとうForever...』では自身初となる作詞・作曲にも挑戦しシンガーソングライターとしても活躍されています。

女優として

2008年のドラマ『正義の味方』で本格的に女優デビューを果たします。
その後『スイッチガール!!』『GTO』『山田くんと7人の魔女』『Smoking Gun〜決定的証拠〜』など話題作に立て続けに出演します。

そして2015年には『ホテルコンシェルジュ』で初主演を務めると、2017年には『突然ですが、明日結婚します』では月9初出演にして初主演を果たしました。

西内まりやは実は引退していた!?

芸能界でマルチに活躍する西内まりやさんですが、一部では引退説がささやかれているのです!その噂の真相や原因についてご紹介します。

引退説がささやかれた要因は事務所の退社

2018年3月31日に所属事務所であるライジングプロダクションを退社し、これに伴い公式ファンクラブ「Mariya Uppy's」も4月30日をもって終了になり、そのままSNSの更新が突然ストップしていたことから芸能界引退説がささやかれるようになったようです。

西内まりや 自身のSNSで本音を吐露!

約4か月ぶりに更新された自身のInstagramには再始動について
一度は諦めることも考えたが、再びチャレンジしたいと思ったと素直な言葉を紡いでくれました。

自身の飾らない言葉で芸能界引退説を払拭してくれたので、ほっとしたファンも多いのではないでしょうか。
これからは彼女の言葉を信じて応援するしかないですね!

ではそもそも人気絶頂だった西内まりやさんの引退説が報道されるまで、どのような過程があったのでしょうか。
調べてみると気になる噂がいくつかあったのでまとめてみました。

西内まりやが世間を賑わせたビンタ騒動とは!?

2017年、週刊誌が報道した西内まりやさんのビンタ騒動が話題となりました。ここからはそのビンタ報道の真相と詳細についてご紹介します!

ビンタ騒動の真相とは!?

2017年11月23日の『週刊文春』にて衝撃の西内まりやさんのビンタ報道がされました。
記事によると、10月に持たれた所属事務所『ライジングプロダクション』の社長との話し合いの場で、興奮した西内さんが突然社長をビンタしたというのです。

「もう我慢できない!」と、同社社長に平手打ちを見舞ったあと、応接室から泣き叫びながら飛び出たまりやさんは過呼吸のような状態になり、その場に医者が呼ばれ大騒ぎになったそうです。

社長もまた、むち打ちのような症状となり医師に診てもらったところ加療1か月以上と診断されたという証言も報道されました。

ビンタの原因はストレスか!

まりやさんは2016年末からたびたび過呼吸のような状態になり、月9の主演ドラマの現場でも「撮影を中断することが何度かあった」と言われています。

主演をつとめた月9ドラマや新曲がなかなかヒットしなかったことも要因の一つなのかもしれません。
「私はこんなに頑張っているのに、なんで認めてくれないの」と叫んでいたそうです。
根がまじめな方だそうなので、誰にも相談できない悩みを一人で抱え込んでいたのかもしれないですね。

所属事務所側は新規の仕事をストップするなど対応していたそうですが、西内は事務所への不信感や不満を募らせていったのではないかとみられています。

西内まりやが所属事務所へ不信感を募らせた原因とは?

ビンタ騒動や事務所の退社が報じられた西内まりやさん。彼女がそこまで所属事務所へ不信感を募らせた原因とは一体なんだったのでしょうか?

日本レコード大賞で最優秀新人賞受賞

いくつか要因はあるようですがそのうちの1つは日本レコード大賞に関してあるようです。
2014年に見事最優秀新人賞に輝いた西内まりやさんですが、その受賞に納得がいかない、おかしすぎる、出来レースなのではといった批判の声が沸き上がったというのです。

たしかに女子中高生に圧倒的人気があったまりやさんですが、歌手としてまださほど売れていないのに受賞したことにより、所属事務所のごり押し説が浮上しました。

信頼していたマネージャーの退社

またスターダムにのし上がっていく彼女を間近で見守り支えてきた元マネージャーのA氏が担当を外れその後退社したことや、新しいマネージャーと馬が合わなかったことも要因の一つとして挙げられています。

信頼していたマネージャーを失い、事務所内で誰にも相談できない環境が彼女のストレスとなっていたのかもしれません。

破局命令

彼ができると仕事に影響が及ぶタイプのまりやさんに、かねてより頭を悩ませていた所属事務所は、当時お付き合いを噂されていた呂敏(ロビン)さんと別れてもらうよう命令したという報道もされています。

この命令が社長と西内まりやさんの間に更なる大きな溝を作り、ビンタ騒動を呼び起こしたとも言われています。

西内まりやの熱愛報道

それでは過去にどういった方々との熱愛報道があったのでしょうか。
報道をまとめてみました。

熱愛相手① 俳優・城田優

2015年4月24日に発売された『FRYDAY』に俳優・城田優さんと時間差で都内のダイニングバーで密会する様子の写真が掲載されました。
熱愛のきっかけは2人が共演したフジテレビ系ドラマ『GTO』がきっかけではないかと言われています。

しかし双方の事務所はお互いを「友人の一人」とし、その後は破局したものと見られます。

熱愛相手② モデル・呂敏(ロビン)

2016年の8月にはモデルの呂敏(ロビン)さんとの車チューデートが報道されました。
その後もIKEAでお買い物する姿や、都内の公園でキャッチボールする姿が目撃されるなど、オープンな交際をされているようです。

高身長でスタイルのいいお二人なので目立ちそうですね。

西内まりやの現在

華々しく芸能界のスターダムへと駆け上がった西内まりやさん。所属事務所とのトラブルも乗り越え、現在はどのような活動をされているのでしょうか?

西内まりや 現在の所属事務所は?

調べたところ現在どこの事務所にも所属していないようです。
フリーで活動されているのかもしれませんね。
主な活動は自身のInstagramで見ることができます。

現在の活動

2018年11月12日にはシャンパンメーカー「メゾン マム」のプレスイベントに日本アンバサダーとして参加し、事務所を退社してから初めて公の場に姿を見せました。

その後もGUCCI福岡岩田屋オープン記念イベントやヴェルサーチ銀座、BVLGARI AVRORA AWARD 2018などのファッションブランドのイベントに参加されています。

また2018年12月25日には横浜アリーナで行われたKPOPグループSHINeeのKEYさんの初ソロライブイベントのファッションショーにサプライズで出演し、会場の観客を沸かせました。

西内まりやさんのこれからに期待!

彼女のInstagramには、もう一度自分と自分の人生を好きになってみようと思ったと飾らない素直な想いが綴られています。
色々なものを手放したからこそつむげる力強いメッセージだと思います。

他にも彼女の内面が垣間見える投稿がこれからもされるかもしれませんのでInstagramはこまめにチェックしたほうがよさそうですね。
またテレビで見られる日もそう遠くないかもしれません!

気になる関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ