【この記事は2020/04/27に更新されました。】

エロコメディ映画 『アメリカンスクールトリップ』

学内の女の子のことばかりを考え、いつもHな妄想をしている三人の思春期真っ盛りの高校生が、下劣な行動をしながら一攫千金を狙うという下ネタ満載の青春エロティック・コメディです。

バカな高校生ディーコン、マット、フレッドはいつもHのことばかり考えていますが、女の子から一向にモテません。彼らは、フレッドのバイトのビデオ店でポルノ作品を複製し、それを販売していました。その行動がビデオ店にバレてフレッドがクビになってしまうと、三人はとっておきの計画を思いつきます。

それは、童貞が作る童貞向けのポルノ作品を制作し、金儲けをすることでした。こうしてビデオ製作にのめりこんでいく3人でしたが…。

監督は『サンドロット/僕らがいた夏』で有名なデヴィッド・M・エヴァンスで、『プリティ・プリンセス』に出演したエリック・フォン・デットンと、『ファーゴ』に出演したトニー・デンマンが出演します。

キャスト

主演はエリック・フォン・デットン、トニー・デンマン、ダニエル・ファーバー

このほか、
サラ=ジェーン・ポッツ、エイミー・スマート、トム・アーノルド、デイ・ヤング、ライリー・スミス、ヴィンス・ヴィーラフ、サム・レヴァイン
などが出演しています。

予告動画

ネットでの反響

この映画を見た日本人の感想をネットで調べると、

「考えが少年ぽいけど、昔の自分を思い出しているようで楽しかった。」
「少しエッチなコメディ映画。」
「後半は失速気味だったけど、全体的にはとても面白かった。」
「久しぶりに観たけど、意外と見入ってしまった。」

といった声が上がっています。

エロコメディ映画 『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』

厳戒な監視体制の刑務所を何とか脱獄したドクター・イーブルとミニー・ミーは世界征服のためにゴールドメンバーと協力します。彼らは世界征服の計画のためにタイムスリップをして、英国の偉大なスパイであるナイジェル・パワーズを誘拐します。

実はこのスパイは、プレイボーイでやり手の英国諜報員であるオースティン・パワーズの実の父親でした。誘拐犯を追うオースティンはタイムスリップの途中で1975年に立ち寄ります。そこで美しいフォクシー・クレオパトラと出会うのですが……。

予告動画

キャスト

この映画の主演はマイク・マイヤーズです。

このほかにも、
ビヨンセ・ノウルズ、マイケル・ケイン、マイケル・ヨーク、セス・グリーン、ブリトニー・スピアーズ、グウィネス・パルトロウ、ケビン・スペイシー、ダニー・デビート、クインシー・ジョーンズ

など豪華キャストが出演しています!

ネットでの反響

この映画を見た日本人の反応をネット上で集めてみました。

「とても面白かった!」
「テーマソングがめっちゃいい」
「痛快な下ネタの波状攻撃!」
「シルエットギャグで笑い死にそうだった」
「有名俳優が多くて見ていて飽きない!」

というような声が上がっています。

エロコメディ映画 『最終絶叫計画』

ハロウィンの夜に高校のマドンナ、ドリューが“ハロウィンマスクをかぶった何者かに惨殺されてしまいます。マスコミが殺到して街が大騒ぎになる中で、シンディ・キャンベルはある不安に駆られていました。

実はドリューが殺されるちょうど1年前に、彼女は恋人のボビーや仲間のショーティー、ブレンダ、バフィ、グレッグらと共に“ドライブをしていました。そして、大騒ぎをしたあげく道路に出てきた男を轢き殺して死体を海に投げ捨ててしまったのです。

その出来事が何かドリューの死に関係するのではないかと心配するシンディ。
仲間たちはそんな不安を否定していましたが、今度は次々にその仲間たちが殺されていくのです…。

キャスト

この映画の主演はアンナ・ファリスがつとめました。

このほかには
ジョン・エイブラハムズ、シャノン・エリザベス、ロックリン・マンロー、レジーナ・ホール、マーロン・ウェイアンズ、カルメン・エレクトラ、ショーン・ウェイアンズ
などが出演しています!

予告動画

ネットでの反響

この映画を見た日本人の反応をネット上から集めてみました。

「好みが分かれる作品だと思うけど、洋画らしいくだらなさが好きだな」
「こういう下ネタや暴力に遠慮がない作品もたまにはいいな」
「ばかばかしさが逆にすがすがしい」
「下ネタ・暴力に耐性ない人はやめときな。逆に耐性ある人には最高!」

というような声が上がっています。

エロコメディ映画 『41歳の童貞男』

40歳になったアンディは未だに童貞でした。パートナーが現れない原因は濃すぎる胸毛。ある日、彼は理想の女性キムと出会いますが、仕事の都合で彼女とは離れ離れになってしまいます。

その後も、セクシーな美女サラと出会うもアンディの友人とセックスし妊娠
これに傷ついたアンディはハワイへと旅に出かけます。しかし、そこでキムと運命的な再会を果たすのでした。

そんなアンディは、謎の男から「童貞で41歳になると恐ろしいことになる」と告げられ、一刻も早くキムと寝ようと努力しますが…。

キャスト

この映画の主演はブライアン・カレンがつとめました。

このほかにも
ノーリーン・デウルフ、マーセア・モンロー、スティーヴン・シムズ、オースティン・マイケル・スコット
などが出演しています!

予告動画

ネットでの反響

この映画を見た日本人の反応をネット上で集めてみました。

「くだらなすぎてバカすぎてアメリカ人らしさ全開の面白映画です」
「あほすぎる情熱とエロすぎる妄想が面白すぎる!」
「お下劣すぎるだろ…でも面白い」

という声が上がっています。

エロコメディ映画 『ゾンビ・ストリッパーズ』

この映画の舞台はそう遠くない未来。長く続く戦争に兵力不足に陥った政府は、死者を生き返らせる危険ウイルスの開発を命令します。

しかし、ウイルスが研究所で蔓延してしまったことから、次々と感染者が増え、兵士にも感染してしまいます。抹殺を恐れて街へ逃げる兵士達でしたが、逃げ込んだ先は何とストリップ小屋でした…。一番人気のストリッパーに伝染するとを小屋はゾンビ・クラブに一変してしまいます。

キャスト

主演はジェナ・ジェイムソン、このほかロバート・イングランド、シャムロン・モア、ジョイ・メディナ、ロクシー・サイント、ペニー・ドレイクなどが出演!

予告動画

ネットでの反響

エロコメディ映画 『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』

童貞喪失を目標に騒ぎに騒いでいた、イースト・グレート・フォール高校1999年卒業生。その同窓会の知らせを親友ケヴィンに知らされたジムと元同級生の妻ミシェルは幼い息子を連れて向かいます。

昔の仲間であるクリスやフィンチらと再会した喜びでついついハメを外してしまうジムでしたが、翌朝キッチンの床で下半身をさらけ出したままで目を覚まします。
ジムは前夜の記憶がまったくないことに焦り愕然とするのでした。

ネット上では、
「女たちのストリップファイトはとにかく見ごたえがあります」
「声出して笑ってしまうくらい面白い」
「バカでエロでグロい最高の映画!」
「21世紀最高のゾンビ映画ではないか」
「俺もゾンビに喰われたいなあ」

というような声が上がっています。

キャスト

主演はジェイソン・ビッグスジム、このほかアリソン・ハニガンミシェル、クリス・クライン、トーマス・イアン・ニコラス、タラ・リード、ショーン・ウィリアム・スコット、ミーナ・スバーリ、エディ・ケイ・トーマス、ジェニファー・クーリッジ、ユージン・レビなどが出演しています

予告動画

ネットでの反響

ネット上での反響は
「邦画にはない、妙にすがすがしい下ネタ」
「群像劇としての出来がいい」
「普通の同窓会と違って大人になってもみんなが対等で憧れてしまう」
「家族を持ち歳を重ねる良さを身にしみて感じた。」
というようなものでした。

エロコメディ映画 『ふたりにクギづけ』

結合双生児のボブとウォルトはお互いが腰の部分でつながっていました。
ウォルトの俳優になりたいという夢を叶えるために、2人はハリウッドに向かうのでした…。

キャスト

主演はマット・デイモン、グレッグ・キニア、このほかエヴァ・メンデス、シーモア・カッセル、シェール、グリフィン・ダン、メリル・ストリープ、フランキー・ムニッズなどが出演☆

予告動画

ネットでの反響

ネット上では、
「これはすごい映画だ!」
「邦題がなぜかダサいけど、めちゃくちゃ面白い」
「重いテーマだけど心温まる内容」
「ハリウッドの軽い裏事情がわかるようで面白い!」
「アメリカ的なハッピーストーリーで誰が見ても楽しめるものだと思う」
というような声が上がっています。

エロコメディ映画 『ステイ・フレンズ』

ディランは、優秀なアート・ディレクターとしてロサンゼルスで活躍していました。彼はロサンゼルス・タイムズ紙の元記者である父と姉、姉の息子と実家で暮らしていました。

そんなある日、ディランの元にニューヨークにいるジェイミーから転職の話が舞い込んできたのですが……。

キャスト

主演はジャスティン・ティンバーレイク、ミラ・キュニス、このほかジェナ・エルフマン、パトリシア・クラークソン、ブライアン・グリーンバーグ、リチャード・ジェンキンス、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーンなどが出演しています。

予告動画

ネットでの反響

なんとなーく最後は想像できたけど、わかりやすくて、すっきり爽快な映画。嫌いじゃないわかりやすさ。ジャスティンティンバーレイクは相変わらず男前。

出典:http://coco.to

「抱きたいカンケイ」と良く似たストーリーではあるけれど、これはこれでとても面白かったです(^O^)
主演そして脇役達もいい演技で楽しく見れました(^^)/
オススメです。

出典:http://eiga.com

登場人物のキャラも立っていて物語のテンポも良く
軽く観られる
劇中に出てくるベタベタな恋愛映画は
面白いしエッチの時の男のあるある話には
ニンマリしてしまった

出典:http://movies.yahoo.co.jp

エロコメディ映画 『愛しのローズマリー』

何かが違う…?!“愛しのローズマリー”

あらすじ

父親の遺言を守り、少年時代から外見の美しい女性だけを追いかけ続けてきたハル。しかし、もともとチビで小太りの彼、そんな恋が成就するわけもなく、気づいてみればすっかり中年の冴えないオッサン。そんな彼の嘆きを偶然耳にした自己啓発セミナーの講師が、ハルに内面の美しい女性が美人に見える催眠術をかけてしまう。そして、ハルが最初に出会った心の美しい女性はなんと体重300ポンド(136kg)巨漢女性!でも催眠術にかけられたハルの目に映るのはスレンダーな絶世の美女。さっそく猛烈なアタックを始めるハルだったが……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

キャスト

主演はグウィネス・パルトロー、ジャック・ブラック、このほかジェイソン・アレクサンダー、ジェイソン・アレクサンダー、ジョー・ヴィテレッリ、レネ・カービー、スーザン・ウォードなどが出演しています。

予告動画

ネットでの反響

人は外見じゃない!ってことをストレートにした作品。分かりやすくて普通に面白い。冒頭の神父の父の最後の言葉は吹いたわ~最後がそれってwww

出典:http://coco.to

設定が面白いラブコメ。
笑えて、切なくて楽しい。
なんと言ってもグウィネス・パルトロー が可愛すぎる!
お色気サービスもしっかりあって文句なし!
最後にエジソン・ライトハウスの「恋の炎」が流れる演出に涙した。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

恋愛ってやはり見た目から入る部分は否めないと思う。
最近私も、ちょっと恋愛について考えを改めている途中なので参考になりました。

出典:http://www.discas.net

エロコメディ映画 『メリーに首ったけ』

ロマンティック×お下劣☆“メリーに首ったけ”

あらすじ

内気で不器用な高校生テッド(ベン・スティラー)が憧れのメリー(キャメロン・ディアス)とデートする幸運をつかむが、ズボンのファスナーがひっかかるトラブルがもとでデートは中止、メリーとの仲もそれきりになってしまう。13年後、テッドはまだメリーのことを忘れられず--やや妄執的--、怪しげな探偵パット・ヒーリー(マット・ディロン)を雇って、マイアミに住むメリーを調査してもらう。ところがパットもメリーに夢中になってしまい、テッドとパットのあいだで騙しあい化かし合いのメリー争奪戦になる。やがて2人はメリーに首ったけなのが自分たちだけではないのを知り、結局、5人の男たちがメリーに自分を選ぶよう迫ることになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

キャスト

主演はキャメロン・ディアス、このほかベン・スティラー、マット・ディロン、リー・エヴァンス、クリス・エリオット、マーキー・ポスト、W・アール・ブラウン、リン・シェイ、ジェフリー・タンバー、マーニー・アレクセンバーグなどが出演しています。

予告動画

ネットでの反響

めちゃくちゃ面白かった!何度でも見たい!
犬を生き返らせるとことか、「いや!どう見ても人形だろ!」って感じなんだけど、そのバカバカしさが最高です!

バカバカしくて沢山笑えて、見た後は元気が出る映画です。
ストーリーだってしっかりしていて面白いと思います。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

下ネタ、動物虐待、障害者などをネタにしたジョークが満載で、「これって笑っちゃっていいのかなぁ」なんて思いつつも、笑ってしまいました。もちろん、この映画のジョークが受け入れられない人もいると思うけど。普通に見ていたら下品なはずなのに、なぜか不快にならないのは、やっぱりキャメロン・ディアス演じるメリーがあまりにもキュートだからでしょうか。ヒロインをめぐって火花を散らす男たちはアブノーマルだし、随所にドギツい場面があるのに、最後にはほのぼのとさせられるラブストーリーに仕上がっている、というのがまたスゴイです。

出典:http://www.amazon.co.jp

この映画も友達4人くらいと観に行ってゲラゲラ笑ったなあ。 特に後半のマット・ディロンが出てくる所が好き。 いかにも変態な顔してて笑えるんですよ。 でも、内容がアレなんでほんと女の子と見に行かなくて良かったと思いましたよ。

出典:http://www.jtnews.jp

関連記事はこちらから

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ