記事ID50679のサムネイル画像

    漫画「タッチ」を知っていますか?そうです。あだち充原作の・・・

    漫画「タッチ」は双子の兄弟、上杉達也と上杉和也、そして幼馴染の朝倉南を中心として描かれた野球漫画です。単行本は全26巻です。また、「タッチ」はアニメ化もされました。「タッチ」が知らない世代の方に、「タッチ」を知ってもらいたいのでまとめてみました。

    漫画 タッチ とは

    『タッチ』は、あだち充の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)に1981年から1986年まで連載された。高校野球を題材に、双子の兄弟である上杉達也・和也と幼馴染のヒロイン浅倉南の3人を軸にした恋愛を絡めて描いている。 テレビアニメ、劇場用アニメとしてアニメ化もされ、実写のテレビドラマや映画も製作されたあだち充の最大のヒット作である。単行本全26巻、ワイド版全11巻、文庫版全14巻、完全版全12巻、アニメコミックス版全7巻。単行本の総売上は、新書版、完全版、文庫版、ワイド版、アニメコミックス版を合わせて一億部以上を売り上げている。第28回(1982年度)小学館漫画賞受賞。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画 「タッチ」について詳しく見てみましょう

    漫画 「タッチ」はどんなお話?

    高校野球と恋愛の2本を軸にしたストーリー展開である。分野は野球漫画だが、野球の経験がない人間にも受け入れられるのは、普遍的なテーマ性が作品全体に表れており、これは本作より先に『週刊少年サンデー増刊号』で連載していた『ナイン』の路線を踏襲したものである

    出典:https://ja.wikipedia.org

    確かに「タッチ」は野球だけではなく上杉達也、和也、そして朝倉南と周りの人間との恋愛についても描かれていますね。ちょっと「ナイン」とにているとも感じましたが、私的には「タッチ」はとてもわかりやすい人間関係が描かれている漫画だと感じました。

    漫画「タッチ」 「タッチ」というタイトルにも意味があった・・・。

    タイトルのタッチはバトンタッチの意味が込められており、弟の夢を兄が受け継いでいくことを表している。この死者が生者を呪縛するテーマをもって漫画評論家の夏目房之介は、ラブコメの名作と評する一方で、『あしたのジョー』『エースをねらえ!』と連なる作品と位置付けた。この賢弟愚兄の設定は、あだち充と兄の漫画家・あだち勉の関係の反映という見方も存在する[1]。和也が死んだ際にはスタッフで和也の告別式が行われ、和也役の難波圭一が弔辞を担当した。バトンタッチ劇となる7巻までは連載当初から構想したもので、以後はストーリー展開が重くなるのをなるべく軽妙にしようとあだちが参考にしたのはテレビドラマ『池中玄太80キロ』であったという[2]。編集部もあだちを信頼しきって三角関係が最後まで延々と続くと思い込んで担当がいくら和也が死ぬと報告しても取り合ってくれず、入稿の翌日から内容を直せないように担当が2日間会社の席を外し、連絡もつかずという非常事態となってしまった

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「タッチ」のたいとる「タッチ」には様々な意味が込められていたのですね。今まで私はどうして弟の和也が死んでしまっても話が続いていくのだろうと思っていましたが、和也から達也へのバトンタッチだったのですね。

    漫画 タッチ 登場人物

    漫画 タッチ 登場人物 上杉達也

    上杉 達也(うえすぎ たつや)は、あだち充原作の漫画『タッチ』に登場する架空の人物であり物語の主人公である。原作の中での経歴は、明青学園中等部→明青学園高等部。上杉和也の双子の兄。アニメにおける声優は三ツ矢雄二

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「タッチ」では、アニメ同様、主人公である、上杉達也。幼馴染の浅倉南からは「たっちゃん」と呼ばれています。本当は朝倉南のことが好きだけど、周りが「上杉和也と朝倉南はお似合い」を言われており、遠慮してしまうという、優し菜のようなものを備えているところが上杉達也の性格なのかもしれませんね。上杉和也がなくなった後の上杉達也のポジションに注目です。優しさが時には優柔不断に見えてしまうところがありますが・・・。

    漫画 タッチ 登場人物 浅倉南

    浅倉 南(あさくら みなみ)は、野球漫画『タッチ』に登場する架空の人物でヒロイン。上杉達也・和也兄弟の幼馴染。アニメ版の声優は日高のり子

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「タッチ」に主人公の幼馴染として登場する浅倉南。みんなからは「南」と呼ばれています。とてもしっかりものの南ではありますが、自分の本当の気持ちを伝えられない部分があり、もどかしく思えることもありました。印象に残るシーンとしては、ボクシングの試合で負けた上杉達也にキスをするシーンです。見ている側としてはジーンときてしまい、これが本当の浅倉南の木本なんだなと思いました。

    このシーンが上杉達也がボクシングの試合に負けた日の夜に、上杉達也と浅倉南がキスをしたシーンです。

    漫画 タッチ 登場人物 上杉和也

    上杉 和也(うえすぎ かずや)声 - 難波圭一(幼少時代 - 深見理佳) / 演 - 岡本健一(ドラマ)、斉藤慶太(映画)、渋谷樹生(映画・少年時)達也の双子の弟。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「タッチ」主人公の双子の弟、上杉和也。幼馴染の浅倉南のことが大好きで、浅倉南のために甲子園を目指していたが、高校一年の夏の大会で、不慮の事故によりなくなってしまう。本当は浅倉南が上杉達也を好きだと知っていた唯一の人物かもしれないですね。

    漫画 タッチ 主人公たちが通っていた高校 私立明青学園高等部

    上杉達也・和也兄弟、浅倉南らが通っている高等学校。所在地は東京都で、明青学園中等部も存在する。

    原作の校舎モデルは、群馬県立前橋商業高等学校の旧校舎である。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    上杉達也、上杉和也、浅倉南が通っていた高校。ここで万人の運命がかわるのですね。

    漫画 タッチ 原作者について

    漫画 タッチ 原作者 あだち充 プロフィール

    あだち 充(あだち みつる、本名:安達 充、1951年2月9日[1] - )は、日本の漫画家。群馬県伊勢崎市出身の男性[1]。群馬県立前橋商業高等学校卒[1]。血液型はAB型

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「タッチ」に登場する私立明青学園高等部がご自身が卒業した高校がモデルになっているおいうことに驚きました。また、あだち充先生のお兄さんも「あだち勉」という漫画家だったとのことで、兄弟そろって漫画家というのはすごいと感じました。

    漫画 タッチ 以外の作品 「みゆき」

    主人公の若松真人とヒロインである2人の「みゆき」の三角関係を描いた、青春ラブコメディ

    出典:https://ja.wikipedia.org

    「みゆき」の主人公若松真人と「タッチ」の主人公、上杉達也は似ているところがあるように感じました。優しい性格、意外と持てる、そして、スケベ・・・。二人の御幸の間で揺れ動く主人公のようですが、自分の中では誰が好きなのかはきまていても、なかなか言えないのが現実なのかもしれないですね。

    漫画 タッチ 以外の作品 「H2」

    高校野球をテーマとした長編野球漫画。2人の野球少年と2人のヒロインの、野球にかける青春と恋を描く。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    漫画「H2」の意味は二人のヒーローという意味だそうで、「国見比呂」と「橘英雄」をさすのかなと感じました。「橘英雄」のほうは、有名な高校に進学したのに対して、「国見比呂」は故障したことを理由に野球に縁がない高校を選び進学する。そこから二人のヒーローのあ話が始まるのかなと感じました。

    タッチ アニメ声優 

    タッチ アニメ声優 上杉達也役 三ツ矢雄二

    『タッチ』では、「弟(上杉和也)の方が死ぬぞ」と言う噂を聞き、長生きする兄・上杉達也のオーディションを受けた。当時の三ツ矢は、『さすがの猿飛』の猿飛肉丸など、三枚目や人間以外の役を多く演じていたため、二枚目の上杉達也役ということで、プロデューサーが気を使ってくれたらしく、覆面オーディション形式で行われ、名前ではなく番号のみで呼ばれていた。プロデューサーとディレクターから「絶対兄さんの方が、役的に複雑だから勉強になるから、絶対オーディション頑張れよ」と陰で言って貰い、結果合格した[3]。『タッチ』は最高視聴率31.9%を記録するほどの大ヒットアニメとなり、三ツ矢の最大のあたり役となった。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    上杉達也役があたりだったという、声優の三ツ矢雄二さん。そのほかに、「キテレツ大百科」のとんがりの声も演じていた、いつや裕二さん。声優さんはいろいろな人間になり切るので、やはり素晴らしい職業の一つだと覆います。
    数年前に「いいとも」に出演したときはびっくりしましたが・・・。

    タッチ アニメ声優 浅倉南役 日高のり子

    代表作に『タッチ』(浅倉南)、『となりのトトロ』(草壁サツキ)、『らんま1/2』(天道あかね)など[3]。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    女優志望で子役から活動していた日高天子さんですが、声優に転向しても活躍されていたように思います。「浅倉南」のほかに「さつき」や「天道あかね」など、一度は耳にしたことがある声かもしれませんね。

    漫画 タッチ まとめ

    漫画「タッチ」をまとめてみました。「タッチ」の主人公、上卯木達也は当時とても人気があったと思います。「たっちゃん派」「かっちゃん派」とわかれていたように感じます。それに加えて高校野球も人気があったように思います。私は「タッチ」が大好きで漫画本を26巻全部そろえました。そのくらい大好きでした。なので、アニメも最後まで放送してほしかったという願望があります。
    今も「東京MX」などで再放送されていますが、今の子供たちに尾「タッチ」そみてほしいなと思います。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ