記事ID8045のサムネイル画像

再ブレイク!女優・田中麗奈の魅力がわかる出演映画【厳選4作品】

近頃再ブレイクといっても良いぐらい次々に主演を務め、大活躍の女優・田中麗奈さん。今回はそんな彼女が出演してきた映画の中から、魅力溢れる作品をあらゆる観点から厳選し、デビュー当時の作品も含めご紹介☆『がんばっていきまっしょい』『はつ恋』『山桜』『源氏物語 千年の謎』

日本映画界のプリンセス、田中麗奈のプロフィール

田中 麗奈(たなか れな)

生年月日:1980年5月22日
出生地:福岡県久留米市
身長:158 cm
血液型:A型
職業:女優
所属事務所:テンカラット

1995年頃から父親の紹介で福岡のモデル事務所に所属し、数々の九州ローカルCMに出演。
1998年に放送されたサントリーのジュース「なっちゃん」のCMの初代キャラクターとし一気に世の注目を集め、CMの女王の仲間入りを果たす。
映画『『がんばっていきまっしょい』では1999年度 第22回日本アカデミー賞 新人俳優賞をはじめ、様々な賞を受賞し女優としても活躍する。
ドラマ・映画・CM・舞台・ラジオとマルチに活動し、30代にして既にベテラン女優の域に達している。

女優・田中麗奈の原点!映画『がんばっていきまっしょい』

第4回坊ちゃん文学賞を受賞した敷村良子の同名小説を、磯村監督自身が脚色。監督は「目を閉じて抱いて」の磯村一路が務め、1998年に公開された。
田中麗奈が第22回日本アカデミー賞 新人俳優賞をはじめ、様々な賞を受賞した作品。

田中麗奈映画①【がんばっていきまっしょい】のあらすじ

進学校である東高に合格した悦子(田中麗奈)は、高校で何をすればいいのか悩んでいた。家出した防波堤でボートの練習を見た悦子は、高校ではボートをやろうと決心する。しかし、女子ボート部はない。「なかったら、つくりゃいいんじゃ!」とボート部を立ち上げ、部員も5人揃えたのだが・・・。悦子のボートにかける青春と、幼馴染のブー(松尾政寿)との淡い恋。

出典:http://www.jtnews.jp

田中麗奈映画①【がんばっていきまっしょい】のキャスト

主演を田中麗奈が務め、その他、清水真実、葵若菜、真野きりな、久積絵夢、松尾政寿ら若手俳優が出演している。

田中麗奈映画①【がんばっていきまっしょい】の世間の反応

公開当時に今はなき心斎橋シネマ・ドゥにて二度観賞。田中麗奈が実に瑞々しく清々しい。甘酸っぱさが随所に散りばめられた青春映画。いまの十代の人たちにも観てもらいたい。

出典:http://coco.to

なっちゃんの瑞々しいほんとにフレッシュな魅力。若い時にしかない一瞬の輝きが画面にきっちり。なんかさあ水面のキラキラとなっちゃんのキラキラが眩しいぜ!こういうのってさあ本人年を重ねた後観たらどんな気持ちだろうね。

出典:http://coco.to

視線がいやらしくないので好感が持てる。清々しい青春映画。この頃から田中麗奈は上手かった。

出典:http://coco.to

田中麗奈映画①【がんばっていきまっしょい】の予告動画

田中麗奈の代表作!映画『はつ恋』

2000年に公開された映画で、監督は「きみのためにできること」の篠原哲雄。脚本は「MISTY」などのプロデューサーとして知られる長澤雅彦で、本作が初脚本作だった。
田中麗奈が第24回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞した作品である。

田中麗奈映画②【はつ恋】のあらすじ

17歳の高校生・聡夏の春休みは、初めての失恋と母・志津枝の突然の入院で始まった。父・泰仁とのギクシャクしたふたり暮らし、思わしくない母の病状に、動揺する聡夏。そんなある日、病床の母の頼みで彼女が大切にしていた古いオルゴールを探し出した聡夏は、その中から投函されていない一通の手紙と一枚の写真を見つける。手紙は24年前に母が藤木真一路という父ではない誰かに認めたラヴレターで、色褪せた写真には若い頃の志津枝と藤木と思われる男性が写っていた。

出典:http://movie.walkerplus.com

田中麗奈映画②【はつ恋】のキャスト

主演を田中麗奈が務め、その他、真田広之、原田美枝子ら大御所の役者が活躍した。

田中麗奈映画②【はつ恋】の世間の反応

主演の田中麗奈が怪物的な魅力を発揮してる。これは可愛い。
日本らしい、いい映画でした。

出典:http://www.amazon.co.jp

はつ恋、夫婦の愛、親が娘に注ぐ愛、どれも遺憾なく美しく描かれていました。
主演の田中麗奈も大器を感じさせる存在感。映画を主な活躍の舞台にしてくれていて、映画ファンとしては嬉しい。

出典:http://www.amazon.co.jp

悲しいお話のはずなのに、田中麗奈がいるとなぜか前向きに感じる。
不思議なオーラを持つ女優だと改めて感じ入る。
篠原監督の俳優操縦術が如何なく発揮されている。
しかもすべてのシーンに無駄が全くない。
吸い込まれるような不思議な空気感の映画。

出典:http://www.amazon.co.jp

田中麗奈映画②【はつ恋】の予告動画

田中麗奈が演じる日本の美しさに絶賛の声!映画『山桜』

時代小説の巨匠・藤沢周平の短編を「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄監督が映画化。2008年に公開された。

田中麗奈映画③【山桜】のあらすじ

北の小国 海坂藩に生きた男と女
江戸後期、吟味役百二十石・浦井家の長女 野江は、最初の夫に先立たれ、勧められるままに磯村家に嫁いだが、家風になじめずつらい日々を送っていた。叔母の墓参りに帰り道、山桜の下で一人の武士に出会う。山桜を手折ってくれたその男は、かつて野江を妻に望んで果たせなかった手塚弥一郎であった。
この年も飢饉が続き、重い年貢で農民たちの生活は困窮していた。その窮状を目の当たりにした弥一郎はある決断をする…。それは野江の運命までも変えるものであった。

出典:http://www.amazon.co.jp

田中麗奈映画③【山桜】のキャスト

田中麗奈と東山紀之が主演を務め、檀ふみ、村井国夫、富司純子ら実力派が脇を固める。田中麗奈は本作が初の時代劇となる。

田中麗奈映画③【山桜】の世間の反応

この映画には他の作品にはない美しさがある。山桜をはじめとする庄内地方の美しい自然、そして人のありよう。田中麗菜、東山紀之共に硬質な、凛とした美しさがある。壇ふみや富司純子も気品があって美しい。昔の日本人が持っていた善い部分・美しい部分を巧く描いている。

出典:http://www.amazon.co.jp

田中麗奈は、時代劇は今回が初挑戦とか。着物姿も楚々としてとてもキュートなのだけれど、どこか筋が通っている心の強い凛とした女性像を見事に体現していました。(萌)
そして、東山紀之がやたらと格好良かった。殺陣もビッシと決め、子供には優しく微笑みかけるという美味しい役どころ。でも確かに、手塚弥一郎というキャラクターが、ストイックなイメージのある東山紀之に合っていました。

出典:http://www.amazon.co.jp

「はつ恋」の篠原哲雄監督、田中麗奈主演コンビの作品。
またまた、美しさ抜群の出来栄え。
画の美しさ絶品。
ストーリーの気高さ最高。
東山紀之も意外な存在感。
日本の美、ここにあり。必見の名作。

出典:http://www.amazon.co.jp

田中麗奈映画③【山桜】の予告動画

田中麗奈が新たな魅力炸裂!映画『源氏物語 千年の謎』

「愛の流刑地」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、作家・高山由紀子の「源氏物語 悲しみの皇子」を映画化。2011年に公開された。

田中麗奈映画④【源氏物語 千年の謎】のあらすじ

絢爛豪華な平安王朝の時代。一条帝の心を娘の彰子(蓮佛美沙子)に向けさせようと企む時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。その物語の題名は『源氏物語』。主人公は今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田斗真)。だが、帝の寵愛を受ける桐壺更衣は、嫉妬心に燃える帝の正妻・弘徽殿女御(室井滋)によって殺害される。光源氏は宮中の女性たちの憧れの的だったが、桐壺に瓜二つの義理の母・藤壺(真木よう子:二役)への狂おしい思いを断ち切ることができずにいた。その苦しさから逃れるため、正妻・葵の上(多部未華子)、艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(田中麗奈)、はかなげでつつましやかな夕顔(芦名星)と、奔放に愛を求めて彷徨うのだった。やがて、女の心の奥に潜む“嫉妬”という魔物に追いつめられてゆく光源氏……。

出典:http://movie.walkerplus.com

田中麗奈映画④【源氏物語 千年の謎】のキャスト

主演を生田斗真が務め、窪塚洋介、東山紀之ほか、中谷美紀、真木よう子、田中麗奈、多部未華子ら豪華女優陣が出演している。

田中麗奈映画④【源氏物語 千年の謎】の世間の反応

映像はなかなかキレイだし、平安時代に行ったみたいな気分になれた。
全体的によかったのは、田中麗奈さんです。顔は一番この時代に合っているし、けっこう怖い女性の役なのだけれど、個人的に怖い女性は好きなのでよかった。

出典:http://eiga.com

紫式部と藤原道長の出逢い。なんとも美しく艶かしく、作品の雰囲気を決めたように思います。源氏物語の世界にいざなってくれます。
絢爛豪華に浸るのもいいかな、くらいの気持ちで観ましたが、四季の移ろい、衣擦れの音、美しい作品でした。
キャストは豪華で、よく合っていたと思います。
東山紀之は軽やかで妖しく、中谷美紀は気高く麗しい、さすがでした。
六条御息所を演じた田中麗奈、可愛い麗奈ちゃんと思っていたらすっかり大人の女優さん、見入ってしまいました。凄かった、怖かったです。

出典:http://eiga.com

現代と物語を両方やるって、ごちゃごちゃしそうって思ったけど、そうでもなかった。
分かりやすく見れました。
あと、私の中で、光源氏って、キリッとした優等生のイメージだったけど、映画は違った。
弱々しくて、だらしなくて…守ってあげたくなるような母性本能くすぐるキャラでした。
こういう面で、生田斗真は似合ってたと思います☆
そして、東山紀之もカッコ良かった★あのカッコよさ源氏でも良いかも(笑)
私個人的には、中谷美紀と田中麗奈が良かったです(^^)v演技うま。

出典:http://eiga.com

田中麗奈映画④【源氏物語 千年の謎】の予告動画

そんな演技派女優、田中麗奈さんの今後の活躍への期待!

いかがでしたか?
初々しい作品から、大人の魅力たっぷりのものまで、田中麗奈さんにハマってしまうような映画ばかりでしたよね。
どんな役でもしっかり演じきり、映画界を引っ張ってきたのがわかります。
近頃、再ブレイクとも言われ、ドラマや映画に大忙しの田中麗奈さん。
そんな彼女の今後の活躍にも是非期待していきたいです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ