記事ID24812のサムネイル画像

    全ての仮面ライダーの元祖!最初のライダー、仮面ライダー1号とは?

    長年愛され続けている仮面ライダーシリーズ。その仮面ライダーシリーズの元祖、初代仮面ライダーで活躍した仮面ライダーが仮面ライダー1号です。仮面ライダー1号とはどんな仮面ライダーなのでしょうか?今回はそんな仮面ライダー1号について調べてみたいと思います!

    仮面ライダー1号が活躍!仮面ライダーとは?

    『仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年(昭和46年)4月3日から1973年(昭和48年)2月10日まで、毎日放送・NET系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

    本作品の基本線は、等身大のヒーローと怪人が対決する「痛快SF怪奇アクションドラマ」である。従来の実写ヒーロー物とは一線を画した「異形」のヒーロー像と、人間ドラマとしての側面を極力抑えた勧善懲悪劇、怪奇ドラマ的な演出、そして颯爽とオートバイを駆って「ライダーキック」などのダイナミックなアクションによる格闘シーンや、多彩な動植物をモチーフとした特異でグロテスクな怪人の登場が特徴。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    本作品の終了後にも登場人物や敵対組織、または時系列や世界観そのものを変えた多くの作品が制作されており、それぞれの番組は基本的に、主人公となる「ライダー」(=仮面ライダー)の名称をタイトルとしている。一般にこれらを仮面ライダーシリーズと呼ぶ。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    仮面ライダーのあらすじ

    優秀な科学者にして、オートレーサーでもある本郷猛は、世界征服を企てる悪の秘密結社・ショッカーに捕われてしまう。その能力に目を付けたショッカーは、アジトで1週間に渡って本郷をバッタの能力を持つ改造人間に改造する。しかし、本郷は脳改造の寸前、ショッカーに協力させられていた恩師・緑川博士に助けられ、アジトから脱出。
    以後、本郷は仮面ライダーとして、ショッカーが送り出す怪人達を次々に倒していく。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ショッカーはライダー打倒のため、フリーカメラマン・一文字隼人をライダー同様の改造人間にするが、一文字も脳改造の直前に本郷に救出され、新たな仮面ライダー2号となる。
    こうして誕生した2人の仮面ライダー。彼らは日本と海外で別れ、時には共闘しながら、ショッカーと戦う。オートレーサーとしての師・立花藤兵衛、FBI捜査官・滝和也、少年仮面ライダー隊などの多くの仲間達の協力を得て。普通の人間に戻れなくなった悲しみを仮面の下に隠し、「人間の自由のため」に。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    仮面ライダー1号のデータ!

    旧1号

    仮面ライダー1号

    身長:180cm
    体重:70kg
    ジャンプ力:垂直跳びで15.3m、幅跳びで48.7m(改造直後のスペック)

    テレビシリーズ『仮面ライダー』第1 - 13話に登場する、本郷猛がベルトの風車「タイフーン」に風圧を受けることで変身した姿。通称「1号ライダー」「本郷ライダー」。のちにデザインが大幅に変更された「新1号」と区別する際には、「旧1号」と呼ばれる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    風車ダイナモ・タイフーンから取り入れた風の力を胸のコンバーターラングでエネルギーに変換し、これを腰のエナージコンバーターで蓄積して全身に送り出すことで力を得ている。風力のない場所では変身もライダーの姿の維持もできない。

    出典:http://ja.wikipedia.org

    人間より広い視界と赤外線による暗視能力、ズーム機能を持つ複眼Cアイ、4キロ四方の音を聞き取る聴覚、電波の送受信を行う超触覚アンテナ、対怪人用の脳波探知機Oシグナル、100トンの衝撃を吸収する足のショックアブソーバなど、基本的な機能面は1号・2号共通である。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    能力は、その後の訓練によって向上していった。なお、技とスピードを特徴とする設定は後のものだが、旧2号と交代するまでのわずか13話の間に旧2号とほぼ同数の技を披露している。

    出典:http://ja.wikipedia.org

    桜島1号

    ヨーロッパで戦っているという設定になっていた仮面ライダー1号は、藤岡弘の復帰に伴い第40・41話で再登場し、以後は何度か2号と共闘した。この時期も「旧1号」ではあるのだが、スーツが以前と異なる独特の色合いをしているため、撮影ロケ地にちなんだ「桜島1号」という愛称がある。映画『仮面ライダー対ショッカー』では、この姿で変身ポーズを披露している。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    桜島1号のマスクは新規に造形され、アップ用では初めて顎紐が付けられた。光沢があり、耳の通気孔がなくなっている。また、Oシグナルはダミーになっている。第41話のみ旧1号のマスクを併用している。バイクアクションの撮影時には、ラテックス製のマスクとジャージ生地のスーツが用いられた。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    新1号

    身長:180cm
    体重:70kg
    ジャンプ力:25m(資料によっては35m)
    走行速度:時速240km相当(100m走は1.5秒)

    第53話から登場した、仮面ライダー1号が強化を遂げた姿。2号同様に風力エネルギーを体内に蓄えることで自在に変身できるようになっており、その際は「ライダー、変身!」の掛け声とともに独自のポーズをとる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    身体能力は以前より向上しているが、敵怪人もまた強くなってきているので、技の多彩さをもって対抗している。必殺技の代表であるライダーキックには戦況に応じた様々なバリエーションがあるほか、打撃技や投げ技も充実している。このため「技の1号」の異名を持つようになった。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    外見も大幅に変更されている。

    マスク - 当初は明るい黄緑だったが、次第にメタリックなライトグリーンに変化していった。当初は桜島1号や旧2号のマスクのリペイントを用いていたが、ショッカーライダー編から新造のマスクが導入された。

    コスチューム - 手袋とブーツの色は銀。体の両側には、脇の下を含めて2本の銀のラインが入っている。スーツは布製に変更されたが、アトラクションでは引き続きビニールレザー製のものが使用されていた。

    変身ベルト - 2号同様の赤い下地となったが、例によって部品の形状違いによるバリエーションが存在し、特に飾りボタンの種類は多い。タイフーンやコンバーターは主にポリ製だが、中にはラテックス製のものもあった。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    仮面ライダーの必殺技!

    ライダーパンチ

    仮面ライダー1号は拳での攻撃も非常に強いです

    強力な鉄拳を相手に喰らわせる技。技名を呼称せず、相手に連続でパンチを浴びせることも多い。これも旧1号時代から使用している技である。ジャンプと共に敵に喰らわせるライダーパンチは、「フライングライダーパンチ」と呼ばれる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    ライダーキック

    仮面ライダー伝統の技!ライダーキックです!

    1・2号共通してもっとも多用された必殺技。モチーフになったバッタ(トノサマバッタ)の持つ強靭な脚力を活かした技で、凄まじい破壊力を持つ。高くジャンプして片足で放つキック、両足で放つパターン、跳び上がった相手に空中で決めるパターンなど、様々なものがある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    仮面ライダー1号の人気とは?

    仮面ライダー1号の人気はどうなのでしょうか?

    一番好きな仮面ライダー。人間性においても、ヒーローとしても。

    出典:http://www49.atwiki.jp

    大昔の仮面ライダースナックのカードの中に、本郷について「人の命を大切に思っており、本当は怪人も殺したくない」という表記があって、それが妙に心に残っている。

    出典:http://www49.atwiki.jp

    旧1号編の常に憂いを含んだ演技好きだた。あと、なんと言っても高笑いが素晴らしい

    出典:http://www49.atwiki.jp

    すべての元祖!仮面ライダー1号!

    以上、仮面ライダー1号について調べてまいりました!

    全ての仮面ライダーの元祖である仮面ライダー1号。その人気はストーリーなども含めて不動の人気なようですね!

    そんな仮面ライダー1号、皆さんも興味があったら仮面ライダーを見てみて下さいね!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ