記事ID47998のサムネイル画像

高倉健に兄弟はいた?膨大な遺産はだれの手に渡る?兄弟で争いが?!

故・高倉健には兄弟はいたのでしょうか?高倉健といえば昭和を代表する名俳優。高倉健を超える俳優は今後出てこないだろうと言われるほどの映画に生きた俳優さんでした。はたして残された家族は?兄弟は?いるのでしょうか?高倉健の兄弟について調べてみましたのでご紹介します!

高倉健はどんな男だった?

高倉健のプロフィール☆

高倉健(たかくら けん、1931年(昭和6年)2月16日 - 2014年(平成26年)11月10日)
俳優・歌手。愛称、健さん。
福岡県中間市出身、身長180cm、体重71kg、血液型はB型。
高倉プロモーション所属。
日本を代表する映画スターで、半世紀以上にわたり活躍してきた

高倉健は、2006年に文化功労者、2013年には文化勲章を受章した。
高倉健は、1931年に福岡県中間市の裕福な一家に生まれる。父は旧海軍の軍人で、炭鉱夫の取りまとめ役などをしていた。母は教員だった。幼少期の高倉は、肺を病み、虚弱だった。終戦を迎えた中学生の時、アメリカ文化に触れ、中でもボクシングと英語に興味を持った。

この時代はまだ日本は高度成長期、英語等に興味を持つ人は少ない時代で高倉健はすでに英語に興味をしめしていたのはすごい。

高倉健の出演作品とは?役作りや人柄は?

昭和の大スター高倉健。高倉健が命を懸けてきた作品や、人柄、高倉健の俳優としての信条などをご紹介します。

高倉健の代表作品は?

代表作は映画『日本侠客伝シリーズ』、『網走番外地シリーズ』、『昭和残侠伝シリーズ』、『新幹線大爆破』、『八甲田山』、『幸福の黄色いハンカチ』、『野性の証明』、『南極物語』、『ブラック・レイン』、『鉄道員(ぽっぽや)』、『あなたへ』など。

出典:https://ja.wikipedia.org

あなたへが遺作になりましたね。
とてもいい映画になりました。

役作りは?

名俳優と言われるからにはかなりの役作りの徹していたと思われがちですが、高倉健はそうではなかったようです。

高倉健は、余計なテクニックを廃し、最小限の言葉で、演じる人物の心に込み上げるその瞬間の心情を表す台詞・動きを表現する芝居を真骨頂としており、基本的に本番は1テイクしか撮らせない。これについて高倉健は、「映画はその時によぎる本物の心情を表現するもの。同じ芝居を何度も演じる事は僕にはできない」と述べている。また高倉健は、「普段どんな生活をしているか、どんな人と出会ってきたか、何に感動し何に感謝しているか、そうした役者個人の生き方が芝居に出ると思っている」としており、肝に銘じているという。

出典:https://ja.wikipedia.org

俳優は演じる者ではなく普段の生活や感謝しているかで人間として内面から出てくるののが違っている。との事です。私生活までもが俳優。素晴らしいですね。

高倉健は、「俳優にとって大切なのは、造形と人生経験と本人の生き方。生き方が出るんでしょうね。テクニックではないですよね」とも言い切る。

出典:https://ja.wikipedia.org

高倉健は、「俳優は肉体労働」というのが信条で筋力トレーニング・ジョギングを欠かさなかったが、2012年時点ではウォーキングやストレッチを日課としており、起床するとマウスピースを噛み、脳へ刺激を与えていた。酒を飲まず、煙草も1日に80本も吸うヘビースモーカーであったが、映画『八甲田山』が3年がかりの長期ロケとなったため、完成の願掛けに正月の成田山の初詣の際、禁煙して以来、30年以上絶っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

一日30本吸っていたたばこを願掛けでやめる。この男はすごいです!!

人柄は?どんな男?

みなが口をそろえていうのが「高倉健こそが、真の男」です。理由はその人柄にあったようです。

高倉健は、非常に、礼儀正しい人物であり、すべての共演者に挨拶を忘れず、監督やプロデューサーをはじめ、若い新人俳優やスタッフにも必ず立ち上がり、丁寧にお辞儀して敬意を払う。

出典:https://ja.wikipedia.org

こんなに大先輩に深々とお辞儀をされたら後輩やスタッフは土下座?て思ってしまいますよね( ゚Д゚)

高倉健は、気持ちの通じ合った共演者には「高倉健」という名前を彫った高級ブランドの腕時計をプレゼントしており、ビートたけし、千葉真一、田中邦衛、渡瀬恒彦、板東英二、宇崎竜童らが貰っている。

出典:https://ja.wikipedia.org

『夜叉』で共演したビートたけしは撮影中のエピソードとして、真冬の福井ロケのある日、オフだったにもかかわらず、高倉健がロケ現場へ激励に現れた。厳しい寒さの中、出演者・スタッフは焚火にあたっていたが、高倉健は全く焚火にあたろうとしない。スタッフが「どうぞ焚火へ」と勧めるが、高倉健は「自分はオフで勝手に来た身なので、自分が焚火にあたると、皆さんに迷惑がかかりますので」と答えた。このためスタッフだけでなく、共演者誰一人申し訳なくて、焚火にあたれなかったと発言している。やがて「頼むからあたってください。高倉健さんがあたらないと僕達もあたれないんです」と泣きつかれ、「じゃあ、あたらせていただきます」となり、やっと皆で焚火にあたることができた

出典:https://ja.wikipedia.org

オフできた身ーーーーーーーー。誰がこんなセリフを言えるでしょうか?普通は言われなくてもすぐにたき火に当たるものですが、北野武いわく、高倉健は出された椅子にも座らないそうです。

高倉健の家族は?兄弟は?兄弟仲は良かった?不仲?

今は亡き高倉健さんですが、昔の方ですし、兄弟はさぞかし多いのでは?
家族や兄弟について調べてみました!
兄弟はいるのでしょうか??

昔の兄弟は幼き頃はライバル、大人になれば疎遠になるのが兄弟だったような気がしますがたかくら兄弟とは仲良しだったのでしょうか?

兄弟で遺産の骨肉争い勃発?

高倉健の兄弟や家族について調べてみたものの、のこされた家族や兄弟はいないようです。妻は??子供は?

高倉健には九州にいる親族以外には家族が一人もいないという。

出典:http://kurogaran.com

高倉健は兄弟は兄が一人、妹は二人の四人兄弟だったようですが、兄弟の中でも、兄はすでに他界、両親も他界、残りの兄弟の、妹二人も生死は不明。なので高倉健の膨大な遺産を相続する人は現在はいないと思われます。

兄弟もすでに亡くなっておるなんて寂しかったでしょうね。昔の兄弟は、大人になればそんなに仲良しこよしのイメージはないですが、高倉健の兄弟も特に会うことはなかったのでしょうか。

高倉健は静岡で映画の撮影をしているときにも大阪まで夜行列車を使って会いに行くなどして熱意を伝えた結果交際に発展し、1959年に江利チエミと結婚した。
しかし、結婚生活は長くは続かなかったという。江利チエミの親族によって二人の仲は引き裂かれたというのだ。

出典:http://kurogaran.com

この性格の悪い家族によって引き裂かれた二人は、その後も再婚することはなく。子どももいない為、高倉健には妻子もいない。
でも高倉健はしっかりした方なので生前に遺言書を残されていたと思われます、

高倉健には子供はいない。
実は江利チエミを結婚3年目にして子供を授かってはいるが流産している。

出典:http://kurogaran.com

高倉健は、江利チエミと離婚してからもずっと死ぬまで、江利チエミだけを愛し続けたようです。そんなに愛していたならば、再婚すればよかったものですが時代ですね。
今のようにバツイチバツニなんでありえない時代だったのですね、
両親のいうことは絶対の時代でした。

結局、調べてみても遺産を誰が相続したのかは不明です。

兄弟の安否も不明、もし、兄弟が健在ならば、兄弟も葬儀に参列したはずですが親族の席には誰も来られなかったということなので、兄弟もすでに他界されている可能性があります園。生前、兄弟で仲良く集まりなどもなかったようです。

高倉健が残した素敵な言葉とは?

高倉健は数々の名言を残されています。
調べましたのでご紹介します。

伸びない奴はしごかない
拍手されるより、拍手する方がずっと心が豊かになる。
何をやったかではなく、何のためにそれをやったかである。

出典:http://matome.naver.jp

泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり、すべてが出会いから起きていますよね。もちろん、学生時代の学問、そしてこの世界に入って演じた役柄とかから学んだことも多いですけど、大きな影響を受けたのはやはり人です。

出典:http://matome.naver.jp

人が心に想うことは、
誰も止めることはできない。
人生ってそれ(出会い)だけって気がします。
泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり…。

出典:http://matome.naver.jp

人間にとっていちばん寂しいのは、
何を見ても、何を食べても、何の感動もしないこと。
感動をしなくなったら、
人間おしまいだと思うんですね。
こんな淋しいことはないと思います。

出典:http://matome.naver.jp

人に裏切られたことなどない。
自分が誤解していただけだ。
人生っていうのは、
人と人の出会い。
一生の間にどんな人と出会えるかで、
人生は決まるんじゃないですか。

出典:http://matome.naver.jp

1日も早く、
あなたにとって
大切な人のところへ帰ってあげて下さい。

出典:http://matome.naver.jp

いかがですか?兄弟や家族、妻子を亡くした高倉健だからこそ、出てきた言葉なんですかね。兄弟や家族、妻子に囲まれて暮らした男ならここまでの名言は出てこなかったのかもしれませんね。

天国でのご冥福をお祈りいたします。

映画界を代表するスター、高倉健。高倉健は、兄弟、家族。妻子、すべてを亡くし、本当に寂しい想いを顔には出さずともされていたのではないでしょうか。
高倉健は、愛する妻、抱くことのできなかった子供、そして兄弟、両親のもとへ静かに旅立ちました。今、天国で兄弟や家族と飲まなかった酒を酌み交わしていることと思われます。天国でのご冥福をお祈り申し上げます。

以上、高倉健はの家族や遺産、兄弟についてご紹介致しました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ