俳優・吉田栄作がこれまでに出演したドラマとは?あの作品にも!

俳優として多くのドラマや映画に出演している吉田栄作。ダンディな雰囲気で世の女性たちを虜にしている吉田栄作がこれまでに出演したドラマはどんな作品なのか?吉田栄作が主演を務めたドラマは?など、吉田栄作が出演したドラマについて紹介します。

吉田栄作のプロフィール

吉田栄作は、
1969年1月3日生まれで
ワタナベエンターテイメントに所属しています。

吉田栄作は、1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ獲得がきっかけとなり、映画『ガラスの中の少女』でデビューしました。

吉田栄作は、1989年に「どうにかなるさ〜Chasing My Dream」で歌手としてもデビューしました。

吉田栄作は、1990年は「心の旅」で、1991年には「もしも君じゃなきゃ」で紅白歌合戦に出場しました。

吉田栄作は、1990年代になると、加勢大周・織田裕二と3人で「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれたが、あまりにも自尊心の高さをアピールする芸風が一時一人歩きし、1995年に芸能活動を一時期休止、役者修業のため渡米しました。

吉田栄作は、1998年に帰国後し、ドラマ『流通戦争』で国内での俳優業に復帰し、2001年10月から2年半放送された『マネーの虎』ではタレント・司会者として活動しました。

吉田栄作は、2007年にインディーズでミニアルバムを発売し、2009年8月5日には音楽活動20周年を記念し、「心の旅」をセルフカバーしたシングルとファンからの投票で選曲されたベストアルバムを同時発売しました。

吉田栄作のドラマ初出演作とは?

吉田栄作の
ドラマ初出演作は、「君の瞳に恋してる!」です。

吉田栄作のドラマ初出演作・「君の瞳に恋してる!」は、1989年1月16日より3月20日まで毎週月曜日にフジテレビで放送されました。

吉田栄作のドラマ初出演作・「君の瞳に恋してる!」の平均視聴率は18.7%で、この年の民放の連続ドラマ平均視聴率ランキングでは7位を記録しました。

ドラマ「君の瞳に恋してる!」で吉田栄作は、主人公・高木瞳の大学の友人である中村冴子の彼氏、山下康役を演じました。

ドラマ「君の瞳に恋してる!」は吉田栄作の他にも、中山美穂、藤田朋子、前田耕陽、菊池桃子、大鶴義丹、石田純一などが出演しました。

吉田栄作主演!ドラマ「愛さずにいられない」

吉田栄作は、
ドラマ「愛さずにいられない」で主演を務めました。

吉田栄作主演ドラマ「愛さずにいられない」は、1991年10月16日から同年12月25日まで、日本テレビ系で毎週水曜に放送されました。

吉田栄作主演ドラマ「愛さずにいられない」は、12年振りに再会した若い男女たちが様々な恋模様を繰り広げるラブストーリーになっています。

ドラマ「愛さずにいられない」で吉田栄作は、山梨県長坂町にて少年時代を過ごし、中学生の頃は硬派な性格で通していた水木勉役を演じました。

ドラマ「愛さずにいられない」は吉田栄作の他にも、財前直見、東幹久、野際陽子、平泉成、千堂あきほなどが出演しました。

ドラマ「愛さずにいられない」の主題歌は、吉田栄作の8枚目のシングル「もしも君じゃなきゃ」が起用されました。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」

吉田栄作は、
現在放送中のドラマ「トットてれび」に
出演しています。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」は、2016年4月30日からNHK土曜ドラマにて放送されています。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」は、黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん』の続々編にあたる『トットひとり』と続編にあたる『トットチャンネル』を原作としています。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」の音楽は連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽を手掛けた大友良英、Sachiko Mが担当しています。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」は、スタジオ内の美術セットから撮影スタッフ、照明、音声機器、役者の控え場所に至るまで、ドラマの内容に合わせて再構成しつつも、詳細に再現しています。

吉田栄作出演ドラマ「トットてれび」の各話のエンディングでは、当時のヒット曲を現代風にミュージカル仕立てにショーアップして繰り広げています。

ドラマ「トットてれび」は吉田栄作の他に、満島ひかりが主演を務め、錦戸亮、中村獅童、ミムラ、吉田鋼太郎などが出演しています。

多くのドラマに出演している吉田栄作のこれから

私生活では、
長年連れ添った妻と離婚してしまいましたが
俳優としては離婚後も多くのドラマに出演している吉田栄作。

今後の活躍にも
目が離せませんね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ