記事ID136033のサムネイル画像

【乃木坂46】生田絵梨花のメイク方法や愛用コスメは?ポイントは◯◯?

清楚でお嬢様のような雰囲気が可愛いと大人気の生田絵梨花さん。美人ぞろいの乃木坂46メンバーの中でも際立つ美貌の持ち主ですよね。生田絵梨花さんは、その魅力を生かしたナチュラルメイクも素敵です。今回はそんな生田絵梨花さんのメイク方法をご紹介します!

【この記事は2019/8/5に更新されました。】

 

生田絵梨花メイクで可愛くなろう!

乃木坂46のメンバーであり、最近では女優業にも挑戦している生田絵梨花さん。透明感あふれる綺麗な色白肌と、大きな瞳が魅力です。生田絵梨花さんのメイクをマネしたいという方も多いのではないでしょうか。今回は、男性からも女性からも可愛いと人気の生田絵梨花さんのメイク方法をご紹介しちゃいます!

【乃木坂46】 生田絵梨花ってどんな人?

実は生田絵梨花さん、エリートすぎるアイドルとしても有名なんです。生まれはドイツのデュッセルドルフ、5歳の時に東京に移りました。そんな彼女のプロフィールをご紹介します。

1997年生まれ

名前:生田 絵梨花(いくた えりか)
愛称:生ちゃん
誕生日:1997年1月22日(22歳)
出生地:ドイツ
身長 :160cm
血液型:A型

特技はピアノ

生田絵梨花さんの特技はピアノであり、テレビ番組やライブなどにおいて、乃木坂46の楽曲でピアノを演奏したり、弾き語りをしたりしています。東京メトロ乃木坂駅の発車メロディは、生田さんが演奏する「君の名は希望」が使われています。

また生田さんは書道検定準7段を有しており、書画展で金賞を受賞したこともあります。

【特技はピアノ!】芸能人の中でもトップレベルの腕前を持つ生田絵梨花

生田絵梨花さんはピアノがとてもうまいということで評判にもなりました。第21回日本クラシック音楽コンクールのピアノ部門で入選するほどのスキルです。まさに才色兼備ですね!

生田絵梨花メイク ポイント1 ナチュラルな美肌

生田絵梨花さんのようなナチュラルなメイクは人気がありますよね。作り込みすぎない自然さが魅力です。

生田絵梨花さんのメイクのポイントの一つは、透明感あふれる真っ白なお肌です。自分の肌色よりもワントーン明るめの下地を選んで、丁寧に塗っていきましょう。そのあとにフェイスパウダーを、テカリの気になるTゾーンや小鼻のあたりを中心に塗っていきます。

そばかすやにきび跡などの隠したい部分はコンシーラーでしっかりカバーすることもお忘れなく☆

生田絵梨花メイク ポイント2 チークは薄く!

生田絵梨花さんのメイクの第二のポイントは、薄付けのチークです。ニコッと微笑んだ時に高くなる位置に丸く円を描くようにチークを入れましょう。生田絵梨花さんメイクをマネするには、チークの入れすぎは禁物です!あくまで自然に、濃すぎないメイクを目指しましょう。

生田絵梨花メイク ポイント3 角度をつけないストレート眉

続いてのメイクのポイントは、眉です。

生田絵梨花さんは前髪を下ろしているボブスタイルが多いのですが、斜めに前髪を流しているため、ちらっと眉が見えますね。彼女のように自眉を生かして、角度をつけすぎないように注意しましょう。

眉メイクの方法としては、パウダーがオススメです。眉頭はぼかして、中心部分が濃くなるように色を足していきましょう。眉尻に向かってワントーン明るめのブラウン系の色味を足すと、生田絵梨花さんの眉に近いメイクに仕上がります。

生田絵梨花メイク ポイント4 大きな瞳

生田絵梨花さんといえば、吸い込まれそうな大きな瞳が特徴です。とっても可愛いアーモンド型の目をしていますよね。

そんな彼女のアイメイクは、アイラインもアイシャドウもかなり控えめな印象です。アイホール全体には、ベージュもしくは薄いブラウンを入れましょう。そして、まぶたの際にだけそれよりも少し濃いトーンのブラウンを入れていきます。

アイラインは、まつげの隙間を埋めるようなイメージで丁寧に入れてください。こうすることでまつげのラインが強調され、目がより大きく見えますよ。目尻の跳ね上げや、下まぶたまでの長いラインは必要ありません。

まつげは自然に

まつげはビューラーで少しだけアップさせ、あまり根元から上げすぎないようにします。あくまで自然に、というのがポイントですね。

下まぶたには薄いピンクのアイシャドウを入れると良いでしょう。ラメが入っていると、目元も明るくなり、少しだけ色気を醸し出すこともできますよ。

生田絵梨花メイク ポイント5 艶やかリップ

生田絵梨花さんのメイクのポイントの最後は、艶やかリップです。色味はあまり濃くない、ピンク系を選びましょう。

ツヤの出るリップがあれば最適ですが、なければ上からグロスを足してツヤツヤ感を演出してみてください。色味はないけれど、ペンシルできちんと輪郭を描くことも大事です。唇の形をはっきりと見せることで、きちんと感が増しますよ。

実際に使っているのYSL!

イブサンローラン グロス リップグロス ヴォリュプテ ティントインオイル

価格:5484円(税込み)

生田絵梨花さんはSNSは乃木坂46のブログしかないため使用しているコスメなどはほとんどわかっていません。ですが、”乃木坂46×週刊プレイボーイ2018公式”Twitterで唯一わかったコスメがあります!それが紹介しているイブサンローラン グロス リップグロス ヴォリュプテ ティントインオイル です!

乃木坂46と生田絵梨花

生田絵梨花さんは、乃木坂46の1期生として加入して以来、学業のために活動を休止したシングルを除き、すべて選抜に選ばれている中心メンバーです。

「何度目の青空か」でセンター

生田絵梨花さんは、2014年10月リリースの乃木坂46の10枚目シングル「何度目の青空か」でセンターを務めました。生田さんがセンターを務めたのは、現在のところ、同曲のみですが、これからもセンターに選ばれる可能性が高いメンバーの一人です。

少女から大人へ

14歳、中学3年生で乃木坂46のメンバーとなった生田絵梨花さんですが、活動期間はすでに7年が経ち、成人を迎え、21歳となっています。すっかり大人の表情をみせるようになり、メイクも大人っぽくなってきています。

ミュージカル女優としての生田絵梨花

生田絵梨花さんは乃木坂46に加入する頃から、ミュージカル女優を目指していることを公言しています。乃木坂46に入る前にも、ジュニアミュージカルで初舞台を踏んでおり、音大にも進学しました。

『ロミオ&ジュリエット』ジュリエット役

生田絵梨花さんは、2017年1月から3月にかけて東京および大阪で上演された舞台『ロミオ&ジュリエット』で、木下晴香さんとダブルキャストでジュリエット役を演じました。また2019年2月から4月に再びジュリエット役を務めることが決まっています。

『レ・ミゼラブル』コゼット役

また生田絵梨花さんは、2017年5月から10月にかけての舞台『レ・ミゼラブル』でコゼット役を演じました。また2019年4月から5月にも同役を演じることが決まっています。2017年は生田さんがミュージカル女優として飛躍した一年となりました。生田さんは同年岩谷時子賞奨励賞を受賞しています。

バラエティ番組での生田絵梨花

ミュージカル界で活躍する生田絵梨花さんですが、バラエティ番組においてもその魅力をいかんなく発揮しています。歌に演技にバラエティすべて良し、生田絵梨花さんはスーパーアイドルと言っても過言ではないでしょう。

生田IH事件

生田絵梨花にまつわるエピソードで欠かせないのは、生田さんが引き起こしたIH事件です。乃木坂46の冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』で、だし巻き卵を作ることになり、まったく料理をしたことがない生田さんは、IHヒーターの上に直接、溶き卵をかけ、衝撃を与えました。

そのほか、根性が試される企画で生田さんは誰にも負けない根性を見せ、必ずと言っていいほど見せ場を作っています。

画伯として

バラエティ番組ではよく絵を描く場面がありますが、生田絵梨花さんは「画伯」としても知られています。スフィンくん など生田さんが生み出した味のあるキャラクターは、年月を経てもファンに愛されています。

それぞれのパーツを丁寧に

いかがでしたか。乃木坂46の中でも特に最近人気の生田絵梨花さんのメイク方法をご紹介してきました。とてもナチュラルに見えますが、それぞれのパーツを丁寧にメイクすることで、より彼女に近づけることができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事はこちらから!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ