記事ID53328のサムネイル画像

【俳優】田中圭が主演を務めていたドラマとは!?どんな役!?

俳優として多くのドラマや映画に出演している田中圭。そんな田中圭がこれまでに主演を務めたドラマはどんな作品があるのか?田中圭が初めて主演を務めたドラマとは?主演ドラマで田中圭が演じた役とは?など、田中圭の主演ドラマについて調べてみました。

ドラマの主演も務めている田中圭のプロフィール

田中圭は、1984年7月10日に
東京都で生まれた俳優です。

田中圭は中学3年生の時、家族の勧めで雑誌に掲載されていたオーディションを受けたものの、不合格でした。しかし、このオーディションがキッカケで、現在の事務所にスカウトされて芸能界デビューを果たしました。

芸能事務所トライストーン・エンタテイメントに所属した田中圭は、2000年に任天堂「マリオパーティ3」のCMでデビューしました。

2003年、ドラマ「WATER BOYS」で山田孝之演じる主人公の親友役を務めたことで、田中圭は注目を集めました。

田中圭は、2008年1月公開の映画『凍える鏡』の岡野瞬役で初の主演を務め、2009年4月から放送の連続ドラマ『子育てプレイ』と、同じく4月に放送された単発ドラマ『ホームレス中学生2』でテレビドラマ主演を務めました。

その後、田中圭は、2011年9月に女優のさくらと結婚したことを発表し、さくらが妊娠中であることも明かしました。翌年、長女が誕生しました。

田中圭の主演ドラマとは?

田中圭は、2009年
自身初となる主演ドラマが放送されました。

田中圭が主演を務めたドラマ「ホームレス中学生2」は、お笑い芸人である麒麟の田村裕の兄が書いた小説「ホームレス大学生」が原作になっています。

田中圭はこのドラマ「ホームレス中学生2」の前作「ホームレス中学生」から出演しており、田村裕の兄である田村慎一役を演じました。

「ホームレス中学生」は、映画化もされ大ヒットしましたが、田中圭が出演したドラマ「ホームレス中学生2」の視聴率は7.7%で、大ヒットにはなりませんでした。

このドラマは、田中圭の他に、黒木辰哉、夏帆、ほんこん、高田聖子、谷村美月、山崎樹範、千原せいじ、中川礼二などが出演しました。

田中圭主演ドラマ「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」

2013年に放送されたドラマ
「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」で
田中圭は主演を務めました。

このドラマが、田中圭にとって初の民法連続ドラマ主演作品でした。このドラマは、テレビ東京系列で、2013年10月4日から12月20日まで放送されました。

ドラマの主演に抜擢された田中圭は「ゲームのCMでデビューしたこともあり、この作品に関われてとても嬉しいです」とコメントしました。

田中圭が主演を務めたこの「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」は、「ビデオゲームとともに人生を歩んだ人々の姿を描くドラマ」です。

このドラマの原案は、「カウボーイビバップ」や「交響詩篇エウレカセブン」などを手掛けた佐藤大が手掛け、このドラマに登場するゲームはメーカー協力の下、全て実名で登場しました。

このドラマ「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」では田中圭の他にも、波留、浜野謙太が出演しており、3人は15歳から45歳までを演じています。

田中圭主演ドラマ「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」のオープニングテーマには、TOKYO No.1 SOUL SETの「One Day」が起用されました。

田中圭主演ドラマ「びったれ!!!」

田中圭は、
2015年に放送開始されたドラマ「びったれ!!!」で主演を務めました。

田中圭主演ドラマ「びったれ!!!」は、田島隆原作、高橋昌大作画による漫画作品で、2015年1月からtvkなどの地方局で放送されました。

田中圭主演ドラマ「びったれ!!!」は、元極道でシングルファーザーの司法書士を主人公とした作品で、広島県が舞台になっています。

田中圭主演ドラマ「びったれ!!!」の「びったれ」という言葉も舞台である広島の方言で「小心者」を意味する言葉です。

田中圭はこのドラマで、もみじ司法合同事務所に所属する司法書士であり、シングルファザーの伊武努役を演じました。

このドラマは、田中圭の他に、森カンナ、国広富之、日向丈、岩崎未来、高橋かおり、池田鉄洋、黒田大輔などが出演していました。

田中圭主演ドラマ「びったれ!!!」は
ドラマと同じキャストで
2015年11月28日に劇場版が公開されました。

田中圭のこれから

俳優として
多くのドラマや映画に出演している田中圭。

そんな田中圭の
今後の活躍に注目していきたいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ