漫画「モテキ」の映画のあらすじ、キャスト、ドラマとの違いとは?

漫画「モテキ」の原作は、久保ミツロウさんです。2011年の映画化されアカデミー賞を始め数々の賞を取っています。そんな「モテキ」の原作、あらすじを紹介します。また漫画、ドラマ、映画の違いはどこにあるのでしょうか?漫画も映画も楽しめるようになっています。

漫画「モテキ」とは?

漫画「モテキ」の原作は、久保ミツロウさんで、
2010年にドラマ化され、2011年の映画化されています。

単行本は4.5巻で終了です。

なぜ4.5巻?

そう思う人も居ると思いますが、
本編は4巻で、4.5巻は番外編と
作者へのインタビュー・対談などが収録されたファンブック。

作者の久保ミツロウさんは、
最初1巻で終わる予定でしたが、
その後アイデアが浮かび4巻まで続きました。

ファンや編集部からは、
続編を期待されましたが、
久保ミツロウさんは
全部書き尽くしたと言う事で4巻で最後となりました。

漫画「モテキ」の原作者

漫画「モテキ」の原作は、久保ミツロウさんです。

生年月日:1975年9月19日
出身地:長崎県佐世保市

久保ミツロウさんのデビューは1999年です。

久保ミツロウさんの名前から考えたら、
男性のようですし、
漫画「モテキ」では男性のモテキを書いているので、
男性のように思えますが女性です。

久保ミツロウさんは他に
どんな漫画を書いているのでしょうか、
代表的な作品を紹介します。

「3.3.7ビョーシ!!」
「トッキュー!!」
「モテキ」
「アゲイン!!」

漫画「アゲイン!!」もドラマ化されています。

漫画「モテキ」あらすじ、ネタバレ

まずは漫画「モテキ」のあらすじを紹介します。

派遣社員の藤本幸世は、
30歳すぎているのに、もてなくて、冴えない男。

そんな男が、ある日突然、
女の子から次々と連絡が入り、
急にモテキが到来するのです。

そしていろいろな女の子とデートを楽しみます。

映画「モテキ」とは?

映画「モテキ」はアカデミー賞を始め様々な賞を取っています。

2012年の日本アカデミー賞だけでも5部門も受賞。

優秀主演女優賞:長澤まさみ
優秀助演女優賞:麻生久美子
優秀音楽賞:岩崎太整
優秀編集賞:石田雄介
話題賞・作品部門

更にいろいろな賞をとっています。

第66回 毎日映画コンクール 男優主演賞:森山未來
第16回 日本インターネット映画大賞 主演男優賞:森山未來
第54回 ブルーリボン賞 助演女優賞:長澤まさみ

映画&ドラマ「モテキ」のキャスト。漫画との違いとは?

映画&ドラマ「モテキ」のキャストを紹介します。

ドラマは2010年にドラマ化され、
テレビ東京で12話まで放送され、
そのときのキャストは以下の通りです。

藤本幸世:森山未來
土井亜紀:野波麻帆
中柴いつか:満島ひかり
小宮山夏樹:松本莉緒
林田尚子:菊地凛子

2011年に映画化され、
そのときのキャストは以下の通りです。

藤本幸世:森山未來
松尾みゆき:長澤まさみ
枡元るみ子:麻生久美子
愛:仲里依紗
唐木素子:真木よう子

ここで何か気づきましたか?

登場人物の名前がドラマと映画では違いますね。
ドラマの方は原作と同じ登場人物ですが、
映画では違う名前になっています。

これは映画はドラマの続編と言う設定なので、
ドラマの登場人物が映画には出てこず、
登場人物の名前が違う名前になっています。

映画「モテキ」のあらすじ

映画「モテキ」は漫画の1年後の世界です。

モテキの後、藤本幸世は実家で暮らしながら、
新しいライターの仕事を見付けて正社員となります。

Twitterで雑誌編集者の松尾みゆきと知り合い、
彼女は付き合っている人が居て
同棲している事を知りつつも彼女とときどき会うのです。

そんなとき松尾みゆきの友人の、
枡元るみ子に告白をされて、
一夜をともにするが、
藤本幸世は松尾みゆきへの好意を断ち切れず、
枡元るみ子をふります。

藤本幸世は取材で松尾みゆきの彼氏に会い、
彼は結婚している事を知り、
その事を松尾みゆきに伝えに行くのですが嫌がられるのです。

漫画「モテキ」のまとめ

漫画「モテキ」と映画「モテキ」の違いは分かりましたか。

映画「モテキ」は漫画の続編となっているので、
漫画と映画では、あらすじも違い、キャストも違います。

映画「モテキ」はアカデミー賞を始め、
数々の賞を取っていて面白い作品です。

ですので漫画も映画もどちらも楽しめるようになっています。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ