記事ID72248のサムネイル画像

【女優】鈴木杏がこれまでに出演した映画とは?主演映画とは!?

女優としてドラマ、映画、舞台と多くの作品に出演している鈴木杏。そんな鈴木杏がこれまでに出演した映画とは?鈴木杏の映画初出演作とは?鈴木杏の初主演映画はあの作品だった!?など、女優・鈴木杏の出演映画について調べてみました。

多くの映画に出演している鈴木杏のプロフィール

鈴木杏は、
1987年4月27日生まれで
フォスタープラスに所属しています。

鈴木杏は、小学生の頃から子役として芸能活動をしており、ローソンや大塚製薬の「ポカリスエット」のCMで、注目されるようになりました。

鈴木杏は、1996年7月、テレビドラマ『金田一少年の事件簿(第2シーズンで子役としてでドラマデビューしました。

鈴木杏は、ドラマ『青い鳥』や『がんばっていきまっしょい』など多くの話題作に出演し注目を集めています。

鈴木杏は、2015年5月17日から、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で降板した広末涼子の代役として辰路役を演じました。

鈴木杏は、原子力発電環境整備機構「NUMO入門編」やCHOYA「ウメッシュ」など多くのCMに出演しています。

鈴木杏の映画初出演作とは?

鈴木杏の映画初出演作「心霊2」は
1997年に公開されました。

鈴木杏の映画初出演作「心霊2」は、稲川淳二企画・原案による1996年に公開されたホラー映画の続編として、1997年に公開されました。

鈴木杏の映画初出演作「心霊2」は、「踏切に立つ少女」と「待ちぼうけ」の2本のオムニバス構成された作品です。

映画「心霊2」は、鈴木杏の他に、諸江みなこ、大類ゆき、喜多見英明、河原崎榮子、信太昌之、岩田しおりなどが出演しました。

鈴木杏の映画初主演作とは?

鈴木杏の映画初主演作「リターナー」は
2002年に公開されました。

鈴木杏の映画初主演作「リターナー」は、VFXを多用したSFアクション映画で、2002年8月31日に公開されました。

鈴木杏の映画初主演作「リターナー」は、コンピュータグラフィックスなどのVFXを多用する一方で、銀残しによる表現などアナログ技術も効果的に用いられています。

鈴木杏の映画初主演作「リターナー」の舞台は横浜でしたが、実際には、横浜の他に神戸等、日本の至る所で撮影されていました。

鈴木杏はこの映画「リターナー」で、ダグラとの戦争を回避するため未来から来た少女・ミヤリ役を演じました。

映画「リターナー」は、鈴木杏の他にも、金城武、岸谷五朗、樹木希林、高橋昌也、岡元夕起子、飯田基祐、川合千春などが出演しました。

鈴木杏主演映画「軽蔑」とは?

鈴木杏主演映画「軽蔑」は、
2011年に公開されました。

鈴木杏主演映画「軽蔑」は、1991年2月13日から同年10月17日まで『朝日新聞』にて連載され、1992年6月に刊行された中上健次による小説が原作になっています。

鈴木杏主演映画「軽蔑」は、賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹かれた踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリーです。

映画「軽蔑」は、『ヴァイヴレータ』や『余命1ヶ月の花嫁』などの廣木隆一が監督を務め、高良健吾と鈴木杏がW主演を務めました。

鈴木杏はこの映画「軽蔑」で、歌舞伎町で働く踊り子の真知子役を演じ、妖艶なポールダンサーを演じるため過酷な練習を積み重ね、これまでにない体当たりの演技で女優としての新境地を開拓しました。

鈴木杏はこの映画「軽蔑」の特別試写会で、「この作品は鈴木杏にとって…人間・鈴木杏にとって、携われたことがすごく大きいもの。今も胸がいっぱい…」と涙ながらにコメントしました。

鈴木杏主演映画「軽蔑」は、第21回日本映画プロフェッショナル大賞で8位に輝き、第26回 高崎映画祭では、鈴木杏が最優秀主演女優賞を、高良健吾が最優秀主演男優賞を、廣木隆一が最優秀監督賞を受賞しました。

映画「軽蔑」は、鈴木杏や高良健吾の他に、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、小林薫、田口トモロヲなどが出演しました。

鈴木杏のこれから

多くの映画に出演している
鈴木杏。

今後出演する映画は
現在発表されていませんが
これからも鈴木杏の活躍に
注目していきたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ