記事ID85094のサムネイル画像

窪田正孝はライダー出身?仮面ライダーに出演していた人気俳優を紹介

イケメン俳優の登竜門となった仮面ライダー。現在、俳優として活躍している人で仮面ライダー出身者という人もいます。中でも最近名前が出るのが窪田正孝さん。窪田正孝さんは仮面ライダーに出演していたのでしょうか。また、どんな俳優さんが出演していたのでしょうか。

窪田正孝さんのプロフィール

まずは、窪田正孝さんのプロフィールを紹介します。

名前 窪田正孝
生年月日 1988年8月6日
出身地 神奈川県
身長 175cm
血液型 B型
デビュー 2006年

窪田正孝さんは、3人兄弟の末っ子。男3人の兄弟だったので、ケンカをする時は凄まじかったそうです。

窪田正孝さんは工業高校に通いながらガソリンスタンドでアルバイトをし、整備士を目指していました。芸能界に興味がなかった窪田正孝さんですが、高校2年の時に母親に勧められ、現在所属するスターダストプロモーションのオーディションに応募し、事務所入りが決まりました。

窪田正孝さんが仮面ライダーでデビューという噂が!

実は、窪田正孝さんは仮面ライダーでデビューしているのでは?という噂があります。それは本当なのでしょうか?

窪田正孝さんは、仮面ライダーシリーズには出演していません。ネットで「窪田正孝 仮面ライダー」と出てくるのには理由があり、映画「ヒーローマニア」の舞台挨拶の時、仮面ライダー1号がサプライズゲストとして登場!そこで窪田正孝さんが大喜びをし、握手をしたことからこういった検索ワードが出てきたようです。

あと、窪田正孝さんが高校時代に整備士を目指していたことで「バイク=ライダー」と結びつけた人も多かったようです。

窪田正孝さんの出演作品を紹介

仮面ライダーには出ていませんが、多くの映画やドラマに出演している窪田正孝さん。そんな窪田正孝さんの出演作品をいくつか紹介します。

花子とアン(2014年)

窪田正孝さんが演じたのは、木場朝市

はな(吉高由里子)の幼馴染で同級生。はなのことが好きで、いろいろと気にかけていた。本が大好きで、牧師の薦めで教師になる。

この作品で、窪田正孝さんの知名度が高くなりました。

Nのために(2014年)

窪田正孝さんが演じたのは、成瀬 慎司

香川県青景島の出身で希美(榮倉奈々)の同級生。心優しい性格で生真面目。島では料亭「さざなみ」を父が経営していたが、経営不振に陥り、何者かの放火によって店と家が焼失。その後、東京の大学へ進学。

ST 赤と白の捜査ファイル(2014年)

窪田正孝さんが演じたのは、黒崎勇治

極端な人見知りで、人と話すことはめったにしない。臭覚が優れていて、臭いで情報を得ることもある。

このドラマでは、窪田正孝さんのアクションも見ものでした。

デスノート(2015年)

窪田正孝さんが演じたのは、夜神月

父を警察官に持つ、ごく普通の青年だった。趣味はアイドルグループ「イチゴBERRY」のライブ鑑賞で、居酒屋でバイトをしている。
当初はデスノートに興味がなかったが、次第に「キラ」と「自分」との区別が無くなってくる。

MARS~ただ、君を愛してる~(2016年)

窪田正孝さんが演じたのは、桐島牧生

ドラマ放送は日テレ系の一部放送局のみで全国放送ではありませんでした。窪田正孝さんが演じた桐嶋牧生は過去に自分をいじめていた先輩を殺した経歴がある。

臨床犯罪学者 火村英生の推理(2016年)

窪田正孝さんが演じたのは、推理小説家・有栖川 有栖

火村の良き、そして唯一の理解者で火村英生(斎藤工)の助手的な役割になっている。

窪田正孝さん演じる有栖は京都住まいということで、ドラマでは常に関西弁を使っていました。

今や欠かせない存在に!仮面ライダーを演じた俳優を紹介

仮面ライダーは今では若手俳優の登竜門となっています。その中でも今では映画やドラマに欠かすことができない存在となった俳優さんを紹介します。

オダギリジョーさん(仮面ライダークウガ)

オダギリジョーさんが演じたのは、「仮面ライダークウガ」(2000年1月~2001年1月)です。

オーディションで合格し、仮面ライダークウガを演じることになったのですが、子供の頃から特撮番組はほとんど見ておらず、「リアルな芝居がやりたくて俳優になったから、特撮はやりたくない」と発言していました。そのせいか、噂で「オダギリジョーは仮面ライダー出身を隠したがっている」とまで言われていました。

要潤さん(仮面ライダーアギト)

要潤さんが演じたのは、「仮面ライダーアギト」(2001年1月~2002年1月)の中に出てくる、仮面ライダーG3と仮面ライダーG3-Xです。

この作品あたりから、1つの作品の中に複数の仮面ライダーが出てくる構成に変わりました。
要潤さんは「仮面ライダーになろうとする男」(氷川誠)という役柄でした。

細川茂樹さん(仮面ライダー響鬼)

細川茂樹さんが演じたのは、「仮面ライダー響鬼」(2005年1月~2006年1月)です。

今までは若手俳優をオーディションで採用していたのですが、俳優として多くの仕事をしていた人が仮面ライダーを演じたのは初とも言われています。

水嶋ヒロさん(仮面ライダーカブト)

水嶋ヒロさんが演じたのは、「仮面ライダーカブト」(2006年1月~2007年1月)です。

カブトは他の平成ライダーシリーズに比べてコメディタッチな部分が多かったのが特徴です。
また、モチーフが昆虫で、変身の掛け声なども久しぶりに復活しました。

山本裕典さん(仮面ライダーカブト)

山本裕典さんが演じたのは、「仮面ライダーカブト」の中に出てくる仮面ライダーサソードです。

モチーフはサソリで、フェンシングのスキルを活かし、サソードヤイバーを用いた剣術を得意としていました。

佐藤健さん(仮面ライダー電王)

佐藤健さんが演じたのは、「仮面ライダー電王」(2007年1月~2008年1月)です。

前作までは複数のライダーを違う人が演じていましたが、今回は佐藤健演じる野上良太郎に「モモタロス」「ウラタロス」「キンタロス」「リュウタロス」「デネブ」「ジーク」が憑依することで、複数の仮面ライダーに変身するという形になりました。

瀬戸康史さん(仮面ライダーキバ)

瀬戸康史さんが演じたのは、「仮面ライダーキバ」(2008年1月~2009年1月)です。

モチーフが「吸血鬼」だったこともあり、随所に西洋ホラーのような要素や演出が取り入られていました。

桐山漣さん(仮面ライダーW)

桐山漣さんが演じたのは、「仮面ライダーW」(2009年9月~2010年8月)です。

仮面ライダーWは1人ではなく、2人で1つのライダーになるというちょっと変わったものでした。

菅田将暉さん(仮面ライダーW)

菅田将暉さんが演じたのは、「仮面ライダーW」です。

菅田さん演じるフィリップと、桐山さん演じる左翔太郎で仮面ライダーWに変身します。

福士蒼汰さん(仮面ライダーフォーゼ)

福士蒼汰さんが演じたのは、「仮面ライダーフォーゼ」(2011年9月~2012年8月)です。

仮面ライダーでは見たことのない「学園青春ドラマ」風になっており、学校が舞台でした。福士蒼汰さん以外にも朝ドラに出演していた清水富美加さんも出演していました。

佐野岳さん(仮面ライダー鎧武)

佐野岳さんが演じたのは、「仮面ライダー鎧武」(2013年10月~2014年9月)です。

仮面ライダー鎧武は全体のモチーフを戦国武将、しかしフルーツの意匠を持つ鎧・武器を装備して戦うというちょっと不思議なものでした。

仮面ライダー以外で出演した人気俳優も!

綾野剛さん(仮面ライダー555)

綾野剛さんが演じたのは、「仮面ライダー555」(2003年1月~2004年1月)の中に出てくるスパイダーオルフェノクです。
仮面ライダーではありませんが、この作品ではかなり重要な役柄でした。

既に2本の映画上映が決定!今後の窪田正孝さんに注目

2014年から立て続けにドラマや映画に出演している窪田正孝さん。今年も既に出演映画2本の上映が決定しています。
年齢不詳なところがあるため、若い役から大人の男性まで幅広く演じることができる窪田正孝さんには今後も注目です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ