記事ID71673のサムネイル画像

鈴木亜美が主演!昼ドラ「ラブレター」ってどんなドラマ??

2008年に「昼ドラ」枠で放送されていたドラマ「ラブレター」は、どんなドラマだったのか?ドラマ「ラブレター」のキャストとは?主演は鈴木亜美だった!?主題歌は何?など、ドラマ「ラブレター」について調べてみました。

ドラマ「ラブレター」とは?

ドラマ「ラブレター」は、
2008年に放送されたテレビドラマです。

ドラマ「ラブレター」

ドラマ「ラブレター」は、2008年11月24日から2009年2月20日までテレビ放送されたTBS系列の愛の劇場枠の昼ドラです。

ドラマ「ラブレター」

ドラマ「ラブレター」は、小豆島が舞台のスト―リー。
施設に預けられていた聴覚障害を持つ少女・田所 美波が、さまざまな出会いを重ね、
家族の絆や友情、そして忘れられない初恋を通して、大人へと成長していく
15年間の姿を描いた作品です。

主人公役を務めた鈴木亜美さん

ドラマ「ラブレター」は、愛の劇場40周年記念番組。
大人時代の主演を務めた鈴木亜美さんは、
本作が昼ドラマ初主演作品になりました。

昼ドラマ「ラブレター」のストーリー

ドラマ「ラブレター」の時代設定は、1993年~2009年春までの3部構成となっており、1~10話が小学生時代、10話終盤~35話が中高生時代、35話終盤~最終話までが大人時代となっています。

ラブレターの主人公・美波は、生まれつき耳が聞こえない。
施設で育った美波でしたが、里子として兼松家に引き取られました。

一方、兼松夫婦は、実の愛娘を事故でなくしている過去があります。
美波は、一見この家族になじんでいるように見えましたが、小豆島での暮らしを受け入れたのには、本当の母を探すため、という理由があったのです……。

ドラマ「ラブレター」のロケは、香川県小豆郡土庄町 や二十四の瞳映画村、エンジェルロード、男木島灯台などで行われました。

ドラマ「ラブレター」のヒロインは、鈴木亜美さん

ドラマ「ラブレター」の主演は
鈴木亜美さんが務めました。

ドラマ「ラブレター」のヒロインは鈴木亜美さん

ドラマ「ラブレター」で、鈴木亜美さんは
高松の児童養護施設から里子として、兼松家に引き取られた
ヒロイン・田所美波役を演じました。

ヒロインを務めた鈴木亜美さんは実力派歌手

ドラマ「ラブレター」で主演を務めた鈴木亜美さんは、
1998年2月、『ASAYAN』の『ボーカリストオーディション・ファイナル』の
最終電話投票審査で80万票以上を集め1位となり、小室哲哉のプロデュースでの
歌手デビューが決定しました。

鈴木亜美さんはCDデビューを果たしている

ドラマ「ラブレター」で主演を務めた鈴木亜美は、1998年7月1日にSMEJ Associated RecordsのSony Recordsレーベルからシングル『love the island』でプロデビューしました。

ドラマ「ラブレター」で主演を務めた鈴木亜美は、1999年3月25日発売のファーストアルバム『SA』は、約180万枚を売り上げミリオンセラーとなり、夏に発売されたシングル『BE TOGETHER』、『OUR DAYS』はオリコン週間ランキング1位を獲得しました。

ドラマ「ラブレター」の出演キャストとは?

ドラマ「ラブレター」には
多くの女優や俳優が出演しています。

ドラマ「ラブレター」のヒロイン・美波

ドラマ「ラブレター」のヒロイン役3人

ドラマ「ラブレター」で主演を務めた鈴木亜美の幼少期を松嶋友貴奈(小学生時代)と山下リオ(中高生時代)が務めました。

美波は、耳の不自由な女の子。
また、過去に発音がおかしいとからかわれてから、話すこともあまりしない。
施設に入っていたが、兼松夫婦に引き取られることとなる。
美波は、本当の母親に会うために、長年東京に行くことを夢見ていたが、
小豆島にいけば、東京に近づけることから、兼松家に行くことを決意した。

美波の同級生役・塚越海司

②同級生役・塚越海司役

ドラマ「ラブレター」で、美波の同級生である塚越海司役を、桑代貴明(小学生時代)、村上一志(中高生時代)、田中幸太朗(大人時代)が演じました。

天真爛漫な性格の海司は、美波の島での生活に大きくかかわる重要人物。
美波の世界を広く広げてくれるようなその明るさに、美波は徐々に惹かれていく。

美波の同級生・湊陸

ドラマ「ラブレター」で、美波の同級生である湊陸役を ルウク(小学生時代)、井澤勇貴(中高生時代)、坂本爽(大人時代)が演じました。

陸は、頭が良く周囲に信頼を置かれている。
喘息もちで、東京から母と二人で越してきた。
美波のことをよく気に掛けるやさしさを持つ陸のことを、
美波は「優しく寄り添ってくれる人」と表現している。

美波の同級生・越智陽子

ドラマ「ラブレター」で、美波の同級生である越智陽子役を山谷花純(小学生時代)、剛力彩芽(中高生時代)、金子さやか(大人時代)が演じました。

陽子は、小豆島の醤油工場の娘。
島の人は自営業が多いが、しょうゆは特にそのカースト上位を占める存在である。
そのため、幼馴染の中でも、少しわがままで振り回してしまうことも多い。

波の同級生・三木勝

ドラマ「ラブレター」で、美波の同級生である三木勝役を下山葵(小学生時代)、松川尚瑠輝(中高生時代)、長部努(大人時代)が演じました。

勝は、初めから美波に恋心を寄せる少年。
実家はそうめんやを営んでいる。

美波の同級生・野々村千絵

ドラマ「ラブレター」で、美波の同級生である野々村千絵役を朝日梨帆(小学生時代)、宮澤佐江(中高生時代)、荻野なお(大人時代)が演じました。

千絵は、美波が転校してきたばかりのころから、美波を気にかけてくれる優しい女の子。
中学生になるころには、美波の一番の友達になる。

ドラマ「ラブレター」には他にも、粟田麗、布川敏和、左とん平、井上晴美、円城寺あや、木内晶子、大沢健などが出演しました。

ドラマ「ラブレター」の主題歌とは?

ドラマ「ラブレター」の主題歌は
MY LITTLE LOVERの「音のない世界」が起用されました。

ドラマ「ラブレター」の主題歌「音のない世界」は、2009年2月4日に発売されたMY LITTLE LOVERの22枚目のシングルです。

ドラマ「ラブレター」の主題歌 MY LITTLE LOVERの「音のない世界」の作詞は、akko 作曲・編曲は松浦友也が手掛けました。

ドラマ「ラブレター」の主題歌 MY LITTLE LOVERの「音のない世界」は、音楽コンテンツ配信サイト『レコチョク』の1月最終週の着うたダウンロードチャートで1位を記録しました。

ドラマ「ラブレター」の主題歌 MY LITTLE LOVERの「音のない世界」は、オリコン週間シングルチャートでは初登場8位を記録しました。

ドラマ「ラブレター」まとめ

ドラマ「ラブレター」は
DVDが発売されています。

是非、ご覧下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ