記事ID53249のサムネイル画像

可愛い生田絵梨花にスキャンダル発覚?!乃木坂46は終わり?!

いま、人気の乃木坂46をご存知でしょうか?その中でも可愛い生田絵梨花は主力メンバーの一人ですがこの度、生田絵梨花にスキャンダルが報じられた?相手は人気ジャニーズ?可愛い顔をして実は裏ですごかった?噂の生田絵梨花について調べてみました!

【この記事は2019/11/19に更新されました。】

乃木坂46!生田絵梨花ってどんな子??

生田絵梨花のプロフィール

名前:生田絵梨花(いくたえりか)
生年月日:1997年1月22日
職業:アイドル(女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー)、女優
出生・出身地:ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、東京都出身

生まれはドイツですがハーフではないようです。しかし、端正なお顔立ちをしているのでハーフと言われても納得しますよね。

生田絵梨花は本当にお嬢さま育ち!
幼少期は本当に習い事ばかりで友人はあまりいなかったようです!

ドイツのデュッセルドルフで誕生し、5歳から東京で育った彼女は、ピアノを3歳から始め4歳から本格的に習い始めました。
ピアノは先にピアノを習っていた姉の影響で習い始めたそうです。

生田絵梨花は大学に進学?!頭脳派アイドル?!

多忙な中学時代……!

生田絵梨花は中学生の頃、学級委員を務め、月曜日は数学、火曜日はクラシックバレエ、水曜日は習字、木曜日は英語、土曜日はピアノ、日曜日はクラシックバレエを習い、実用英語技能検定2級、日本漢字能力検定準2級、実用数学技能検定3級、書道検定準7段に合格、書画展で金賞を受賞した経歴の持ち主!なんでこんな子がアイドルなんてなったのでしょうか

名門大学に通っている!?

可愛いと噂の生田絵梨花は可愛いだけでなく本当に成績も優秀なんだそうです!
アイドルと兼任しながら生田絵梨花は大学も通い始めた??しかも名門校?!

生田絵梨花は、「音楽大学付属高校」を卒業したと言われています。
2014年6月末から9月まで一時活動を休止していた生田絵梨花。
「大学進学のため学業に専念する」という理由で活動を休止していましたが。
今では仕事に復帰しています。

生田絵梨花が通う都内の音大とは?

音楽大学付属高校は、
•東京音楽大学付属高等学校
•武蔵野音楽大学附属高等学校
•国立音楽大学附属高校
•東邦音楽大学附属高校
といくつかあるのですが、この中でも生田絵梨花が通うっていたといわれているのは「東京音楽大学付属高等学校」です。高校から音楽の学校なんてスゴイ!と思いますが、幼少期からピアノをやっていた彼女からすれば、当然の道だったのかもしれませんね。

生田絵梨花は、東京音楽大学付高等学校に出ているため、大学は、高校からのエスカレーター式らしいです!そのため、現在は東京音楽大学の、音楽学部ピアノ科に通っているといわれています。しかし、難関といわれるピアノ演奏家コースではなく、一般のピアノ科だそう……。それでもやはり、アイドルや女優業をやりながら大学に通うことを考えると、結構大変そうですよね。

可愛い生田絵梨花は、大学に進学したら、 間違いなく学業で忙しいと思います。

乃木坂46との活動を並行していくのか?と言われていましたが、今でも乃木坂46の活動は続けています。活動を一時休止しただけでも、世間がざわついたのですから、もしアイドル卒業、なんてなっていたら大騒ぎだったかもしれませんよね。

何にしろ、大人気アイドル、生田絵梨花ちゃんが乃木坂46メンバーとして健在なのは嬉しいことです。

こちらがもしかすると可愛い可愛い生田絵梨花がお忍びで通っている大学かも?
見るからに名門という風貌をしていますが、お嬢さま育ちの生田絵梨花にとってはなんともない学校なんでしょうね( ゚Д゚)
ここでピアノ?バレエ?クラッシック?を勉強するのか??
もしかするとあの子可愛いな~「生田絵梨花じゃん!!( ゚Д゚)」ってなるかもしれないですよ!しかし年相応に勉強しようなんていい子ですね(^◇^)

生田絵梨花はとーってもお金持ち!

生田絵梨花ってめっちゃくちゃ金もちお嬢様育ちなんです!
THE英才教育!!!絵にかいたような、ドラマの設定?と思うような!
素晴らしい努力や才能によるものもあるだろうが、
習い事をさせてもらえる環境ってのは、才能だけでなくお金がなければ絶対できないことばかりです。子どもは親を選べないといいますが、運の良しあしは生まれながらに持っているのだと確信できますね。
貧乏は一生貧乏なんですね。だってそういう環境でしか育ってないから・・・( ゚Д゚)

生田絵梨花の姉は東大で、めっちゃ可愛い!?

姉も生田絵梨花と同じようなルックスで綺麗でとても可愛いんだとか。一般人なので写真などはありませんが本当に美人姉妹なようです!
生田絵梨花さんの姉が東大生だと言う噂は広がっていますが、なんと学部は「東大理科一類」!生田絵梨花さんのファンに東大理科一類の人がいて、生田絵梨花の姉とバレーボールで同じクラスになったと言っていたことから発覚したようです!
頭よすぎ( ゚Д゚)

姉弟そろって美人で、頭が良いなんて女性の憧れそのもの!男性の注目の的!ですよね。生田絵梨花ちゃんは音楽大学、一方お姉ちゃんの方は、理系学部……系統が違うことにもびっくりですが、そんな違いでさえ、「違う才能を持っていてスゴイ!」なんて羨ましく思ってしまいますよね。

可愛いしスタイルいいし、頭脳派だし、うらやましい限りの姉妹ですね(^◇^)
しかし、生田絵梨花ちゃんも音楽大学、お姉ちゃんに負けず頑張ってほしいですね!!

それにしても、実力が物をいう芸術大学に通うなんて、ただでさえ根気がいることなのに、アイドルと女優業兼業なんてすごすぎますよね。暇な日なんてあるのでしょうか……。

ピアノの実力についても詳しく説明したいと思います。

生田絵梨花のピアノの実力は、プロも絶賛!?

冒頭でも紹介したように、生田絵梨花は4歳の頃から本格的にピアノ活動をはじめています。趣味でも音楽鑑賞をあげ、よく聴く曲は、エルトン・ジョン「Your Song」といわれています。本当に音楽が好きなのだなと思いますよね。ちなみに、カラオケでよく歌う曲は、GLAYの「誘惑」だそうです!

そんな音楽大好きな、生田絵梨花の特技はもちろんピアノですが、その実力をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、生田絵梨花のピアノの実力について力説したいと思います。

小室哲哉やピアニストも認めるほどの実力!

なんと生田絵梨花のピアノ演奏は、小室哲哉やピアニストの高橋多佳子らが絶賛するほど!2013年以降になると、フジテレビのFNS歌謡祭で、乃木坂46として出演するだけでなく、生田絵梨花がソロで出演し、他のアーティストとの共演でピアノ演奏を披露するなどしています。

また、2013年3月16日フジテレビで放送されたMUSICFAIRに乃木坂46が初出演を果たした時には、ピアノを伴奏しながらの歌唱を披露するなど、観客を湧かせました。

TEPPENという番組でピアノ演奏を披露!

TEPPENという番組をご存知でしょうか?
あの小室哲哉もうならせたほどの腕前!しかも選曲はなんとあの難しい「そばかす」!
ピアノといえば静かな曲を選びそうな者ですが生田絵梨花はピアノでは難しいとされるこの曲を選んだのです!果たして結果は?みなさん聞きほれてください!!

その他にも、様々な番組でその実力を披露している生田絵梨花。これからの活躍も大いに期待できそうですよね!

それにしても、小室哲哉やプロのピアニストを唸らせるなんて……すごすぎます!

乃木坂46は可愛い女子集団!特徴を徹底解剖

AKB48は「クラスで5番目に可愛い子」というのがテーマなグループですが、乃木坂46はどんなコンセプトのグループなのでしょうか?どんな可愛い女の子がいるの??

AKB48との違いは?

生田絵梨花率いる、乃木坂46は、AKB48の生みの親・秋元康が新たに用意したAKB48の公式ライバルとして誕生しました!乃木坂はAKBのように、専用劇場を持たず、ホールを中心に活動。通常のライブコンサートツアー、および1回2週間程度のミュージカル公演を行っています。
AKB48が掲げる「会いに行けるアイドル」などのコンセプトはないそうです☆

秋元康はこう語っていました!

「乃木坂はコンセプトが無いのがコンセプト。一番大きな点は、AKBが選抜総選挙やじゃんけん選抜をやったりしていますが、たぶん、その時のファンの皆さんの反応でメンバーを入れ替えていくスピード感は、こちらの方が早い!AKBがブレイクするまでかかった5年の軌跡を、5ヶ月で追いつこうというのが目標です」と。

5年の軌跡を5ヶ月で追いつこうって、よくよく考えるととても壮大な目標のように感じます……。しかし、乃木坂46のメンバーは、世間からも「顔面偏差値は一番高い!」「可愛い子ばっかり!」などといわれるほど、一気に大ブレイクしました。

庶民じみていて可愛いメンバーが多いのが特徴!

AKB48はだれもがアイドル~!!という感じでそれぞれピンでも番組を盛ったりドラマに出たりと女優さんのような雰囲気ですが、乃木坂46はなんか違います。そう!普通じゃん!一般人の方が可愛い子たくさんいるよ!っていう子が何人もいるんです!主力メンバーは生田絵梨花をはじめたったの数人。なので逆にAKBよりも身近に感じる可愛い庶民派アイドルなんですね☆

確かに、街で見かけても気づかない人が多いかも?

なぜ46??

AKBのように「48」ではなく、「46」となっている理由は、『AKBより人数が少なくても負けない』という意味を込めて名付けられたそうです。AKB同様人数の変動が頻繁ですが、46名に到達後は特別な例を除き増員を行っておらず人数は今もなお減っていて、2015年6月現在では46には届かず、37名が在籍しているようです!あなたも枠があるうちに秋元さんに嘆願書を送ってみたらもしかしたら入れるかもしれませんよ~(^◇^) 第二の生田絵梨花になれるかも?

乃木坂46は48系グループのようなチーム制を採用せず、完全な一体型の運営がなされているようなのであまり個人で活躍はしないグループなんだそうです。その面では、メンバー一人一人の交友関係が深そうなイメージが湧きますし、メンバーが全体としてお互いを理解し合っているように思えてきます。

やはり一番可愛いのは生田絵梨花?

誰もが納得!一番可愛いのは間違いない!!

可愛いだけじゃない!先ほどご紹介したように、乃木坂46・生田絵梨花のピアノをTKこと小室哲哉が大絶賛!しかも『TEPPEN』を見たプロピアニストも絶賛!プロもうなる腕前♪

生田絵梨花は2011年、第21回・日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門に入選した経歴の持ち主!一番可愛いし、一番すごい人間!と言っても過言ではないくらいかもしれません。

まあ……生まれた環境の差もあるかもしれませんが……。

乃木坂46はとにかく可愛い人が多いですが、生田絵梨花は容姿だけでなく中身まで完璧……!なんて羨ましいのでしょう!

生田絵梨花は、女優業でも活躍中!

しかもしかも!生田絵梨花は手塚治虫原作のミュージカルで主演に大抜擢?!

生田絵梨花は、可愛いだけじゃない、度胸も据わっている?
初の舞台主演にも関わらず、共演のベテラン俳優たちにも負けない堂々とした演技を見せつけたとネットで噂になっています!劇中では男装を披露するだけでなくピアノ演奏も行っており、自身の魅力を存分に発揮しているようで、才色兼備とはこのことですね(^◇^)

生田絵梨花は、自身の親戚に音楽プロデューサーの故・佐久間正英氏がいるようで、BOØWY』や『GLAY』、『くるり』など彼のプロデュースによって成功したミュージシャンは数えきれないすごい方でした!そんな方とも親戚……ほんとうに恵まれた環境です。

ミュージカル女優業として大活躍

乃木坂46のメンバーの一人、白石麻衣からも中々起きない様子を見て、「お疲れなんだね」「アイドル業だけじゃなくて、女優業でも忙しいもんね」などと労りの言葉を送られるなど、女優としても大活躍中の生田絵梨花。

2017年には「ロミオ&ジュリエット」でのジュリエット役、「レ・ミゼラブル」でのコゼット役と大役を2つもこなしました。そして同年6月には"演劇界の明日を担う人材"に贈られる「岩谷時子賞奨励賞」を受賞しています。

さらに、2018年に公演予定の「モーツァルト!」にモーツァルトの妻・コンスタンツェ役として出演することもすでに決定!など、舞台女優としてとても活躍をしています。

女優業でも、順調な生田絵梨花ですが、一方では、「乃木坂辞めてしまうのでは?」という声も多く上がっているようです。生田絵梨花は女優としてとても優秀な人材ですが、乃木坂46のファンとしては、そうなってしまっては悲しいかもしれませんね……。

生田絵梨花の主な出演作品をご紹介!

【主な出演作品】
「残念な夫。」
「あさひなぐ」
「ウチの夫は仕事ができない」
「ビブリア古書堂の事件手帖」
「海の上の診療所」
「虹のプレリュード」
「アルプスの少女ハイジ」
「ココ・スマイル5」
「レ・ミゼラブル」
「ロミオ&ジュリエット」

などなど!

一番可愛い生田絵梨花にスキャンダル発覚!乃木坂46は終わり?!

一番可愛い!一番人気と言われている生田絵梨花……。しかし、事件は起きてしまいました!そう。エースの生田絵梨花に男性スキャンダルが勃発したのです!相手は……?

相手はこの有名人☆

玉森裕太

玉森裕太(たまもり ゆうた、1990年3月17日 - )
歌手、俳優、タレント
男性アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバー。
東京都出身。
ジャニーズ事務所所属。
ごくせん 卒業スペシャル(2009年3月28日、日本テレビ) - 高杉怜太 役
幸せになろうよ(2011年4月 - 6月、フジテレビ) - 柳沢優次 役
美男ですね(2011年7月 - 9月、TBS) - 主演・桂木廉 役
等で俳優としても主演も務めるほど演技が上手な男性。
このたび、生田絵梨花と熱愛か?と報じられました!

そんな玉森裕太との熱愛発覚?( ゚Д゚)

噂の発端となったのは
キスマイRadio
玉ちゃんのコーナー「私の回りの玉森くん」でのこと。
天然玉ちゃんに似たほんわかした人を紹介するコーナーなのですが、何故か毎回玉ちゃんの天然エピをメンバーが紹介するコーナーとなっております。

このコーナーができた時に紹介されたエピソードが「玉森は挨拶する時にメロディーをつける」、「車に乗っている時に『行け!行け!GO!GO!』と叫ぶ」、「質問した時に『わからんプー』と言っていなくなった」などなど。
その話し方を生田絵梨花が同じ話し方をしていたということからきました(´・ω・`)

真似をしていただけとも思えますがいかがなものなんでしょうか?

話題となった発言は、同番組で乃木坂メンバーである生田絵梨花、中元日芽香、齋藤飛鳥の3人の休日に密着するという企画の中で起きた。3人が渋谷でショッピングしているVTR中で、生田絵梨花が「ナニ買っていいか、わからんプー」と発言しました。
「わからんプー」とは、Kis-My-Ft2のファンの間ではおなじみの玉森裕太の有名なフレーズ。2013年のキスマイRadioで、藤ヶ谷太輔が玉森裕太にダンスを教えてほしいとお願いしたところ、玉森裕太が「わからんプー」と受け流したところから、その後も使用されるようになったそうです。本当に付き合っているの??( ゚Д゚)

ファンの中では可愛いから彼氏もいるだろうとか悲しい・・ショック・・とか絶叫の声が上がっています( ゚Д゚)

放送直後は、生田絵梨花の発言は大きな話題にはならなかったのですが、ファンは怖い( ゚Д゚)
2ちゃんねるで情報が拡散して、「わからんプー」発言に動揺する乃木坂46ファンが続出した。
乃木坂46もAKBグループと同じく”恋愛禁止”のルールがあるため、ファンの間には衝撃が走ったようです( ゚Д゚)
一方で生田絵梨花は芸能界に入る前は生粋のジャニヲタであり、その当時の写真も複数流出していることが知られています。そのため乃木坂ファンのみならず、ジャニーズファンの間でも生田絵梨花を警戒する声が生まれているようです。でもファンが警戒したところでって話ですが……。

この熱愛報道に、生田絵梨花は自身のTwitterで弁明したようです!

スキャンダルを受けてメンバーの反応は?

もともと、メンバーは不仲だと騒がれていた乃木坂ですがこの騒ぎを受けてメンバーからは「生田絵梨花はもともとジャニーズが好きなだけなんです!」「そんな熱愛なんてありません」と彼女を擁護する声が上がりました。
しかし本当なの?実はこれで一人ライバルが減ってラッキーと中には思う人があったのではないでしょうか……?
一番可愛い生田絵梨花のスキャンダルは本当に激震が走ったようです。

メンバー不仲説はほんと?

乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が6日、映画『超能力研究部の3人』の初日舞台挨拶に出席。作品の中で生田絵梨花と喧嘩するシーンについて、秋元は「元からそんなに仲良くないのでやりやすかったです」と、生田絵梨花との不仲を暴露しました。
これに対して生田絵梨花は苦笑いww
しかしここまでバッサリといえる仲も悪くないのではないでしょうか☆

不仲説は本当なようですがどこの世界でも女性の世界はこんなものだと思いますね☆

映画『超能力研究部の3人』の作品の中で、普段は口にしない汚い言葉を叫んだりしたという生田絵梨花は、「普段できないので、清々しかった」と話し、不仲説のある秋元との関係については「役で喧嘩しましたけど、実際に喧嘩をした後のように仲良くなった感じがする」と、感想を話しました。お嬢さま育ちの可愛い生田絵梨花が汚い言葉・・・ファンにとっては貴重な映画になりましたね☆

AKB48とは違い、乃木坂は個人ではなく、チームプレーみたいなところがあるようですが、やはりドロドロとした世界に変わりはないんですね(^◇^)
そんな中で頑張る彼女たちは本当に素晴らしいと思いました。

まだまだ若い生田絵梨花!可能性は無限大!

今は彼女はまだ10代☆大学生でアイドルと言っても本当に世間ではまだまだ子供。
これからどんな女性になるのか楽しみです。
現在は、舞台女優として大活躍するなど、アイドル辞めちゃうのでは!?とも騒がれがちな生田絵梨花ですが、容姿も演技力もばっちりとなると、女優としても頑張ってほしいと思ってしまいますよね♪

最期に、可愛い生田絵梨花の2016/1/21に発売予定の初写真集!【転調】のご紹介をして終わりたいと思います☆

乃木坂46・生田絵梨花 1st写真集【転調】

発売日:2016年1月21日
参考価格:1,836円(税込)
彼女の自身初写真集です!中には買わなきゃ見れない過激なショットも?!
1st写真集「転調」には、特典として「A2判特大ポスター」が付属されます!
Amazonや楽天ブックスなどでは送料無料ですのでチェックしてみて下さいね!
生田絵梨花の新しい一部分をぜひご覧ください☆

以上、生田絵梨花についてご紹介致しました!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ