あの人も?仮面ライダーに出演したことで有名になった歴代俳優まとめ

仮面ライダーと言えば若手俳優の登竜門となっていますが、仮面ライダー歴代俳優の中には今では大人気の俳優となっている人たちも多くいらっしゃいます。仮面ライダーの歴代俳優にはどんな人がいるのでしょうか?番組の紹介を交えつつ歴代俳優の仮面ライダー時代を振り返ります!

え?あの人も仮面ライダー出身?!歴代俳優① 仮面ライダークウガ オダギリジョー

平成仮面ライダー歴代俳優のオダギリジョー

仮面ライダークウガは2000年1月30日から2001年1月21日まで放送されていた作品です。

オダギリジョーは自身が仮面ライダー歴代俳優であることをあまり公表していませんので、知らなかった!という人は多いのではないでしょうか?

仮面ライダークウガについて

1999の特技(一話時点で)を持つ冒険家の主人公、五代雄介が古代遺跡から発掘されたベルトを身にまとい、ベルトと時同じくして甦った古代種族グロンギと戦う。
フォームチェンジ、主人公が改造人間でない等、平成ライダーでは当然ともなった要素が多くちりばめられている。
しかしながら、「仮面ライダーにソックリな怪人の登場」「作品中盤以降での強化(昭和で言う所の再改造手術)」「最初に登場する怪人が蜘蛛と蝙蝠」などといった昭和作品からの影響が強く見られる描写もある。
ただし、本作でライダーに変身するものは後のシリーズと違い、終始五代雄介ただ一人のみである。
話は基本的に2話完結であり、人間ドラマに比重を置きながらも

「 怪人が出てくる → 捜査開始 → 出動要請を受けて五代が駆けつける → 怪人を発見してクウガに変身 → 怪人に押される(ここまでで前編) → 隙を見て怪人が逃げる → 科学班や考古学者が怪人の弱点やクウガの新しい能力を発見 → 再び怪人出現 → クウガが駆けつける → 新しい能力や警察の協力を受けて怪人を倒す 」

といった流れが多く、やたらクウガがピンチになる印象があるが、それにより昭和ライダーでは蚊帳の外になることが多かった一般人が怪人相手に一矢報いる展開が多くなった。

出典:http://dic.pixiv.net

西暦2000年、長野県九郎ヶ岳遺跡の封印が解かれ、2000年の眠りから覚めたグロンギ族が活動を開始する。最初のグロンギ「ズ・グムン・バ」の襲撃を受けた冒険家・五代雄介は謎の声に導かれて同遺跡から発掘されたベルト「アークル」を装着し、警官隊の銃撃をものともせずに暴れ回るグムンに殴りかかる。なんとかクウガ・グローイングフォームに変身した五代は、グムンに襲われていた長野県警の一条薫警部補を救い出す。
警察はグムンを「未確認生命体1号」、そしてクウガを「同2号」と称し、市民の安全を守るために双方に射殺許可を下すこととなり――

出典:http://dic.pixiv.net

仮面ライダー歴代俳優オダギリジョーは仮面ライダーが嫌い?

仮面ライダー歴代俳優としてクウガに出演していたオダギリジョーは、あまり仮面ライダークウガに出ていたことを公表されたくないそうです。

なんでも、経歴にも出演作と明記されていないくらい隠しているというのですが、何か理由があるのでしょうか。

同じくオダギリジョーの仮面ライダークウガ主演の過去。 (本人曰く”なかったことにしてくれ!”だそうな)

出典:http://matome.naver.jp

隠していると言えるか分かりませんが、
ご本人的にはあまり語りたくないようですね。
(雑誌などの経歴で、出演作に挙げてない事が多いですよね。)

出典:http://matome.naver.jp

『仮面ライダークウガ』出演について、自分の出世作であることは認めつつも、複数のメディアで「変身して戦うヒーローは気持ち悪い」「変身とか怪人とかありえない事は嫌い」「オファーを受けた際は俳優を辞めるか死ぬか悩んだ」などと発言している。

出典:http://matome.naver.jp

いや、本当に(笑)。実は「クウガ」の前の年のなんとか戦隊だか勇者だかのオーディションに呼ばれた ことがあって。
そこでメチャメチャ暴れて帰ったんですよ。東映はもう一生僕を使わないだろうっていうくらい、暴れて帰った(笑)」

出典:http://matome.naver.jp

「『クウガ』をやっていたということが忘れ去られないようにこれからも頑張っていきたいと思います」

出典:http://matome.naver.jp

確かに仮面ライダー歴代俳優オダギリジョーが戦隊ものを否定している発言はありましたが、仮面ライダー歴代俳優として仮面ライダークウガに出演したことを誇りに思っていることは間違いありません。

え?あの人も仮面ライダー出身?!歴代俳優② 仮面ライダーファイズ 半田健人

平成仮面ライダー歴代俳優の半田健人

仮面ライダー555は、2003年1月26日から2004年1月18日まで放送されていた作品です。

半田健人が仮面ライダー歴代俳優であることはわりと有名ではないかと思われます。

仮面ライダー555について

「平成仮面ライダーシリーズ」の第4作。劇中で「仮面ライダー」という名称は用いられていない。
従来描かれることの少なかった怪人側のドラマにも本格的にスポットが当てられ、怪人(オルフェノク)へと変わってしまった者たちの苦悩が描かれている点が、本作品の大きな特色である。怪人の人間ドラマを描くことは、「ヒーローが殺人者に見えてしまう」というデメリットから敬遠されていたといい[1]、「仮面ライダーシリーズ」での作劇は初の試みであった[注 2]。
『龍騎』同様にライダーに変身する人間が善良とは言えない者だったり、本作品では逆に怪人・オルフェノクにも正しい心を持つ者がいたりと、単純な善悪二元論では割り切れない群像劇が織りなされた。従来のシリーズ同様に幼年層を意識しながらも、登場人物同士の様々な人間関係を前面に押し出した重くシリアスな物語が展開された。劇中では「人間と怪人の共存」が作中のテーマとして取り上げられ、ライダーに変身する主人公・乾巧も中盤以降、人間に危害を加えない、あるいは改心する見込みのあるオルフェノクに対しては止めを刺さないというスタンスを採っている[注 3]。様々な立場のオルフェノクと人間、それぞれの思惑が交錯する入り組んだストーリーは、シリーズ中でも特に複雑なものとなっている。また、作中でも登場人物たちが相互に変身している人物が不明確であるが故の誤解や他者の謀略による行き違い、感情のすれ違いなどから衝突や殺し合いに発展するなど「誰を信じ、誰を信じないか」という極めて難解なテーマも掲げている。パイロット版監督の田崎竜太は子供番組として「死」を表現することもテーマとして掲げている[2]。
外付けかつ自由に携帯可能な変身ベルトを用いて変身する設定が本格的に取り入れられた作品であり、その要素は後のシリーズでも受け継がれている。そのため、劇中に登場する各ライダーにも複数の変身者が存在し、時には敵であるオルフェノクがライダーに変身することもある。ただし、変身アイテムの他に契約を必要としていた『龍騎』のように、必要な要素がないと繰り返しの変身、あるいは変身自体ができないため、「条件が満たされていないと仮面ライダーの資格がない」という点で従来と同等の設定もまだ活きている。本作品ではアイテムの争奪戦が物語の主軸の一つとなっており、脚本の井上敏樹は本作品を「主人公はベルト」「3本のベルト物語」と評している。

出典:https://ja.wikipedia.org

西暦2003年。九州で一人旅をしていた青年乾巧は、そこに居合わせた少女園田真理とともに、謎の怪人オルフェノクに襲われる。真理は持っていたベルトを装着して超戦士ファイズに変身しようとするが失敗し、無理やり巧にベルトを着け、彼をファイズに変身させることで窮地を脱した。どうやらオルフェノクたちは、そのベルトを狙って真理を襲ったらしい。その後二人はクリーニング屋の菊池啓太郎と出逢い、事情を知った彼の勧めで東京にある彼の家で3人の共同生活を始めることになる。
一方、東京で暮らしていた青年木場勇治は、2年前の居眠りトラック運転による交通事故によって両親を失い、自らも2年間の昏睡状態を経て死亡したかに見えた。しかし、勇治は病院で謎の蘇生を遂げ、周囲を混乱させる。自らも混乱したまま帰宅する勇治だったが、自宅は既に他人のものとなっていた。叔父一家が自分が眠っている間に財産を根こそぎ利用していた事実を知り、恋人が自分を裏切り従兄弟と交際していることを知った勇治は、異形の怪物に変身し、従兄弟と恋人を手にかけてしまう。
醜悪な肉体変貌と犯した罪に絶望する彼の前にスマートレディという女性が現れ、事の真相を告げる。勇治は一度の死亡により、オルフェノクとして覚醒したのだった。スマートレディが属するオルフェノクの組織スマートブレイン社に囲い込まれた勇治は、同じようにオルフェノクとして覚醒した長田結花と海堂直也の二人と行動を共にするうちに、人類を敵視するスマートブレインの姿勢に反発し、人類とオルフェノクの融和を考えるようになる。
巧と勇治。2人の男の物語を中心に、ベルトを、ひいては人類の未来を巡って、オルフェノクと人類の戦いが幕を開けた。

出典:https://ja.wikipedia.org

仮面ライダー歴代俳優半田健人 555メンバーとは今でも仲良し!

仮面ライダー歴代俳優の中でもイケメンライダーの1人として話題をよんだ半田健人。

555メンバーはとても仲が良かったことが有名で、今でも度々集まっては親交を深めているそうです。
それも歴代俳優半田健人の人柄の影響かもしれませんね。

『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)が、放送から10年を記念しBlu-rayが発売されることになり20日、主演の半田健人らキャスト陣8人が都内で行われた取材会で再び集結した。

出典:http://matome.naver.jp

この日「10年ぶりの同窓会」という名目で集まった8人だったが、実は番組が終了してからも、年に1度は同窓会的に集まるほどの仲。

出典:http://matome.naver.jp

仲でも仮面ライダー歴代俳優の半田健人と、ヒロイン役の芳賀優里亜には熱愛の噂がありました。

真実は2人にしかわかりませんが、本当に結婚となれば仮面ライダー歴代俳優の中で初となるカップル誕生ということになります!

すでにふたりと親交のある関係者たちの間では周知の事実のようだが、09年には交際が噂されたことがあった。

出典:http://matome.naver.jp

もしこの話が本当だったら劇中でも似合いだったあの二人がリアルで付き合ってただなんて、凄くロマンチックな話だなぁ
555終了から約10年越しのビックニュースにびっくり、今後の吉報を待ちたいな

出典:http://matome.naver.jp

え?あの人も仮面ライダー出身?!歴代俳優③ 仮面ライダー響鬼 細川茂樹

平成仮面ライダー歴代俳優の細川茂樹

仮面ライダー響鬼は2005年1月30日から2006年1月22日まで放送されていた作品です。

今やベテラン俳優となっている細川茂樹も仮面ライダー歴代俳優の1人なんですよ。

仮面ライダー響鬼について

「完全新生」と銘打たれた本作品では、伝統的な “和” をベースとした世界観の元、作中では「仮面ライダー」ではなく “鬼”[注 1]と呼ばれる戦士たちが「楽器」をモチーフとする武器で魔化魍と呼ばれる怪物と戦う。プロデューサー・髙寺成紀は制作発表の場で、「『響鬼』は平成の『仮面ライダーアマゾン』」と形容した。
本作品のライダーは、修行によって自らの肉体を変容させ、鬼となる能力を得た者たちである。「変身音叉」と呼ばれる変身のきっかけとなるアイテムは存在するが、能力を持たない者がそのアイテムを使っても鬼にはなれないため、平成仮面ライダーシリーズの多くで採用されてきた、変身ベルトなどの「仮面ライダーになれるアイテム」とは異なる。また、キックは必殺技ではなく、顔面に複眼がないなど、従来の仮面ライダー的な特徴を廃した。変身の際には着用していた服が破壊され変身解除すると全裸になるため代えの服を常に用意していたり、顔のみを変身解除する演出も行われている。
主役は「ライダー」でありながら当初バイクを所有せず、サポートメンバーが運転する乗用車で移動する。これは「音で戦うヒーロー」と騒音を生むバイクとの相性の悪さについて企画中に検討されたことの名残である[1]。

出典:https://ja.wikipedia.org

日本には、古来 “鬼” と呼ばれる者たちがいた。人間でありながら超人的な能力を持つ彼らは、魔化魍(まかもう)と呼ばれる妖怪の類から人々を守っていた。そして鬼をサポートする人々の体系は組織へ発展し、猛士(たけし)と呼ばれるようになった。
西暦2005年。高校受験を目前に控えた安達明日夢(あだち あすむ)は、母の実家の法事で屋久島に向かう船上で、船から転落した男児を助ける男を見た。それを見て驚く明日夢に男は「鍛えてますから」とだけ言い残して立ち去った。
島を散策しに出た明日夢は、原生林の中で怪物に襲われる。窮地の明日夢の前に再び船上の男・ヒビキが現れる。ヒビキは音叉を顔の前にかざすと、全身が炎につつまれ鬼の姿に変身、怪物に立ち向かっていった。

出典:https://ja.wikipedia.org

仮面ライダー歴代俳優細川茂樹 響鬼終了直前のインタビュー

、『完全新生』で始まって『完全燃焼』で終われるという感じです。こういう経験は今までないし、この先あるかどうかもわからない。30代半ばでこういう気持ちになるというか、こういう仕事と出会えたというのは本当に大きかったと思います。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

、「響鬼」をやったおかげで、例えば極悪な犯人とかはできないかな、と。役者としてはすごく面白いんですよ。サスペンスの犯人役とか。ものによってはひかれるものがあって好んでやってきたんですけど、しばらくは封印かな、と思っています。気にすることはそれぐらいかな、あとは積乱雲になったり、ふわふわしてますよ(笑)。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

え?あの人も仮面ライダー出身?!歴代俳優④ 仮面ライダーカブト 水嶋ヒロ

平成仮面ライダー歴代俳優の水嶋ヒロ

仮面ライダーカブトは2006年1月29日から2007年1月27日まで放送されていた作品です。

今では大人気俳優で小説家でもある水嶋ヒロも仮面ライダー歴代俳優の1人だったんですよ。

仮面ライダーカブトについて

仮面ライダー生誕35周年記念作品。制作コンセプトは「最強の仮面ライダー」[1]。
前作『仮面ライダー響鬼』とは打って変わり、モチーフに昆虫の採用[注 1]、「変身」のかけ声の復活、バイクの常用、キックの必殺技、仮面ライダー自身による必殺技名の発声などの昭和仮面ライダーシリーズの要素[2]、一般人の姿・怪人の姿を持つ敵、組織化されたヒーロー、ライダー装着者の交代劇など、これまでの平成仮面ライダーシリーズの要素が盛り込まれている。同時にプロデューサーの梶淳は制作発表の場で「原点回帰ではなく、仮面ライダーの限界・頂点に挑む」と述べており、企画書には「いい物は焼き直しと言われようと取り込み、不要なものは斬新そうでも容赦なく切り捨てる」と記されている。
それまでのシリーズ作品でもよく登場していた「料理」が特に大きくクローズアップされており、主人公を始めとした数多くの登場人物が料理を作って嗜む描写が多数採り入れられたほか、公式サイトでも「まかない」というコーナーを設け、本編で登場した料理の実際のレシピが紹介された。コメディの比重も高く、暗く重くなりがちなストーリーを和らげ、少しでも作品全体のムードを明るくすることが心掛けられた。特に『カブト』においては、天然キャラによるものの他、不条理でシュールな展開といった、従来のシリアスな平成仮面ライダー作品ではあまり見られなかったコメディ手法が多かった。このコメディ要素はその後の作品にも引き継がれていき、特に次作『仮面ライダー電王』や『仮面ライダーW』では、更に比重が置かれる様になる。
技術面では、『555』以降それまでの平成仮面ライダーシリーズでも実験的に使用されてきた映像の画質が、本作品より従来の本シリーズの特徴でもあったビデオ収録映像特有のクリアで透明感のあるものから、フィルム的な粒子感の有る画質へと本格的に変化している。これは地上デジタルハイビジョン放送時代への対応を目的として『アギト』以降の劇場版で使用されているHD24P撮影システムを使用し始めたためだが[2]、詳細なノウハウは非公表となっている。また、『響鬼』で鬼のスーツ素材に使用されたマジョーラは、本作品でもライダーのプロテクター部分に使用されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

西暦1999年10月19日、地球に飛来し日本・シブヤに落下した巨大隕石により、その周辺地域は壊滅した。そして7年後の西暦2006年、人間を殺害しその人間に擬態する宇宙生命体・ワームが出現。ワームに対抗するため、人類は秘密組織ZECTを結成し、ワームに対抗するためマスクドライダーシステムを開発した。そんなある日、ZECTの見習い隊員・加賀美新は、自らを「天の道を往き、総てを司る男」と称する妙な男・天道総司と出会う。その頃ワームが出没し、追い詰められていくZECT隊員たちを見た加賀美は、ライダーになって戦うことを決意する。しかしカブトゼクターは加賀美ではなく、天道の手中に納まった。天道は何故か持っていたライダーベルトにカブトゼクターをセットして変身、仮面ライダーカブトとなり、戦うのであった。

出典:https://ja.wikipedia.org

仮面ライダーカブトにはこんな歴代俳優も出演してました!

『仮面ライダーカブト』に登場するライダーの1人。名前の由来は見て分かるのモチーフである「サソリ」と武器である「ソード」と思われる。

出典:http://dic.pixiv.net

若者を中心に大人気の山本裕典も仮面ライダー歴代俳優の1人なんですよ。
これは意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

もちろんこの人も!歴代俳優⑤ 仮面ライダーフォーゼ 福士蒼汰

平成仮面ライダー歴代俳優の福士蒼汰

仮面ライダーフォーゼは2011年9月4日から2012年8月26日まで放送されていた作品です。

今や世代を問わず女性を虜にしているほど大人気の福士蒼汰が仮面ライダー歴代俳優であることは有名ですね。

仮面ライダーフォーゼについて

平成仮面ライダーシリーズ第13作にして、仮面ライダー生誕40周年記念作品。
本作品は、東映での小惑星探査機はやぶさを題材にした映画『はやぶさ 遥かなる帰還』の制作やスペースシャトル退役など宇宙関連の話題が相次いだこと[2]や放映年がユーリイ・ガガーリンらによる人類初の有人飛行から50年後であることから「宇宙」をテーマとし[1]、特に「宇宙開発」を色濃く出した設定となっている[3]。また、ジョン・ヒューズ監督の映画作品を意識したかのような、シリーズ初の「学園青春ドラマ」に沿って物語は進行する[3]。この設定について、スタッフはいわゆる「ご近所もの」という後者に、スケールにギャップのある前者を組み合わせることにより生じる「新たな面白さ」を追求した挑戦だと語っている[4]。本作品は主人公の弦太朗が仲間との友情を築き上げることも作品の大きな魅力のひとつで、本作品で脚本を担当することになった中島かずきによると、この行動には「仮面ライダーであることとはどういうことなのか?」というテーマも含まれているという[5]。

出典:https://ja.wikipedia.org

西暦2011年、天ノ川学園高校にリーゼントに短ランという往年のツッパリスタイルの転校生・如月弦太朗がやってきた。教室に入ってきた弦太朗は「この学校の生徒全員と友達になる」と宣言する。彼の言葉に困惑し、呆れる生徒達をよそに、幼なじみの城島ユウキは彼との再会を喜び、同じくクラスメイトで登校中に彼と一悶着起こしていた歌星賢吾は嫌悪感を隠さずにいた。一方、ユウキに学内を案内された弦太朗だったが、この天ノ川学園高校は学園一の情報通・JK(ジェイク)をはじめ、非常に個性豊かな生徒達が多い学校である事を知り、更に学園のルールを知らなかった為に、学園ヒエラルキーの頂点に立つ、アメフト部部長の大文字隼とチア部部長の風城美羽に目をつけられてしまうなど、登校初日から様々なトラブルに遭遇してしまう。 そんな中、弦太朗の前に突如ゾディアーツと呼ばれる怪物が現れる。弦太朗は勇猛果敢に立ち向かうが、敵うはずもなく、賢吾が操縦するパワーダイザーの援護もあってその場を切り抜けた。
本格的に活動を始めたゾディアーツと戦うため、賢吾はフォーゼドライバーを装着しようとするが、元来の病弱体質が祟り、ユウキに止められる。それを見かねた弦太朗は、賢吾からドライバーを奪い、彼に代わってフォーゼに変身する。ゾディアーツを退けた弦太朗は、戦いの一部始終を見ていた少女・野座間友子からネット上にある都市伝説の一つ「仮面ライダー」に似ていると言われ、仮面ライダーフォーゼと名乗るようになる。こうして学園生徒全員と友達になる目標を掲げた学園生活を送りながら、ユウキと共に仮面ライダー部を結成した。
やがて、そんな弦太朗の人柄に触れることで彼と友情を交わした隼、美羽、友子、JK、そして賢吾を加え、仮面ライダー部と弦太朗=仮面ライダーフォーゼの学園の平和を乱すゾディアーツとの戦いと青春の日々が始まった。

出典:https://ja.wikipedia.org

【まとめ】仮面ライダーの歴代俳優はイケメン揃いだった!

え?!あの俳優さんも仮面ライダー出身だったの?!なんて方もいらっしゃったのではないでしょうか?

歴代俳優を見てみてもどの俳優さんもとてもイケメンなのがよくわかりますね。
次回作仮面ライダーゴーストの主人公にもかなりのイケメン俳優が登場するかも?!しれません(笑)

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ